日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

熊野古道 湯浅―2

家内がテレビで和歌山の湯浅の町が紹介されている番組をたまたま見て、行ってみたいということになり、先日二人で行ってきました。
前回、私が始めて湯浅に行ったのは今年の1月17日でブログに掲載しています。
今回は家内の希望もありましたが、先日開通した第2京阪道路を通って大阪、和歌山までどれ位の時間で行けるのかも試して見たかったこともあります。この件については家を出て20数分で門真JCTを通過し、近畿自動車道の藤井寺を経由、阪和自動車道の岸和田SAまで1時間もかからず着くことが出来、これにはちょっと驚きました。
大阪や和歌山に行くためのこれまでの時間の感覚がまったく変わってしまいました。
結局、岸和田SAで朝食をとり湯浅に着いたのは9時半、朝食時間を含め1時間50分程で着きました。おかげでその日はゆっくりと湯浅の町を楽しむ時間が取れました。

まずは散策マップをいただきに湯浅駅に。駅舎は昭和2年に建てられたそうで、一部改築されていますが昭和の初めの雰囲気が漂います。
e0164563_10496100.jpg


駅の西側を走る熊野古道をちょっと南に行くと広川が流れ、この時期河口付近でシロウオ漁が行われています。シロウオ漁は春先に産卵のために遡上してきたシロウオを四っ手網という網ですくい上げる漁で、この地方の春をつげる風物詩です。満ち潮のとき遡上するそうで、私達がいった時間帯は引き潮だったので漁は見られませんでしたが、昼に「海ひこ」という店でシロウオをいただきました。この店は前回着たときにもよった店で、新鮮な地魚を食べさせてくれます。

シロウオのおどり食い。網ですくってポン酢につけて食べます。
e0164563_10492763.jpg


最後にいただいたシラス丼。シロウオとシラスが頭の中で混乱していたのですが、店の人に聞くと、シロウオはハゼ科の魚で成魚。シラスはイワシの稚魚だそうです。
あとシラウオというのもいますね。
e0164563_1049491.jpg


湯浅の町を歩くと昭和の匂いが漂います。あきらかに時間の流れ方が違うようで、ほっとした感じがします。また人もまるく、おだやかです。
e0164563_1050538.jpg

e0164563_10501985.jpg


湯浅の町は熊野古道の宿場町であり、城下町でもあり、醤油作りを中心とした商工業で栄えた町でもあります。その豊かさからか本瓦葺きのしっかりした造りの町家が多く見られます。
e0164563_10503478.jpg

e0164563_10504826.jpg


鎌倉時代に伝来し、金山寺味噌を売る400年続いている老舗の「玉井醤本舗」。この店では、樽にしこんだ金山寺味噌をはかり売りしてくれます。店番の老女は老舗の品がうかがえる上品な顔立ちの方でした。
e0164563_1051119.jpg

e0164563_10512621.jpg


帰りには前回来たときにも買い求めた、「角長」の醤油を購入し帰路に着きました。
e0164563_10513924.jpg

e0164563_10515270.jpg

by y-tukide | 2010-03-30 10:55 | 街道を行く

「竣工しました」 吉野サロン

この度めでたく奈良吉野の阪口製材所内に「吉野サロン」が竣工しました。
Ms建築設計事務所の三澤康彦さんの設計管理で当社が施工させていただきました。
阪口製材所さんが奈良県地域住宅モデル普及推進事業として県から補助金を受け、吉野材の良さを多くの人たちに知っていたく為に作られた木の展示場で宿泊体験も出来ます。
使っている木材は吉野の杉、桧を中心に、その他高野マキやケヤキ、クリ、ミズメ、イチョウ、トガなどいろんな樹種が使われ、その材を当社の大工が手加工で仕上げました。

瓦葺きの平屋の建物です。引渡しの日は晴天に恵まれました。
e0164563_13295959.jpg

e0164563_13302313.jpg


長期優良住宅の性能を満たした建物で、屋根はのぼり梁で組、棟木には和トガの丸太を太鼓にひいて使っています。
e0164563_13304717.jpg

e0164563_13311816.jpg


サロンのホールはタイル張りで、床暖房が設備されていますが、繋がりのある広い空間を暖めるために薪ストーブが据えられています。
e0164563_13314643.jpg


