日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

住まい手さんお宅見学会 州見台の家―Ⅰ

この度、お客様のご好意により入居されて3年目のお宅の見学会を開催させていただきました。
いつも見学会の際に書いていただくアンケートでもっとも多いご要望は、すでにお住まいになっているお宅の見学希望です。無垢の木の家が年月を経るとどのようになるか、お手入れはどうされているか、住み心地などなど、多くの方が関心を持っておられます。今回の見学会はこのようなご要望にお答えするものです。
そのために快くご自宅をご拝見させていただきましたU様、まことにありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。

当日は10時から12時までの限られた短い時間に22組ものお客様がお越しになり、関心の高さがうかがえます。参加者らは奥様にさまざまな質問をされていました。
e0164563_912218.jpg

e0164563_9121426.jpg


前回の見学会でも設けたキッズコーナー、今回も好評でした。
e0164563_9122791.jpg


3年目のU様邸は床材、柱、梁もほどほどにやけて引き渡しの時よりも、ぐっと落ち着いた色になっています。浴室の壁、天井にはヒバの板の張ったのですが、カビも生えずきれいなままです。換気を十分にされていることが察しられます。
なんといっても変わったのは庭です。3年の間にすばらしい庭になっています。さぞ苦心されたことでしょう。
e0164563_9124555.jpg

e0164563_912592.jpg

e0164563_9131534.jpg

e0164563_913407.jpg

e0164563_9135246.jpg


U様邸のシンボルのブランコ。
e0164563_9141143.jpg


変わらないのはなんといってもこの絶景。U様邸のご自慢です。
e0164563_9142042.jpg


変わったこと。新しい家族のインコの「そらちゃん」。
玄関口でかわいい声で迎えてくれます。
e0164563_9143041.jpg

by y-tukide | 2010-06-29 09:18 | 見学会・イベント

古材文化の会 街道をゆく 篠山街道

古材文化の会の街道をゆくシリーズの第6回目の丹波「篠山街道」に参加してきました。
いつも楽しみにしているのですが前回の「初瀬街道」には仕事で参加できませんでした。
「篠山街道」は過去に2回行っているのですが、私が一人で街道をゆく場合はたいした下調べもせず、町並みや建物を見て自分なりに楽しんでるのですが、古材文化の会でゆく場合は、永井先生をはじめメンバーの方の説明や現地の方々の説明などが聞けるので大変勉強になります。

朝、京都駅の八条口に集合しマイクロバスで出発、最初の見学先は普済寺(ふさいじ)です。
苔むした林の中の風情ある参道から迎えてくれる鐘楼門、かやぶき屋根だったころの姿はさぞ美しかったことでしょう。
e0164563_9282923.jpg


普済寺は曹洞宗の禅寺で、仏殿は重要文化財に指定されています。頭部がアーチ型をしている火灯窓や波型の連子が入る弓欄間など典型的な禅宗様の仏殿です。
実は私は2005年2月にここを訪れています。そのときは外から眺めるだけだったのですが、この日は堂内を特別に見学させていただきました。さすが古材文化の会のおかげです。
e0164563_929529.jpg


次の目的地の福住宿に向かいますが道中の街道沿いにはベンガラ塗りの格子がはまった妻入りの建物が点在しています。この日はバスで素通りしたのですが、写真は5年前にここを通った時に撮ったもので、さいわい町並みは変わっていませんでした。
e0164563_9292740.jpg


5年前、街道近くの集落にはこんな祠(ほこら)もありました。
e0164563_929396.jpg


福住宿は江戸時代、本陣が置かれた宿場町です。ここで建築家の才本さんから説明を受けます。案内していただいた樋口家は築150年程の建物で現在改修工事が行われています。工事は地元の職人さん達の手よって行われ、土壁の土も地元の「灰中」(はいなか)という土が使われています。また伝統的な技術を残していくために職人の勉強会が行われているそうです。また福住宿は来年には、伝統的建築物保存地区に指定されるとのことです。
e0164563_9294910.jpg


樋口家の玄関の大戸は、滑車で引き上げられるようになっています。
e0164563_8532148.jpg


この地域特有の屋根型。基本は切妻ですが、妻壁にひさしが付きそれが進化して入母屋になっています。
e0164563_9301214.jpg


福住宿を後に次は日置集落です。ここで食事を取りその後、街道沿いに建つ中西家を見学させていただきました。中西家は江戸時代3200石取りの大庄屋で建物の広さは120坪あります。建物はかなりあれてきており、今後どうなるのかと心配していたのですが才本さんの説明によると神戸のお菓子屋が借り、修復する計画があるそうでひとまずは安心です。
e0164563_9302476.jpg


この後、近くにある才本さんの事務所を見学させていただきました。事務所は郵便局として建てられた建物だそうです。敷地内には古民家と蔵があり、蔵はギャラリーに古民家は住居として住めるように改修されています。古民家には囲炉裏やおくどさんがあり、とても素敵な建物でした。
e0164563_9303831.jpg

e0164563_9304742.jpg

e0164563_9305798.jpg


最後に、篠山の伝統的建築物保存地区である河原町を散策し帰路に着きましたが、盛りだくさんの内容で大変満足しましたし勉強にもなりました。ありがとうございました。

丹波篠山といえば丹波栗、丹波黒豆そして牡丹鍋。食事をした日置の料理旅館万為楼に飾られていた、いのしし。
e0164563_9311067.jpg

by y-tukide | 2010-06-23 09:31 | 街道を行く

ツバメ

毎年春、我社にはツバメが帰ってきます。ところが今年は春先から巣があった事務所前の古家を事務所機能をそこに移すために全面改修工事をしています。それでかわいそうだったのですが巣を撤去せざるを得ませんでした。そのために帰ってきたツバメは居場所を失い右往左往していたのですが、ツバメ達は事務所の上にある私の自宅の玄関の垂れ壁に新しい巣を作り始めました。
e0164563_11503246.jpg

e0164563_11504941.jpg

e0164563_1151066.jpg


せっせと泥を運んでくるのですが、垂れ壁は塗装がしているために泥が付きにくいのか、遅々として巣作りが進みません。気のどくに思い杉板でも張り、巣作りがしやすいようにしてやろうかとも思ったのですが、このツバメ達、巣作りをあきらめちゃっかりと隣にある空家になっていた別のツバメが作った巣にもぐりこみました。
e0164563_11511439.jpg


