日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三木かいわい

家内が永年愛用していた料理包丁の柄が錆びて折れてしまったので、先日兵庫県の三木市に家内と包丁を買いに行ってきました。
三木市は全国屈指の金物の町です。三木金物の得意分野である、工匠具やのこぎりの全国シェアは60%を占めるそうです。

三木金物の歴史は羽柴秀吉の三木城攻めにあります。当時の領主の別所長治は秀吉の2年にも及ぶ兵糧攻めで破れ自刃して果てます。秀吉は焼け野原となった三木の町の復興を考え、免税政策をとるなどして人びとの呼び戻しを図ります。そして復興のために集まった大工職人、その道具を作る鍛冶職人が次第に増え、鍛冶の里三木としての地盤が出来たそうです。そしてその伝統に培われた優れた技術は現在に引き継がれ、その品質は全国的にも高く評価されています。

この日は、三木金物の展示と販売をしている「道の駅みき」で買うことにしました。
今回、家内が購入した料理包丁は、鋼(はがね)が錆びないコバルトという鋼材をステンレスで挟み込んだ「ステンレス正鋼割込み包丁」です。現在では一般的になったそうですが、昭和21年に三木の「三寿ヾ刃物製作所」の創業者が考案したそうです。
この包丁は、鋼(はがね)の硬度を高めるために「焼きいれ」し、水で急激に冷やし鍛えあげた代物で、刃文(はもん)が美しく、見るからによく切れそうです。
e0164563_92433100.jpg


せっかく三木まで来たのだからと、料理好きで切れない包丁で奮闘している息子の嫁にプレゼントしてやろうと、奮発してもう一本同じ包丁を買う事にしました。

ここには職人が見たらわくわくするであろう道具が展示販売されています。
e0164563_925045.jpg

e0164563_9251044.jpg


昔、懐かしいこんなナイフも。
e0164563_92526100.jpg


この後、三木の町を散策する事にしました。
ここには数年前に奥村先生「もくよう連」の仲間達と鍛冶屋さんを見学に訪れています。
その時たまたま改修工事をしていた町家が気になり行ってみました。
元両替商を営んでいたこの建物は、市に寄付され現在観光協会が管理し公開されています。
e0164563_9263967.jpg

e0164563_9265061.jpg


この日は人形展が行われていました。
e0164563_927111.jpg


三木は、姫路街道、明石街道、湯の山街道が交差する交通の要所でもあります。その交差点にある道標が喫茶店の横にひっそりと立っていました。
e0164563_9272280.jpg


今も昔の面影が残る街道沿いの風情のある町並み。
e0164563_9273780.jpg

e0164563_9274552.jpg


この建物は先に紹介した三寿ヾ刃物製作所のお店です。
e0164563_9275696.jpg

三木の町並みも地方の古い町並みの例にもれず空き家が目立ちました。
辛うじて残されていた、建物の壁に描かれた左官の手による鏝絵(こてえ)が印象的でした。
e0164563_9594045.jpg

by y-tukide | 2012-02-28 10:06 | かいわい

実大2階建て通し柱試験体振動台実験

先日、宇治にある京都大学防災研究所で行われた「実大2階建て通し柱試験体振動台実験」
を見に行ってきました。
この実験は国土交通省設立の「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験検討委員会」が主体となり行っている伝統工法を科学的に検証していく、一連の実験のひとつです。
今回の実験は、伝統工法において、「太い通し柱を用いれば、通し柱の矯正効果により、1階と2階の層間変形が平均化される」=「通し柱効果」に関する基礎実験です。
それも今回は、土台で柱脚が固定されて、柱脚が移動する可能性がある、いわゆる「石場建て」の建物での実験です。
当日は、関係者や関心のある方々、30人程が参加されていました。
その中には、久しぶりにお会いする、徳島の友人も来ておられました。
e0164563_943750.jpg


e0164563_9433514.jpg


試験体は3間×2間(5460×3640)の大きさで、1階より2階の方が壁が多い、いわゆるバランスの悪い建物です。
最初は100ガルから、200、300、400ガルと加振されて行きます。
e0164563_9435960.jpg


