日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おっきん!椋川

また椋川(むくがわ)に行ってきました。
この日は、前回のブログで紹介した静かな山里とは打って変わった、多くの人が集まり活気に満ちた椋川です。
e0164563_1353241.jpg

e0164563_13531074.jpg


「おっきん」とはこの地方の方言で「ありがとう」という意味です。
「おっきん!椋川」は、山里に住む人達の元気と心意気を町の人達と共有する、年に一度の大イベントです。
広い山里に点在する何軒かの民家が解放され、庭先に地元でとれた野菜や田舎料理並べられいただけます。
e0164563_13532336.jpg

e0164563_13533119.jpg


水彩画展やクラッシックギターの演奏・軽音楽ライブ、スタンプラリーなどのイベントもあり町の人達と村人総出でのお祭りです。
e0164563_13534727.jpg


山里をのんびり歩きながら里の人達と交わり、晩秋の景色を楽しむことができます。
e0164563_1353567.jpg

e0164563_1354777.jpg


久太郎さんというお宅で鯖のなれずしを初めていただきました。
e0164563_135515100.jpg


ここは牧場、ヤギが放牧されています。
e0164563_13553350.jpg

e0164563_13554692.jpg


TPPで米が自由化されると小規模農家が立ちいかなくなり、このような山村がますます疲弊していくことになるかと思います。
e0164563_13555998.jpg


里の人達はみなさん穏やかで親切にしてくださり、のんびりと心癒される一日となりました。
e0164563_1356123.jpg

by y-tukide | 2013-11-25 13:56

かくれ里を行く 椋川

―秘境と呼ぶほど人里離れた山奥ではなく、ほんのちょっと街道筋からそれた所に、今でも「かくれ里」の名にふさわしいような、ひっそりとした真空地帯があり、そういう所を歩くのが、私は好きなのである― 白洲正子「かくれ里」の本文より。

白洲正子にあやかり、私もいつもの水汲みに行く道、若狭街道(鯖街道)を道草し朽木を過ぎたあたりの山道を左におれ、椋川(むくがわ)という所を訪ねました。
朝の8時、朝もやの中、山あいにひろがる集落。
e0164563_14161510.jpg


椋川は、中世のころから近江守護佐々木氏の末流である朽木氏の支配下におかれた集落。
茅葺の民家も点在し、日本の原風景の趣を色濃く残しています。
e0164563_14162974.jpg


歩いていて聞こえるのは小川のせせらぎと朝をつげるニワトリの声。
e0164563_14164067.jpg


村の氏神さんの日吉神社、境内には樹齢二百年以上と推定される杉の大木。
e0164563_14165254.jpg


蔵のある民家の敷地に立つ、これも樹齢四百年の桜の古木。
この里の歴史の深さを感じます。
e0164563_1417198.jpg


広い山里に民家が点在していますが、もっとも多く民家が集まる笹ケ谷地区に一軒の立派な茅葺の民家がありました。
e0164563_14171184.jpg


道から見上げていると、ご主人が出てこられ家を見せていただくことになり、囲炉裏端でいろいろ興味深い話を聞かせていただきました。
e0164563_14171981.jpg


築130年程のこの家は、材木も立派なものが使われ、14年に一回茅も葺き替えられ非常にいい状態の建物です。
現在は住んでおられず高島市に寄付され、村と町をつなぐイベントや体験学習などに活用されているそうです。
e0164563_14173396.jpg


ついつい長居をしてしまいました。この建物が拠点となり里と町とのつながりがより深まることを願います。
そうそう近年、町からこの山里に若い二家族が移り住んだそうです。
e0164563_14174493.jpg

by y-tukide | 2013-11-18 14:20 | かくれ里を行く

第16回「木の家・こんな家に住みたい」作文コンクール

ツキデ工務店は、現在奈良で3棟の新築工事をさせていただいていますが、そのうちの1棟のお宅の小学5年のお子様が、日本木造住宅産業協会が主催する、第16回「木の家・こんな家に住みたい」作文コンクールに応募され、なんと高学年の部で国土交通大臣賞を受賞されました。おめでとうございます。
自宅の棟上げ時の様子と感想が書かれた作文で、木をおもう、大工をおもう率直な気持ちが表現された素晴らしい作文です。
e0164563_17404545.jpg

e0164563_10195294.jpg

e0164563_10195970.jpg


彼は絵も大変うまく、その棟上げの様子を描いた絵を今年行った木工教室の礼状としてはがきにして送ってくれました。
そしてその絵も今年のMOA美術館全国児童作品展に応募され奈良県で銀賞をとったそうです。
e0164563_10201364.jpg


