日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

カテゴリ:建物探訪( 8 )

建物探訪「デ・レーケを学び、明治村・如庵を見る」

ツキデ工務店の社員有志による建物探訪、今年2回目は、まずは濃尾平野を流れる木曽川・長良川・揖斐川の「木曽三川」の輪中(わじゅう)の中にある「木曽川文庫」に行き、デ・レーケのこと、明治の治水技術のことを学ぶ。
次に明治の建物の博物館である「明治村」と犬山にある織田信長の実弟である茶人織田有楽斎が建てた国宝の茶室如庵(じょあん)を見る企画です。今回は私を含め8名が参加しました。
実はこの企画内容は、昨年の5月に奥村まことさん達と行ったコースでもあります。そのまことさんが今年の2月に逝去され、それが私との最後の旅となりました。

まずは、木曽川文庫のある船頭平(せんどうひら)河川公園にある重要文化財に指定されている「船頭平閘門(こうもん)」の見学。
e0164563_9273364.jpg


閘門とは、水面の高さが違う川・海を進むときに水門で水を調整し、水面の高さを一定にたもつ水門です。船頭平閘門は木曽川と長良川をつなぐ水門で今も現役で働いています。
e0164563_9274739.jpg


その後、デ・レーケの像の前で木曽川下流河川事務所の方に説明を受けました。
デ・レーケは、オランダの土木技術者で、明治政府に招かれ明治6年に来日し30年間滞在し、数多くの治山治水・港湾事業の現場指導をし、日本の土木技術と土木事業に多大な貢献をした方です。
とりわけ明治20年から24年間かけて行われた木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)の下流改修事業は、慢性的な水害の減少、流域での農耕地の増加、全国の河川改修の促進の契機となり、「木曽三川治水の恩人」と慕われています。
e0164563_9275630.jpg


木曽川文庫内の貴重な資料を前に、現在にも通じる明治の治水技術の興味深い説明を受けました。
e0164563_928775.jpg

e0164563_9281515.jpg


一時間半ほど見学し説明を受けた後、次に向かったのは明治の貴重な建築が保存されている「明治村」です。
ここでの皆のお目当ては、フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル中央玄関です。
e0164563_9282798.jpg


この建物の取り壊しが告げられた当時、奥村まことさん達は建物を守る運動に参加し、建物の実測をされたそうです。
e0164563_9283754.jpg


この建物は、大阪の池田にあった芝居小屋の「呉羽座(くれはざ)」、重要文化財に指定されています。この建物は私の妻の実家の近くにあったもので、妻もよく覚えています。
e0164563_9284716.jpg

e0164563_928555.jpg


若い社員達は知らない、漫才師の横山エンタツ・花菱アチャコなど、なつかしい芸人さんの写真が飾られていました。
e0164563_929389.jpg


2時間ほどの明治村見学、私以外は初めて訪れたスタッフ達にとっては、ちょっと時間不足でした。
そして次に、明治村から20~30分程のところにある如庵がある有楽苑(うらくえん)へと向かいました。
有楽苑内には、国宝の如庵をはじめ三つの茶室と如庵に隣接して有楽斎の隠居所として建てられた重要文化財の旧正伝院書院などがあります。
e0164563_9291313.jpg

e0164563_9292272.jpg


有楽苑の隣には、日本の五つの国宝の城の一つである「犬山城」とその城下町があり、そしてそばを流れる木曽川の対岸には美濃中山道の「鵜沼宿」など、皆を案内したいところがあるのですが残念ながら時間的にとても無理。
それでも今回も盛りだくさんの内容でした。さて次回はどんな企画になるのやら!
e0164563_9293228.jpg

by y-tukide | 2016-05-30 11:31 | 建物探訪

建物探訪 「黒谷和紙にふれ 宮津の街をめぐる」

「いい建物、いいものを見よう!」ツキデ工務店の社内有志による建物探訪、久しぶりに第7回目が企画されました。
今回は、京都府綾部市の京都府無形文化財にも指定されている黒谷和紙の里と丹後半島の入口の港町宮津の街を訪れました。
800年の歴史ある黒谷和紙は、紙が丈夫なため番傘やちょうちん、障子など日常的で身近な用途で使われてきました。ツキデ工務店でも以前に使っています。
昨年完成した建物の和室では、襖・障子・壁・天井の仕上げ材として使いました。
e0164563_946113.jpg


