日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

カテゴリ:街道を行く( 77 )

大和 壷坂みち―土佐街道から高取城をゆく―

私は司馬遼太郎のファンですが、紀行集である「街道をゆく」シリーズの「大和 壺坂みち」で司馬遼は高取城跡を訪れています。

高取城は、奈良盆地と吉野の間の山地にそびえる標高約584mの高取山にある山城です。南北朝時代に南朝方の越智氏により築かれ、1585年に豊臣秀長の家臣本田氏と1640年(江戸期)に城主となった植村氏によって大改修されたものです。明治の新政府による廃城令により天守をはじめ上物がとりこわされ、今は石垣を残すのみですがその規模は広大です。

私は、以前に車で途中まで行き山の中腹から歩き城跡に行ったことがあるのですが、今回は、ふもとの城下町「土佐」から446mの城跡へと歩くことにしました。

江戸時代高取藩の城下町として栄えた高取は、土佐街道沿いに今も低い軒先に格子戸の古い街並みが続き、昔の繁栄を物語っています。

e0164563_13171314.jpg

高取は、城下町であると共に薬の町でもあります。歴史は古く飛鳥時代、推古天皇が聖徳太子や供の者を従え、高取の山野で「薬狩り」を行ったと伝えられています。そして修験者によって「大和の薬」として全国に広められたのが「大和売薬」の起こりだそうで、その拠点となった町です。

e0164563_13173161.jpg

この建物は、お医者さんです。立派な長屋門の一部は廃城となった高取城の門を再利用したものだそうです。

e0164563_13174243.jpg

城下町を形成する中心地である「土佐」の地名に、大和の地で何ゆえ土佐?と以前から疑問に思っていたのですが、6世紀のはじめ頃、大和朝廷の都造りにの労役に、土佐の国から召し出され、任務を終え帰郷するにも援助が出ず帰郷がかなわぬ人々が住み着き郷里を偲び「土佐」と名付けられたそうです。

吉備川に架かる「鷹鞭(たかむち)橋」からの土佐の町。

e0164563_13175987.jpg

土佐の風格のある街並みを抜け、ここから高取城へと向かいます。

緩やかな坂道を登っていくと、道は舗装道から山道へと入ります。うっそうと茂る杉・桧の林の中、道沿いに小川が流れひんやりとした気持ちのいい空気が漂います。

e0164563_13181682.jpg

山道は、途中から急な坂が続きます。その道端に野仏が!

e0164563_13183068.jpg

坂道を登りきると急に視界が開け、前面に西国三十三所第六番札所の「壷坂寺」が現れます。

e0164563_13200336.jpg

壷坂寺の境内には、本堂・礼堂・阿弥陀堂・三重塔・天竺渡来大石像が建ちます。

ここで一息つき拝観し、高取城へと道を進みます。

e0164563_13194941.jpg

道はちょっと舗装道を走り、「左五百羅漢のみち」の石塔を目印に左に折れ、杉の根があらわになった細い山道を登ります。

e0164563_13191436.jpg
e0164563_11393749.jpg

すると山肌に現れたいくつもの巨岩に刻まれた無数の「羅漢(らかん)」の石仏群が現れます。

e0164563_13202284.jpg

羅漢とは、仏教において煩悩を払い去った聖者のこと。いつの時代に彫られたのか、風雨にさらされ表情がだいぶ風化していますが迫力があります。

人一人いない山の中で無数の羅漢像と向き合っていると神秘的というより、聖者像とはいえ一種不気味さが漂います。

e0164563_13203876.jpg

次から次へとあらわれる羅漢像を横目に、道を間違っていないかと危ぶみながら、たまに現れる道標を頼りにさびしげな山道を行きます。

e0164563_13205185.jpg

突然、蛇が目の前を横切ります。今年初めて見た蛇です。

この日はこれをはじめに3匹の蛇とご対面しました。

クマと遭遇するよりましかと思いつつひたすら山道を登ります。

e0164563_13210637.jpg

そしてようやく車道と合流する高取城跡の入り口に着きました。

3年前は、仕事で吉野に行った帰りにここまで車で来てここから城跡に登ったものです。

e0164563_13212432.jpg

ここから20分ほど登って行くと生い茂る樹木の中に石垣が次々と現れてきます。

司馬遼はその光景を「自然林と化した森の中に苔むしつつ遺っているさまは、最初にここにきたとき、大げさにいえば最初にアンコール・ワットに入った人の気持ちがすこしわかるような一種のそらおそろしさを感じる」と綴っています。

e0164563_13213999.jpg

城内には実生から自然に育った巨木が茂り、永い歴史の流れを物語ります。

3年前にここを訪れた時は、日曜日なのに二組しか会いませんでしたが、この日は別ルートから登ってきた何組かのハイカーや若者、家族連れが訪れていました。

e0164563_13215145.jpg

高取山の頂上に築かれた本丸跡からの南の眺めは素晴らしく、手前に吉野山、奥に大峰山、大台ケ原の山々を望むことができます。

e0164563_13220240.jpg

時刻は、昼を過ぎています。計画的なハイカーならば持参した弁当をここで食べるというのが通常だと思うのですが、残念ながら私は、寄り道が多いとはいえこんなに時間がかかるとは予想せず、弁当はおろか食べるものは何もなく腹はぺこぺこ。山登りを甘く見てはだめだと痛感。

急ぎ別ルートの急坂を麓の土佐の町へと足早に降りることにしました。

降り道でなぜか明日香でも見られる「猿石」が!

e0164563_13221338.jpg


by y-tukide | 2017-06-12 13:37 | 街道を行く

大和街道 伊賀上野から柘植宿をゆく

「大和街道」は、江戸時代には加太越奈良道と呼ばれ、三重県を走る東海道の「関宿」の西の追分から分岐し、加太峠を越えて「柘植(つげ)」「伊賀上野」「島ヶ原」を通り奈良へと続く街道です。