テーブルの天板はタモ材で、キッチンの面材には桜が使われ上品な仕上がりです。
e0164563_13322278.jpg


和室の天井には吉野の手漉きの和紙が袋張りされています。
e0164563_13323998.jpg


浴室と洗面所の天井と壁には水に強い高野マキ使われ、浴室もまた高野マキです。
e0164563_13325637.jpg


和トガの太鼓にひいた丸太に組まれた杉の登り梁。力強いです。
e0164563_13332084.jpg


外壁は杉板張りの目板おさえ、正面はその前にたて格子が組まれて、玄関口はしっくいの塗り回しです。
e0164563_1333358.jpg


玄関横に据えられたミズメザクラの切り株。なんとこれは傘たてだそうです。
e0164563_13335411.jpg

by y-tukide | 2010-03-27 13:37 | 仕事色々

若狭街道 水―6

この間、見学会や打合せなどで日曜日に休みが取れず、水を汲みに行く間がなく、我が家の蓄えの水が無くなりかけていたので、この日を逃してはと朝6時に出発、若狭街道を走りました。
安曇川沿いをひた走り、途中に朽木の朝市にも寄り、「瓜割の滝」に着いたのは8時すぎ。さすがにこの時間帯は人も少なく、持っていった9本の20リッター入りポリタンクにすぐに水を汲むことが出来ました。これで我が家の口にする一月分の飲料水は何とか確保できました。

瓜割の滝。
e0164563_11434475.jpg


今日はこのあと、お決まりのコースの一つに行くことにしました。
まずは鯖街道の起点である小浜の泉町商店街にある「朽木屋」で焼鯖を買います。
実は朽木屋のおかみさんは私の中学校の同級生で、それも同じ町内で住んでいた人です。昨年、店に訪れたとき、ひょんな事からそのことがわかり、40数年ぶりの再会にお互いびっくりしたものです。

小浜の泉町商店街の朽木屋さん。鯖街道の起点であった商店街は元気がない中、この店は元気です。
e0164563_11435663.jpg


お決まりのコースはこのあとは海岸線を走り、敦賀に行き「弥助」と言うすし屋で昼ごはんを食べ、北陸自動車道の敦賀インター近くにある「リラポート」と言う日帰り温泉に入り帰るコースです。

海岸線の道沿いにあり、いつもよる魚屋の「藤田商店」。この日はメバルとグジを買いました。
魚はおかみさんにさばいてもらいます。
e0164563_1144841.jpg

e0164563_1144233.jpg

e0164563_11443365.jpg


海岸線を離れ、道は三方五湖の中の三方湖に出ます。このあたりは梅が名産で湖のほとりにも梅林があり、湖畔には風よけの防風林として杉などが植えられています。
e0164563_11444687.jpg


この日は昼までにまだ時間があるので久しぶりに「舟屋」を見に行きました。
この舟屋も梅林の横のあるのですが、梅の花はほとんど散っていました。
家に帰り写真を整理している時、以前に撮った舟屋の写真を見たのですが、その写真の日付は2006年4月2日で、写いる梅の花はまだ盛り、湖の向こうに見える山には残雪も見えます。この2週間ほどの差はやはり異常なのでしょうか。
e0164563_11445590.jpg

e0164563_114548.jpg


2006年4月2日に撮った舟屋横の梅はこのとき満開でした。
e0164563_11451342.jpg


梅林の近くにあった桜のつぼみもほころび、いつもよりはやい春を迎えています。
e0164563_11452279.jpg

by y-tukide | 2010-03-23 12:13 | 街道を行く

「着工しました」 B HOUSE

この度、B様邸を着工するはこびとなりました。確認申請に手間取り、ようやくの着工です。
この建物が建つ敷地は、傾斜30度程の斜面地で平坦な部分がほとんどありません。1階(地階)が鉄筋コンクリート造でその上に木造平屋がのる混構造の建物です。
小さなフランス料理のお店との併用住宅で、設計・監理は建築家のレミングハウス 中村好文氏です。おもしろい建物が出来ると思いますが、工事は斜面地で大変です。
e0164563_9452526.jpg