朝の7時半に会社を出発、黒谷に向かいました。黒谷は京都府綾部市の北部で舞鶴市との境界近くの山間部にあります。源平の合戦に敗れた平家の落ち武者が隠れ住んだ山里で、生活の糧として紙漉きが行われてきました。昔は谷間を流れる黒谷川沿いに並ぶほとんどの家で紙漉きが行われていたそうです。
e0164563_9462279.jpg


私が、黒谷を訪れるのは今回で3回目です。前回7年前に訪れた時は川で村人が楮を清流にさらしている風景を見ました。
e0164563_9463584.jpg


現在、紙漉きをしている方は9人だそうで、川沿いに建てられた共同組合の工房ですべての作業が行われています。
ここで和紙職人のハタノワタルさんに黒谷和紙の特徴や作業工程などの話を伺いました。ハタノさんは、黒谷の伝統技術で20年間紙漉きをやってこられ、素朴で強い黒谷和紙の特徴を生かした様々な用途の可能性に挑戦されています。
e0164563_9464655.jpg


紙漉きの実演もしていただきました。
e0164563_9465679.jpg


この後ハタノさんの自宅を訪問。
大きい屋根が特徴の丹後型民家のご自宅は、アトリエとギャラリーも兼ねています。
e0164563_9472988.jpg



小屋裏部屋のギャラリー。
土壁と土敷きの床の上に黒谷和紙が貼られています。生成り(きなり)色の和紙が、土のざらざらした質感をひらい、面白いテクスチャーです。
e0164563_9475134.jpg


床板の上に柿渋と顔料で染めた黒谷和紙を張り、亜麻仁油を塗って仕上げた居間の床。
10年間家族に踏みしめられてもこんな状態です。これといったメンテナンスはされていないとのこと、確かに強い紙です。
勉強になりました、和紙の使い方の可能性がますます広がります。
e0164563_9482792.jpg


あっという間に時間が立ち時刻は12時を過ぎていました。ここでハタノさんにお礼を言い、次の目的地である宮津に向かいました。
宮津に着きまずは昼食。海の街ですのでここではやはり海の幸。
ここで珍しいものをいただきました。このあたりの春の風物詩としての名物料理「シロウオ」の踊り食いです。
e0164563_948392.jpg


それと天然のカキもいただきました。
e0164563_9485175.jpg


食事の後は、宮津の街を散策しました。
宮津といえば「天橋立」が有名ですが、宮津は、城下町であると共に、天然の良港に恵まれ海上交通の拠点で、丹後地方の中核として賑わった町です。今も歴史を感じさせる町並みや建物が随所に残っています。
この建物は「袋屋醤油店」。創業300年以上の歴史ある店で現在の経営者は何代か前に変わられているそうです。突然伺ったのですが建物内部を見学させていただきました。
e0164563_949292.jpg

e0164563_94915100.jpg


次は江戸時代の商家で国の重要文化財に指定されている「旧三上家住宅」。
防火構造の「大壁塗籠め造り」の重厚な建物で、現在は宮津市が所有し整備され一般公開されています。
e0164563_9492857.jpg


花街として賑わった新橋通り付近は、京格子のある町家が残り当時の風情が漂います。
e0164563_9493933.jpg


「天橋立」が初めての者も何人かいたのですが時間がなくゆっくり見るということは出来ませんでした。ただたまたま大型船が通り「廻旋橋」が90度回転するのが見られたのはラッキーでした。
e0164563_9495321.jpg

by y-tukide | 2016-03-14 09:54 | 建物探訪

建物探訪 TUKIDEおかげ参り

いい建物、いいものを見、目を肥やそう!
ツキデ工務店の有志が呼びかけての建物探訪、昨年は仕事に追われ実施されませんでしたが、若い社員も増えたこともあり、仕切り直して今年2回目の建物探訪を実施しました。
今回は、「TUKIDEおかげ参り」と題して、伊勢・鳥羽方面に向かいました。参加者10名、朝6時小型バスで事務所を出発、いざお伊勢さんへ!