4月末の連休初めに、妻と娘そして6歳の孫娘との珍しいメンバーで関西本線の月ヶ瀬駅から伊賀上野へと「街道をゆく」をしたのですが、今回は、私一人でその続きの伊賀上野から柘植宿へと街道を行きました。

伊賀電鉄の伊賀市駅に降りたのが朝の8時ごろ、ここから大和街道を行くとすぐに菅原道真を祀る「天満宮」があります。

e0164563_09151465.jpg

さらに進むと「大和街道」と伊賀上野と津、そして伊勢をつながる「伊賀街道」の分岐点にあたります。その角には古いたたずまいの井本薬局があります。現在も営業されていますが、朝早いので店は板戸が閉められていました。

e0164563_09153567.jpg

間もなく江戸時代「俳聖」と呼ばれた松尾芭蕉の生家があります。ここから芭蕉は各地を旅しました。伊賀上野には芭蕉にちなんで芭蕉翁記念館や俳聖堂、蓑虫庵があります。

e0164563_09161961.jpg
e0164563_09162767.jpg

その先のT字路には、「左東海道せき道 右ならはせ山上道」と記された道標が建ちます。

e0164563_09164293.jpg

眼下に北へと伸びる大和街道。

e0164563_09170458.jpg

服部川を渡り背後に上野城の天守を見ながら街道を進み、「小宮神社」を過ぎると街道は東に折れ、「印代」という集落に入ります。

e0164563_09171911.jpg

集落を抜けると麦畑と田植を終えた水田ののどかな風景が広がります。この日は五月晴れ、風もさわやかで最高の「街道を行く」です。

私は、今年の3月に腰を患い、夜中に当然右足に電気が走り激痛で眠れぬ夜をすごし、そして杖なしでは歩けない惨めな日々が続きました。あの時の歩けない苦しさ思えば、こうして好きな街道歩きができる喜びはひとしおです。

e0164563_09173537.jpg

田園風景の中をひたすら東へと進み「佐那具」という集落に入ります。

街道筋には、元旅籠であったかと思われるつくりの建物や商家であった「平入り」建物が軒を並べます。

e0164563_09182089.jpg
e0164563_09183203.jpg

この店は金物屋さん。窓越しに鎌などの道具が飾られ、鋸の目立てもしているようです。ご先祖は鍛冶屋さんだったのかもしれません。

e0164563_09185047.jpg

街道は「柘植川」を渡ります。土手沿いに桜並木が続き、青空にぽっんと浮かぶ雲。

川は濁っていますが多分田植の際に引き込んだ水の濁りかと思われます。

e0164563_09192521.jpg

街道筋の町はずれに面白い建物発見。一般的に洋風の建物に使われるS字型の瓦で葺かれた蔵と納屋。壁は漆喰で腰は銅版張り。渋い色のS字瓦が「本瓦」にも見え意外と違和感を感じません。改修なのか新築なのか詳しくは見ませんでしたが「本瓦葺」に比べ瓦は軽量で安価ですので至極合理的に考えられています。

e0164563_09194121.jpg

集落を抜け街道は柘植川沿いを走ります。川沿いには桜並木が永遠と続きます。

e0164563_09195783.jpg

木々の間からシラサギが。

e0164563_09201112.jpg

対岸の竹藪の中の道に向かって架けられたコンクリートの潜水橋。

e0164563_09202509.jpg

菜の花畑、気持ちのいい風景が続きます。

e0164563_09204218.jpg

いくつかの集落を通りぬける中、街道沿いで見つけた茅葺の民家、大和街道を歩いていて初めて見た茅葺民家です。

e0164563_09210147.jpg

柘植の集落に入ったあたりで、柘植川に流れ込む小川に架けられた「勧請縄」を発見。

勧請縄は、疫病などの悪霊が村に入ってこないようにするために、村の入り口に張られた結界です。前回、大和街道を歩いた時伊賀上野の手前の集落の入り口でも見ました。

大和街道沿いには、今もその風習が残っているようです。

e0164563_09454570.jpg

ようやく街道は、「柘植宿」に入ります。街道が鍵型に折れるあたりが柘植宿の中心で本陣もあったようなのですが、あまり宿場の面影は残っていません。ただ気になったことは、街道沿いの民家の何軒かの土塀がレンガで積み上げられていることです。地元の方に聞くとこのレンガは、明治に開通した関西本線の加太峠を抜く「加太トンネル」に使われたレンガの残りを利用したものだそうです。

e0164563_09222122.jpg

時刻は午後3時、この先の大和街道は、国道25号線を歩き加太峠越えです。国道を延々と歩くのは嫌なので日はまだ高いのですがここで終わりとし、柘植駅から帰路につくことにしました。

二日をかけて関西本線の「月ヶ瀬」から「伊賀上野」を経て「柘植」へと歩いた「大和街道」、景色もいいし歴史のにおいも濃く、気持ちよく歩けた「街道を行く」でした。

e0164563_09223426.jpg


by y-tukide | 2017-06-05 10:20 | 街道を行く

大和街道 月ヶ瀬から伊賀上野を行く

大和街道は、江戸時代には加太越奈良道と呼ばれ、三重県を走る東海道の「関宿」の西の追分から分岐し、加太峠を越えて「柘植(つげ)」「伊賀上野」「島ヶ原」を通り奈良へと続く街道です。この日、私と妻と娘そしてもうすぐ6歳になる孫の4人で関西本線の月ヶ瀬から伊賀上野へと大和街道を歩きました。このメンバーで街道歩きをするのは初めてです。

