日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

akordu 2016・12・10 OPEN

スペイン料理のレストランakordu(アコルドゥ)が、この度、奈良公園に隣接する、東大寺旧境内跡の歴史ある地で1210日にめでたくオープンします。

以前は、奈良市富雄のレンガ造りの歴史ある建物で営業されていたのですが、建物の老朽化に伴い今回、新たなスタートとなります。

建物は、「ミメイシス デザイン」鈴木義之さんの設計で、ツキデ工務店が今年の3月末に着工しこの度、竣工しオープンの運びとなりました。

この日、オープンに向けての準備作業が忙しく行われている中、竣工写真を撮らしていただきましたのでちょっと紹介させていただきます。

この建物は、奈良公園の緑に包まれた絶好のロケーションの中に建ちます。1階がレストランで2階には披露宴ホールもあります。

e0164563_09331519.jpg

周りの木々も色づき見ごろをむかえています。

e0164563_09331537.jpg

玄関には、富雄の元アコルドゥで使われていた玄関ドアを再利用しています。

e0164563_09331634.jpg

エントランスの床も元の店で使われていた床材を再利用しています。

e0164563_09331551.jpg

大理石張りのレジカウンター。この奥にはオフィスがあります。

e0164563_09330115.jpg

エントランス横に設けられたレセプションルーム。

e0164563_09325938.jpg
e0164563_09325897.jpg
e0164563_09330014.jpg

24席のホール。

e0164563_09330159.jpg

6席の個室。

e0164563_15135350.jpg

エントランスからホールへと続く右手側にはガラス張りでオープンにされた広い厨房があり、料理作りの様子をうかがうことができます。

e0164563_09331530.jpg
e0164563_09325926.jpg

2階に設けられた披露宴ホール。

e0164563_09330268.jpg
e0164563_09330388.jpg

披露宴ホールに隣接するゲストルーム。

e0164563_09330288.jpg

akordu(アコルドゥ)の前の道の正面には、国の名勝「依水園」があり、その背後には東大寺の「南大門」、そしてその先には「若草山」を望むことができます。

e0164563_09331412.jpg

白壁の土塀の中にたたずむakordu

e0164563_09331464.jpg

着々と準備が行われています。オープンが楽しみです。

e0164563_09331383.jpg
e0164563_09331360.jpg


by y-tukide | 2016-11-28 10:06 | 仕事色々

近江散歩 百済寺

琵琶湖の東側、鈴鹿山脈の西山麓に位置する「湖東三山」西明寺、金剛輪寺、百済寺(ひゃくさいじ)は天台宗の寺院で紅葉の名所です。

私は、湖東三山の中でも百済寺が好きで、これまでにも何度となく訪れています。普段の時期は参拝者もさほど多くないのですが、紅葉の時期には、観光客が多いこともあり避けていたのですが、早朝なら人も少ないだろうと今回行ってみました。

近江と朝鮮半島とはかかわりが深く多くの渡来人が近江に渡ってきています。百済寺は聖徳太子の願いにより朝鮮半島から渡来した百済(くだら)人のために創建された近江最古級の古刹です。

7時半、さすがに観光客もいない山門。

e0164563_14535268.jpg

私の好きな、百済寺の参道。

e0164563_14535320.jpg
e0164563_14535374.jpg

前回、百済寺を訪れたのは2年前の11月初めです。

実はこのとき、今年の2月に亡くなられた私が尊敬する奥村まことさんと3年前に亡くなられた建築家、永田昌民氏の奥さんである永田裕子さんと親しい仲間達とで「近江湖東三山と湖北観音の里巡礼」の一泊二日の旅をしたときに訪れています。

あの時は、まことさんはリュックを背負いこの参道を元気で登っていました。

e0164563_14543550.jpg

本坊の庭園。山を借景とした池泉回遊式庭園です。

e0164563_14541299.jpg
e0164563_14535535.jpg
e0164563_14541807.jpg
e0164563_15394165.jpg

e0164563_14535241.jpg

e0164563_14541856.jpg


大きなわらじが掛けられた「仁王門」。

e0164563_14541977.jpg

仁王門をくぐり石段を上がりきると檜皮葺きの本堂があらわれます。平安末期から鎌倉、室町に至るころは「湖東の小叡山」と言われるほどの壮大な寺院であった百済寺、織田信長の兵火によりほとんど建物が焼失したのですが、本堂は江戸時代に再建されました

e0164563_14542588.jpg


本堂内に祀られた如意輪観音像。信長の兵火を免れた希少な観音像です。

e0164563_14542551.jpg

境内に桜の花が!