まずは伊勢神宮外宮へ。
e0164563_943294.jpg


20年に一度建て替えられる式年遷宮は今年です。真新しい社殿は神明造り、掘立柱に切妻の茅葺屋根、角のような千木(ちぎ)が屋根から伸びます。社殿は大切な米を保存する蔵をモチーフにしているといわれています。
e0164563_944166.jpg


次は、問屋町の景観が残る河崎へ。
河崎は勢田川の水運を利用し、問屋街として発展し、かつては「伊勢の台所」と言われました。通りには伊勢地方特有の切妻妻入りの商家や土蔵が建ち並び、重厚な雰囲気を醸し出しています。
e0164563_945048.jpg


この街並みを保全し、再生活用しようとNPO法人「伊勢河崎まちづくり衆」が活動されています。その拠点となるのが「伊勢河崎商人館」、保全を願う方々の粘り強い活動の中で、元酒屋を市が購入し、整備されたものです。
e0164563_95040.jpg


幾つもの蔵や京都の裏千家、今日庵の茶室を写した8畳広間の茶室がある大変立派な建物です。
外壁の板張りに塗られている塗料は、当時は「濡れがらす」といわれる煤と魚油で作られた塗料が使われていたそうです。
e0164563_95922.jpg


次は、古市にある「麻吉旅館」。
古市という町は、外宮と内宮を結ぶ街道にあり、参宮帰りの「精進落とし」 で賑わった遊里です。創業200年と言われる麻吉は、当時は芸妓を置くお茶屋でした。斜面地に建ち、下から数えれば6階建の楼閣で登録有形文化財に指定されています。宿の脇の階段を歩くと何と無く色っぽい雰囲気が漂います。
e0164563_951830.jpg


次は伊勢神宮内宮へ。
平日にもかかわらず、ものすごい人の多さにびっくり、人の流れにただ流されるだけ。
e0164563_952610.jpg


ここで昼食。
鳥羽の漣(さざなみ)という食事処で、名物のエビフライをいただき、皆も満足。
e0164563_953347.jpg


食事の後は、近くの赤福鳥羽店で赤福餅のデザート。
そして隣にある移築された漂白の詩人「伊良子清白の家」を見学。
e0164563_955442.jpg


最後は、バスで30分ほど走り、内藤廣氏の設計の「海の博物館」へ。
中庭の池を隔てた展示棟は、黒塗りの巨船が岸についたように見えます。
e0164563_96349.jpg


肋骨のような木造のアーチ型の大架構。
展示品も豊富で堪能できます。
e0164563_961445.jpg


ここで帰路につきましたが、今回の反省点。
早朝に出たとはいえ午前中は欲張りすぎて、見たいものがゆっくり見られなかったこと。

土産は、定番の赤福餅。
e0164563_962753.jpg

by y-tukide | 2013-11-06 09:16 | 建物探訪

室生寺

日曜日の午前中、奈良で設計契約があったのですが、午後は休みをいただいて室生寺に行ってきました。室生寺に行くのはかなり久しぶりです。
木立の中は、平地より涼しいかなと期待して行ったのですが、この日は湿度が高く、空模様も怪しげで、念のために傘を持って行くことにしました。

室生川にかかる太鼓橋。川の水はこの間雨が降ってないのでかなり少なめでした。
e0164563_17202389.jpg


仁王門の前に咲くサルスベリの花。花の少ないこの時期は特に目を引きます。
e0164563_1720493.jpg


仁王門をくぐり、両側に石楠花が植えられた長い石段を上りきると金堂があります。
金堂を拝観していると、案の定雨が降り出しました。
e0164563_17205995.jpg

e0164563_1721952.jpg


さいわい雨はすぐやみ次は本堂へと。
この暑さゆえか人もまばらでした。
e0164563_17212167.jpg


本堂横の石段の上を見上げると五重塔が拝めます。
平安時代初期の建立といわれ、室生山中最古の建築です。平成10年の台風で巨木が倒れ大きな損傷を受けたのですが平成12年に修復されました。
e0164563_1721329.jpg


次に奥ノ院へと進みます。この道は杉の大木が立ち並び、昼でも薄暗く森閑としています。
ただこの暑さと湿度の中、長くつづく石段を登るのはかなりこたえます。
e0164563_17214295.jpg


