日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

カテゴリ:伝統工法町屋改修技術を学ぶ( 4 )

伝統工法の町家改修技術を学ぶ連続講座 第4回

最終回となる第4回目の「伝統工法の町家改修技術を学ぶ連続講座」が開かれました。
「土壁の補強ポイントと施工方法」について、しっくい浅原の浅原雄三さんの講義です。
1.修理前の土壁の状態について
2.仕上げをどのようにどこまでこそげ落とすか
3.木舞下地の劣化を良く見ることの必要性
4.古土の再利用について
5.壁の補強と仕上げの塗り替えについて
等の内容についての講義をしていただきました。
本物の土を使った塗壁は上塗り落とさなくても何層にも塗り重ねていけ、浅原さんが修復工事をした京都島原の重要文化財の角屋の壁は、十数層塗り重ねられていたとのことなど、
興味深い話を聞けました。
e0164563_14401359.jpg

e0164563_14402775.jpg


浅原さんのいろんな種類の土を使った塗壁サンプル。
極め付きは6種類の土を重ねた「十二単(ひとえ)」。
e0164563_14404298.jpg

e0164563_14405331.jpg


試験管に入った土は、以前に私が浅原さんから頂いた土のサンプルです。
本聚楽、大阪土、黒聚楽、赤錆などいろんな色、産地の土が25種類あります。
これらの土は自らが探し出し、採取し、ストックされているとのこと。
e0164563_1441627.jpg


「泥ずり」と言われる中塗壁の下塗り作業の実演。この土は下ろした屋根土に砂を混ぜて再利用したものです。
e0164563_14411998.jpg


余興として、生石灰は水を混ぜると反応し二酸化炭素と熱を発し消石灰になりますが、その熱を利用して卵を蒸し焼きにしていただきました。
アルミホイルで包んだ生卵と生石灰を交互に入れた缶に水をじょじょに入れていきます。
するとものすごい勢いで水蒸気と消石灰の粉が舞い上がります。
温度は300度ぐらいになっているそうです。
e0164563_14413315.jpg

e0164563_14414465.jpg


数分で出来上がり。熱々の卵をいただきました。
e0164563_14415452.jpg

by y-tukide | 2009-11-24 14:57 | 伝統工法町屋改修技術を学ぶ

伝統工法の町家改修技術を学ぶ連続講座 第3回

第3回目の「伝統工法の町家改修技術を学ぶ連続講座」は開かれました。今回は「使える屋根瓦の判別と改修方法」について光本瓦店有限会社の光本さんの講義です。
光本瓦店さんは当社も瓦工事でお世話になっています。
今回の工事では、屋根の東半分は古瓦を使用し、西半分は新瓦で葺く計画です。
講義では、古瓦を使用した施工例の紹介、古瓦で使える瓦とはどんな瓦なのか、古瓦の窯業試験場での試験結果などが紹介されました。現在の瓦に比べ空隙率(くうげきりつ)が高く、焼成温度も低い古瓦でも凍害を受けやすい瓦とそうでない瓦の違いなど、興味深い話が聞けました。
e0164563_11103355.jpg


e0164563_11121221.jpg


下ろした古瓦の中から、使える瓦とそうでない瓦の仕分け作業。
大きさや形状が微妙に違う瓦のより分けや、ひび割れしている瓦を音で見分けたり、手間のかかる作業です。
e0164563_11133227.jpg


今回屋根の加重を抑えるために葺き土をのせないで釘止めするために、一枚ずつ釘穴をあけねばなりません。
e0164563_11154454.jpg


縦桟をながし、その上に横桟を打ちつけ、その桟に瓦を載せステンレスの釘を打つか、銅線でくくります。

e0164563_1116674.jpg


写真の左側の瓦は現代のいぶし瓦、右側の瓦は実は昨年、古材文化の会の企画で木津川市にある鹿背山という所で何ヶ月もかけて、幻の平窯を復元して瓦を焼いたそのときの瓦で、まさにメンバーの汗の結晶です。ちなみに鹿背山は奈良時代の平城宮の瓦を生産した地で、窯跡が発掘されています。
e0164563_11162697.jpg