そして、400ガルでは、ギシギシと音をたてながらかなり激しく揺れ、通し柱の足元が、最大1cm程浮き上がっていました。
結果、400ガルの激しい揺れでも試験体は大きな損傷もなく持ちこたえました。
加振ごとに測定数値が報告されますが、400ガルでは、1階の層間変形角1/30ラジアン、2階1/50ラジアン。つまり1階部では3mの柱が10cmの変形にも耐えたということです。
今回は使われた通し柱は6寸(180mm)の桧の柱、大口径の通し柱の強さを実感させられました。
そしてよく見ると、柱の芯が1cmほど移動していました。まさに「石場建て」ならではの現象でした。
ただ、真ん中の柱の柱脚部に割れが入っていました。これはたぶん、石の上での移動を少なくする為に設けられていた「ダボ」(突出部)との関係かなと思います。

最初の柱の位置
e0164563_9442111.jpg


動いた状態。芯が1cm程右にずれています。
e0164563_9461711.jpg


真ん中の柱の割れ。
e0164563_9464626.jpg


それと通り柱に刺さる梁、桁を引き固める「鼻栓」が折れていました。鼻栓は強すぎると「ほぞ」をいためます。適度で折れるのがいいと思います。折れたら取り替えたらいいことですから。
e0164563_947378.jpg


この日は、あらためて伝統工法の魅力と面白さを実感できた日でした。
e0164563_9472131.jpg

by y-tukide | 2012-02-20 10:28 | 仕事色々

サーカス

京都で「ハッピードリームサーカス」というサーカス団の公演が、昨年の12月から昨日まであったのですが、期間中に孫たちに一度見せてやろうと思い家族で行ってきました。
十条通りに面した広い敷地に張られたテントは、サーカス独特の雰囲気をかもし出しています。
e0164563_13442073.jpg


1回の公演時間は途中10分の休憩をはさんで1時間半行われます。
次々と披露される迫力のある技に皆くぎ付け。
e0164563_13443268.jpg

e0164563_13444369.jpg

e0164563_13445172.jpg


火を使ったパフォーマンス。中国の雲南省の「倭族」の伝統芸だそうです。
e0164563_134501.jpg


サーカスといえばピエロ。時おり出てきてユーモラスなパフォーマンスで会場をなごませます。
e0164563_1345829.jpg


ドリームサーカスの売り物。円筒形の鉄格子のリングの中で、オートバイと車が走るカースタントショー。テント内にはエンジン音が響き、ガソリンの匂いがただよいます。3人のスタントマンの命がけのショー。
e0164563_13451859.jpg


サーカスの花形は何といっても空中ブランコ。難度の高い技の連続。見上げていて肝が縮みます。
e0164563_13452815.jpg


最後は、演技者全員が登場しフィナーレをかざりました。
それぞれ迫力のある技に見とれ、サーカスの魅力を十分に堪能した一日でした。
e0164563_13453915.jpg

by y-tukide | 2012-02-13 13:47

建物完成見学会 吹き抜けのある「採光の家」

2月4日・5日の両日、この度もお施主様のご厚意で引渡し前の建物完成見学会を大津市で開催させていただきました。
連日、寒い日が続く中、今回も大変多くの皆様にお越しいただきました。
会場を快く提供していただきましたお施主様、寒い中ご来場いただいた皆様、まことにありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。
e0164563_9281453.jpg

e0164563_9282591.jpg


今回もキッズコーナーは好評でした。
e0164563_9283565.jpg


今回の建物の特徴は、まずはガレージから雨にかからず家に入れる事です。玄関前のガレージには建物本体と一体となった木製の屋根がかけられています。
そして、その屋根を支えるために耐力壁を兼ねた物置を設けました。
e0164563_9284483.jpg


この建物の敷地は東西に細長く、南側には隣家がせまっています。その隣家に影響されず、リビングに南側からの採光を得るために大きな吹き抜けをもうけました。
e0164563_9285216.jpg


居間に隣接する和室。和室に面してガラス屋根付きの物干し用のデッキがあります。
e0164563_929178.jpg


そのデッキの横に設けた洗い場。無機質な立柱栓を和風な感じに仕上げました。
e0164563_9291025.jpg


将来は、子供部屋として間仕切る予定の、吹き抜けに面した開放的な空間。今は多目的なスペースとして利用されます。
e0164563_9291821.jpg


完成写真を撮りに来たこの日は久しぶりの雨日和。氷雨越しに見る家の中は暖かでした。
e0164563_9292910.jpg

by y-tukide | 2012-02-08 09:34 | 見学会・イベント