日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

建築探訪 重森三玲庭園美術館・四君子苑

社内有志による建物探訪、第3回目が企画されました。
今回は重森三玲庭園美術館(旧重森邸)と春の一般公開中の四君子苑(北村美術館)です。
私も仕事の間を見て参加し、まずは重森三玲庭園美術館へ行きました。
旧重森邸は、吉田神社の筆頭社家の鈴鹿家の家屋を譲り受け、重森三玲が終生の住居とした江戸中期の社家建築の趣を伝える建物です。ここで三玲は自ら設計で茶室「無字庵」などを建て、書院の前に枯山水の「無字庵庭園」を造りました。
e0164563_944136.jpg

予約した時間に無字庵庭園の入り口の門が開かれ、現れた風景に一瞬ぞくっとした感覚を覚えました。
e0164563_9442875.jpg

三玲のお孫さんにあたる方に説明をしていただいたのですが、中央にある平たな石は以前からあった礼拝石(神仏を礼拝するときに向かう石)。その後ろに中国の神仙思想にもとづく、楽園、蓬莱島を配し、三尊仏を表現した三つの四国の青石が立てられています。左側の海に見立てた白砂の中に浮かぶ石は船になぞられた船形石。
e0164563_9454462.jpg

吉田神社の迎賓館として使われていた鈴鹿家の格式高い書院。床の掛け軸の「林泉」は三玲の直筆。照明は三玲と親交が深かったイサムノグチから送られたものだそうです。
e0164563_9463280.jpg

東の庭と書院。丹波鞍馬石の敷石のよる砂浜を意匠化した穏やかな曲線。敷石の目地にはベンガラがぬられています。書院の縁に使われている板はなんとケヤキの一枚板です。
e0164563_9465659.jpg

書院式茶亭の好刻庵。襖は藍や金銀の色紙を市松模様で波が大胆に描かれています。
柱など、木部は松煙とベンガラを混ぜ黒く塗られ、4寸の柱の面取りは15mm程の太面で木割(各部材の大きさの割合)も鎌倉時代の様式を取り入れられているそうです。
e0164563_9471619.jpg

予定していた時間はあっと言う間に過ぎ、皆もかなりの満足感に浸りながら、次の目的地の四君子苑に向かいました
四君子苑は奈良吉野の大山持ちの林業家であり、茶人でもある北村謹治郎が京数奇屋の名人である北村捨次郎棟梁に依頼した建物です。
戦後、進駐軍が接取し荒れた建物を吉田五十八が改修しています。私は今回が2度目の見学となります。
e0164563_9473694.jpg

四君子苑の庭は先ほど見た枯山水の庭とは対象的です。雑木林をテーマとして東山を借景に街中にいながら山中の風情を楽しむ、まさに「市中の山居(しちゅうのさんきゅ)」を表現した庭です。
ところが、この日は見学者が多く、風情を楽しむどころではありませんでした。
e0164563_13243139.jpg

e0164563_9475914.jpg

e0164563_9481292.jpg

e0164563_9482195.jpg


次回は仙洞御所の見学を企画しているようです。
e0164563_948368.jpg

by y-tukide | 2010-04-28 10:12 | 建物探訪

宇治かいわい 三室戸寺―2

この日曜日は事務所で一人仕事だったのですが、昼、食事に出たついでに、三室戸寺にちょっと寄ってみました。
この時期はそろそろ、シャクナゲ(1千本)とツツジ(2万株)が咲いているかなと思っていったのですが、まだちょっとはやかったです。
とは言え、咲き始めのシャクナゲやツツジ、その他の花を楽しむことが出来ました。

咲き始めたシャクナゲ。
e0164563_9391259.jpg

e0164563_9393511.jpg


ツツジもちらほら咲き始めました。
e0164563_9402188.jpg


ヤマブキ。
e0164563_9403693.jpg


サツキ。
e0164563_94053100.jpg


シャガ。私はこの花が好きです。
e0164563_94119100.jpg


可憐なドウダンツツジの花にミツバチが。
e0164563_9413853.jpg


モクレン。
e0164563_9415030.jpg


トキワマンサク。
e0164563_942952.jpg


もう終わりかけの桜の前での記念撮影。
e0164563_955763.jpg

e0164563_9552060.jpg

by y-tukide | 2010-04-19 09:55 | かいわい

早朝散歩―宇治川 桜

この間、仕事に追われ桜もゆっくり眺める間もなかったのですが、この日は久しぶりにカメラをぶら下げ宇治川に早朝散歩に出かけ、桜を楽しみました。

朝日山から昇る朝日。
e0164563_1516358.jpg

この日は晴天。うすいピンク色がさえます。
e0164563_1516148.jpg

川面に垂れる桜。
e0164563_15163116.jpg

e0164563_15164576.jpg

橘橋ごしに愛宕山が望めます。
e0164563_15165531.jpg

アヒルも朝の身づくろい。
e0164563_1517561.jpg

e0164563_15171484.jpg

e0164563_1517258.jpg

e0164563_15173526.jpg

もうすぐ宇治川に鵜飼いの季節がおとずれます。
e0164563_1518390.jpg

by y-tukide | 2010-04-12 15:21 | 早朝散歩

建物見学会 「大津 膳所の家」

4月3日・4日の両日、お客様のご厚意により、引渡し前の建物完成見学会を開催させていただきました。この建物は昨年の12月に構造見学会をさせていただき、ブログでも紹介させていただいた建物で、京都の「企業組合 もえぎ設計」さんとの共同の見学会です。
この両日は久しぶりの晴天に恵まれ、絶好の花見日和。
前々回の見学会は雪、前回は両日雨だったので大変ありがたかったです。ただ、花見や行楽に出かけられ、多くの来場は期待できないかなと案じていたのですが、初日は51組、翌日は44組ものお客様に来ていただき、大盛況でした。
建物を提供していただきましたお施主様、ご来場いただきました客様、まことにありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。
e0164563_12353428.jpg

e0164563_12355173.jpg

e0164563_1236659.jpg

今回の建物がある膳所は城下町です、また旧東海道が走る街でもあり、武家屋敷あとの面影や街道筋には町家も結構残っています。
私が9年前に東海道を歩いたときに見かけた町家が、どうなっているか気になっていたのですが、見学会の帰り道たまたま見かけることが出来ました。
e0164563_12362392.jpg

9年前のこの家の写真をあらため見比べると、「つし2階」のしっくい壁が塗り直されていました。このお宅の方のこの町家に対する思い入れが感じられます。
9年前の写真
e0164563_1236408.jpg

by y-tukide | 2010-04-06 13:09 | 見学会・イベント