彼は、将来 建築の設計か現場監督の仕事をしたいそうです。また彼の弟も絵が上手で木が大好き、将来は大工さんになりたいそうです。
大変頼もしい二人です。
この子供たちの想いは仕事冥利に尽きますし、後世に伝えていける家造りをして行かねばと改めて感じました。
e0164563_17401825.jpg

by y-tukide | 2013-11-13 10:30

建物探訪 TUKIDEおかげ参り

いい建物、いいものを見、目を肥やそう!
ツキデ工務店の有志が呼びかけての建物探訪、昨年は仕事に追われ実施されませんでしたが、若い社員も増えたこともあり、仕切り直して今年2回目の建物探訪を実施しました。
今回は、「TUKIDEおかげ参り」と題して、伊勢・鳥羽方面に向かいました。参加者10名、朝6時小型バスで事務所を出発、いざお伊勢さんへ!

まずは伊勢神宮外宮へ。
e0164563_943294.jpg


20年に一度建て替えられる式年遷宮は今年です。真新しい社殿は神明造り、掘立柱に切妻の茅葺屋根、角のような千木(ちぎ)が屋根から伸びます。社殿は大切な米を保存する蔵をモチーフにしているといわれています。
e0164563_944166.jpg


次は、問屋町の景観が残る河崎へ。
河崎は勢田川の水運を利用し、問屋街として発展し、かつては「伊勢の台所」と言われました。通りには伊勢地方特有の切妻妻入りの商家や土蔵が建ち並び、重厚な雰囲気を醸し出しています。
e0164563_945048.jpg


この街並みを保全し、再生活用しようとNPO法人「伊勢河崎まちづくり衆」が活動されています。その拠点となるのが「伊勢河崎商人館」、保全を願う方々の粘り強い活動の中で、元酒屋を市が購入し、整備されたものです。
e0164563_95040.jpg


幾つもの蔵や京都の裏千家、今日庵の茶室を写した8畳広間の茶室がある大変立派な建物です。
外壁の板張りに塗られている塗料は、当時は「濡れがらす」といわれる煤と魚油で作られた塗料が使われていたそうです。
e0164563_95922.jpg


次は、古市にある「麻吉旅館」。
古市という町は、外宮と内宮を結ぶ街道にあり、参宮帰りの「精進落とし」 で賑わった遊里です。創業200年と言われる麻吉は、当時は芸妓を置くお茶屋でした。斜面地に建ち、下から数えれば6階建の楼閣で登録有形文化財に指定されています。宿の脇の階段を歩くと何と無く色っぽい雰囲気が漂います。
e0164563_951830.jpg


次は伊勢神宮内宮へ。
平日にもかかわらず、ものすごい人の多さにびっくり、人の流れにただ流されるだけ。
e0164563_952610.jpg


ここで昼食。
鳥羽の漣(さざなみ)という食事処で、名物のエビフライをいただき、皆も満足。
e0164563_953347.jpg


食事の後は、近くの赤福鳥羽店で赤福餅のデザート。
そして隣にある移築された漂白の詩人「伊良子清白の家」を見学。
e0164563_955442.jpg


最後は、バスで30分ほど走り、内藤廣氏の設計の「海の博物館」へ。
中庭の池を隔てた展示棟は、黒塗りの巨船が岸についたように見えます。
e0164563_96349.jpg


肋骨のような木造のアーチ型の大架構。
展示品も豊富で堪能できます。
e0164563_961445.jpg


ここで帰路につきましたが、今回の反省点。
早朝に出たとはいえ午前中は欲張りすぎて、見たいものがゆっくり見られなかったこと。

土産は、定番の赤福餅。
e0164563_962753.jpg

by y-tukide | 2013-11-06 09:16 | 建物探訪