自宅を朝6時過ぎに出、IR宇治駅から電車を乗り継ぎ、関西本線の月ヶ瀬駅を降りたのは、8時前、さぁ~ここから出発です。

e0164563_10481581.jpg
e0164563_10481595.jpg

しばらく歩くと「二本杭跡」があります。二本杭は俗称で大和街道の藤堂藩「伊賀の国」と柳生藩「山城の国」の境として幕府検視の指示により、それぞれの杭を合わせて設置されたそうです。これはそれを石柱で再現されたものです。

e0164563_10481621.jpg

民家が点在するのどかな山里を歩きます。

e0164563_10481602.jpg

ここは藤堂藩が設けた関所の跡です。

e0164563_10481681.jpg

孫は、きれいな花や虫を見つければ立ち止まり、珍しいものを見ては質問し、なかなか前に進みません。

e0164563_10481730.jpg

1時間半ほど歩いて「行者堂」につきここで休憩。

行者堂は、自然石の岩屋の中に役行者(えんのぎょうじゃ)像が祀られています。

この辺りには、阿弥陀磨崖仏、大師堂、不動明王像などが祀られ信仰の霊地です。阿弥陀磨崖仏は、南北朝から室町時代のものと推定されているそうです。

e0164563_10481465.jpg

木津川と小さな小山川が合流するこの辺りは、岩谷峡と呼ばれ景勝地です。小山川沿いでは夏場たくさんのホタルが飛び交うそうです。

e0164563_10481519.jpg

休憩後、先を進むと島ヶ原の集落に入ります。

e0164563_10482976.jpg
e0164563_10482948.jpg

島ヶ原は大和街道の要衝にあって藤堂藩の時代、街道の宿場町として賑わいました。この建物は旧本陣で多くの大名が宿泊や休憩をしました。

e0164563_10482988.jpg

街道をそれ関西本線に島ヶ原駅でトイレ休憩。

この島ヶ原に鉄道が開通したのは、明治30年です。当時、関西鉄道株式会社だったのですが、その後、関西鉄道は国に買収され、明治40年に日本国有鉄道となり関西本線と改称されたそうです。今も残る駅の建物は、当時の関西鉄道のものであり、昔日の面影を残しています。

e0164563_10483044.jpg

島ヶ原宿を後に、木津川に架かる鉄橋を渡り伊賀上野へと向かいます。

e0164563_10482725.jpg

そして今回の最大の難所である急坂の「与右衛門坂」を行きます。

「笠置峠か与右衛門坂か、江戸の箱根はなけりゃよい」とうたわれたそうです。

e0164563_11030675.jpg

街道沿いの山田では、田植が行われていました。

e0164563_10482812.jpg

山の中のため池「三本松池」

e0164563_10482851.jpg

ここからずっと山道が続きます。

e0164563_10483800.jpg
e0164563_10483893.jpg

その山道で小さなカエルを発見。

e0164563_11045112.jpg

ようやく山道を抜け里に出ました。

e0164563_10483871.jpg

里に出て街道を進むと国道163号線にあたります。ここからは歩道が無い車が行きかう道を孫の手を引き歩きます。

国道横を流れる川に「勧請縄(かんじょうなわ)」が張られていました。

勧請縄は、疫病などの悪霊が村に入ってこないようにするために、村の入り口に張られた結界です。この辺りには今もその風習が残っているようです。

e0164563_10483700.jpg

ここでついに5歳の孫はギブアップし疲れて眠ってしまいました。目的地の伊賀上野へはまだ3キロほどあります。急きょタクシーを呼び助けてもらうことに。

何とか無事に伊賀上野につき、遅めの昼飯を取りました。

孫は大好きなハンバーグをペロリとたいらげました。よほど腹が減っていたのでしょう。何せ朝から10キロは歩いたのですから。

e0164563_10483725.jpg

伊賀上野は忍者の町、あちこちに忍者が出没していました。

e0164563_10483741.jpg


by y-tukide | 2017-05-08 11:08 | 街道を行く

越前 勝野と大野を行く

10月の連休、妻と越前の勝野と大野に行ってきました。

私は、勝野と大野にはこれまでに何度か訪れていますが、最初に行ったのは14年前です。きっかけは司馬遼(司馬遼太郎)の街道を行くシリーズの18「越前の諸道」です。

司馬遼は、昭和5510月に須田画伯と九頭竜川沿いを上下しています。

朝、京都駅0番ホームから658分発の特急サンダーバードに乗り福井駅へ。福井駅からえちぜん鉄道に乗り換え「勝山駅」についたのが948分。

ここから九頭竜川を渡り、勝山の町を散策しました。

e0164563_10075808.jpg

勝山は、中世から戦国にかけての軍事的要所として城が築かれ城下町が形成されました。現在の市役所あたりに城があったそうです。また勝山の町散策後に訪れる、中世に巨大な勢力を誇った「平泉寺」の寺内町として栄えた町でもあります。

現在「本町通り」には、豪雪に耐えるように深い軒に太い「登り梁」を掛け、それに「母屋」をのせたこの地方独特の大型の商家が結構残っています。

e0164563_10080054.jpg

その本町通りには、司馬遼が泊まった400年続く老舗の料理旅館「板甚(いたじん)」がありました。私もここを宿にしたかったのですが連休ということもあり予約でいっぱいでした。

e0164563_10080089.jpg

町を散策し、昼は越前名物の「おろしそば」と勝山の地酒「一本義」をいただき、午後は今回の目的地の一つである「白山平泉寺」に向かいました。

e0164563_10080025.jpg

「白山平泉寺」は、私は14年ぶりですが妻は初めてです。

「白山平泉寺」は、717年に越前の僧「泰澄(たいちょう)」によって開かれたとされています。

白山信仰の禅定道(ぜんじょうどう)は、美濃側、加賀側、越前側の三つの道がありますが、その越前側の拠点としてここに山伏が集まり、平安時代後半には天台宗比叡山延暦寺の傘下に入り一大宗教勢力となりました。

