日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

歴史をつなぐ 古民家再生見学会 ―100年前に枚方に移築された京町家再生―

昨年10月に母家が完成し、この度、蔵・納屋を含む外構工事が完成しましたので改め、1028日・29日の両日に見学会を開催させていただきました。

台風22号の接近により両日とも雨でしたが、足元が悪いにも関わらず多くの皆様のご参加をいただきスタッフ一同大変感謝しています。

e0164563_11091182.png

この建物は、淀川左岸を京都から淀を経て大阪の京橋へと続く京街道の「枚方宿」の東に建ちます。その枚方宿で商いをされていたご先祖が、ある時期京都に移り住まれ、その後100年程前に、京都の町家を移築し家ごとこの地に戻ってこられたという歴史のある建物です。

そして100年後の今、後世に残していきたいというご当主の思いから、再生工事をさせていただきました。力強い丸太梁がかけられた「通り庭」の「火袋」や梁を表しにした「大和天井」など、京町家の特徴を生かしながら、耐震補強や住みやすさも考え伝統工法で再生しました。

歳月を積み重ねなければつくり出せない味わいや、先人の知恵、技もかいまみることができます。

完成写真

現在この建物は、古民家がもつ魅力を活かし地域に開かれた施設として活用したいとのご当主思いから、カルチャー教室・ミニコンサート・セミナー・展示会などが催されています。

そしてその一つとして「嵯峨御流」中西千里甫先生のいけばな教室が月に2回開かれているのですが、今回の見学会のためにお施主様のお声掛けで中西先生が花をいけてくださいました。

e0164563_11092632.png

「玄関の間」の床の間。

e0164563_11091395.png
e0164563_11091359.png

1階の「置き床」がある座敷。

e0164563_11091392.png

嵯峨御流のいけばな様式の「生花(せいか)」。

弓張りの姿に中に天・地・人の三枝が当てはめられているそうです。

e0164563_11091156.png

水盤に花留を用いて花を盛りいける「盛花」。

e0164563_11091203.png

1階のリビング。

e0164563_11092479.png

2階座敷。

花がいけられ掛け軸がかかると床の間の風格が一段と引き立ちます。

e0164563_11092463.png
e0164563_11092413.png
e0164563_11092582.png

いつの時代のものか漆塗の行燈(あんどん)。

e0164563_11092587.png

蔵の前にも。

e0164563_11092376.png

花がいけられ華やぎ、この建物がより一層活かされた見学会となりました。

改めてお施主様に感謝申し上げます。

e0164563_11092532.png


by y-tukide | 2017-10-30 11:43 | 見学会・イベント

琵琶湖の「沖島」散歩

私は、近江が好きでこれまでに琵琶湖の湖東、湖西、湖北、湖南地域の町や村、街道を巡っています。その中で以前から気になっていた近江八幡の琵琶湖の沖合に浮かぶ「沖島(おきしま/おきのしま)」には行ったことが無く、10月のはじめの休日に行ってみることにしました。

沖島は琵琶湖最大の島で唯一人が住む島です。

e0164563_10111823.jpg

沖島へは近江八幡の「堀切港」からほぼ12時間ごとに舟が出ています。日曜日自宅を早く出て朝一番815発の舟に乗ることにしました。

堀切港は小さな港、港には島民の足となる舟が停められています。港の駐車場は島民専用で島外の駐車は禁止、狭い駐車場には車がびっしり詰まっています。

e0164563_10111405.jpg

小さな待合所に張られた沖島小学校PTA広報部と記された「ありがとう新聞」。

記事には、遠泳大会! 西に湖のよしでよし船を作ろう! 沖島夏祭り!のイベント記事が掲載されていました。島民、先生、学生ボランティアらが協力して盛り上げたほのぼのしく楽しそうなイベント記事です。