実はこの巣はいわくつきの巣です。何年か前にあるツバメがこの巣を作って卵を生み、ひながかえったのですが、あるとき一羽のひなが落ちたのか、落とされたのか下でバタバタしていたのでかわいそうに思い、そのひなを巣に戻してやったのですが、その行為が災いしたのか、親ツバメは全部のひなを落とし巣を離れていってしまいました。それ以降そのツバメは帰ってこず、ずっと空家になっていました。
何はともあれツバメ達はこの巣で卵を生み、この度めでたく5羽のひなが誕生しました。
e0164563_11512457.jpg


親鳥がえさの虫をとって帰ってきた気配を感じると、ひな達は一斉にくちばしを大きく開けます。親鳥は順番に餌を与えます。
e0164563_11514272.jpg

e0164563_11515860.jpg


巣内は常に清潔に。糞はおしりを外に出し巣の外にうまく落とします。下には新聞紙を敷いてそれを交換するのが家内の日課です。
e0164563_11521245.jpg


ひな達がカラスなどに襲われず、無事に巣立つことを祈ります。
by y-tukide | 2010-06-14 11:58 | 我が家のツバメ

中村好文さん勉強会 第1回目

先日、もくよう連の企画で中村好文さんの勉強会が開催されました。この企画は3回シリーズで第1回目のこの日は伊予(愛媛県)松山で行われました。
まずは3年前に中村さんが設計管理された伊丹十三記念館を見学しました。記念館には伊丹十三のゆかりの品などを展示されています。伊丹十三は映画監督・俳優・エッセイスト・CM作家等、多彩な分野で活躍した方です。中村さん自身も伊丹十三のファンで、女優であり十三の妻でもあった宮本信子さんから設計依頼を受けたとき、是非にと快諾されたそうです。
この仕事で中村さんは記念館の建物だけではなく、展示場のディスプレーから家具・お土産の商品デザインまで手がけられています。
ここで中村さんから建物の説明をはじめ、ディスプレーのコンセプトや遊び心のあるさまざまな仕掛けの説明を受けました。

無味乾燥な周りの環境を嫌い外に開かず、中庭を中心としたロの字型で高さも押さえ、威張らないシンプルな建物です。
e0164563_11525732.jpg

e0164563_11531553.jpg

e0164563_11533399.jpg


伊丹十三は乗り物マニアでした。十三が最後にたどり着いた自動車の最高峰、英国車のベントレーが記念館の脇に展示されています。
e0164563_11534342.jpg


お土産コーナーに置かれている張子の犬を入れる箱やケーキにも記念館のデザインが取り入れられています。
e0164563_1154138.jpg

e0164563_11542086.jpg

e0164563_11543382.jpg


このあとは中村さんが道後温泉の前で設計された、一六本舗を見学に行き名物のタルトをいただきました。
e0164563_11545266.jpg

e0164563_1155385.jpg


夕方からは中村さんが松山での仕事の際、よく来られる居酒屋の座敷でスライドレクチャーを受け、次回の勉強会で提出する設計課題が説明されました。
引き続き行われた懇親会は皆盛り上がり、カラオケ、3次会と続きました。
by y-tukide | 2010-06-09 12:08 | 研修

仏降寺かいわい

先日の日曜日、昨年工事をさせていただきました「築140年古民家再生宇陀 榛原の家」の第2弾「蔵の再生工事」の現場を見に榛原に行ってきました。
設計監理は藤岡建築研究室さんで、ツキデ工務店奈良分室が工事を担当しています。
日曜日で現場は休みだったのですが、屋根瓦を下ろし、土壁を落とし、基礎をするために油圧ジャッキで建物を上げる「揚げ前」(あげまえ)が行われていました。
大変な工事なのですが、なんとこの仕事を、ベテランの老齢な大工と若い女性大工の二人で行いました。老齢な大工は仕事の壺を心得ており、揚げ前するのにやたら人数はいらないそうです。

工事前の蔵
e0164563_1411157.jpg


「上げ舞」
e0164563_14112294.jpg

e0164563_14123123.jpg


この間イベントが重なり休みが取れなかったので、このあと息抜きに伊勢本街道を走り、近くにある「仏降寺」に寄ってみました。仏降寺は門前の県下最大最古の桜が有名です。私は何回かこの寺を訪れているのですが、まだ桜の花の季節には来たことがありません。
e0164563_14124876.jpg

e0164563_1413420.jpg


とわいえ、木々の緑がまぶしいこの季節の山寺には人もなく、日本の原風景を思わせる山里は、ただただ静かで心も落ち着き癒されます。
e0164563_14131975.jpg

e0164563_14133399.jpg

e0164563_14134641.jpg


放し飼いされているニワトリ、さぞかしこのニワトリのうむ卵はうまいことでしょう。
e0164563_1414959.jpg

e0164563_1414217.jpg

by y-tukide | 2010-06-01 14:17 | かいわい