日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

カテゴリ:研修( 5 )

中村好文 金沢の「小屋においでよ!」

建築家、中村好文さんが子供ころから心奪われ、同時に「住宅の原型」として位置づけてきた「小屋」に関する考察と展示を通じて「住宅とはなにか」を問い直す企画が、4月26日から8月31日まで、金沢21世紀美術館で開催されています。これは昨年春に東京のTOTOギャラリーで行われた展覧会に続くものです。
e0164563_15504925.jpg


今回、ツキデ工務店もこの企画に協賛しお手伝いさせていただいたこともあり、招待状をいただいたので連休を利用し、妻と二人で金沢に行ってきました。金沢を訪れるのは何十年かぶりです。

金沢21世紀美術館。
e0164563_15505968.jpg

e0164563_15511634.jpg


美術館の中のショップに好文さんのコーナーがあり、その中に「小屋」をプリントしたTシャツが販売されていたので、孫の誕生日のプレゼントにと購入しました。
e0164563_15513274.jpg


美術館のほんの近くに、好文さんのお気に入りの品を展示販売する「好文堂」という、元本屋だった古い町家を改修した店が4月4日から6月29日までオープンしています。
e0164563_15515088.jpg


何十年か前に金沢に訪れた時は、能登に行った帰り旧友に会うために金沢のホテルに宿泊しただけで市内を散策した記憶がありません。そして今回初めて街を散策しました。
金沢は加賀百万石、前田利家が築いた城下町ですが、現在人口46万の北陸随一の町です。
市内は金沢城公園・兼六園を中心に緑が多く、市内を流れる浅野川・犀川をはじめ藩政時代に作られた用水路が町中を網の目のように流れる水の町でもあります。そして寺の多さは京都にも引けをとらないほどです。
e0164563_1552018.jpg


金沢の主要な観光スポットの三か所の茶屋町を回りました。
まずは重要伝統的建築物群保存地区に指定されているひがし茶屋街と主計町(かずえまち)茶屋街。
e0164563_155221100.jpg

e0164563_15524479.jpg


そして西茶屋街。
現在も三つの茶屋街に40数名の芸者さんがおられるそうです。
e0164563_155303.jpg


長町武家屋敷跡。
e0164563_15531841.jpg


近江の商人が移り住んだという近江町市場。
e0164563_15533223.jpg


そして岡山の後楽園、水戸の偕楽園とあわせて日本の三名園の兼六園。
e0164563_15543982.jpg


お決まりの観光スポットを回りそれはそれでよかったのですが早朝ホテルから歩いて街中の裏道を散歩していると趣のある建物が点在していますし、古いものと新しいものがうまく調和している町です。
e0164563_1555347.jpg


たった二日の金沢でしたが、出あった人もいい人達で、魚もうまいしすっかりこの街が気に入りました。京都駅から特急で2時間足らず、また行ってみたいです。
e0164563_15555635.jpg

by y-tukide | 2014-05-12 15:56 | 研修

社内吉野ツアー

先日、大工と現場監督、設計部により、吉野の山へ行き、吉野の木の事についてより深く知るための社内吉野ツアーを実施しました。
自分たちが普段扱っている木材がどのようにして製材され、製品化されているのかを実際に見てみると共に、製材所の皆様と意見交換する事により、今後のお互いの仕事に役立てていくための企画です。
早朝、ツキデ工務店の加工場をバスで出発、一路、吉野へと向かいました。
e0164563_11591626.jpg


まずは、吉野で一番多くの山林を所有されている北村林業さんの土場を見学させていただきました。昨日、ここで原木市があったので、取引された原木を見学することができました。
e0164563_11592829.jpg


ここで、吉野中央木材の石橋専務、ウッドベースの中西さんから、外国産材に押され、日本の杉の価格が安くなり、山から出材するのに見合った経費が出ないことから、出材量が減っている山側の現状や原木丸太の説明を受けました。
e0164563_11593411.jpg