第2回の講座の様子が10月29日付の毎日新聞に掲載されました。
e0164563_11245482.jpg

by y-tukide | 2009-11-06 11:28 | 伝統工法町屋改修技術を学ぶ

伝統工法の町家改修技術を学ぶ連続講座 第2回

8月に開かれた第1回目の「伝統工法の町家改修技術を学ぶ連続講座」に引き続き第2回目の講座が開かれました。今回は「基礎と軸組みの補強」についてです。
この町家は大正14年に建てられた建物ですが構造補強について、井手昇二建築研究所の井手さんから、「限界耐力計算法」での構造解析と補強の考え方についての説明がありました。
次に、当社のこの町家改修工事の担当者であります山﨑博司が、伝統工法の建物改修技術について過去の豊富な経験と具体的な改修方法の説明をさせていただきました。
この日も前回同様、たくさんの方が参加されたので2回に分けての講義でした。
前に当社の家の取材に来られた毎日新聞の記者の方も今回取材に来られていました。

e0164563_10144569.jpg


柱の腐朽した部分を切り取り補修する仕事を「根継ぎ」といいます。写真の継手は「金輪継ぎ」と「四方鎌継ぎ」で、まさに大工の技術が試される仕事です。また柱の据付高さを調整するのに鉛の板をひき、栗のパッキンをかまし調整します。

e0164563_10151984.jpg


e0164563_10153672.jpg


床下の途中でとまる土壁の下部に壁留めのつなぎ材をいれ、柱の足元を固めます。

e0164563_1016399.jpg


屋根瓦は下ろして再利用しますが、今回は加重を抑えるために葺き土はのせずにステンレスの釘を打って瓦をとめ、葺きます。そのためには瓦1枚ずつ釘穴をあけなければなりません。

e0164563_10162467.jpg


下ろした屋根の葺き土は機械で粉砕し、土壁の材料として再利用します。
粉砕した土にワラスサを混ぜ、練ります。

e0164563_10165010.jpg


e0164563_1017685.jpg



次回講座は下記の予定で行われます。
第3回 使える屋根瓦の判別と改修方法
日時:2009年11月3日(火・祝) 13:30~15:30
講師:光本大助氏(光本瓦店
会場:紀寺借家改修現場

次回以降の予定と申込書
by y-tukide | 2009-10-26 10:39 | 伝統工法町屋改修技術を学ぶ

伝統工法の町家改修技術を学ぶ連続講座 第1回

私が所属する古材文化の会主催で、大正末期に建てられた伝統工法の町家を教材として伝統工法の良さを生かす改修技術を学ぶ連続講座が、奈良市の「ならまち」にある重要文化財の藤岡家で開催されました。当初は定員30名予定のところ、スタッフを含め60名程の方が参加される盛況ぶりで、関心の高さが伺えます。
講座は計5回の予定で、第1回目は「計画、意匠、構造計画」で計画、意匠を藤岡建築研究所の藤岡龍介氏が、構造を井手晃二建築研究所の井手晃二氏が講義されました。
ちなみに教材となる町家の改修工事は当社が施工担当させて頂きます。

国指定重要文化材の藤岡家で開かれた講座の様子

e0164563_11193641.jpg


e0164563_11201044.jpg


e0164563_11203947.jpg


e0164563_11301462.jpg



藤岡家での講義の後、教材となる町家の現場に徒歩で向かいました。途中、この町で生まれ育った藤岡氏から町の変遷の様子や町家の説明をしていただきました。

e0164563_11305262.jpg


e0164563_11311021.jpg



教材として再生工事をする町家は大正期末期に建てられた借家で、かなりの期間空家の状態で放置されおり、裏の一部は雨が漏り朽ちていますが、調査した結果、柱の傾きや沈下はさほど悪くない状態でした。
e0164563_1131517.jpg


e0164563_11321282.jpg


e0164563_1132459.jpg


e0164563_1133430.jpg



屋根瓦はしっかりしていて十分に再利用できます。今回の改修では屋根の加重を減らすために、土葺きにしないので、瓦1枚ずつに穴をあけステンレス釘でとめていかねばなりません。
鎌唐草瓦に奈良の瓦製造会社である「瓦宇」の刻印がうたれていました。

e0164563_11333282.jpg


e0164563_1133598.jpg



今回の改修で再利用する「長州風呂」。
e0164563_11342520.jpg



現場見学の後、再び藤岡家に戻り質疑応答の時間が持たれましたが、積極的に意見も出され、あっという間に閉会の時間となりました。
閉会後、スタッフ有志で懇親会がもたれたのですが、この日は元興寺が「地蔵会」でお寺を地域に開放されていることを聞き懇親会の後、元興寺に行ってみました。

e0164563_1135288.jpg


e0164563_1135214.jpg



次回講座は下記の予定で行われます。
第2回 基礎と軸組の補強
日時:2009年10月20日(火) 13:30~15:30
講師:山崎博司(ツキデ工務店)
   井手晃二(井手晃二建築研究所)
会場:紀寺借家改修現場

次回以降の予定と申込書
by y-tukide | 2009-08-25 11:38 | 伝統工法町屋改修技術を学ぶ