e0164563_14542593.jpg

時間が経つにつれ観光客の数が一気に増えてきたので、紅葉を満喫し逃げるようにして百済寺を後にしました。

e0164563_14543167.jpg

by y-tukide | 2016-11-21 15:40 | 散歩

歴史をつなぐ 古民家再生 「100年前に移築された京町家再生」完成見学会

1112日(土)・13()の両日、お施主様のご厚意により完成建物見学会を開催させていただきました。

今回も大変多くの方々ご参加いただき、スタッフ一同感謝しています。

改めましてお施主様、参加者の皆様にお礼申し上げます。

e0164563_11470049.jpg


この建物は、淀川左岸を京都から淀を経て大阪の京橋へと続く京街道の「枚方宿」の東に建ちます。その枚方宿でご先祖が、商いをされていたのですが、ある時期京都に移り住まれ、その後100年程前に、京都の町家を移築し家ごとこの地に戻ってこられたという歴史のある建物です。

そして100年後の今、後世に残していきたいというご当主の思い出で、この度、再生工事をさせていただきました。

力強い丸太梁がかけられた「はしりにわ」の「火袋」や梁を表しにした「大和天井」など、京町家の特徴を生かしながら、耐震補強や住みやすさも考え再生しました。

歳月を積み重ねなければつくり出せない味わいや先人の知恵、技もかいまみることもできる建物です。

改修前の東側外観。

e0164563_11470448.jpg

改修後の東側外観。

e0164563_11470447.jpg

改修後の西側外観。

e0164563_11470514.jpg

この建物は移築された際、道路に面していた玄関側が敷地の裏側(東側)に変わったので、「みせの間」と続く元道路に面していたもう一つ部屋(多分元は道路面に格子があった)を半間出し、客人用の玄関として造りかえられたようです。

その後その玄関は、居室に造りかえられたのですが、今回以前の客人玄関に戻しました。

e0164563_11493204.jpg

「客人玄関」には、小さな床の間があったのですが、その部分は生かしました。

e0164563_11470673.jpg

「家人玄関」の「格子戸」の内側には、「大戸」があり、そこには「くぐり戸」あります。

家人玄関横の「みせの間」には、元は「出格子」があったようで、柱にその痕跡がありました。

改修では、「平格子」とし、意匠は玄関の右側に仕込まれている格子と同じデザインにしました。

また玄関横の「ばったり床几」は、当時のままです。

e0164563_11470620.jpg

「みせにわ」の天井は「大和天井」。正面には「目板格子」の「大戸」があり、ここにも「くぐり戸」があります。左側の「みせの間」の建具は、元の客人玄関にあった建具を再利用しました。

e0164563_11470760.jpg

床板が張られた「はしりにわ」には、レンガで積まれた「おくどさん」とタイル張りの「はしり(流し)」ありました。

「火袋(吹抜け」には、太い松丸太が架けられていました。

改修前の「はしりにわ」。

e0164563_11470774.jpg

e0164563_11473185.jpg

「はしににわ」からつながる「だいどこ」は、家族が食事をする場所です。

「だいどこ」の「舞良戸」を開けると「箱階段」がありました。

e0164563_11473116.jpg

改修後の元「はしりにわ」と「火袋」。

e0164563_11473180.jpg

伝統工法で改修したのですが、耐震補強のために新設した耐力壁の「竹木舞下地」は、あえて一部土を塗らずに「表し」にしました。また「だいどこ」の天井板をはがし、吹き抜けにしています。

e0164563_11473276.jpg

「大黒柱」についている「つい立て」は、「嫁かくし」といいます。これ以上は家人の許可なく入ってこないでというしるしです。

e0164563_11473269.jpg

1階の座敷。

写真の左側の縁側は、元は「床の間」でした。ある時期に南側からの採光を得るために妻側の「側柱」を残したままアルミサッシの掃出し窓を設け縁側がつくられました。

e0164563_11473347.jpg

今回、アルミサッシを取り除き以前使われていた古建具を再利用しました。また、保管されていた以前の床の間に使われていた一間半のケヤキの床板を再利用して新たに床の間を以前の反対側に設けました。

e0164563_11473320.jpg

もっとも痛みが激しかった風呂、便所がある水回りの改修。

e0164563_11473391.jpg
e0164563_11473027.jpg
e0164563_11474673.jpg

2階の格調高い座敷。

e0164563_11474523.jpg
e0164563_11474607.jpg

価値のある古民家や町家がどんどんつぶされていく昨今、日本の優れた伝統的木造建築をいかに残していくか!

