日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

若狭街道 水―3

若狭姫神社の「桂の井」の霊水。
この井戸の水は古来、「若狭の若返りの水」として知られ、延命長寿を保つと伝えられています。

e0164563_10111442.jpg


本殿の背後の広葉樹の森は県の天然記念物に指定されており、この鎮守の森が伏流水を蓄えています。
そして本殿脇の千年杉は高さ30m、不老長寿、子孫繁栄の象徴とされて、まさに霊水が育んだ杉といえます。

e0164563_10112535.jpg


e0164563_13314473.jpg


e0164563_10114018.jpg

by y-tukide | 2009-03-26 10:38 | 街道を行く

若狭街道 水-2

若狭地方は水に恵まれた地です。若狭街道の若狭近辺にも、「瓜割りの滝」以外、名水が湧き出るところが何箇所かあります。
神宮寺の「お水送り」の「お香水」、若狭姫神社の「桂の井」の霊水、小浜漁港横の「雲城水」「津島名水」などです。
神宮寺の「お水送り」とは、奈良の東大寺の二月堂の修二会(しゅうにえ)、「お水取り」で、二月堂の前の井戸「若狭井」からくみ上げる水を送る神事です。
大和に春をつげる「お水取り」は3月12日ですが、「お水送り」はその10日前の3月2日に神宮寺の境内から湧き出る「お香水」を寺の前を流れる遠敷川(おにゅうがわ)の上流、鵜の背(うのせ)の川の淵から、竹筒に入れた「お香水」を注ぎ込みます。
「お香水」は淵の下の川底の穴を通って、奈良の「若狭井」まで10日かけ流れていくといわれ、奈良時代から続く1200年以上の歴史ある神事です。

e0164563_10472311.jpg

神宮寺境内に湧き出る「お香水」
e0164563_10474421.jpg

「お香水」が湧き出るところの横に生える、樹齢五百年の椎の木(スダジイ)。この巨木を見ていると、この地の歴史の深さを感じます。
e0164563_104814.jpg

3月2日に鵜の背の川の淵で行われる神事。
e0164563_10481938.jpg

神宮寺の本殿。神宮寺は奈良時代初期に創建された天台宗の寺で、本殿は重要文化財に指定されています。この寺は神仏習合の寺で、本殿には神さんと仏さんが奉られています。
本殿入り口にしめ縄が飾られたお寺は珍しいです。
e0164563_10483523.jpg

本堂の広縁の束は奥に行くほど短く、遠近法の手法を取り入れています。
e0164563_10485393.jpg

神宮寺の山門。ここにもしめ縄が張られています。
田んぼの間に延びる参道はとても気持ちのいい道です。

e0164563_1325938.jpg


6年前の2003年夏に撮った参道。



by y-tukide | 2009-03-17 10:53 | 街道を行く

若狭街道 水-1

私の家では、口にする水はすべて若狭街道沿いの若狭町にある天徳寺境内の「瓜割の滝」から汲んできた湧き水をいただいています。
この水には天然ミネラル分も含まれ、1年を通じて水温が変わらず、夏につけておいた瓜が割れるほど冷たいという言われからその名が付けられました。
環境庁の「名水百選」にも選定された、とてもおいしい水です。
月に1~2回水を汲みに行きますが、その日は、朝6時ごろから出かけ、若狭街道をぶらぶら寄り道しながら行きます。
多い日には車に20リッター入りのポリタンクを13本積んでいきます。
水汲みの日の楽しみは、街道沿いでの「おもしろいもん探し」がまず何よりですが、昼食に日本海で捕れた新鮮な魚料理を食べるのも楽しみのひとつで、小浜や敦賀に行きつけの安くてうまい店があります。そして締めくくりは、日帰り温泉に入り、帰宅します。
私にとって、その日はちょっとした小旅行です。

e0164563_10373358.jpg

瓜割の滝
e0164563_10375198.jpg


岩の間からこんこんと水が湧き出ています。水温は11.7℃と冷たく、1日に4500tの水が湧き出ているとのこと。水中の石が赤いのは、水質・水温に適した赤燥類が繁殖しているから。
e0164563_10432530.jpg


瓜割の滝に向かう道ぞいのお地蔵さん。
e0164563_10435382.jpg


水汲み場がある駐車場横の柿木。
e0164563_10448100.jpg


私は、水汲みの帰りの土産に、小浜の泉町商店街にある「朽木屋」で焼き鯖をよく買って帰ります。泉町商店街は鯖街道の起点の地で、今はちょっと寂れていますが数軒の魚屋があります。「朽木屋」はNHKの朝の連続ドラマの「ちりとてちん」の焼き鯖屋のモデルになった店だそうです。
e0164563_10443671.jpg

by y-tukide | 2009-03-14 08:58 | 街道を行く

月ヶ瀬街道 月ヶ瀬梅林

母をつれ、療養中の母の姉を見舞いに行った帰りに、月ヶ瀬梅林によりました。
e0164563_1036891.jpg


梅は五分咲きぐらいでしたが、花見客でにぎわっていました。
e0164563_10362199.jpg


しいたけ農家の庭先で、焼きしいたけを試食させてくれます。
e0164563_10363212.jpg


写生する少女の絵に見入る、幼児と少年。
e0164563_10364369.jpg


e0164563_1036551.jpg

by y-tukide | 2009-03-09 09:15 | 街道を行く