戦国時代には、四十八社、三十六坊と六千の坊院が建ち並ぶ宗教都市で、広大な寺領を持ち、僧兵は八千を数えたと伝えられています。

ただ司馬遼は本の中で「中世、平泉寺は悪僧の巣窟でもあった」と綴っています。

その宗教都市は、1574年に一向一揆の攻撃を受け全山が焼失してしまいました。

そして明治の始めに神仏分離令に基づき寺号を廃して「白山神社」と改められました。

禅定道の入り口にあたる「菩提林(ぼだいりん)」。

二百数十年生と思われる老杉がうっそうとした森を形成しています。

e0164563_10080151.jpg
e0164563_10080128.jpg

舗装された道の横には、苔むした当時の石畳が続きます。

e0164563_10080529.jpg

いつの時代の石仏か、深い緑にとけこんでいました。

e0164563_10092921.jpg

坂道を登り切った所で視界が開け駐車場や真新しい建物が現れました。

私が14年前に訪れた時には、確か店なども無かったものです。また当時は会う人はちらほらだったのですが、この日は観光客が結構訪れていました。地元の人に聞くと数年前に吉永小百合さんのJR東海?のポスターの写真がここで撮られたとのこと、それ以来観光客が増えたそうです。

そのポスターの背景となった参道。

e0164563_10092929.jpg

幸い拝殿前のこの風景は、14年前と変わりませんでした。

e0164563_10093009.jpg
e0164563_10093091.jpg

平成元年から始まった発掘調査では、白山神社境内から数百メートル離れた山林や田畑の下から、坊院跡(僧侶の住居跡)や縦横に張り巡らせた石畳が発見され、一部坊院の門・土塀が復元されていました。

e0164563_10093141.jpg

この日は勝山で宿をとり、翌日はバスで大野へと向かいました。

今回の旅でもう一つの目的は、大野の山里にある「宝慶寺(ほうきょうじ)」という寺に行くことです。

司馬遼が「越前の諸道」の旅で最初に向かったのが「宝慶寺」です。本の中でも司馬遼は、今も寺があるかどうか、ともかく地図を見ながら「宝慶」という村の地名を頼りに向かっています。14年前私もその寺に行きたくて越前池田から宝慶寺に向かったのですが、険しい山道を走り、結局道がわからないまま大野の町入ってしまいました。

今回は、地図で寺の位置を確認し大野でレンタカーを借り走りました。そして美しい杉の林を抜け今回は何とか宝慶寺につくことができました。

e0164563_10093270.jpg

司馬遼も何とか宝慶寺についたとき最初に出くわしたのは、「杉木立のはてにあった粗末な四脚門で、その門だけが、光のなかに浮かんでいた」と綴っていますが、いまは真新しい四脚門が浮かんでいました。

e0164563_10093244.jpg

宝慶寺は700年前に、「寂円禅師」によって開かれました。寂円禅師は中国の宋朝の人で、日本から宋に渡った道元禅師(永平寺の開祖)とともに、如浄禅師のもとで修業を続けられました。その後、日本に戻った道元禅師をしたって来日し、常に道元禅師に従いました。

寂円禅師は、道元禅師の死後この山に入り、如浄・道元禅師の禅風をひとり守り93歳まで生きられたそうです。

e0164563_10093312.jpg

今は、曹洞宗の道場として何人かの雲水がここで修業されています。

曹洞宗本山永平寺は観光客あふれかえっていますが、ここは静寂が保たれています。

ちょっと気になるのは、寺の麓で造成工事が行われていたことです。もしかして大きな駐車場を造っているのでは?

e0164563_10154441.jpg

e0164563_10123069.jpg

また境内には、今は廃墟となった門前の宝慶村の茅葺の民家が1軒移築されていました。

e0164563_10123026.jpg

この後大野の町に向かったのですが、平野では可憐なソバの花が畑を白く染めていました。

e0164563_10093195.jpg


by y-tukide | 2016-10-17 10:19 | 街道を行く

初瀬街道 大和朝倉から長谷寺を行く

この日、妻と「初瀬街道(はせかいどう)」を近鉄大阪線の桜井から長谷寺を参拝し榛原へと歩く予定をしていたのですが、急に孫娘を見なければならないことになりなり、コースを短縮し3人で初瀬街道を行くことにしました。

朝9時ごろに近鉄大阪線の大和朝倉駅に降り、ここから長谷寺へと向かいました。

5歳の孫娘にとっては初めての長距離ウォーキング体験です。

e0164563_15045414.jpg

大和朝倉駅付近の初瀬街道の町並み。

e0164563_15051525.jpg
e0164563_15052273.jpg

玄関に「杉玉」が吊るされた立派なお宅。造り酒屋さんだったのか?