この日は久しぶりの晴天、まさに春。現場近くの畑の梅は満開です。
e0164563_10315828.jpg

現場前の川の土手の小さな桜の木も満開で、ミツバチがせっせと働いていました。
e0164563_10321864.jpg

e0164563_10323192.jpg

e0164563_10324899.jpg

周辺には、畑やため池、神社があり「里」の風情が感じられるいい所です。
この日もため池にはカモが泳いでいました。
e0164563_1033253.jpg

by y-tukide | 2010-03-15 10:56 | 仕事色々

建物見学会 「木津川市 梅美台の家」

3月6日・7日の両日、完成建物見学会を開催しました。
実は今回の建物は、私の息子家族の家です。自分で始めて設計し、自らが管理し、出来ることは自分達で仕上げた家です。
4人家族(夫婦+子供2人)の床面積35坪のシンプルな間取りの家です。すでに入居しており、家具なども置かれていまして、実際の住まい方を見て頂くことが出来ます。
孫はアレルギー体質なので、自然素材を用い、掃除がしやすいなど出来るだけ健康面に重きを置いた家です。
今回は二日間とも雨。私はどちらかと言うと晴れ男なのですが、見学会で二日間とも雨は初めての経験です。
出足が悪いかなと思っていたのですが、予想に反して10時に開場するや、お客様がどんどんお越しになり、9名のスタッフはお大忙し。
結局、雨にもかかわらず二日間で90組近くのお客様にご来場いただきました。
ご来場いただきました皆様、足元が悪い中、お越しいただき誠にありがとうございました。
あらためてお礼申し上げます。
e0164563_11593554.jpg

e0164563_1140114.jpg

e0164563_11404737.jpg

e0164563_1141059.jpg

この建物には、パッシブソーラーシステムである環境創機の「そよ風」を始めて採用しています。同じ空気集熱式ソーラーシステムである「OMソーラー」「ソーラーれん」は、これまでに180棟程手がけてきましたが、「そよ風」は初めてです。
施工した息子は、これまでより価格が安く、施工性がいいと言っています。もう一つ始めての試みとして、集熱面である屋根に風の影響で温度が下がらないようにするための強化ガラスをのせていません。
採熱板と言うじゃま板を屋根面下の空気層に仕込み、空気の滞在時間を長くすることで空気温度を上げる仕組みです。京都では始めての試みですので風の影響などとの関連を検証するために、自然エネルギー研究所に協力していただき、温度センサーや気象計を取り付け、1年間データーを取り解析していただきます。

ガラスをのせていない南側の集熱面である金属屋根。
e0164563_11412076.jpg

採熱板の施工風景。
e0164563_11413828.jpg

e0164563_11415011.jpg

屋根のケラバに取り付けた気象計。気温・湿度・風向・風速・気圧・日射量・雨量などが測れます。1年後の計測結果が楽しみです。
e0164563_1142452.jpg

今回、補助暖房にペレットストーブを設置しました。このペレットストーブは着火が手動式で、出来るだけ機能をシンプルにしたストーブでその分価格もリーズナブルです。
e0164563_11422464.jpg

近々完成写真をHPに掲載しますのでご覧になってください。
by y-tukide | 2010-03-09 12:15 | 見学会・イベント

越前松島水族館

恐竜博物館を後にし、その日は近くにある芦原温泉に泊まり、あくる日は越前松島水族館に行きました。水族館は越前海岸国定公園内の景勝地にあり、近くには東尋坊があります。
前の海ではサファー達がこの寒い最中に波乗りをしていました。
e0164563_11595010.jpg


e0164563_120963.jpg


小さな水族館なのですが、イルカショウが毎日開催されています。
e0164563_1203252.jpg


みて・ふれて・楽しく学べるがテーマの水族館で、アザラシやサメ・巨大なタコに触れたり、カメや魚に餌をあげることなどが出来、生物とのふれあいを特徴とした水族館です。
e0164563_1211294.jpg


e0164563_1213141.jpg


日本海の魚を中心に世界の魚も含め350種の魚達を見ることが出来ます。
e0164563_1241623.jpg

e0164563_1262747.jpg

e0164563_1264530.jpg

e0164563_127275.jpg


ペンギンの散歩
e0164563_1272110.jpg

by y-tukide | 2010-03-04 12:08 |