今回、お施主様の自分たちの先祖さんが住み継いできたこの建物を後世に残していこうという思いには感服しました。

また実は、この建物はご自身がお住まいになるのではなく、福祉関係など社会的に利用していただける施設として活用しようとお考えです。その思いにも改めて頭が下がります。

e0164563_11474690.jpg


by y-tukide | 2016-11-15 12:24 | 見学会・イベント

宇治かいわい 黄檗山万福寺

この日、自宅から56kmのところにある、黄檗山万福寺(おうばくさん まんぷくじ)に、天気もいいので歩いて行ってきました。

平等院の南門の前を通り、宇治川の「喜撰橋」を渡り「塔の島」へ。

e0164563_09512299.jpg

朝の宇治川は、すがすがしく、この数日来の朝夕の冷え込みで、木々も色づき始めました。

e0164563_09512373.jpg

「朝霧橋」から望む、平等院「鳳凰堂」。

e0164563_09512347.jpg

「朝霧通り」を歩き、宇治橋を越えたあたりに、現在発掘調査が行われている豊臣秀吉が築いた「太閤堤」の遺跡があります。

太閤堤は、天下統一を果たした豊臣秀吉が四百数十年前に、伏見城を築城した際に伏見の方に宇治川の流れを導くために行った、宇治川の付け替え工事です。

桃山期の治水技術の高さを知る貴重な文化財として、平成21年に国の史跡に指定されました。

e0164563_09512332.jpg


これまでに発掘された400mほどの護岸は、保存のために埋め戻されましたが、護岸に設けられた水流対抗施設「石だし」(水制)や松杭が現地で再生されていて見ることができます。

「水制」は、護岸に石などを積み突出し河川の水の勢いを弱め護岸が削られるのを防いだり、流れの方向を整えるための工作物です。

以前、岐阜県にある「木曽川文庫」に行って、明治の木曽川・長良川・揖斐川の三川分離の難工事を行った、オランダの土木技術者「デ・レーケ」の説明を受けた時に、この「水制」のことを知り、オランダからもたらされた治水技術だと思っていたのですが、日本でも当時用いられていたことは驚きでした。

e0164563_09512063.jpg

太閤堤を後に、奈良街道を万福寺へと向かいました。

黄檗山万福寺は、江戸時代の1654年に明朝時代の中国から渡来した「隠元禅師」が、開山した寺院で、日本三禅宗(臨済・曹洞・黄檗)の一つ、黄檗宗の総本山です。

儀式作法や建築様式も中国の明朝様式を取り入れられています。

黄檗山万福寺の「総門」。

e0164563_09512011.jpg

「三門」。

e0164563_09512079.jpg

「天王堂」に続く参道。

e0164563_09512144.jpg

弥勒菩薩の化身といわれる「ほてい和尚」。

e0164563_09512157.jpg

守護神である四天王。

e0164563_09512285.jpg

「開山堂」。

e0164563_08482841.jpg

開山堂では、儀式がとり行われていました。

内陣に飾られている幕に描かれている桃も中国様式のものだそうです。

e0164563_09513096.jpg

この門も中国風。

e0164563_09513176.jpg

「斎堂前」にある「開版(魚板)」は、木魚(もくぎょう)の原型となっているものだそうです。時を報じるものとして使われます。

その木魚(もくぎょう)は、隠元禅師が中国から伝えたものだそうです。

隠元禅師は、その他にもインゲンマメ、孟宗竹、スイカ、レンコンなどももたらしています。

e0164563_09513259.jpg

万福寺の本堂である「大雄宝殿(だいほうほうでん)」。

この建物の柱などに東南アジア産のチーク材が用いられています。どのようにして日本に持ち込んだのでしょうか。

e0164563_09513298.jpg
e0164563_09513219.jpg

なでかしら、境内に神輿が!

寺の周辺の町内で秋祭りが行われているようです。

e0164563_09513338.jpg

自宅から歩いての万福寺の参拝。

たまにはこうして宇治の街を散策するのもいいものです。

e0164563_09513192.jpg


by y-tukide | 2016-11-07 10:29 | かいわい

奈良 吉野散歩

奈良の吉野へは、これまでに仕事では数えきれないほど訪れていますが、仕事以外でゆっくり吉野を散策したことはあまりありません。

この日、ちょっと見たい建物があるので、そのことも兼ね、吉野に向かい散策することにしました。

その見たい建物とは、国が進める地方創生政策の中で吉野町が今年から取り組むことになった、「目指せ! ふるさと吉野地域の復活!―吉野から木のある暮らしの情報発信 木材産業活性化プロジェクト―」の一つの目玉企画として吉野川の河畔で現在、移築工事が行われている「吉野杉の家」です。