e0164563_15054755.jpg

街道筋のこのあたりは、うれしいことに結構古い建物が残り風情ある町並みが続きます。

この建物も、よく手入れされています。

e0164563_15060346.jpg

街道沿いの田園風景は、秋そのもの。

e0164563_15061879.jpg
e0164563_15063560.jpg

ところがこの日は台風18号の影響か気温は30度を超える蒸し暑い夏日。

5歳の孫娘にとっては、ちょっときつい初体験です。

家の陰でちょっと休憩。

e0164563_15065221.jpg

「黒崎」という集落を歩いていると街道の左側に立派な石の鳥居があり、その先のR165線を越えたところに「白山神社」という古社があります。

この辺りは第二十一代雄略天皇が営んだ「泊瀬朝倉宮(はつせあさくらのみや)」の伝承地だそうで、境内には万葉集の巻頭を飾る雄略天皇が読んだ歌碑が建立されています。

e0164563_15071702.jpg

黒崎集落に建つ、軒が本瓦葺で大和格子のこの建物、いい建物ですが地元の人に聞くと現在は空き家だそうです。

e0164563_15073100.jpg

集落を抜けたあたりで休憩も兼ねて「お絵かきタイム」。

妻が、ただ歩くだけでは孫娘かわいそうと考え、好きなお絵かきノートを持参したもので、彼岸花を色鉛筆で描いていました。

e0164563_15074608.jpg

そして押し花も。

e0164563_15080396.jpg

この先はR165線と交わり歩道を歩きます。大人にとっても自動車道路を歩くのは苦痛で倍疲れます。

e0164563_15081437.jpg

旧街道はR165線から別れ、「出雲」という集落に入ります。

e0164563_15083076.jpg

集落内には「十二柱神社(じゅうにはしら)」という神社があります。

e0164563_15084473.jpg

その境内にある説明書きによると、この出雲という集落は、日本の国技である相撲の始まりである、出雲国の勇士「野見宿禰(のみすくね)」と大和国の「当麻蹴速(たいまのけはや)」が角力(相撲)して野見宿禰が勝ち、その垂仁天皇に仕えこの地にすんだと記されていました。

そのいわれからか境内の狛犬の台座は、4人の力士が支えていました。

e0164563_15105736.jpg

出雲集落を後にさらに進んだのですが、孫娘はかなりばててきたので昼飯を取ることにしました。たまたま長谷寺参道手前に孫の好物のラーメン屋があったので入ったのですが、注文するなり「ラーメンがきたら起こして!」というなり寝入ってしまいました。

e0164563_15111192.jpg

店のご夫婦が、暑い中かわいそうにと大変気を使ってくださり、いろいろ便宜を図ってくださいました。そして起きて食事をした後も孫にリンゴむいてくださったり、栗を土産にといただきました。

孫娘が店で描いた栗の絵といただいた栗を持っての記念撮影。

大変お世話になりました。ありがとうございました。

e0164563_15112742.jpg

そしてこの店で真心と英気をいただきこの日の最終目的地である「長谷寺」へと向かいました。

e0164563_15253474.jpg

長谷寺では、あの長い階段を跳ねるように上って行ったのには驚かされました。

e0164563_15125336.jpg
e0164563_15151817.jpg

花の寺の長谷寺、紅葉もはやいこの季節、花も無く唯一「きんもくせい」がかぐわしい香りを放っていました。

今回の街道を行くは、記憶に残る珍道中となりました。

e0164563_15133152.jpg


by y-tukide | 2016-10-03 17:47 | 街道を行く

初瀬街道 阿保宿から二本木宿を行く

初瀬街道は、大和方面から伊勢を結ぶ街道で大和の初瀬から名張を経て青山峠を越え松坂に至り、伊勢神宮に詣でる伊勢街道の一つの道です。

その初瀬街道を6月の初めに榛原から名張の「やなせ宿」まで歩き、その後も近鉄大阪線の青山駅近くにある「阿保(あお)宿」まで歩いたのですが、7月初めのこの日は「阿保宿」から「二本木宿」へと街道を行くことにしました。

「阿保宿」は、江戸時代のはじめ藤堂藩から「上野」「名張」とともに商いを許され、商家や旅籠が軒を並べにぎわったそうですが、今は静かなたたずまいの町です。

e0164563_09451449.jpg
e0164563_09451748.jpg


宿場近くの鎮守の森の中にある「大村神社」。

桧皮葺の宝殿は、国の重要文化財に指定されています。

e0164563_09452240.jpg

畔の草がきれいに刈られた田園風景。

e0164563_09452942.jpg

小さな集落の中を行きます。

e0164563_09463987.jpg

街道歩きをしていて怖いのは、歩道のないトンネルです。

幸いこのトンネルには歩道がありました。

e0164563_09453609.jpg

そして「伊勢地(いせぢ)」宿」に。

宿場の入り口の野仏。

相当古いものでしょうか、かなり風化しています。

e0164563_09453816.jpg

「伊勢地宿」は、初瀬街道最大の難所といわれる青山峠の西麓の宿場で、20軒ほどの旅籠が街道沿いに軒を並べ、初瀬街道で最もにぎわった宿場だったそうです。

「大和屋」という屋号の元旅籠。

e0164563_09490319.jpg

宿場の中央には、文政11年(1828年)に建てられた常夜灯が建っています。

e0164563_09454034.jpg

この建物には、「とくだや」という看板が玄関先に掛けられていました。

明治の末期まで旅籠を営んでいたそうです。

e0164563_09454480.jpg

宿場の家並み。

e0164563_09454241.jpg

なつかしいこのポストは現役で活躍しています。

e0164563_09455544.jpg

街道はここから青山峠へと続きます。

本来ならばこの道を進むべきなのですが、この時期各地で「クマ出没」のニュースが流れていたことと、7月初めの炎天下の峠越えはちょっときついと判断し、この区間はズルをして電車で峠を越えることにしました。

e0164563_09454608.jpg

そして近鉄大阪線の「伊賀上津駅」から乗り、二駅目の「東青山駅」で降り、青山峠の東の入り口にあたる宿場「垣内(がいと)宿」に向かいました。

垣内宿を流れる清流垣内川。

e0164563_09460775.jpg

私はズルをしましたが、難所の青山峠を越えてきた旅人はこの風景にさぞかし癒されたことでしょう。

e0164563_09460558.jpg

垣内宿の民家の玄関先に屋号入りの暖簾がかけられていました。

e0164563_09455865.jpg
e0164563_09460366.jpg

美しい風景の山間の宿場「垣内宿」を後に、

初瀬街道をさらに「二本木宿」へと向かいました。

e0164563_09460920.jpg


by y-tukide | 2016-09-20 11:19 | 街道を行く

初瀬街道 榛原から名張を行く

初瀬街道は、大和方面から伊勢を結ぶ街道で大和の初瀬から名張を経て青山峠を越え松坂に至る伊勢街道の一つの道です。峠が多く険しいが伊勢への最短道である「伊勢本街道」と榛原で分岐します。
初瀬街道はこれまでに車で巡ったことはあったのですが、今回は榛原から歩いて初瀬街道を行くことにしました。
e0164563_1065383.jpg


