日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

「男山の家」構造見学会

2月25日(土)・26日(日)の両日、お客様のご厚意により、25日は京都府八幡市で「男山の家」構造見学会、26日は滋賀県野洲市で「野洲の家」住まい手さんのお宅見学会を開催させていただきました。

私は、25日の「男山の家」の見学会に行ってきました。この日も構造見学会にも関わらず多くの皆様にお越しいただき、スタッフ一同大変感謝しています。

改めましてお施主様、参加者の皆さんにお礼申しあげます。

e0164563_13564891.jpg

この建物が建つ男山には、昨年国宝に指定された日本三大八幡の一つ「石清水八幡宮」があります。

男山は、桂川・宇治川・木津川が三川合流し淀川となる地点に位置し、淀川左岸には京都と大阪を結ぶ「京街道」が走り、右岸には京都と西国を結ぶ「西国街道」が走る交通の要衝の地です。また対岸には戦国時代、羽柴秀吉と明智光秀の天下分け目の合戦の地として有名な天王山がそびえ京の都を制する上で軍事的にも重要な拠点でもあります。

以下の石清水八幡宮の写真は、3年前に「京街道」の淀宿と枚方宿の間にある遊里があった橋本かいわいを歩いた時に立ち寄った時の写真です。

e0164563_13574022.jpg
e0164563_13573978.jpg
e0164563_13573984.jpg

ご神木の楠。

楠正成が必勝を祈願し奉納したといわれています。樹齢は700年だそうで京都府の天然記念物に指定されています。

e0164563_13573995.jpg

境内には、世界の発明王エジソンの記念碑があります。エジソンが白熱電球に八幡の竹を使用したのが縁です。

e0164563_13574068.jpg

男山周辺には、今もよく整備された竹藪があります。

e0164563_13571223.jpg

この日、私は見学会場を早めに上がり近くにある「松花堂庭園」に向かいました。

ここは江戸時代の文化人であった松花堂昭乗ゆかりの庭園で、京都・洛南の名園で国の名勝に指定されています。ここを訪れるのは2度目です。

e0164563_13595603.jpg

江戸時代の初期の寛永年間、芸術文化が花開いたとき、この文化形成に大きな役割を果たし、文化人の中心になったのが「書画」「茶の湯」「和歌」に秀でた松花堂昭乗です。

当時、石清水八幡は神と仏合わせて祀る神仏習合で境内には、最盛期60近い宿坊()があったそうで、昭乗はその宿坊の一つに社僧として住んでいましたが、晩年、「松花堂」と名付けた「方丈(ほうじょう)」に住み生涯を閉じたそうです。

明治に入り、神仏分離で宿坊はすべて撤去され、その時松花堂は明治の中ごろ現在の地に移築されました。

草庵茶室「松花堂」

e0164563_13571091.jpg
e0164563_13571076.jpg
e0164563_13571152.jpg


「方丈」とは、丈(じょう)10尺、約3m四方の建物です。

e0164563_13571145.jpg
e0164563_13571108.jpg

庭園内の梅は満開でした。

e0164563_13571051.jpg

正月以降、仕事や何やらであわただしく日々を送ってきて、この季節が来たことをここに来て初めて気づきました。

e0164563_14021131.jpg
e0164563_13571002.jpg

ちなみに「松花堂弁当」の由来は、昭乗が農家の種入れとして使われていた、箱の内側を十字に仕切った器をヒントに、茶会で使用する煙草盆や絵の具箱として使用したそうです。

それを日本料理の吉兆の創設者が、四つの切箱を懐石弁当にしたのが世に広まったものだそうです。

庭園内には、京都吉兆の店があります。さすが吉兆いい値です。

e0164563_13571247.jpg


by y-tukide | 2017-02-27 15:47 | 見学会・イベント