日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年最初の住まい手さん宅見学会

128日(土)・29日(日)の両日、お施主様のご厚意により奈良と京都で「住まい手さん宅見学会」を開催させていただきました。

一日目は、奈良市藤原町でお住まいになって3年が経つ「玄関土間に薪ストーブのある家」です。

この3年の間にご主人が家の周りに庭や池をせっせと造られ、建物となじみいい感じに仕上がっています。またストーブの薪は、所有されている山から自分で切り出されたものです。

e0164563_15513122.jpg

この日は快晴で暖かい日和でした。実は3年前の2月に引き渡し前の「完成建物見学会」をさせていただいたのですが、その日は雪が積もる寒い一日でした。

e0164563_15513754.jpg

勾配天井の大きな吹抜けがある広々とした居間には、多くの観葉植物や熱帯魚の水槽が置かれ暮らしを楽しんでおられる様子がうかがえます。

e0164563_15515403.jpg
e0164563_15515906.jpg
e0164563_15520867.jpg

居間と一体となる玄関土間に置かれた薪ストーブ。

寝しなに薪を一本くべるのだそうですが、それで今年の冬、朝の最低室温は19℃だそうです。すごい!

e0164563_15521372.jpg

この日、ご夫婦とボクもお手伝いしてくれました。

そのボクも3年前小学3年生でしたが、今年の春から中学生です。

e0164563_15522699.jpg
e0164563_15522922.jpg

こちらのご主人は元飛行機の技術者です。二人は飛行機が大好き、部屋のあちこちに飛行機模型が置かれています。

e0164563_15523339.jpg

3年前の引き渡し前の見学会時は、ものが置かれていなかったご小屋裏のご主人の趣味の部屋。

さぞかしここにこもり趣味を楽しんでおられることでしょう。

e0164563_15523622.jpg

こちらは同じ小屋裏のボクの部屋、今日のために朝から片付けと掃除をしてくれたそうです。

e0164563_15524065.jpg

私は、午後からは事務所での仕事があるので戻ったのですが、この日は奈良の春を迎える「若草山の山焼き」。

帰り道、現場近くからその若草山を望むことができました。

e0164563_15524405.jpg

翌日は、京都市左京区でお住まいになって2年が経つ「木の温もりを感じる 三宅八幡の家」です。

e0164563_15525072.jpg

玄関先や北側の大屋根には、先週はじめに降った雪がまだ少し残っていました。

この辺りでは30センチほど積もったそうです。

e0164563_15530788.jpg

玄関を入ると下駄箱の上に5才になるボクがお母さんに描いたかわいい絵が飾られていました。

e0164563_15531219.jpg

この建物は、延べ床面積が23坪程と比較的小さな建物なのですが、大きな吹抜けがあり開放的で狭さを感じません。

e0164563_15532411.jpg
e0164563_15532788.jpg

ご主人は、オーストラリアの原住民アボリジニの楽器ディジュリドゥの演奏家でありライブ活動もされています。ディジュリドゥは、ユーカリの木の芯の部分をシロアリが食ってできたものだそうです。この日ちょっと奏でていただいたのですがお客様も私も何とも言えないその音色に魅了されました。

e0164563_15533225.jpg

そのご主人、木工もご趣味でロフトがその趣味の部屋になっています。

e0164563_15533823.jpg

そして作られた鍵置きの作品が玄関に置かれていました。

e0164563_15534605.jpg


by y-tukide | 2017-01-30 16:07 | 見学会・イベント

秋山先生と行く伊勢の旅

私が所属する「協同組合もくよう連」の企画で、先日、お世話になっている建築家の秋山東一さんと仲間たちと一泊二日で伊勢を旅しました。

秋山先生は、伊勢には行ったことが無く、以前から機会があれば行ってみたいといっておられたのですが、今回、先生から設計術を学んでいる「もくよう連」の若手の仲間たちが中心に是非にと企画したものです。

