日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

住まい手さん宅見学会「伊勢田の家」

お施主様のご好意により、お住まいになって7年目を迎えるパッシブソーラーシステム(OMソーラー)を搭載した、吉野杉の見学会を開催させていただきました。

皆様の関心が大変高く、締め切りまでに予定定員をオーバーし、何人ものお客様に、お断りすることになり、大変申し訳なく思っています。
会場を快く提供して頂きましたK様、寒い中ご来場頂きました皆様、まことのありがとうございました改めてお礼申し上げます。
e0164563_10163510.jpg


この日は春とは名ばかり、冬型の季節配置で朝は気温3度、日中も10度そこそこの寒い日でしたが、時折顔を出す太陽の温もりと、ご来場者の熱気で一日中暖房なしで見学していただくとができました。
e0164563_10164634.jpg

e0164563_10165615.jpg


今回の会場のある宇治市伊勢田町中山という所は、隣の南山もふくめ、以前は一面茶畑が広がっていました。
今でも、この辺りにはお茶を生業とするお宅が何軒かあり、蔵のある立派な構えの家並みが残っています。
e0164563_1017716.jpg


また、会場から数百メーター北側には昭和の初期まで広大な巨椋池が広がりっていたそうで、景勝地であったと思われます。

ほとんどが宅地化されましたが、今もわずかに残る茶畑。
e0164563_10171878.jpg

e0164563_10172694.jpg

by y-tukide | 2012-03-26 10:24 | 見学会・イベント

茅葺の古民家再生工事

京都府で唯一の村である南山城村で、この度築100年以上は経つであろう茅葺の古民家の再生工事をさせていただく事になりました。
e0164563_10173628.jpg


この古民家は、奈良在住のMさんが購入された家です。Mさんは定年を待たず早期に退職され、この古民家を拠点に農業をしようとはりきっておられます。
昨年から、笹が生茂った荒れた農地を整備するなどボチボチとその準備されてきました。
e0164563_10174689.jpg


この日もナスやトマトなどの種をまき、苗を育てる作業をされていました。
e0164563_10175658.jpg


この古民家がある南山城村は、京都府の南端に位置し、滋賀県、三重県に接する京都府唯一の村です。人口は三千百人ほどで、お茶の産地として有名です。
e0164563_1018531.jpg


またこの家の近くには梅の名所の月ヶ瀬梅林があります。
この日、Mさんとの打合せの後、天気もいいので昼食を兼ねてちょっとよって見ました。
梅見客目当ての店が出ていましたが、肝心の梅はほとんどがまだつぼみ、ことしは永かった冬のせいで開花が20日ほどおくれているそうです。
e0164563_10181555.jpg

e0164563_1018237.jpg


せっかく来たので数少ない開花している花を探し撮ってみました。
e0164563_10183465.jpg

e0164563_10184446.jpg

e0164563_10185326.jpg


梅はまだですが、梅の木の下に咲いた福寿草の黄色はまぶしげでした。
つぎに現場に来る時は、桜が咲いていることでしょう。
e0164563_1019223.jpg

by y-tukide | 2012-03-19 11:09 | 仕事色々

早朝散歩 宇治川

日曜日の朝、久しぶりに宇治川にカメラをぶら下げ散歩に出かけました。6時出発、天気は晴れ、寒いですが気持ちのいい朝です。
e0164563_9324242.jpg


交通の要所である宇治橋周辺は、平安時代末期の木曾義仲軍と源義経軍が戦った宇治川の合戦の場所です。この急な流れの宇治川を義経軍は先陣を争い馬で渡りました。
e0164563_9325469.jpg

e0164563_933398.jpg


多くの人が早朝散歩を楽しんでおられます。
e0164563_9331385.jpg

e0164563_9332221.jpg


ここに来たら鳥達はいつもいい被写体です。
e0164563_9333523.jpg

e0164563_9334351.jpg

e0164563_9335084.jpg

e0164563_933587.jpg


宇治川の堤の木々の間から覗く、平等院の鳳凰。
e0164563_9341678.jpg

by y-tukide | 2012-03-12 10:00 | 早朝散歩

盆梅展

日曜日の午前中に大津市の穴太(あのう)という所でお客様と打合せがあったのですが、打合せの後昼食を兼ねて久しぶりに近くの坂本に寄ってきました。
坂本は、比叡山延暦寺の台所をあずかる町として栄えた門前町であるとともに、延暦寺の僧侶の隠居所である里坊(さとぼう)がある町です。
五十程ある里坊は「穴太衆積み」(あのうしゅうづみ)という自然のままの石を巧みに積みあげた石塀で囲われ、美しい町並みを形成し、国の伝統的建造物郡保存地区に指定されています。
e0164563_1650924.jpg

穴太衆は、山門(比叡山)の土木営繕的な御用を勤めてきた技術者集団で、その技術は高く評価され、信長の安土城をはじめ、各地の城郭や寺院の石垣を手がけた石工(いしく)衆です。
この町には、その血を引き継いでこられたと思われる、のれんの掲げた店もあります。
この写真は5年前に訪れた時にたまたま撮った写真です。
e0164563_16502593.jpg

昼食はこの町に来た時には決まって寄る、三百年近い歴史のある蕎麦屋「鶴喜そば」でいただきました。
この建物は国の登録有形文化財に指定されています。
e0164563_16504131.jpg

e0164563_16505326.jpg

食事の後、元里坊の旧竹林院に寄ることにしました。竹林院では盆梅展が行われていました。

大津絵を背景にした盆梅。
e0164563_16511398.jpg

e0164563_16512998.jpg

e0164563_16514118.jpg

八王子山を借景にした広大な庭園は、雨にぬれしっとりとした風情をかもしだしていました。
e0164563_1652172.jpg

e0164563_16521330.jpg

庭園内には、2棟の茶室があります。その一つの入母屋造りのカヤ葺の茶室は「天の川席」と呼ばれ、二つの出入り口を設け、主人の両脇に客人が並ぶ珍しい間取りです。
e0164563_16522999.jpg

雨で、人も少ない庭を一人散策し癒され竹林院を後にしました。
e0164563_16524169.jpg

by y-tukide | 2012-03-05 17:14 | かいわい