日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「月見台のある家」完成見学会

10月25・26日の両日、京都南部の木津川市でお施主様のご厚意により、引渡し前の建物完成見学会を開催しました。両日ともお天気に恵まれ、今回もたくさんのお客様にご来場いただきました。
会場を快くご提供いただきましたお施主様、ご来場いただきました皆様、改めてお礼申し上げます。
e0164563_9134855.jpg


この建物は、UR都市機構が開発したJR木津川駅の東側の丘陵地にあります。前回のブログで紹介させていただいたNPO法人「芽吹」からさほど遠くない造成地に建ちます。

奥行のあるアプローチを通り、玄関を入ると正面に庭が見えます。
e0164563_10532577.jpg

e0164563_10541198.jpg


また玄関土間は、和室につながります。
e0164563_9143427.jpg


そして玄関土間は、趣味の自転車がおけ、自転車いじりができる4畳の広さの土間にもつづいています。
e0164563_9145549.jpg


その自転車土間はリビングへとつながり、LDKから愛車を眺めることができます。
e0164563_915792.jpg


東側に設けたダイニングには吹き抜けがあり、十分な採光と解放感が得られます。
奥様がこだわりのキッチンは作り付けです。
e0164563_9152018.jpg


階段室に設けた書斎コナー。
e0164563_9153325.jpg


2階の主寝室は、シナベニア張りのアール天井で間接照明がきれいです。
e0164563_9154696.jpg


そしてなんといってもこの建物の目玉は、下屋の上に設けた広い月見台です。
ご家族全員が夜空を見て楽しむのがお好きだそうで、とても遊び心があるお宅です。
e0164563_9155852.jpg


これからの時期、透き通った冬の夜空は楽しまれることでしょう。
e0164563_916938.jpg

by y-tukide | 2014-10-28 09:20 | 仕事色々

NPO法人 芽吹

この度、老人の通所介護・居宅介護支援事業所「芽吹」が完成しました。
場所は、京都南部木津川市のUR都市機構が開発したなだらかな丘陵地の422坪の広々とした敷地に建ちます。
吉野桧・杉をふんだんに使った建物で、田代純建築設計事務所さんの設計で弊社が施工させていただきました。
e0164563_97168.jpg


敷地の南側には、田んぼが広がりとてものどかな風景を楽しむことができます。
敷地内の東側の緩やかな斜面では、畑が計画されていて、季節の野菜を昼食やおやつの材料として使われる計画です。
e0164563_972789.jpg


この建物には、空気集熱式ソーラーシステム「そよ風」が搭載されています。
「そよ風」は冬、屋根に受けた太陽の熱で室内を暖房し、夏は太陽の熱でお湯採りができ、小屋裏が熱くならないように排熱します。
芽吹の代表者のIさんは、環境問題に対し高い意識をお持ちで、実は21年前にもご自宅を空気集熱式ソーラーシステム「OMソーラー」を搭載し、鉄骨倉庫を住宅へとリノベーションさせていただきました。そこで空気集熱式ソーラーシステムの良さは、自ら体感しておられることもあり、今回の計画でも限られた予算の中、是非にということで採用されました。
e0164563_973856.jpg


アプローチと玄関。
玄関ドアは、木製の引き戸で吉野材で組まれた藤棚風の玄関庇には透明ガラスがのり、明るくぬくもりがあります。
e0164563_97501.jpg


