日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

明石かいわい

先日、お客さんとの打合せに朝から兵庫県の明石市に行ってきました。会社から車で1時間半ほどで行けます。
約束の時間よりかなり早く着いたので山陽電鉄の人丸前駅の北側にある明石市立天文科学館に寄ることにしました。
14階の展望台からは明石の街や淡路島、明石海峡大橋が眼下に眺められます。
e0164563_9572545.jpg


明石といえば「子午線のまち」。
日本の標準時間の基準となる東経135度の子午線のまちです。東経135度線上に天文科学館が建ち、その南側にある人丸駅のプラットホームに表示された線が、まさに地球の赤道に直角に交差する北極と南極を結ぶ両極線です。
e0164563_9573757.jpg


打合せの後、お客さんにお寿司を御馳走になり、せっかくなので私はそのあと「魚の棚商店街」に行ってみました。ここでは日本有数の漁場である明石で捕れた魚を取り扱う鮮魚店や海産物を扱う店が軒を列ねます。
e0164563_957481.jpg


明石といえば蛸、さすがに蛸を扱う店が多いです。
e0164563_95832.jpg

e0164563_9581648.jpg


ただこの季節は、なんといっても瀬戸内の春の訪れを告げる風物詩「イカナゴ」漁。
e0164563_9582853.jpg


淡路島を含むこのあたりの瀬戸内では、各家庭でイカナゴの佃煮である「クギ煮」がつくられ保存食にされます。
私も土産に買いました。
e0164563_9583934.jpg


帰り道、舞子公園からの明石海峡の眺め。
e0164563_9584989.jpg

by y-tukide | 2016-03-28 12:50 | かいわい

鉄道ブラ旅 南海電鉄 高野山

妻が、朝日新聞の新聞広告で南海電鉄「高野山・世界遺産きっぷ」という割引きっぷを見つけ、行ってみよかということになりました。この切符は通常、なんば駅から高野山駅まで往復3,440円のところ2,860円と17%OFFのお得な切符です。
この日JR宇治駅から6:27発の奈良行きに乗り、奈良から難波行JR大和路線快速で新今宮に、ここで南海電鉄に乗り換え「南海特急こうや1号」で高野山へと向かいました。
e0164563_10505782.jpg


今宮駅から極楽駅まで1時間18分、そこでケーブルカーに乗り換えて約5分で高野山駅に到着します。
e0164563_1051952.jpg


駅前からバスに乗り女人堂バス停で降り、ここから女人道を歩くことにしました。
「女人堂」
e0164563_10512163.jpg


1200年前、弘法大師空海がひらいた真言密教の根本道場である高野山。女人の入山が禁じられていた時代は、女性は高野七口といわれた高野山の入口をめぐり、尾根伝いの女人道を歩いたそうです。
表土が流され木々の根があらわな女人道。
e0164563_1051318.jpg


数々の種類の木々が生い茂る山道を40分ほど登ると視界が開けます。
e0164563_10514176.jpg


ここからは下り、そして下りきると壮麗な「大門」が現れます。
「大門」は、高野山の西の入口の正門です。
e0164563_10515175.jpg


大門をくぐり東に向かって歩いて行くとほどなく中門・金堂・根本大塔などが建ち並ぶ壇上伽藍に着きます。ここは弘法大師が高野開創のおり堂塔整備に着手された場所で高野山の核となるところです。
高さ50mの「根本大塔」、この建物は昭和12年に鉄筋コンクリート造で再建されたものです。
e0164563_1052011.jpg

e0164563_1052927.jpg


昼は精進料理をいただきました。
とくにゴマ豆腐がうまく、土産にもしました。
e0164563_10522454.jpg


食事のあと「奥之院」へと向かいました。
奥之院は高野山の信仰の中心地で、弘法大師空海が御入定(ごにゅうじょう)されている聖地です。入口の「一の橋」から「御廟(ごびょう)」まで約2kmの道のりには、杉の老木が茂る中に20万基を超える墓や供養塔が並びます。
e0164563_10523762.jpg


ここには大名・戦国の武将など歴史上の人物の多くの墓石がまつられています。これは弘法大師の足下に眠れば極楽往生できるという信仰によるものだそうです。
武田信玄と勝頼の墓所。
e0164563_10525048.jpg

e0164563_10525978.jpg

e0164563_1053989.jpg

e0164563_10531964.jpg


大手企業の墓所も数多くあります。
足袋の福助(株)の墓所にはこんな石像が!
e0164563_10534427.jpg

by y-tukide | 2016-03-22 11:05 | 鉄道ブラ旅

建物探訪 「黒谷和紙にふれ 宮津の街をめぐる」

「いい建物、いいものを見よう!」ツキデ工務店の社内有志による建物探訪、久しぶりに第7回目が企画されました。
今回は、京都府綾部市の京都府無形文化財にも指定されている黒谷和紙の里と丹後半島の入口の港町宮津の街を訪れました。
800年の歴史ある黒谷和紙は、紙が丈夫なため番傘やちょうちん、障子など日常的で身近な用途で使われてきました。ツキデ工務店でも以前に使っています。
昨年完成した建物の和室では、襖・障子・壁・天井の仕上げ材として使いました。
e0164563_946113.jpg


朝の7時半に会社を出発、黒谷に向かいました。黒谷は京都府綾部市の北部で舞鶴市との境界近くの山間部にあります。源平の合戦に敗れた平家の落ち武者が隠れ住んだ山里で、生活の糧として紙漉きが行われてきました。昔は谷間を流れる黒谷川沿いに並ぶほとんどの家で紙漉きが行われていたそうです。
e0164563_9462279.jpg