初瀬街道と伊勢本街道の分岐点には道標があり、その向かいに明治10年頃まで旅籠を営業していた「あぶらや」主屋が建っています。数年前に改修工事がされ宇陀市指定文化財に指定されています。ここには伊勢の国松坂出身の江戸時代の国学者である本居宣長が泊まった記録などがあります。
e0164563_107652.jpg


「あぶらや」から国道165線を越えると趣のある街並みが続きます。
e0164563_1072580.jpg

e0164563_10254926.jpg


その一角にツキデ工務店が7年前に再生工事をさせていただいたN様邸住宅があります。
e0164563_1094580.jpg


旧街道は途中で並行して走る国道165号線に交わります。国道を30分程歩き「天満台東口」というところを右折すると、室生ダム沿いに整備された緑地ひろばあります。その一角に自然石に彫られた「ぬれ地蔵」祀られています。
裏山からの水が落ち濡れていることからその名が付けられ、ダムが増水すると裾まで水没するそうです。
e0164563_1095596.jpg


このあたりからのどかな風景が広がり、とても気持ちよく歩けます。
e0164563_1010672.jpg

e0164563_10101515.jpg


初瀬街道とほぼ並行して近鉄大阪線が走っています。よほど疲れたら最寄りの駅で電車に乗れるので気分的にかなり楽です。
e0164563_10102636.jpg


室生口大野駅付近には風情ある民家が結構あります。その中のこの立派な民家、なんとデザイン事務所の看板がありました。
e0164563_10104016.jpg


このあたりから山道を上り小さな峠を越えます。
e0164563_10105514.jpg


峠道を下り小さな集落を抜けると「三本松宿」に入ります。
ここには8年前にも訪れていますが、道を挟んで庭園のある元本陣であった「ぬしや」と正面の妻入りの大きな建物が建替えられていました。
8年前と現在の写真。
e0164563_10114393.jpg

e0164563_1011778.jpg



とはいえ元旅籠の「ますや」の建物などが残り宿場の風情は今も感じられます。
「ますや」の端に建つ道標には「是より西 萩原二里六町」と「是より東 名張二里十二町」と刻まれ、ここが榛原と名張の中間であることを示しています。
e0164563_10115618.jpg


三本松宿を後に165号線沿いの「道の駅」で食事をとりひと息入れて、宇陀川沿いの道を進みます。
e0164563_1012655.jpg


「鹿高」という集落の中を歩いていると玄関の差し鴨居に八十八歳と名前が記された「しゃもじ」が掛けられていました。これはこの地方の習わしで八十八歳の米寿に手形としゃもじに名を書き玄関の差し鴨居に掲げ、長者を尊び祝うそうです。
e0164563_10121590.jpg


実は8年前にここに訪れた時にもそれを見つけ、これはめでたいと私が撮った写真にちょっと手を加え、2009年の「我社の年賀状」に使わせていただきました。
e0164563_1025043.jpg


街道は赤目口駅近くの集落の中を走ります。
e0164563_10123576.jpg


そしてようやく名張に着きました。この日はこれまで。
榛原駅に朝8時ごろに降り街道を行き、名張駅にたどりついたのが午後4時ごろ、
よく歩きました。
e0164563_10234994.jpg

by y-tukide | 2016-07-04 10:45 | 街道を行く

因幡街道(智頭往還)を行く 志戸坂峠を越え智頭宿へ

因幡街道を行く二日間の街道歩き、初日は「平福宿」から「大原宿」を歩きました。そしてその日は、大原宿の先の「あわくら温泉」にある国民宿舎あわくら荘に泊まり、温泉で疲れた足を癒しました。
そして翌日は「志戸坂(しとさか)峠」を越え「智頭(ちず)宿」へと向かいました。
峠越えの麓にある坂根集落では、田植えに向けての農作業が行われていました。そこで作業をされている年配の方に道を聞くと、丁寧に教えていたのですが、最後に一言「熊に気を付けてよ !」
準備万端、熊よけの鈴を忘れず持ってきています。
e0164563_15254297.jpg


志坂峠は、大原宿と智頭宿の間のちょうど国境(現在の岡山県と鳥取県の境)であり、江戸時代には、参勤交代の要道であり非常によく利用された道です。
「三十三曲り」と呼ばれた難所もあり、冬は雪が深く、牛馬も通わなかったようです。
今の峠道は比較的よく整備されていて、これまでに歩いた峠道に比べ幅も広く、昔の石垣もよく残っていて「日本の道百選」にも指定されています。
e0164563_1526553.jpg


途中、峠道の真ん中で真っ黒な蛇が日向ぼっこ。
今年初めて見る蛇です。
e0164563_15263237.jpg


標高584mの志戸坂峠、熊にも遭遇することなく超えることができました。
峠を越えると「駒帰(こまがえり)」集落に入ります。名前から察することが出来るように志戸坂峠は当時、険しくて馬も引き返す難所だそうです。
e0164563_15271499.jpg