石段をあがりきった奥ノ院は清水寺や長谷寺と同じ「舞台造り」の建物で、石の上に立つ数十本の柱に「貫」という横架材を通し、「楔」を打ち込み固める、まさに日本の伝統的工法によるもので、日本の木造建築が世界で秀でている好例です。
e0164563_1722421.jpg

e0164563_1721527.jpg


雲行きが怪しくなり、足早に下山したのですが、本堂の手前でどしゃ降になりました。
何とか本堂に転がり込み雨宿りさせていただきました。
どしゃ降りの雨の中、五重塔がかすみます。
e0164563_17222057.jpg

by y-tukide | 2010-09-08 17:24 | 建物探訪

建物探訪 桂離宮

社内有志による建物探訪の第4回目は桂離宮です。
私は、修学院離宮は行ったことはあるのですが、桂離宮に行くのは初めてです。それも見学するのに宮内庁の京都事務所に申し込まなければならない煩わしさが所以することもあったのですが、今回は社員が申し込みしてくれたこともあり、こうして見学できる機会に恵まれました。
桂離宮・修学院離宮は16世紀末~17世紀前半に、平安時代の貴族が好んだ「源氏物語」などで描かれた王朝文化の関心が高まりの中で造営された離宮です。
両離宮は、池に浮かべた船上で和歌を詠み、管弦をかなで、酒宴を設けるといった王朝文化を郊外の山や川に臨んだところで楽しむ理想郷といえます。
e0164563_96699.jpg

e0164563_9622100.jpg


舟遊びを楽しむ回遊式庭園の周りには船着場のある松琴亭など、いくつかの数奇屋造りの茶屋があります。
e0164563_96353.jpg


苑路を進むと入江、洲浜(すはま)、築山などがあり手入れもいきとどいており、まさに洗練された庭園美を堪能することができます。
大小の島にかかる「土橋」。
e0164563_964660.jpg


水屋の床近く切られた横長の下地窓(したじまど)。なかなか粋です。
e0164563_965912.jpg


この時期、まことに涼しげに感じます。
e0164563_971973.jpg


桂離宮には何種類かの垣根があります。
桂川の土手沿い、境域を区切る東側には「笹垣」(桂垣)が連なっています。笹垣は離宮の東側一帯に自生する竹薮の竹をそのまま利用して、一定の高さで竹を押し曲げて編んだ素朴な生垣です。
e0164563_973542.jpg


表門の両側には、一定間隔に立てた太い竹に、水平に細かい竹枝を積み上げた「穂垣」は、「笹垣」とともに、桂離宮独特の形式だそうです。
e0164563_975590.jpg


朝9時からたった1時間の見学コース。とっても満足できる時間とはいえませんでした。
ただこの日も30度を超す、うだるような暑さ。この炎天下、ほどほどが正解かもしれませんでした。
この後、桂離宮の南側の旧山陰街道沿いにある、老舗の和菓子屋である「中村軒」により、かき氷を食べ生気をとりもどし、名物の「麦代餅」(むぎてもち)を土産に帰りました。
e0164563_98135.jpg

e0164563_982474.jpg

by y-tukide | 2010-07-28 09:10 | 建物探訪

建築探訪 重森三玲庭園美術館・四君子苑

社内有志による建物探訪、第3回目が企画されました。
今回は重森三玲庭園美術館(旧重森邸)と春の一般公開中の四君子苑(北村美術館)です。
私も仕事の間を見て参加し、まずは重森三玲庭園美術館へ行きました。
旧重森邸は、吉田神社の筆頭社家の鈴鹿家の家屋を譲り受け、重森三玲が終生の住居とした江戸中期の社家建築の趣を伝える建物です。ここで三玲は自ら設計で茶室「無字庵」などを建て、書院の前に枯山水の「無字庵庭園」を造りました。
e0164563_944136.jpg

予約した時間に無字庵庭園の入り口の門が開かれ、現れた風景に一瞬ぞくっとした感覚を覚えました。
e0164563_9442875.jpg

三玲のお孫さんにあたる方に説明をしていただいたのですが、中央にある平たな石は以前からあった礼拝石(神仏を礼拝するときに向かう石)。その後ろに中国の神仙思想にもとづく、楽園、蓬莱島を配し、三尊仏を表現した三つの四国の青石が立てられています。左側の海に見立てた白砂の中に浮かぶ石は船になぞられた船形石。
e0164563_9454462.jpg

吉田神社の迎賓館として使われていた鈴鹿家の格式高い書院。床の掛け軸の「林泉」は三玲の直筆。照明は三玲と親交が深かったイサムノグチから送られたものだそうです。
e0164563_9463280.jpg