13時に近鉄の宇治山田駅に集合し、まずは伊勢神宮外宮に参拝。

e0164563_08592252.jpg

手水所(ちょうずどころ)で手や口を清めます。

e0164563_08583689.jpg

いくつもある社殿は神明造り、掘立柱に切妻の茅葺屋根、角のような千木(ちぎ)が屋根から伸びます。社殿は大切な米を保存する蔵をモチーフにしているといわれています。

e0164563_08583687.jpg

そして次に向かったのは、外宮と内宮を結ぶ参宮街道沿いにある「古市」に向かいました。

古市は、元遊里があった場所で伊勢神宮を詣でた後の「精進おとし」の場として遊郭などがありました。

そこにある麻吉旅館は、もとは「花月楼 麻吉」という茶屋で、明治時代は県下でも珍しい三層楼の建物で、芸者も常時30人ほど抱える県下第一級の大料理店であったそうです。

現在は旅館ですが、古市で当時の面影を残す唯一の楼閣建築として登録有形文化財に指定されています。

e0164563_08583738.jpg

中心となる建物が斜面に5棟建ち、下の道から最上層まで6層に及んでいます。

e0164563_08583607.jpg

当時の華やかな写真。

e0164563_08583711.jpg

次に向かったには、問屋町の景観が残る「河崎」へ。

河崎は、伊勢湾に流れ込む勢田川の水運を利用し、問屋街として発展し、かつては「伊勢の台所」と言われました。通りには伊勢地方特有の切妻妻入りの商家や土蔵が建ち並びます。

e0164563_08583801.jpg

この街並みを保全し、再生活用しようとNPO法人「伊勢河崎まちづくり衆」が活動されています。その拠点となるのが「伊勢河崎商人館」で、保全を願う方々の粘り強い活動の中、元酒問屋を市が購入し整備されたものです。

e0164563_08583739.jpg

建物内には、京都の裏千家今日庵の茶室を写した八畳広間の茶室があります。

e0164563_08583537.jpg

初日はこれまでとし、今宵の宿へと向かいました。

翌日、ホテルの窓から望む早朝の伊勢湾。

e0164563_09003634.jpg

二日目まずは、伊勢神宮内宮へ。

五十鈴川に架かる宇治橋の前で記念撮影。

e0164563_08592028.jpg

時刻は9時半、日中は参拝者で大賑わいですがさすがにこの時間帯はさほどではありませんでした。

e0164563_08592078.jpg

土産物屋などが建ち並ぶ「おはらい町通り」には、切妻造りの妻入りで外壁にこの地方独特の「張り出し南張り囲い」を呼ばれる板張りの水切りを設けた建物が、江戸時代から続く街並みを形成しています。

e0164563_08592080.jpg

昼食は、鳥羽のカキ養殖の町「浦村」というところにあるカキ小屋で、焼カキ・蒸しカキ食べ放題、カキみそ煮・カキフライ・カキ汁・カキ飯のフルコース3,000円をいただき、カキ料理を堪能しました。

e0164563_08592149.jpg
e0164563_09065781.jpg

昼食の後近くにある、建築家「内藤廣」氏の設計で建築学会賞を取られた「海の博物館」を見学しました。私はこの建物を見るのは2回目です。


e0164563_09072161.jpg

そして最後は二見ケ浦にちょっと寄った後、伊勢市にあるCLTを使った住宅を見学させていただきました。

CLTとは、ひき板を並べた層を板の方向が層ごとに直行するように重ねて接着した大判のパネルです。1995年頃からオーストリアを中心に発展してきた新しい木質構造用材料です。

駆け足でしたが「秋山先生と行く伊勢の旅」、皆満足して帰路につきました。

e0164563_09172349.jpg


by y-tukide | 2017-01-23 11:55 |

2017年 お正月休み―その2―

今年の正月休み、妻と娘そして5歳の孫娘の4人で四国の讃岐(香川)と備中倉敷に行ってきました。

讃岐での二日目、レンタカーを借りてお遍路気分で四国八十八カ所の、第82番札所「根香寺(ねごろじ)」と第81番札所「白峰寺(しらみねじ)」を回った後、瀬戸内の港町である「多度津」の街歩きをしました。

多度津は、古くから瀬戸内の要港で江戸時代に港が整備され、西回りの北前船の基地としてまた金毘羅(こんぴら)参りの玄関港として栄えた町です。また江戸時代には、丸亀藩から分かれた多度津藩1万石として陣屋がおかれた街でもあります。

