日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

郡上八幡

この日は、久しぶりに休みをとり、家内と岐阜の郡上八幡にいって来ました。
思い立ったきっかけは、NHK、BSの番組、「こころ旅」で日野正平が郡上八幡を自転車で走るのを見たのがきっかけです。
郡上八幡は、私が二十代の時、家内と初めて二泊三日の旅をした時訪れた場所です。あの時は富山の欄間作りの町、井波で一泊し、翌日、バスで飛騨山脈を超え、合掌造りの里、五箇山を経由し、郡上八幡へ行きました。なぜあの時あのようなコースを選択し行ったのか思い出せません。
郡上八幡は、城下町であり、水と郡上おどりで有名な町です。
あの時も町は踊りで賑わっていました。
e0164563_1033524.jpg


町の中を流れる清流吉田川。
e0164563_1034134.jpg


郡上八幡は水の町、縦横に水路がながれ、町のあちこちで水がわいています。
e0164563_1034862.jpg


「水船」という、湧水を受ける木の桶。
上段は飲料水として使い、下段は洗い物をするように使い分けられています・
e0164563_1034173.jpg


郡上八幡の街並み。
この辺りは伝統的建造物群保存地区に指定されています。
e0164563_10342521.jpg


三十数年前訪れた時に泊まった宿を思い出しながら探したのですが、どうもわかりませんでした。各部屋が襖だけで仕切られたこんな感じの宿でした。
e0164563_10343116.jpg


郡上八幡といえば、なんといっても郡上おどり。
7月中旬から9月上旬まで30余夜にわたって繰り広げられます。お盆の4日間は夜が明けるまで踊ります。あの時もちょうど踊りの時期だったので、家内と踊ったものです。
郡上八幡博物館では、郡上おどりの実演が行われていました。
e0164563_10344036.jpg


もう一つ、郡上八幡の名物は食品サンプルづくり。
e0164563_10344915.jpg


店先に置かれたゴジラのフライ。
e0164563_10345687.jpg


若いころの思い出に浸ることが出来た一日でした。
e0164563_1035448.jpg

by y-tukide | 2013-06-25 10:35 |

「生まれ変わった築34年の軽量鉄骨の家」リノベーション見学会

ツキデ工務店の事務所の近くで、15・16の両日、ハウスメーカーの軽量鉄骨の家をリノベーションした御宅の見学会をさせて頂きました。
今回も、梅雨の蒸し暑い最中、大変多くの方々にお越しいただき、スタッフ一同大変感謝しています。
e0164563_1153647.jpg

e0164563_11534892.jpg


この家は築34年のセキスイハイムの家で、鉄骨の柱・梁など主たる構造体は触らず子供達の生活を第一に考え、開放的で明るく使いやすい間取りの家に生まれ変わりました。
e0164563_11535560.jpg


初日は昼頃から雨、二日目は太陽が照る夏日、受付も夏モードです。
e0164563_1154573.jpg

e0164563_11541382.jpg


玄関先に飾られたプランターと可愛いい置物たち。
このプランターと置物の台は、住まい手のY様が昨年8月のツキデ工務店恒例の「夏の工作」で作られたものです。
e0164563_11542762.jpg

e0164563_11543972.jpg


最後になりましたが、この度、快く会場を提供して頂きましたY様、大変ありがとうございました。
e0164563_11544792.jpg

by y-tukide | 2013-06-17 15:39 | 見学会・イベント

早朝散歩 流れ橋

実は今、私が30年近く住んだ宇治神明の自宅をリノベーションしています。
そのために、引越し宇治の大久保のマンションに仮住まいをしているのですが、マンションから2キロほど西に行ったところに木津川が流れ、そこに「上津屋橋」別名、「流れ橋」が架かっています。
この日は早朝、流れ橋まで散歩に出かけました。

木津川の土手からの、早朝の風景。
とてもすがすがしい気持ちになります。
e0164563_14155923.jpg


流れ橋は、全長356m、日本で最も長い木造橋です。
大雨で川の水位が上がれば、橋げたが流れるという、その独特な構造から「木津川の流れ橋」と呼ばれ、親しまれ、時代劇のロケーションにもよく使われています。
e0164563_14161018.jpg

e0164563_14162267.jpg


流れ橋を渡った、木津川の土手の下にある上津屋の集落。
e0164563_14163045.jpg


その集落の中に、江戸時代中期の南山城地方の代表的な民家で、重要文化財に指定されている「伊佐家住宅」があります。
伊佐家は、代々天領の庄屋を勤めた家で、敷地の南側には堀跡が残っています。
e0164563_14163756.jpg


この伊佐家住宅は、2年前に私が所属する「古材文化の会」の企画で見学させていただいています。
主屋の軒の厚い茅葺や玄関から座敷に塗られた「桃山」という赤壁が特徴的です。
e0164563_14164560.jpg

e0164563_1416539.jpg


木津川の土手には、京都の嵐山の渡月橋から木津の泉大橋まで、サイクリング道が整備されていますが、この時期、アザミが盛りでした。
e0164563_1417734.jpg

by y-tukide | 2013-06-10 14:19 | 早朝散歩

若狭街道 朽木市場

このところ仕事や私用で忙しく、若狭の「瓜破の滝」に水汲みに行くことができなかったのですが、この日は何とか休みをとり、若狭街道(鯖街道)を走り、「瓜破の滝」へと向かいました。
途中、朽木の市場で小休止、朝市を覗いたあと、久しぶりにちょっと市場の町を散策しました。
市場の町は、京都と若狭の国を結ぶ若狭街道の中間に位置し、朽木氏の城下町であるとともに、交通の要所で、物資の集散地として室町時代から市(いち)が成立していました。

城下町特有の「鍵曲」(かいまがり)と呼ばれる折れ曲がった街路と水路がある市場の街並み。
e0164563_142515.jpg
e0164563_1425829.jpg
e0164563_14251488.jpg


三階建ての「丸山百貨店」、当時の町の賑わいが想像されます。
e0164563_14252481.jpg


旧商家・熊瀬家住宅。
当時は多くの商家や宿、問屋場があったそうですが、その中で熊瀬家は酒・醤油造りを本業とする一方で、藩の御用商人として保護を受け、幅広い商業活動をしていたそうです。
e0164563_14253066.jpg


当時の繁栄を思わせる蔵が残る風景。
e0164563_14253763.jpg


町中で唯一残る茅葺屋根の家。
e0164563_14254371.jpg


その茅葺屋根の家の横に建つ、ボーリス設計の旧郵便局。
e0164563_14255056.jpg


昔の賑わいの面影を所々に残しながらも、今は静かな市場の町。
e0164563_14255747.jpg

by y-tukide | 2013-06-04 14:28 | 街道を行く