私が、黒谷を訪れるのは今回で3回目です。前回7年前に訪れた時は川で村人が楮を清流にさらしている風景を見ました。
e0164563_9463584.jpg


現在、紙漉きをしている方は9人だそうで、川沿いに建てられた共同組合の工房ですべての作業が行われています。
ここで和紙職人のハタノワタルさんに黒谷和紙の特徴や作業工程などの話を伺いました。ハタノさんは、黒谷の伝統技術で20年間紙漉きをやってこられ、素朴で強い黒谷和紙の特徴を生かした様々な用途の可能性に挑戦されています。
e0164563_9464655.jpg


紙漉きの実演もしていただきました。
e0164563_9465679.jpg


この後ハタノさんの自宅を訪問。
大きい屋根が特徴の丹後型民家のご自宅は、アトリエとギャラリーも兼ねています。
e0164563_9472988.jpg



小屋裏部屋のギャラリー。
土壁と土敷きの床の上に黒谷和紙が貼られています。生成り(きなり)色の和紙が、土のざらざらした質感をひらい、面白いテクスチャーです。
e0164563_9475134.jpg


床板の上に柿渋と顔料で染めた黒谷和紙を張り、亜麻仁油を塗って仕上げた居間の床。
10年間家族に踏みしめられてもこんな状態です。これといったメンテナンスはされていないとのこと、確かに強い紙です。
勉強になりました、和紙の使い方の可能性がますます広がります。
e0164563_9482792.jpg


あっという間に時間が立ち時刻は12時を過ぎていました。ここでハタノさんにお礼を言い、次の目的地である宮津に向かいました。
宮津に着きまずは昼食。海の街ですのでここではやはり海の幸。
ここで珍しいものをいただきました。このあたりの春の風物詩としての名物料理「シロウオ」の踊り食いです。
e0164563_948392.jpg


それと天然のカキもいただきました。
e0164563_9485175.jpg


食事の後は、宮津の街を散策しました。
宮津といえば「天橋立」が有名ですが、宮津は、城下町であると共に、天然の良港に恵まれ海上交通の拠点で、丹後地方の中核として賑わった町です。今も歴史を感じさせる町並みや建物が随所に残っています。
この建物は「袋屋醤油店」。創業300年以上の歴史ある店で現在の経営者は何代か前に変わられているそうです。突然伺ったのですが建物内部を見学させていただきました。
e0164563_949292.jpg

e0164563_94915100.jpg


次は江戸時代の商家で国の重要文化財に指定されている「旧三上家住宅」。
防火構造の「大壁塗籠め造り」の重厚な建物で、現在は宮津市が所有し整備され一般公開されています。
e0164563_9492857.jpg


花街として賑わった新橋通り付近は、京格子のある町家が残り当時の風情が漂います。
e0164563_9493933.jpg


「天橋立」が初めての者も何人かいたのですが時間がなくゆっくり見るということは出来ませんでした。ただたまたま大型船が通り「廻旋橋」が90度回転するのが見られたのはラッキーでした。
e0164563_9495321.jpg

by y-tukide | 2016-03-14 09:54 | 建物探訪

『京都ぎらい』 ―千年の古都のいやらしさ、ぜんぶ書く―  井上章一<著>(朝日新書)

御存じの方も多くいらっしゃると思いますが、このほど国際日本文化研究センター教授で作家の井上章一さんが、著書「京都ぎらい」で2016年新書大賞を受賞されました。
大変な人気で13万部突破のベストセラーです。
井上さんは、京都大学工学部建築学科卒業で建築畑出身の作家さんです。またユニークな視点から見た現在風俗や歴史などの数々の著書をはじめテレビでも活躍されています。
そして井上さんは、ツキデ工務店のお客様でもあり仕事を通じお付合いさせていただいています。
改めまして『井上さん、新書大賞受賞おめでとうございます!』
e0164563_9342326.jpg


実に面白い本で、読んでいて何度も笑わしてくれました。
新書大賞受賞を知ったのは、先月の朝日新聞の「天声人語」を読んでです。
その記事では「井上章一さんは、京都市の嵯峨で育った。洛外と呼ばれる地域だ。市中心部の洛中の人々から田舎者呼ばわりされ、さげすまれてきたことへの恨み節が炸裂している」と記されています。
この洛中洛外の意識感覚は、京都とその周辺に住んでいる人にしかわかりにくい感覚かもしれません。
私は、宇治生まれの宇治育ち。宇治は洛中洛外のその外側ですので対象外ですが、本書の中で京都出身のプロレスラーが京都市内での試合で、京都出身をアピールすると、
「お前なんか京都とちゃうやろ、宇治(うじ)やないか」
「宇治のくせに、京都というな」
井上さんは、嵯峨で生まれ育ち、現在は「宇治」でお住まいになっています。
このヤジにムカッとくるのは、井上さんと同志であるところです。

私の先祖は江戸時代、京都の伏見で商売をしていたそうなのですが、明治生まれの祖母から、鳥羽伏見の戦いで家が燃え、「この庭石は火が入ってもろいのや」と子供のころに聞かされたものです。
その伏見はもちろん洛外です。
私は、出身地やどこから来たのと人に聞かれると「京都府宇治市」→「京都の宇治です」と答えています。

とにかく面白い本です、まだ読んでいない方に是非おすすめします(朝日新書 821円)。
笑いまっせ!
e0164563_9343438.jpg

by y-tukide | 2016-03-07 10:04