日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

篠山街道 亀岡から福住を行く

9月のはじめの休日、京都の亀岡から丹波篠山の福住へと「篠山街道」を歩きました。

篠山街道は、古来京都から亀岡を西に、丹波篠山を経て北近畿、山陰に通ずる律令時代の官道「山陰道」です。丹波篠山の民謡「デカンショ節」の名をとって篠山あたりでは別名「デカンショ街道」とも呼ばれています。

私はこれまでに何度かこの道を車で走り、篠山に行っていますが歩いて行くのは初めてです。

亀岡市の「吉川」という所、街道筋には蔵・門を構えた立派な民家が多く見かけられます。

e0164563_09462457.jpg

街道筋に建つ造り酒屋の「大石酒造」。

e0164563_09462305.jpg

篠山街道と並行して走る372号線を折れ「湯の花温泉」方面に向かいます。道は登り坂が2.5km程続き、そして湯の花温泉を過ぎると「高芝」という集落に入ります。

e0164563_09461369.jpg

街道沿いに広がる黄金色の田園風景。

e0164563_09461073.jpg

平安時代創建の古刹「谷性寺(こうしょうじ)」。

e0164563_09461016.jpg

戦国時代、織田信長の命により丹波地方を平定した明智光秀は、この寺の本尊である不動明王を厚く崇敬し、「本能寺の変」を決意するや不動明王に請願し本懐を遂げます。

ところが「山﨑の戦」で無念の最後を遂げますが、光秀を慕う士がここに「首塚」を残しました。

毎年初夏、境内には明智家の家紋である桔梗の花が咲き乱れ「桔梗寺」とも呼ばれています。

e0164563_09463154.jpg

街道をいくつかの集落を抜け、ある民家の長屋門の前で小休止。

e0164563_09461060.jpg

この門の中で売られていた野菜の賀茂ナスとオクラを土産に買いました。

e0164563_09461012.jpg

山陰道「野口の駅」跡の碑。この辺りに宿場があったのです。

平安時代の末期、源頼朝の命により源義経も平家討伐のために「一ノ谷」へと向かった時ここを通ったのでしょう。

e0164563_09461139.jpg

街道筋にはコスモスが咲き栗が実り、秋の色が色濃く感じられます。

e0164563_09462437.jpg
e0164563_09461193.jpg

「埴生」の集落、「はぶ」と読みます。ここにも宿場があったそうです。

またこの地には、戦国時代、明智光秀の丹波攻略のおり、丹波一円を抑えていた波多野氏と光秀との仲を取り持った野々口西蔵坊という武将が構える山城「埴生城」があったと集落の入り口の案内板に記されていました。

e0164563_09461101.jpg

昼飯にと出掛けにコンビニで買ったおにぎりがあったのですが、街道を歩いていて唯一見つけた食堂でうどんを食べ一息つき、さらに街道を進み「天引峠」の手前にある「天引(あまびき)」という集落に入りました。

ここは篠山方面に向かう372号線と園部に抜け54号線が交差するところにある集落です。

集落内にはきれいな小川が流れ、その水は防火用水・農業用用水としてだけではなく、生活用水としても利用され、各家の前には水路に下りるための石段が設けられています。

水路の一部には、清流に育つ梅花草が初夏に水中で白い花を咲かせ、ホタルも飛び交うそうです。

e0164563_09462473.jpg

そして見つけました黄金色に実る稲田の中に建つ茅葺の小さな「薬師堂」。

e0164563_09462590.jpg

17年前に372号線を走っているとき見かけ写真におさめたのですが、その場所を忘れてしまっていて、この建物を探すことも今回の街道歩きの目的の一つでした。

17年ぶりに再会し、うれしいことにまわりの風景も全く変わっていませんでした。

e0164563_09462529.jpg

薬師堂を改めて写真におさめた後、近くの樹齢450年と言われるムクの大樹が見事な八幡神社で休んでいると、偶然そこで村の方と話す機会を得ました。

その方は村人が160人余りに減った天引の村を愛し、活性化しようと「天引区活性化と未来を考える会」という組織で様々な取組されているとのことでした。

そして村の誇れる10撰を取り上げたパンフレットをいただきました。そのパンフレットの表紙がこのムクの木です。

e0164563_09462613.jpg

さらに天引集落を歩いているとご老人に声を掛けられ「千体地蔵」を見せてあげると。

そのご老人は、ご自宅の前にある小さな御堂の鍵をわざわざ開け、そこに納められた千体地蔵を見せてくれました。

ご老人曰く、先代からの言い伝えによると、江戸の中ごろ九州から一人のお坊さんが旅してここに来られ、千体の地蔵を作りたいと当時の当主に申し出、そしてこの御堂の裏山にあったケヤキを切って、御堂を建て千体の地蔵を彫られたそうです。

e0164563_09462299.jpg

そして次に寄ったのが、石段の上がると鐘楼門がある曹洞宗の寺「大隠寺」。

この寺も17年前に訪れ記憶に残っているいい寺です。

確かに天引の集落には見どころが多く、人のいい方たちとも出会え話も聞けました。

e0164563_09462456.jpg

天引に長居しすぎ早く福住に行かねば帰りのバスの時間に間に合いません。

急ぎ天引峠の下を走る天引トンネルを足早に抜け福住へと急ぎ向かいました。

e0164563_09462367.jpg


by y-tukide | 2017-09-25 13:53 | 街道を行く