東の庭と書院。丹波鞍馬石の敷石のよる砂浜を意匠化した穏やかな曲線。敷石の目地にはベンガラがぬられています。書院の縁に使われている板はなんとケヤキの一枚板です。
e0164563_9465659.jpg

書院式茶亭の好刻庵。襖は藍や金銀の色紙を市松模様で波が大胆に描かれています。
柱など、木部は松煙とベンガラを混ぜ黒く塗られ、4寸の柱の面取りは15mm程の太面で木割(各部材の大きさの割合)も鎌倉時代の様式を取り入れられているそうです。
e0164563_9471619.jpg

予定していた時間はあっと言う間に過ぎ、皆もかなりの満足感に浸りながら、次の目的地の四君子苑に向かいました
四君子苑は奈良吉野の大山持ちの林業家であり、茶人でもある北村謹治郎が京数奇屋の名人である北村捨次郎棟梁に依頼した建物です。
戦後、進駐軍が接取し荒れた建物を吉田五十八が改修しています。私は今回が2度目の見学となります。
e0164563_9473694.jpg

四君子苑の庭は先ほど見た枯山水の庭とは対象的です。雑木林をテーマとして東山を借景に街中にいながら山中の風情を楽しむ、まさに「市中の山居(しちゅうのさんきゅ)」を表現した庭です。
ところが、この日は見学者が多く、風情を楽しむどころではありませんでした。
e0164563_13243139.jpg

e0164563_9475914.jpg

e0164563_9481292.jpg

e0164563_9482195.jpg


次回は仙洞御所の見学を企画しているようです。
e0164563_948368.jpg

by y-tukide | 2010-04-28 10:12 | 建物探訪

建物探訪 待庵・聴竹居・燈心亭

社内有志による建物探訪、第1回目の「不審菴」に引き続き、第2回目が企画されました。
今回は京都大山崎かいわいの名建築めぐりで、「待庵」「聴竹居」「燈心亭」と盛りだくさんの企画です。今回参加者は社外の人2名を含め、大工3名、設計部3名、現場監督2名と私で計11名の参加者です。
朝、8時45分にJR山崎駅で集合し、まずは駅前にある禅宗の寺院である妙喜庵の中にある茶室「待庵」の見学です。
「待庵」は日本最古の茶室建造物であると同時に、千利休作と信じうる唯一現存する茶室で国宝に指定されています。
現在、当社では茶室付きの住宅を2棟工事しているのですが、担当している大工と現場監督、設計担当が今回参加し、熱心に見入っていました。
e0164563_15252927.jpg

e0164563_15254381.jpg


大工がコケラ葺きの屋根の納まり方について議論している様子。
e0164563_15255360.jpg


見ている間に時間がたち、次の目的地である「聴竹居」に向かいます。「待庵」から歩いて10分程の天王山の山裾にあります。
「聴竹居」は藤井厚二が昭和3年に建てた第5回目の自邸です。
今でこそ環境共生が叫ばれる時代となっていますが、この建物は、80年も前に藤井が環境工学を基礎とした設計手法を試みた実験住宅です。
自然エネルギーをうまく利用するために、窓の配置、地熱利用、夏冬での空気流れ等の工夫がいろいろされています。
プランは居間を中心にそれぞれの用途の部屋が繋がるプランで、窓のとり方や作り付けの家具など細やかな配慮がされています。
またデザインは洋風モダンに数奇屋の工夫が取り入れられ仕上げで、写真でお見せしたいのですが、内部写真は許可なく掲載しないとの規定ですので残念です。
e0164563_1526991.jpg


玄関前に置かれた石像。怪獣
e0164563_15262839.jpg


回りの自然の中、違和感を感じない階段。どこかの現場で使えそうです。
e0164563_15264830.jpg

「聴竹居」を出ると時刻は昼前。
昼飯は西国街道を西に下った所にある、老舗のうどん屋「かぎ卯」を予約しています。
「かぎ卯」は谷崎潤一郎の小説に出てくるそうで、大正時代から続いている店です。
うどん屋に向かう西国街道沿いには、しっかりした古民家が残っています。さすがここは歴史ある地です。
e0164563_1527330.jpg

e0164563_15271385.jpg


食事の後は3番目の目的地である、「燈心亭」です。
西国街道のさらに西に歩いて15分、水無瀬川を越え左に折れると水無瀬神宮があります。
「燈心邸」は水無瀬神宮の中にある茶室で国の重要文化財に指定されています。
この地はもと後鳥羽上皇が造営された水無瀬離宮があったところで、茶室は水無瀬家が上皇から賜ったとされており、草庵造りの形式ながら、貴族社会の感覚で書院作りの形式を取り入れていた茅葺の建物です。
e0164563_15274345.jpg