街には、その面影が残る武家屋敷跡や当時の繁栄を思わせる街並みが点在しています。

旧多度津藩の武家屋敷跡。

e0164563_09160240.jpg

なかでも港から伸びる「本通り」通称こんぴら街道沿いには、当時の繁栄がうかがえる本瓦葺の商家やナマコ壁の蔵などが多く残っています。

e0164563_09165889.jpg
e0164563_09165460.jpg

本通りを歩いていて通りから小高い丘の上に見えた中国風の建物は、総本山少林寺です。

多度津が少林寺拳法の発祥の地だそうです。

e0164563_09170115.jpg

裏通りにあった傷みがはげしい本瓦葺の長屋。

e0164563_09170471.jpg

港の方に向かっていくと本通りの商家の街並みとは異風な街並み現れます。どうもこのあたりには当時、遊里であったようです。

e0164563_09170654.jpg
e0164563_09171302.jpg
e0164563_09171179.jpg

当時は、さぞかしにぎわったことでしょうが、時代の流れの中で取り残されたようなたたずまいで静かすぎます。

そして朽ち果てたこんな建物も。

e0164563_09170841.jpg

屋号が「岡山屋」というこの建物の出格子の柱には、刀傷があります。

幕末、商家の繁栄に反感をもった武士が切りつけた跡だそうです。

e0164563_09171507.jpg

もう少しこの街を散策したかったのですが駆け足で回った多度津の街を後に駅へと向かい、最後の目的地である備中倉敷へと向かいました。

倉敷で宿をとり、早朝、倉敷の美観地区を散歩しました。

e0164563_09172705.jpg

倉敷の美観地区一帯は、江戸時代幕府の直轄領として栄えた商業の街です。明治時代には、繊維産業で膨大な富を手にした商人たちの広大な屋敷が残り、歴史的建造物群保存地区に指定されています。

昼間は、岡山の有名観光地として観光客であふれます。

さすがに早朝は、観光客もなく情緒ある街並みが楽しめます。

e0164563_09201855.jpg


倉敷川沿いには、倉敷の代名詞である白壁の蔵が建ち並びます。

e0164563_09171738.jpg
e0164563_09172401.jpg
e0164563_09172647.jpg

宿で朝食を済ませ、まずは大原美術館へ。

e0164563_09172952.jpg

そしてアイビースクエアへ。

アイビースクエアは、江戸幕府の代官所跡地に明治22年に建設された倉敷紡績の創業時の旧工場を昭和49年に改修し、ホテルやレストラン・多目的ホール等を配する観光施設として再生された建物です。

私は、20代前半にここを見学に訪れた思い出の建物で、今回40年程ぶりに倉敷に来たことになります。

e0164563_09173167.jpg

昼間、倉敷の町は観光客で大変にぎわっていました。

瀬戸の海を挟んで位置する多度津と倉敷の二つの町、同じように江戸時代栄えた町を今回散策し、現在これほどまでに違うのに、複雑な気持ちを感じながら倉敷の町を後にしました。

e0164563_09173356.jpg


by y-tukide | 2017-01-16 09:37 | お正月

2017年 お正月休み―その1―


今年の正月休み、妻と娘そして孫娘の4人で四国の讃岐(香川)と備中倉敷に行ってきました。
讃岐へは、正月の初詣をかねてお遍路気分で四国八十八カ所の内、讃岐のいくつかの寺を回るのが目的です。
朝一番、京都駅から新幹線に乗りまずは岡山駅へ、そこから在来線に乗り換え瀬戸大橋を渡り讃岐へと向かいました。私を含め皆、電車で瀬戸大橋を渡るのは初めてです。
e0164563_1045396.jpg


そして着いたのが土讃線の善通寺駅。ここからまずは四国霊場第75番「善通寺」へと歩いて向かいました。
善通寺は、弘法大師空海の生誕の地であり真言宗善通寺派総本山です。弘法大師が亡くなられた和歌山の高野山と京都の東寺と共に弘法大師三大霊場に数えられています。
この日は晴天、暖かい正月です。
e0164563_10453776.jpg