この建物は、東京で行われていた「HOUSE VISION」プロジェクトで展示された、建築家の長谷川豪氏の設計の吉野杉がふんだんに使われた建物です。

完成すると1階は、喫茶コーナーがある憩いの場として、2階は、アメリカの「Airbnb

という組織が運営する宿泊施設として使われます。

秋深まる早朝の吉野川。

この日は秋晴れとはいえ肌寒い吉野でした。

e0164563_08563467.jpg

吉野川の河畔の遊歩道沿いで移築工事が行われている「吉野杉の家」。

吉野町のこのプロジェクトには、ツキデ工務店も地方創生応援税制である「企業版ふるさと納税」で応援させていただいています。

e0164563_08563418.jpg

肌寒い中、建物の前の吉野川で犬が水遊びをしていました。

e0164563_08563318.jpg

建物がある付近には、昭和30年頃まで「いかだ場」があったそうです。「いかだ場」では、吉野川の上流から流してきた小さな「いかだ」を下流の和歌山へ向けて流すために、連結して大きな「いかだ」にする作業が行われていたそうです。

e0164563_08563492.jpg

その後「「吉野鉄道(現在の近鉄電車)」が開通すると、「いかだ場」から少し下流の場所に設けられた貯木場(貯水池)に集積して水中乾燥(水につけて木の水分を抜く)作業をして「原木」のまま貨車で大都市へ直接運ぶようになりました。

e0164563_08565356.jpg

その後、貯木場の周辺に製材所ができはじめ、製材された木材も貨車で運ばれました。

そして貯木場(貯水池)が埋め立てられ、そこに多くの製材所が建ち、一大製材団地が形成されました。その製材団地の一帯を「吉野貯木」と呼ばれています。

その製材所も昭和のある時期から、安い外材に押されかなり減ってきています。

建築を知り、好きな者ならよだれが出るようないい素材がこの地には豊富にあります。

それなのにもったいなくも悲しい話です。

日曜日、木の香りが漂う静かな「吉野貯木」。

e0164563_08563650.jpg

ツキデ工務店が、取引させていただいている「吉野中央木材」さんの土場。

弊社が梁材として使っている百数十年生の杉材が、製材され「桟積み乾燥」し自然乾燥されています。

e0164563_08563633.jpg

先週の水曜日に原木市があった「北村林業」さんの土場。

競り落とされた原木が置かれていました。吉野ならではの風景です。

e0164563_08563596.jpg

この建物は、「坂口製材所」さんの敷地内にある「吉野サロン」。

大阪の「Ms建築設計事務所」さんの設計で6年前にツキデ工務店が施工させていただいた建物です。

e0164563_08563792.jpg
e0164563_08563570.jpg

吉野は、古くは神話の世界で神武天皇が東征の時、熊野から吉野を通り大和に行くのに三本足の「八咫烏(やたがらす)」が道案内をしたと伝えられています。

今も熊野と大和を結ぶ街道が走るとともに、伊勢に向かう「伊勢本街道」も走り風情ある街並みも一部に残っています。

e0164563_08563311.jpg

この日「吉野貯木」にある神社の境内で「ゆいつぐむ市」というフリーマーケットが行われていました。

「歴史を紡ぎ、地域を結い、作り手と使い手、親から子へ。残して伝えたい大切なものを結びつける」というテーマの市です。

地元の若い人達が実行委員会をつくり行われていました。

大変盛況で、私も好きな奈良漬けとコットンの靴下を買いました。

e0164563_08565382.jpg

午後は、久しぶりに「吉野山」に向かいました。

途中道端に、吉野杉のチエンソーアートの置物が、「ほしい方はここに電話ください!」との張り紙と共に並んでいました。

e0164563_09031886.jpg

山岳修験者の「役行者(えんのぎょうじゃ)」が開いたと伝えられている修験道の本山「金峯山寺(きんぷせんじ)」の国宝の本堂である「蔵王堂」。

e0164563_08565477.jpg

ここでこんな光景に出合いました。

修験者による蔵王堂の前での護摩法要です。念仏を唱え、ほら貝や太鼓が響く中、護摩木が燃やされます。

e0164563_08565486.jpg

そして最後に、「井形」に組まれた檀の丸太を炭火と共に並べられ、その上をはだしで歩く「行」です。

「心頭を滅却すれば火もまた涼しい」とのことわざをありますが、果たしてどうなのか?

気合を集中し、無念無想の境地にたち歩き渡られます。

e0164563_08565495.jpg
e0164563_08570097.jpg

この後「奥ノ院」まで行きましたが、桜の葉は結構紅葉していましたが、もみじはちょっと色づきかけたところでした。

秋晴れに恵まれた「吉野散歩」、いろいろ楽しめました。

e0164563_08565102.jpg


by y-tukide | 2016-11-02 04:45 | 散歩