次に吉野中央木材さんへ。
私は、吉野へは、数え切れないほど来ていますが、実際、現場で吉野材を扱っている大工、現場監督は以外と吉野には来ていません。ここで製材し商品として加工していく過程を見、担当の方々とそれぞれ専門の立場からの意見や質問をしていく中で、双方とも理解を深めることができました。
e0164563_11594590.jpg

e0164563_11595195.jpg


ここで昼飯。
竹の皮で包まれた弁当を用意していただきました。昔は山仕事に行くのにこの様な弁当を持って行ったそうです。
e0164563_120147.jpg


次に、ウッドベースさんのへ。
ここでは原木の製材風景を見学。ここでも皆熱心に意見交換をしていました。
e0164563_1201218.jpg


最後に訪れたのは、水口元銘木さん。
ここは丸太屋さんで、各種の丸太や変木を扱っておられます。
この日は、特別に天然絞り丸太の皮むきの実演をしていただきました。
e0164563_121170.jpg

e0164563_121893.jpg


見学はこれで終わり、この後は会議室での意見交換。
ここでも双方の立場からの、要望や今後の課題が議論されたのですが、ちょっと時間が足りませんでした。
e0164563_1212585.jpg


そして締めは親睦会。これも大変盛り上がりました。
e0164563_1213394.jpg


帰りのバスの中で、皆に感想を聞いたのですが、それぞれに多くの収獲があったようです。
私は、もっと早くこの様な企画をしなかったのか反省させられました。
e0164563_121441.jpg

by y-tukide | 2013-04-30 12:42 | 研修

ゆるぎないデザインを学ぶin 軽井沢

先週の12・13日の両日、我々地域工務店でつくる組織「協同組合もくよう連」主催で軽井沢の名建築を見学するツアーを実施しました。

写真は軽井沢タリアセン内に移築された「夏の家」。
e0164563_11171794.jpg

e0164563_11172853.jpg


もくよう連は地域工務店の要求実現とパッシブソーラー普及を図っていく組織です。1社では出来ないことも多くの工務店が集まれば出来ます。ただあまり大きくなると動きにくくなります。ほどほどの大きさだと活動しやすくメンバーとの連帯も図れます。
今回の企画は「学びたい」という要求を皆で協力し実現させました。
軽井沢には名建築が多数あります。今回は、以下のなかなか見ることが出来ない建物が見学できるまたとない企画です。

「新スタジオ」「夏の家」「聖ポール協会」 設計:A・レイモンド
「軽井沢の山荘」「「ハーモニーハウス・メロディーハウス」 設計:吉村順三
「星の山荘」 設計:奥村昭雄

今回は特別に組合員以外のかたにも呼びかけたのですが、なんと150名ほどのかたが参加されバス3台の大ツアーとなりました。
我社からも8名参加したのですが、車2台で朝3時に出発という超ハードスケジュールとなりました。
e0164563_11173964.jpg

e0164563_11174869.jpg


「新スタジオ」ではレイモンドのお弟子さんで、現在この家のオーナーでもある北澤建築設計事務所の北澤さんに説明していただきました。建物の写真は紹介できませんが丸太組みの12角形の建物です。
実は私は13年前にも伺っています。当時のことを思い出しながら懐かしく見学させていただきました。
e0164563_11175813.jpg


初日の建物見学の後は、もくよう連の顧問である住まいと環境社の野池政宏さんの「パッシブとは何か」と題した特別講義があったのですが、皆さんお疲れにもかかわらず、熱心に講義を受けておられました。
e0164563_1118759.jpg


翌日早朝、甲府の友人と二人で散歩をかね吉村順三氏の墓があるという外人墓地を探しにでかけ、お墓も探し当てることができました。墓石は片流れで生前に氏がデザインされたそうです。墓地を囲む石はベンチの役割をしています。
e0164563_11181866.jpg

e0164563_11182799.jpg


手すりもデザインされています。また階段を上がるところには名刺入れも設けられています。
e0164563_11183629.jpg


墓石の横には魚のマークと刻印が。
e0164563_11184589.jpg


朝食の後、我社の社員達を連れあらためて墓参りをしました。
e0164563_1119652.jpg


我社が掲げる家づくり四つの理念の一つである
「先人が残した知恵、技を学び、現在に生かし、後世に伝えていく家づくり」の理念を墓前で改めて念じ、決意を新たにしました。
e0164563_11191777.jpg