駒帰集落から清流が流れる千代川沿いの道を下って行くと、左手に落差50mの「副ヶ瀧」が現れます。
e0164563_15272378.jpg


さらに川沿いを行くと「魚の棚」という景勝地があります。
約280年前の江戸時代に書かれた文献に「絶景アリ」と紹介された風景は、今も変わりません。
e0164563_15273561.jpg


新緑の中、清流を眺めながら街道歩きは、疲れを感じさせません。
e0164563_15274650.jpg


道をさらに行くとのどかな風景が広がる集落に入ります。
e0164563_15275822.jpg


街道は、集落を抜け進むと旧国道R373号と合流します。
旧国道は、無料の鳥取自動車道が山間部を並行して走っているので、通過交通が無く地元の車だけなのでまったく走る車を見かけません。
そして373号線沿いに木造の小学校が現れ「山郷(やまさと)小学校にようこそ」と英語で書かれた文字が目を引きます。
この校舎は閉校後も地域の憩いの場として活用されているようです。
e0164563_15281379.jpg


街道は、大内という集落に入ります。その集落の山側を走る智頭急行の「恋山形駅」というなんとも周囲の風景と似つかない色の駅がありました。
なんでも日本には四つの「恋の駅」があるそうです。
e0164563_1528316.jpg


街道沿いに建つ六地蔵。
e0164563_15284765.jpg


ようやく「智頭宿」に入ります。
智頭と言えば「智頭杉」が有名です。私は10年前にも車でここを訪れています。
智頭宿の街並み。
e0164563_1529325.jpg


智頭宿の中で威容を誇る「石谷家住宅」。
敷地面積3000坪、広大な日本庭園を中心に四十の部屋と七棟の蔵をもつ大規模木造建築です。国の重要文化財に指定されています。
e0164563_15292150.jpg


母屋の入口をくぐると、高さ14mの吹き抜けがあり、松の巨木の梁組が豪壮な雰囲気を醸し出しています。
e0164563_15293192.jpg


智頭宿は因幡街道(智頭往還)と岡山に向かう備前街道が交わり、人・物が流通する拠点です。
その備前街道沿いには、以前歩いた木曽中山道で見かけた、旅人の乾いたのどをいやしてくれる「水舟」がここにもありました。
e0164563_15294199.jpg

by y-tukide | 2016-05-23 09:00 | 街道を行く

因幡街道を行く 平福宿から大原宿へ

因幡(いなば)街道は、播磨国(はりまのくに)姫路(兵庫県姫路)と因幡国(いなばのくに)鳥取(鳥取県鳥取市)を結ぶ街道で、江戸時代には鳥取藩などが参勤交代で通った道です。
古くは鎌倉時代、源頼朝によって隠岐に流された後鳥羽上皇やその後も後醍醐天皇が無念の思いを抱き通った道でもあります。
この日は近鉄大久保駅を6:14に乗り、京都から新幹線で姫路へ、ここでJR山陽本線に乗り換え上郡へ、ここから智頭急行のワンマンカーに乗り平福駅に9:05に到着。
ここ「平福宿」から「釜坂峠」を越え因幡街道を「大原宿」に向かって歩きました。
e0164563_1116375.jpg


平福は、戦国のころ利神(りかん)山に「利神城」という山城が築かれ、その城下町として整備されたのが始まりです。
当時は東西300m、南北500mにも及ぶ広大な山城で、山頂に三層の天守があり別名「雲突(くもつき)城」と呼ばれていたそうです。
今は朽ち石垣も崩れ、つわものどもの夢の跡となっています。
e0164563_11161218.jpg


その後平福は、因幡街道の宿場町として発展しました。
宿場の街並みは道に面した家並みが普通ですが、平福は道側だけではなく、背後の作用川に沿って並ぶ石垣や土蔵、川座敷(川を眺める座敷)がある建物が川面に浮かぶ川端風景が特徴です。
e0164563_11162576.jpg


私は、10年前にも平福を訪れています。その後平成21年の豪雨をもたらした台風9号で作用川が氾濫し、多くの犠牲者と甚大な災害が引き起こされたことをニュースで見て大変心配をしていたのですが、元の美しい風景の街に復旧されていました。
e0164563_11163587.jpg


格子や連子窓が並ぶ街道の街並み。
e0164563_11164599.jpg


平福宿の南の入口付近には、江戸時代、平福藩の刑場がありました。この六地蔵は、刑場跡に供養のために建てられたものです。
またこの地は「宮本武蔵決闘の地」でもあります。武蔵が13歳の時、有馬喜兵衛という剣豪に初勝負をいどみ、一刀のもとに倒したと言われています。
そしてその武蔵の出生の地と言われている「宮本村」が、因幡街道の「釜坂峠」を越えたところにあります。
e0164563_1116564.jpg


平福宿を後に、街道は緩やかな坂道が続きます。
周辺にはのどかな風景が広がり、振り返れば遠くに利神城跡と平福宿が見えます。
e0164563_1117622.jpg


野には花々が咲き、山は新緑に萌え、風もさわやかで気持ちのいい街道歩きです。
e0164563_11171665.jpg


2時間ほど歩き、途中弁当を食べ「釜坂峠」へと山道を行きます。
さほどきつくない山道を上って行くと峠の手前に朽ちた家屋がありました。
当時このあたりに、峠茶屋があったのであろうと思いめぐらせ峠を越えました。
e0164563_11172873.jpg