室内の南、東側には大きな開口が設けられ、ウッドデッキへと続き、また一部に吹き抜けあることにより開放的でより広く見えます。
e0164563_9847.jpg

e0164563_981947.jpg

e0164563_1444419.jpg


南側のウッドデッキからの眺め。
庭木が茂り、畑ができればさぞかしのどかで気持ちのいい風景になるかと楽しみです。
e0164563_9104031.jpg


介助のしやすさを考慮された広い浴室、トイレ。
e0164563_9112620.jpg

e0164563_911343.jpg


小屋裏2階は、スタッフの休憩室になっています。
e0164563_9114523.jpg


調理室。
e0164563_9115497.jpg


Iさんは永年、知的障害者や老人介護の現場で勤務しておられました。しかし、勤務してこられた施設は、自分が弱者になって本当に利用したいと思える施設であるか疑問に感じらていました。
そして将来自分が弱者になって、本当に安心して利用したいと思える施設を作りたいとの思いで、6年前木津川市で古民家を改修し、家庭的な雰囲気の小規模の通所介護施設を開設されたのが始まりです。
そこではスタッフ14名に対し、定員11名という介護体制で、利用者の個別性に配慮したケアを提供されてきました。
そんな思いが、今回の建物計画にも込められていています。
私も将来こんな施設でお世話になれたらと思いました。
e0164563_9121685.jpg


引渡しの日の夕暮れ時、デッキから生駒山の横に沈む夕日がきれいでした。
e0164563_9122833.jpg

by y-tukide | 2014-10-20 14:04 | 仕事色々

北国脇往還を行く-その2

今年の夏の終わりごろ、再び北国脇往還(ほっこくわきおうかん)に行きました。
前回は、街道を途中から北国街道との合流点「木之本」に向かったのですが、あとの道筋が気になり、北国脇往還が中山道と合流する関ケ原から、前回入手した湖北の地域情報誌「み~な」の104号「北国脇往還をゆく」に記載された地図を片手に行きました。

ここが中山道との交差点、ここからが北国脇往還です。
e0164563_10261643.jpg


ちょっと街道をそれて関ケ原の合戦の決戦地跡へ。
石田光成の陣があった笹尾山が正面に見えます。
e0164563_10262761.jpg


「玉」という集落に入ります。
山の斜面に細く伸びる小さな集落で、江戸時代前期は宿場町として美濃と北国間の交易で宿の財政を支えていたのですが、江戸中期以降は中山道・北国街道が交易の主要な道となり、苦しい経営を強いられたそうです。
街道沿いに古い石垣が続き、集落の下を藤古川という渓流が流れるきれいな集落です。
e0164563_10264364.jpg


美濃と近江の国境を過ぎ「藤川宿」へ。
集落に入るとすぐに本陣であった林家があります。
江戸時代、参勤交代の北国方面の諸国大名もこの道を通り、加賀藩前田家の殿様も林家に来たことが古文書に記されているそうです。
e0164563_1026546.jpg


どっしりとした白壁の土蔵が美しい藤川宿の街並み。
e0164563_1027431.jpg


藤川宿のはずれに藤川小学校跡があり、その横に残る昭和五十年十一月に建てられた「百周年記念碑」が物寂しげに見えました。
e0164563_10271296.jpg


藤川宿を過ぎ、薄暗い木立を抜けると「寺林」という集落に入ります。
そこで見た「北国海道」と書かれた道標が、朽ちて空き地に放置されていました。
「みーな」に書かれた「北国脇往還の歴史」によると、北国脇往還という呼び名は明治以降に呼ばれた名称で、北国街道の脇役の街道とはちょっとかわいそうな呼び名です。
それまでは「北国海道」と呼ばれていたそうです。まさに北陸の海に通ずる道だったのです。
e0164563_10272354.jpg


今やその古道も忘れされようとしています。
e0164563_10273246.jpg


北国脇往還は伊吹山の裾野を走りますが、「春照(すいじょう)」という宿場にある資料館で面白いものを見つけました。
伊吹山は薬草、ヨモギが原料の灸(やいと・きゅう)が昔から「伊吹もぐさ」として有名ですが、そのヨモギを使うサウナ風呂です、いろんな効能がありそうです。
e0164563_10274411.jpg


