日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

国宝平等院鳳凰堂 平成の修理

以前から聞いていたのですが平等院鳳凰堂の修理工事がついに始まりました。
e0164563_1540527.jpg


今回の修理工事の内容は、屋根の葺き替えと塗装工事で、2年近くかかるそうです。
明治と昭和にも大規模な修理がなされたそうですが、今回は平成の修理と言えます。
e0164563_1541262.jpg


工事の元請けは京都府です。文化財保護課がそれぞれの工事の発注と管理をします。このように行政が元請となり文化財の工事をするのは全国で京都と奈良だけです。
e0164563_15455087.jpg


木部に塗られている朱色は、ベンガラ、朱(しゅ)、丹(に・たん)のいずれかの顔料が使われていますが、鳳凰堂に塗られているのはベンガラだそうです。ちなみにベンガラは鉄、朱は水銀、丹は鉛を含む顔料です。
e0164563_15412123.jpg


とび職が素屋根をかけるために、丸太をトラスに組んでいます。
鋼管を用いた足場が一般的な中、今や番線で締めくくる丸太足場は伝統の技、迫力があります。
e0164563_15413538.jpg

e0164563_15414390.jpg

e0164563_15415163.jpg


再来年、どのような姿に生まれ変わるか楽しみです。
e0164563_1542314.jpg

by y-tukide | 2012-09-24 15:49

大安吉日

連休初日のこの日は、大安吉日。
朝から宇治市内で上棟式、午後から京都の嵯峨野で地鎮祭、夕方は事務所で契約とめでたい事で忙しい一日となりました。
e0164563_1332722.jpg

e0164563_13321822.jpg

e0164563_13322726.jpg

e0164563_133235100.jpg


地鎮祭を行なった現場の近くには嵯峨釈迦堂があります。
e0164563_13324549.jpg


地鎮祭の後、契約まで少し時間あったので久しぶりに釈迦堂によって見ました。
e0164563_13325540.jpg

e0164563_1333364.jpg


ここに来たら必ず寄る店あります。140年の歴史がある嵯峨豆腐 森嘉です。
相変わらず多くのお客さんで忙しそうでした。
e0164563_13331464.jpg

e0164563_13332248.jpg

by y-tukide | 2012-09-18 13:35 | 仕事色々

暗峠(くらがりとうげ)

日曜日、午後から奈良の生駒で仕事だったのですが、それまでの時間を利用し南生駒から暗峠へと暗越奈良街道を歩きました。
この街道は生駒山地を越えて大阪から奈良に向かう古道の一つで、険しいながら奈良時代、大阪から平城京に向かう最短の道です。
e0164563_11484848.jpg


南生駒駅から標高455mの暗峠まで多分4~5kmの道のりなのですが、つづら折れの道ではなくひたすら真っ直ぐに登る道ですので勾配が急で、話には聞いていたのですがかなりきつい道です。
e0164563_11485728.jpg


石佛寺の前にあるそば屋。黒壁に鳥獣戯画が画かれ奥には鉄板で作られたモニュメントがあります。
e0164563_1149746.jpg

e0164563_11491480.jpg


街道沿いにはいくつかの石仏がまつられています。
この像の右側面には文永7年(1270年)の銘が。
e0164563_11492253.jpg


西畑という地区では棚田が広がります。稲穂が黄金色に色づき素晴らしい景色。
ここまできつかったが来て良かった!
e0164563_11493333.jpg

e0164563_11494012.jpg


街道沿いは平地が少ないこともあり車もこんな止め方。
まさに神業。
e0164563_11494991.jpg


暗峠に着きました。ここは奈良と大阪の県境。
江戸時代には物資の流通や伊勢詣で賑わい、当時暗峠には20軒程の茶店や旅籠があったそうです。
このまま大阪側へと行きたいところですが午後から仕事ですのでこれまでと引き返しました。
e0164563_11495853.jpg


帰り道、手打ちうどんの店によりここで一服。
山菜の天ぷら入りのぶっかけうどんを頂きました。
e0164563_1150815.jpg


きつい登りと暑さでかなりバテましたが初秋を楽しむことが出来ました。
e0164563_11501868.jpg

e0164563_11502763.jpg

by y-tukide | 2012-09-10 12:13

葛城の道 高天原(たかまがはら)

先日、奈良の御所市(ごせし)で新築工事をさせて頂いていた建物の引き渡し式に行ってきました。

御所市は葛城山、金剛山の麓の町です。その山麓には「古事記」に記された神々が生まれ住む「高天原」があり、神話のふるさとと言われています。
この日の引き渡し式は午後1時半、午前中は特に予定がなかったので早朝に事務所を出て、神話のふるさとを散策することにしました。

まず訪れた高鴨神社は、京都の上賀茂神社、下鴨神社など全国にある鴨(賀茂)系神社の元宮です。   当地は鴨氏一族の発祥の地であり、その氏神として祀られ、古代より祭詞を行う日本最古の神社の一つです。
早朝、人のいない森閑とした境内には神秘的な空気が漂います。
e0164563_1752692.jpg


赤トンボが舞う田園風景の背後にそびえる金剛山。明治4年までは女人禁制で行者が修行した信仰の山です。
その山麓に高天原があります。
e0164563_175353.jpg


金剛山の山麓の高天の集落。まさに日本の原風景を思わせる風景です。
e0164563_1754451.jpg


高天の集落の中にある高天彦神社(たかまひこじんじゃ)。
由緒は天照大神(あまてらすおおみかみ)の子に高天彦神社の御祭神の娘が嫁ぎ、その子が高天原から降臨される。その神話に言う高天原がこの大地であるそうです。
またこの社は大和朝廷に先行する葛城王朝を築いた葛城族の氏神様です。
狭い参道には2~3百年生と思われる杉が林立し何とも言えぬ雰囲気をかもし出しています。
e0164563_1755557.jpg

e0164563_176354.jpg


集落をぬけ葛城の道を高天寺・橋本院に向かいます。
東側には吉野の山々が望めます。
e0164563_1761184.jpg


高天寺・橋本院の近くに建つ石碑、このあたりが高天原、古代の人々が崇めた神話の地。
e0164563_1762025.jpg

e0164563_1762818.jpg


葛城の道は橋本院から極楽寺へと続きます。
e0164563_1763855.jpg

e0164563_1764666.jpg


極楽寺から葛城一言主神社へ。
この一言主神社も全国にある一言主神社の元宮。神社一帯は古代の大豪族の葛城氏の本境地であったそうです。境内にあるご神木のイチョウの木は樹齢1200年。
e0164563_1765848.jpg

e0164563_177671.jpg


なんともこの日は、古代のロマンを感じさせられた半日となりました。
e0164563_1771683.jpg

by y-tukide | 2012-09-03 17:31 | 街道を行く