釜坂峠を越え、宮本武蔵の出生の地「宮本村」へと下って行くと「一貫(いっかん)清水」という湧水の水場があります。その名は、旅人が立ちより「ほんに一貫文(一両の1/4)の値打ちがある」と言ったところからついた名だそうです。
武蔵もふる里を後に、峠に向かう時この水を飲んだことでしょう。
e0164563_11174011.jpg

e0164563_11174819.jpg


峠道を下りた村の入口に「武蔵神社」があります。神社の祠には小説「宮本武蔵」の著者「吉川英治」の名が記された絵馬が奉納されていました。
また境内には武蔵と両親の墓もあります。
e0164563_11175945.jpg

e0164563_1118832.jpg


宮本村で小休止し、次に「大原宿」へと向かいます。
吉野川沿いを歩き1時間ほどで「大原宿」に入ります。
e0164563_11181842.jpg


大原宿は、播磨・因幡・美作(みまさか)と三国を結ぶ交通の要所として、古から宿場として栄えました。そしてここには参勤交代で藩主らか宿泊する本陣・脇本陣をはじめ十数軒の旅籠があったそうで、今もその面影を色濃く残しています。
e0164563_11194199.jpg


鳥取藩三十二万石池田侯が参勤交代で宿泊した「大原本陣 有元家」。
有元家は、二百年前の本陣の遺構を今日まで残しておられます。
e0164563_11195592.jpg


街道の両側の側溝の上に花が飾られ、街行く人の目を楽しませてくれます。
e0164563_1120669.jpg


この日はこれまで。この季節の天気に恵まれた街道歩きは最高です。
宮本村では、青空に鯉のぼりが泳いでいました。
e0164563_11201782.jpg

by y-tukide | 2016-05-09 09:00 | 街道を行く

室生古道を行く

この日、久しぶりに妻と二人で古道歩きをしました。
室生古道(むろうこどう)は、伊勢本街道の高井宿から仏隆寺(ぶつりゅうじ)→唐戸峠→西光寺→室生寺→門森峠→大野寺→近鉄室生口大野駅を行くコースです。
早朝、近鉄大阪線「榛原駅」を下車。
この榛原は、かつて大阪や大和から「お伊勢参り」に行く二つの街道の分岐点として交通の要所でした。一つは峠が多く険しいが伊勢への最短道である「伊勢本街道」。もう一つは距離はやや長くなるが比較的上り下りが少ない青山越えの「伊勢街道(初瀬街道)」です。
その分岐点である札の辻には道標が建っています。
e0164563_947385.jpg


そしてその青山越えの伊勢街道沿いには、ツキデ工務店が7年前に古民家再生工事をさせていただいた
N様邸住宅があります。
e0164563_9475130.jpg


さて榛原宿から伊勢本街道を高井宿へと向かいます。高井宿を過ぎ仏隆寺へと進むと間もなく仏隆寺に向かう道と伊勢本街道が分岐します。ここであえて遠回りになるのですがもう少し伊勢本街道を行き、途中から折れ仏隆寺に行くことにしました。
そして右に折れ急坂の山道を行くと16本の杉が一株になり幹回り31mを越える巨木「高井の千本杉」が現れます。
今も根元からは水が湧き、旅人の喉をいやしてくれます。
e0164563_948879.jpg


かつて千本杉あたりまでの間には、旅籠や茶店があったそうで、その一つが「大野屋」という屋号の津越家住宅。大和棟の立派な家です。
e0164563_9482121.jpg


津越家を過ぎたあたりから伊勢本街道を左に折れ仏隆寺へと向かいます。
途中、のどかな田園風景が広がり、まさに日本の原風景を見ることが出来ます。
e0164563_1326772.jpg


回り道をして「仏隆寺(ぶつりゅうじ)」に到着。
この小さな山寺の山門に一直線にのぼる石段の中ほどに、樹齢900年という県下最古最大の桜の木があります。この日は幸運にも花は満開。これまでに仏隆寺には何度か訪れていますが、花を見るのは初めて、さすが見ごたえがあります。
e0164563_9492346.jpg


境内の樹齢450年の山梨の花も満開で山寺は花一色。
e0164563_9542171.jpg


仏隆寺を後に唐戸峠へ向かいます。峠まで30分程急な登りの山道が続きます。
息をきらして着いた峠には、小さな祠に「役行者(えんのぎょうじゃ)」が祀られていました。
e0164563_950935.jpg


ここからは舗装された林道を下って行きます。
1時間ほど歩くと「西光寺」に着きます。ここの桜もすごい!
自宅付近の桜は、散っているのに仏隆寺をはじめこのあたりは高度も高いこともあり、この日が見ごろ最高です!
e0164563_13261827.jpg


樹齢400年というしだれ桜。
e0164563_9505855.jpg


郷愁を覚えるのどかな室生の山里風景。
e0164563_951961.jpg


山里を下り室生寺の門前で遅めの昼飯を食べ、室生川にかかる朱塗りの太鼓橋を渡り、久しぶりの室生寺に参拝。
e0164563_9511930.jpg


本堂横の石段の上の見上げると五重塔が拝めます。
平安時代初期の建立といわれ、室生山中最古の建築です。平成10年の台風で巨木が倒れ大きな損傷を受けたのですが平成12年に修復されました。
e0164563_9513028.jpg


時刻は午後2時過ぎ、室生寺から「門森峠」を越え「大野寺」を経て帰路につくことにしました。
6キロほどの山道は杉・桧が生い茂り、石畳の山道はコケが蒸して滑りやすく、石がごろごろ転がる道が延々と続き、歩きにくく倍疲れました。
e0164563_9514355.jpg


ようやく大野寺に着きました。
寺の前を流れる宇陀川の対岸の巨岩に彫られた磨崖仏。
e0164563_13262966.jpg


大野寺のしだれ桜。
e0164563_9522231.jpg


この日は、妻も私も桜を堪能しました。
歩き甲斐のある「古道を行く」でした。
e0164563_9523789.jpg

by y-tukide | 2016-04-18 09:52 | 街道を行く