日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

室生古道を行く 2017年秋

私には3人の孫がいます。一番歳上の今年中学に入学した孫は、休日も部活や塾に追われ兄弟そろって我家に遊びに来ることが難しくなったのですが、11月の連休にうまく休みがとれ久しぶりに我が家に遊びに来ました。

翌日、「室生古道」を歩き「室生寺」に行こうという事になり、妻と3人の孫と5人連れで近鉄電車に乗り榛原駅へと向かいました。

榛原駅からタクシーに乗り「伊勢本街道」の高井宿へ。

ここからから仏隆寺(ぶつりゅうじ)→唐戸峠→西光寺→室生寺のコースです。

e0164563_15133721.png



高井宿から伊勢本街道を進むと間もなく仏隆寺に向かう道と伊勢本街道が分岐します。

ここであえて遠回りになるのですがもう少し伊勢本街道を進み、途中から折れ仏隆寺に行くことにしました。

分岐点あたりで見かけた花畑。

e0164563_11411868.jpg

分岐点からは、杉・桧の木立の中を急坂が続きます。

孫達は、道端で適当な枝を拾い杖にして坂道を登ります。

e0164563_11411945.jpg


坂を登り切ったあたりに石垣からしめ縄をまいた大木が道を覆います。

e0164563_15133577.jpg



この民家は依然「松本屋」という伊勢本街道沿いの旅籠でした。

e0164563_11412048.jpg

松本家住宅を過ぎ枯葉を踏みしめながら山道を進むと数本の杉が株元で癒着し、16本の杉が一株になった巨木「高井の千本杉」が現れます。

根元からは水が湧き、旅人の喉をいやしてくれます。

e0164563_15133591.jpg

かつて千本杉あたりには、旅籠や茶店があったそうで、その一つが「大野屋」という屋号の「津越家住宅」。母屋が「大和棟」の立派な民家です。

e0164563_11412159.jpg

この辺りから高原の田園風景が広がります。

孫たちは、歌を歌ったりふざけたりしながら道を行きます。

e0164563_15133583.jpg

この辺りは「赤埴」というところ。ここには宝形造りの小さな御堂に「千体仏」が祀られています。由来は16世紀前半にさかのぼるそうで、子育ての仏さんとして信仰されています。

お堂内には色花が飾られこの地域の人々の信仰の深さが感じられます。

e0164563_11412233.jpg

山あいの道をさらに進み急坂を登りきると、ちょっとかすんだ空気の中に茅葺の民家が現れ、日本の原風景を見ることができます。

e0164563_11411796.jpg

回り道をして「仏隆寺(ぶつりゅうじ)」に到着。

参道登り口にある茅葺の地蔵堂で休憩。

e0164563_15133645.jpg

この小さな山寺の山門に一直線にのぼる石段の中ほどに、樹齢900年という奈良県下最古最大の桜の木があります。

e0164563_11413839.jpg

これは昨年の4月に妻と室生古道を歩いた時の写真。

このときは桜見の人達でにぎわっていましたがこの日は我々のみ。

e0164563_11414540.jpg

仏降寺の本堂の前になぜか百数十年生であろう杉の大木が伐採され置かれていました。

e0164563_11413900.jpg

ここから唐戸峠へと登りが続きます。

e0164563_15133635.jpg

杉林の山肌に伐採された杉が無残な姿で転がっています。10月の21号台風の大雨で流れ出たものと思われます。これら間伐材の活用を真剣に取り組まなければ、山が荒れ流木となって大きな災害にもつながるのです。

e0164563_11413519.jpg

ようやく唐戸峠に到着。

ここで妻が作ってくれたおにぎり弁当を食べることにしました。

e0164563_15133767.png

ここからは室生寺までは下りの道です。

道中の紅葉は色づき始めでしたが、ススキは陽光を受け銀色に輝き、風は冷たく秋の深まりを肌で感じました。

e0164563_11413657.jpg

ひたすら長い坂道を下り、道をふさぐ害獣防止のゲートをくぐり、「腰折れ地蔵」を過ぎるとようやく里に出て「西光寺」が現れます。

e0164563_11413670.jpg

西光寺の樹齢400年といわれるしだれ桜。

昨年、妻と二人で同じ道を歩き見たこの桜は見事でした。

e0164563_11464505.jpg

そして眼下に室生の里が広がり、谷の底に室生寺が望めました。

時刻は2時、高井宿を出発したのが9時過ぎ、ここまで5時間程かかった11kmほどの古道歩き。

孫たちは途中、目面しいものを見つけたら観察し、枝の杖を振り回しふざけ遊びながらの道中でした。

私の趣味の「街道歩を行く」、さて次回孫たちはついてくるかどうか?

e0164563_11413791.jpg


by y-tukide | 2017-11-13 15:37 | 街道を行く