最後に、戦国時代浅井家が築いた「小谷城跡(おだに)」がある小谷山に登りました。
小谷山に築かれた小谷城は難攻不落の山城ですが、織田徳川連合軍と浅井朝倉連合軍との姉川の合戦で浅井朝倉方が破れ、その三年後?落城しました。
2011年のNEHの大河ドラマ「浅井三姉妹 江 姫たちの戦国」で一躍有名になりましただ、今は元の静かな山に戻っています。
十数年前にも来たことがあるのですが、小谷山の城跡の様子は当時とあまり変わっていませんでした。
以前来たときもそうだったのですが、この日も私一人で他には人子一人いません。
木々が生い茂る薄暗い山の中、壮烈な戦いで多くの人が無残に亡くなった城跡で、浅井家の怨念を思うと背筋につめたいものを感じ、早々に山を下りることにしました。
e0164563_10275995.jpg

e0164563_10281058.jpg

by y-tukide | 2014-10-14 10:27 | 街道を行く

サンフランシスコからのお客様

今年の7月はじめ、私宛にアメリカから国際郵便が届きました。初めてのことでびっくりしたのですが、封を開けてみると現在サンフランシスコ在住の方が、ご夫婦で老後を京都の宇治で木の香りに包まれた「終の棲家」を計画されていて、そのために9月に一度来日したいとの内容でした。
e0164563_1131531.jpg


そして先月末に弊社の事務所に、神奈川県にお住まいの御姉様とお越しになったのですが、お話しをお伺いしその後「ツキデの家」を案内させていただきました。
そしてその翌々日、せっかく遠路アメリカからお越しいただいこともあり、ツキデ工務店が使う「吉野の木」を是非見ていただこうと、吉野に案内させていただきました。

まずは製材現場へ、吉野中央木材さんに案内させていただきました。
e0164563_1132124.jpg


吉野杉の特徴やツキデ工務店がこだわる天然乾燥について石橋専務と説明させていただきました。
e0164563_11321066.jpg


ここで珍しい作業を見ることが出来ました。桧皮(ひわだ)むきの作業です。
社寺仏閣の桧皮葺の屋根に使用されますが、檜皮は近年文化財の桧皮葺屋根の葺き替えに不足している貴重な材料です。
e0164563_11321876.jpg


昼食は、せっかく吉野に来ていただいたのでこの地方名物柿の葉寿司と鮎寿司をいただきました。
e0164563_11322799.jpg


昼食後に案内させていただいたのは、樽丸屋さん。
樽丸とは樽の側板のことで灘などの酒樽の側板として供給されています。
最盛期には、樽丸に最適な木材を生産するのが吉野林業の目標とされ、吉野林業は樽丸林業とも呼ばれました。
色や香りも良く、年輪が細かく均一で木目が通った吉野杉は、樽・桶材として最良の材です。

独特の道具で仕上げられていきます。
e0164563_11324083.jpg

e0164563_11324779.jpg


樽丸をとった丸太の一番外側の「背板」という部分は、割箸材として活用されるのですが、写真の背板には、一部シミがあって箸屋さんから返品されたそうなのです。
外国産の薬品で漂白された割箸に比べて、香りもいいし健康的にも安全なのに、この国の商品に対する価値観はいったいどうなっているのでしょうか。
e0164563_11325723.jpg


そして吉野林業を象徴する山へ。
吉野林業の特徴は、密植し除伐・間伐を繰り返し行い、最終的に二百数十年生の山へと仕上げる林業です。
その典型的な山の一つが白川渡というところにある北村林業さんの山です。この山はツキデ工務店の「吉野の山を見るツアー」で毎回見学させて頂いています。
e0164563_1133621.jpg


いい時間になって帰路に着くことにしたのですが、帰り道に宮滝にある醤油屋「梅谷醸造元」さんに寄り吉野杉の桶の醸造現場を最後に見学。
e0164563_11331587.jpg


盛りだくさんのちょっとハードなスケジュールでしたが、吉野のことを知っていただくきっかけとなったかと思います。
お疲れ様でした。
e0164563_11332511.jpg

by y-tukide | 2014-10-06 11:33