by y-tukide | 2011-10-17 11:22 | 研修

木の家耐震改修 大勉強会in神戸

e0164563_9181748.jpg


阪神淡路大震災から16年目を迎えた1月17日。神戸で「木の家改修 大勉強会」が開かれました。会場の神戸国際会議場には、参加費が1万円必要であるにも関わらず1000名を超える建築や行政に係わる方々などが参加されました。
開会にあたり、管直人内閣総理大臣のスクリーンをつうじて激励の挨拶がありました。
現在、住宅の耐震改修は思うように進んでいない中、国は昨年閣議決定で2020年までに耐震化率を95%にする目標を掲げました。補助金制度を設けるなど、今年はまさに耐震改修加速元年といえる年です。

e0164563_9193257.jpg


e0164563_920533.jpg


16年前の震災では、20数万棟の家が全半壊し、6,434名もの尊い命が失われました。
あの時、宇治の私の家でも過去に経験しなかった強い揺れが長く続き、これはやばいと緊張しましたが、、家内の実家は池田市にあったのですが半壊しました。さいわい一人住んでいた母親は、怪我もせず助かったのですが大変怖い思いをしたようです。私も当日、養生用のブルーシートや道具をダンプに積んで、池田に走ったことが思い出されます。

我々工務店は、お客様に安心と安全を与えるのが職能であり義務であること。いざという時、地域で果たさねばならない役割を意識し、常から準備しておくことが必要であることを改めて考えさせられた勉強会でした。

私はこの勉強会に参加するために、前日から神戸に来ていたのですが、17日は朝5時から神戸市中央区の東遊園地で行われた「1・17のつどい」に早朝参加しました。7000本用意された竹灯ろうに蝋燭の灯がともされ、犠牲者を追悼し、地震がおきた5:45にはもくとうが捧げられました。

e0164563_9203581.jpg


e0164563_9205643.jpg


e0164563_9214879.jpg



癒えぬ傷を残しながらも力強く復興した神戸の夜景。
e0164563_9221144.jpg

by y-tukide | 2011-01-20 09:26 | 研修

中村好文さん勉強会 第1回目

先日、もくよう連の企画で中村好文さんの勉強会が開催されました。この企画は3回シリーズで第1回目のこの日は伊予(愛媛県)松山で行われました。
まずは3年前に中村さんが設計管理された伊丹十三記念館を見学しました。記念館には伊丹十三のゆかりの品などを展示されています。伊丹十三は映画監督・俳優・エッセイスト・CM作家等、多彩な分野で活躍した方です。中村さん自身も伊丹十三のファンで、女優であり十三の妻でもあった宮本信子さんから設計依頼を受けたとき、是非にと快諾されたそうです。
この仕事で中村さんは記念館の建物だけではなく、展示場のディスプレーから家具・お土産の商品デザインまで手がけられています。
ここで中村さんから建物の説明をはじめ、ディスプレーのコンセプトや遊び心のあるさまざまな仕掛けの説明を受けました。

無味乾燥な周りの環境を嫌い外に開かず、中庭を中心としたロの字型で高さも押さえ、威張らないシンプルな建物です。
e0164563_11525732.jpg

e0164563_11531553.jpg

e0164563_11533399.jpg


伊丹十三は乗り物マニアでした。十三が最後にたどり着いた自動車の最高峰、英国車のベントレーが記念館の脇に展示されています。
e0164563_11534342.jpg


お土産コーナーに置かれている張子の犬を入れる箱やケーキにも記念館のデザインが取り入れられています。
e0164563_1154138.jpg

e0164563_11542086.jpg

e0164563_11543382.jpg


このあとは中村さんが道後温泉の前で設計された、一六本舗を見学に行き名物のタルトをいただきました。
e0164563_11545266.jpg

e0164563_1155385.jpg


夕方からは中村さんが松山での仕事の際、よく来られる居酒屋の座敷でスライドレクチャーを受け、次回の勉強会で提出する設計課題が説明されました。
引き続き行われた懇親会は皆盛り上がり、カラオケ、3次会と続きました。
by y-tukide | 2010-06-09 12:08 | 研修