5歳の孫娘がお遍路さん気分で記念撮影。
e0164563_11205718.jpg



初詣の参拝客で大変なにぎわいでした。
e0164563_10453374.jpg


広大な敷地の境内は、南大門・五重塔・金堂などがある「東院」と弘法大師が誕生された佐伯家の邸宅跡に建てられた御影堂などがある「西院」に分かれています。
その西院から駐車場へと向かう川に架かる「済世橋」。
e0164563_1045318.jpg


時刻は昼、讃岐に来て食べるものと言えば「うどん」。
善通寺から歩いて15分ほどのところにあった小さな店で行列して讃岐うどんをいただきました。
e0164563_10554318.jpg



うどんで腹ごしらえをした後、街を散策しました。
善通寺は、明治に陸軍第十一師団の本拠地だったところです。現在も陸上自衛隊の基地がありその敷地内には、当時のレンガ造りの元兵舎や兵器庫であった建物が現存しています。
e0164563_10452886.jpg


翌日はレンタカーを借りて「にわかお遍路」で霊場めぐりをしました。
最初は、青峰山の山中にある第82番札所「根香寺(ねごろじ)」に向かいました。
この寺は、弘法大師が金剛界曼荼羅の五智如来を感じられ、密教修行の地として山岳寺院「花蔵院」を建立されたのが始まりだそうです。
大きなわらじが掛けられた仁王門の先に長い階段が一直線に続きます。
e0164563_10451660.jpg


階段の途中に、日本古来の山岳信仰に仏教の密教が取り入れられた修験道の開祖と言われている役行者(えんのぎょうじゃ)の像が石垣にありました。
e0164563_10451357.jpg


急な階段を登り切り、ご本尊の千手観音が祀られた本堂に向かうコの字型の薄暗い回廊には、全国の信者が奉納した約三万三千体の小さな弥勒象が並んでいます。
e0164563_1045323.jpg


この寺には「牛鬼」伝説があります。
今から四百年くらい昔、この辺りに「牛鬼」と呼ばれる怪獣が住んでいて、人々を大変困らせていました。そこでこの地を治めていた殿様は、山田蔵人高清という弓の名人に牛鬼の退治を命じました。高清は根香寺の本尊である千手観音にお願いして、そのおかげで牛鬼を見つけ出し、見事に退治したそうです。そしてその怪獣の角を根香寺に奉納し、その菩提をとむらったと伝えられています。
その牛鬼の像。
e0164563_10454175.jpg


そして次に向かったのは、第81番札所「白峰寺(しらみねじ)」です。
中央の門の両脇に二棟の段違いの塀をもつ目面しい門の奥には、屋台が数軒並びその奥に護摩堂があります。
e0164563_10454321.jpg


白峰寺は、寺伝によれば、弘法大師が815年にこの地に訪れ、衆生救済を請願され、その後智証大師が白峰大権現の神託を受けて千手観音菩薩を霊木に刻み安置したとされています。
また讃岐に流刑された崇徳天皇の陵墓がある崇徳天皇ゆかりの寺です。
e0164563_10455139.jpg


ろうそくには、願い事が記されています。
e0164563_1223023.jpg



気楽な気持ちでめぐった讃岐の三カ寺でした。
今は到底無理ですが、いつか四国霊場八十八カ所を歩いてめぐりたいものです。
e0164563_10455352.jpg

by y-tukide | 2017-01-10 10:55 | お正月

2017年 我社の年賀状

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年最初のブログは、2017年の我社の年賀状です。

昨年の6月に、奈良の榛原の「萩原宿」から「名張」まで初瀬街道を歩いた時に萩原宿で撮ったワンカットです。

「萩原宿」は、大和の桜井からの初瀬街道と伊勢本街道の分岐点に位置する宿場です。大和と伊勢を結ぶ交通の要衝として江戸期「伊勢詣で」の参宮客でにぎわいました。今でもその面影が色濃く残っています。
e0164563_1024674.jpg


5日が仕事はじめです。今年も昨年同様忙しい年になりそうでが、時間を見つけカメラをぶら下げ、
好きな古い街や街道歩きをしたいと思います。

2017年正月 備中倉敷にて
e0164563_1153750.jpg

by y-tukide | 2017-01-05 12:08 | 我が社の年賀状