境内には名水百選に認定された「離宮の水」が湧いています。
ここで解散となりましたが一部の連中は、サントリー山崎蒸留所に行ったようです。
お疲れさまでした。
e0164563_15294076.jpg

e0164563_15295019.jpg

by y-tukide | 2010-02-01 16:13 | 建物探訪

建物探訪 不審菴

いい建物、いい物を見よう! 社内の有志が呼びかけ、申し込みをしなければ見られない建物を見る会が計画されました。第1回目は「表千家不審菴」です。
現在、当社でお茶室のある住宅を2軒工事させていただいていることもあり、今特に担当スタッフが茶室建築に関心が高いこともあります。
表千家を訪れて、まず目にする表門。小川通に面するこの武家屋敷風の門は、千利休没後、その子息が紀州徳川家に使え、紀州徳川家から200年ほど前に拝領された門だそうです。

e0164563_14334563.jpg


e0164563_1434738.jpg


門を入ればすぐ右手に「供待(ともまち)」があります。脇には井戸があり、その昔道中の汚れを落としたそうです。
見学者はここで用意された草履に履き替えます。

e0164563_917886.jpg


正面左に進むと右側に「本玄関」その左隣に「内玄関」があります。表玄関の屋根の腰屋根は杮葺き(こけらぶき)で、式台には竹が張られていました。
往事、本玄関から迎えたのは紀州公だけであったそうです。現在、来客や稽古の出入り口には内玄関が使われています。

e0164563_91719100.jpg


玄関式台の前の障子は「石垣張」です。
お茶の流派によって紙の継ぎ目の位置が違うと聞いたことがあるのですが・・・

e0164563_9173473.jpg


この日は広島から、団体さんが見学に来られていましたが、やはりここは着物の世界です。

e0164563_9174511.jpg


露地口から露地に案内されるのですが、写真撮影はここまで。
露地口を潜るとそこは幽玄の世界。
街中に居ながら山中の風情を楽しむ、まさに「市中の山居(しちゅうのさんきょ)」。
鳥のさえずりを聞きながら、まずは利休居士がまつられている「お祖堂」に案内されます。
にじり口から入り四畳半の間で説明を聞きますが、千家でこの建物が最も古い建物だそうです。
ここで上段の間の奥にまつられている利休居士像を拝顔し手を合わせました。

次にかや葺屋根の「萱門」(かやもん)を潜り、中露地をとおり「残月邸」に案内されます。
「残月邸」は書院造りの十畳の広間で四方柾の赤松の床柱など随所に銘木が使われています。特に二畳の「残月床」と呼ばれる床の天井には約1m×2m幅の桐の一枚板が2枚使われています。その昔火災にあったとき、近くに住んでいた大工がこの貴重な桐の板を一枚剥がし難を逃れたとのことで、もう一枚の新しい板と色が違うのはそのためだとか。

最後に「不審菴」に案内されます。
不審菴の名は茶室のみならず家元の総称として伝えられ、常にこの席を中心に屋敷の構成が展開されているとのことです。
不審菴は三畳台目の小間。下地窓や突き上げ窓から差し込む光が、障子や簾を介す加減で空間や物の見え方が変わる様は、まさに光の演出の妙。

不審菴の見学を堪能し、小川通に出て北側に行くと「裏千家今日庵」があります。
今日庵は非公開のため一般の拝観は出来ません。

e0164563_918661.jpg


小川通近辺には茶道専門学校、稽古場、茶道資料館、茶道具の店など茶の湯関連施設がかたまってあり、通りには和装姿が当たり前のような雰囲気をかもし出しています。

e0164563_9184778.jpg


e0164563_9194293.jpg


今日庵の前にある本法寺の晩秋。

e0164563_9194999.jpg


次回の見学会は、京都山﨑の千利休が作った国宝の茶室「待庵」と昭和初期に藤井厚二が設計した、日本の風土に適応した実験住宅「聴竹居」です。
by y-tukide | 2009-11-30 14:51 | 建物探訪