日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

重森三玲 庭園美術館と京唐紙

先週、私が加盟するもくよう連の例会が京都でありました。
午前中は会議を行い、その後、重森三玲 庭園美術館と京唐紙の作業場の見学に行きました。
もくよう連の例会は月1回行っています。定例会議の後、建物見学や研修会などをするのが恒例で勉強になります。
重森三玲庭園美術館は、重森三玲の晩年の自邸で私がここを訪れるのは二度目です。
e0164563_10264190.jpg


書院前の庭は1970年の作で、中央にある平たな石は前からあった礼拝石(神仏を礼拝するときに向かう石)。その後ろに中国の神仙思想にもとづく、楽園、蓬莱島を配し、三尊仏を表現した三つの四国の青石が立てられています。左側の海に見立てた白砂の中に浮かぶ石は船になぞられた船形石。
e0164563_10265056.jpg


重森三玲自筆の掛け軸。
e0164563_102717.jpg


書院式茶亭の好刻庵。襖は藍や金銀の色紙を市松模様で波が大胆に描かれています。
e0164563_10271011.jpg


この後、京唐紙の作業場見学に向かいました。場所は「山崎商店」さん。
京唐紙と言うと「唐長」さんが有名ですが、山崎商店さんも版木を用いた昔ながらの手法を守り引継ぎ、製造販売されています。作業場の見学もこころよく快諾してくださいました。
今では、昔ながらの手法を引き継いだ職人さんは数人?しかおられません。
e0164563_10272058.jpg


京唐紙は顔料に布海苔(ふのり)、雲母(きら うんも)を混ぜ、「ふるい」という布を張った道具に顔料を塗って、版木に色をまんべんなくつけ、そして版木を下におきその上に紙をおい手のひらで摺ります。それを二度繰り返します。
e0164563_10282864.jpg

e0164563_10283623.jpg

e0164563_10284748.jpg

e0164563_10285671.jpg


この日は嵯峨菊という絵柄でこの版木は大正時代に彫られたものだそうです。
e0164563_1029644.jpg


貴重な体験をさせていただきました。平安時代から続く京唐紙の文化、絶対に絶やしてはなりません。
e0164563_10291771.jpg

by y-tukide | 2012-06-25 10:51

建物完成見学会 「西山山麓の家」

16日・17日の両日、この度もお客様のご厚意により、引き渡し前の建物完成見学会を開催させて頂きました。
e0164563_10153925.jpg

e0164563_1015567.jpg


初日は、一日中雨でしたが今回も沢山の方々にお越し頂き、ありがたく思っています。
e0164563_1016154.jpg


今回の建物は、京都の西山の山麓に建つ建物で、2階に設けたLDKからは、開放的な木製の窓をとおして京都市内が一望できる素晴らしい場所にあります。
e0164563_10162496.jpg


この建物のお施主様は、当社のスタッフの幼なじみで、そのスタッフが設計からは現場管理まで一貫してたずさわった建物で、お施主様とスタッフとのこだわりが随所に見られます。
ご来場いただいたお客様からも多くのお褒めの言葉をいただきありがたく思っています。
e0164563_10163667.jpg

e0164563_10164439.jpg


お施主様は、代々続く陶芸家で「桂窯 」という工房を近くに開いておられます。
7月11日から17日まで、京都の高島屋で、陶芸・金工・指物・漆芸の各分野での茶道具製作につとめておられる次代の作り手7名による展覧会、「挑交会茶道具展」を開催されます。
e0164563_10165621.jpg


当日、会場の飾りつけにと、お施主様が焼かれた花器を何点かご提供して頂きました。
e0164563_1017594.jpg


お施主様は、茶人でもあります。隣に建つ母屋には、裏千家家元から「桂祥庵」の名をいただかれた茶室があります。
e0164563_10171424.jpg


母屋の玄関横の展示コーナーに飾られた「風炉」,遊び心があるすばらしい作品です。
e0164563_10172251.jpg


近々、HPで完成写真を掲載させて頂きますので、またご覧になってください。
e0164563_10173174.jpg

by y-tukide | 2012-06-20 11:30 | 見学会・イベント

うちわ

見学会などのイベントにお越しいただいたお客様にお渡しする粗品として、夏に向けこんなうちわを作ってみました。
e0164563_13233226.jpg


これは建築家の中村好文氏がデザインしたうちわ。
e0164563_13234973.jpg


LEFT FAN= 左うちわ=利き手でない左手でゆうゆうとうちわを使うこと。転じて、安楽に暮らすこと。ひだりおうぎ。「―で暮らす」「―の生活」(大辞泉より)

中村さんとは仕事を通じ親しくさせて頂いていますが、カラオケとだじゃれが好きな楽しい方です。

これは淡路島の七福神霊場の一つ、智禅寺で頂いたうちわです。
e0164563_1324493.jpg


今年の夏もクーラーはひかえ、扇風機とうちわでのりきりたいと思います。
e0164563_13242328.jpg

by y-tukide | 2012-06-11 14:38

公園を活かした雨水貯留

近年、地球温暖化が原因と考えられる気候変動により、局地的豪雨(ゲリラ豪雨)が発生し各地で被害が出ています。宇治市のおいても2008年、2009年に発生したゲリラ豪雨により下流域で多大な被害が出ました。
現在、宇治市ではゲリラ豪雨によって下流域に急激に雨水が流出しない対策として、小中学校の運動場にいったん雨水を貯める貯留施設整備を進めています。
今回その一環として、我社の近くにある児童公園を貯留施設として整備することになりました。
整備計画は京都府、宇治市、地元町内会でつくる「雨水流出抑制・活用広野上流地域協力会」がワークショップを開くなど、地元と一体となり進められ、このたび完成の運びとなりました。
この事業の一環として、施設の仕組みがわかりやすく書かれたパネルを掲げる看板を作ることになったのですが、宇治市と地元の方に依頼を受け、我社が看板つくりのお手伝をさせていただくことになりました。
桧の柱に、杉の厚板を落とし込んだ巾2m程の看板。塗装は地域の子供たちが塗りました。
e0164563_15495725.jpg

e0164563_1550719.jpg


その作業の際に、市が用意した丸太を地域の子供達が当社の大工の指導のもと輪切りにし、輪切丸太に好きな絵を描いたのですが、その絵が花壇に展示されています。
e0164563_15501679.jpg

e0164563_15502935.jpg


小さな公園ですが、豪雨の時11㎥の雨水が一時的に貯められます。
e0164563_15503822.jpg


公園に貯まった雨水をそのまま流すにはもったいないので一部の雨水は地下に設けた1㎥の雨水タンクに貯められ、手動ポンプでくみ上げ花壇の水やりに利用されます。
e0164563_15504513.jpg


日曜日に関係者や住民ら80名ほどが参加し、看板の除幕式が行われたのですが、翌日その記事が読売新聞に掲載されていました。
e0164563_15505618.jpg


学校の運動場や公園を利用したこのゲリラ豪雨対策、安価で合理的方法ですし、市民の評判もいいそうです。今後も整備が進むことと思います。
e0164563_1551680.jpg

by y-tukide | 2012-06-05 16:21