e0164563_10111542.jpg

舟が島から向かってきました。

乗客は、釣り人、観光客、家族連れ、何の目的で渡るのであろう若い女性、結構多くの人が乗り込みます。

e0164563_10111545.jpg

目の前に見える沖島には10分ほどで着くのですが、舟に乗るとなぜか遠くの別の世界に行くような気になるのが不思議です。

e0164563_10111574.jpg

沖島漁港に到着。

漁港は、生活の糧としての漁のため、また日常生活の足のための舟でいっぱいです。

e0164563_10111606.jpg

島には車が無く、もちろん信号も無く、移動手段はもっぱら自転車です。

お年寄りは、荷物が積め安全な三輪自転車。

e0164563_10111627.jpg
e0164563_10111645.jpg

島の湖岸近くまで山がせまり、残された狭い平地に家々が密集して建ちます。

南側の湖岸沿いのちょっと広めの道から一歩湖岸を離れると路地が続きます。

e0164563_10113028.jpg

多くの家が路地に向いて玄関があり、生活のにおいがこれでもかというほどプンプン漂います。

e0164563_10111717.jpg

路地の幅は狭く自転車がすれ違うのが精いっぱいです。

e0164563_10112934.jpg

路地に建つ土蔵。

腰壁には、「舟板」が張られていました。舟板は廃船になった木造舟の板を再利用したもので、近江では琵琶湖に近い地域でよく見かけます。

e0164563_10113062.jpg

路地を通して見える山は「長命寺」がある長命寺山か?

e0164563_10111756.jpg

島の唯一の学校、木造建築の沖島小学校。

堀切港に張られていた「ありがとう新聞」には、児童数は19名と書かれていました。

現在、島を離れた人達のお子さんも島外から何人か通っているそうです。

e0164563_10112703.jpg

そしてこの日、沖島小学校のグランドでは運動会が行われていました。

この運動会は、子供たちはもとよりPTA、消防団、老人会などの団体も参加する島民全体の運動会のようです。

e0164563_10112745.jpg

ここで舟に一緒だった若い女性を見かけてのですが、子供たちが○○先生!と呼びかけ取り囲んでいました。多分以前この小学校に赴任していた先生が、この運動会のために島に帰ってきたのです。

この先生以外にも島を離れた元島民が島の秋の大イベントに参加しいていると思われ、島の人達の島を思う気持ちと結びつきを感じました。

地域の結びつきはこうでなければと改めて考えさせられました。

e0164563_10112993.jpg

3時間ほど島を散歩し、漁港で島のお母さんが作ったエビ豆、ゴリ、本モロコの佃煮を酒のあてにと土産にしました。

エビ豆は私の好物なのですが、ここのエビ豆は豆よりもエビの方が多いのには驚きました。さすが漁師の島です。

e0164563_10113079.jpg

また一つ近江のええとこ見つけました。

e0164563_10113184.jpg


by y-tukide | 2017-10-23 09:00 | 散歩

光雲寺「看月亭」再生工事

「看月亭」は、南禅寺の境外塔頭である光雲寺の境内に建つ数寄屋造りの庵です。

築年数は不詳なのですが、今年の6月から伝統工法で改修させていただきました。

そしてこの度、京都らしいこだわりの宿を多数展開されている「(株)葵ホテル&リゾート」さんが、運営される新たな滞在型の宿「看月亭」として生まれ変わりました。

先週のブログで、竣工を祝って模様された「月看の宴」を紹介させていただきましたが、今回は、完成写真を一部紹介させていただきます。

e0164563_11093244.png

看月亭は、七代目小川治兵衛の作庭による東山を借景にした池泉回遊式庭園の中にたたずみます。

e0164563_11104456.png

岩間から池に流れ込む水は、「哲学の道」の側を流れる琵琶湖疏水の水が取り入れられています。

e0164563_14304086.png

庭も今回、手を入れられ庭にとけこむ一層素晴らしい宿となりました。

e0164563_11171707.png

今回の改修の方針として、すべてを新しくするのではなく、現状建物のたたずまい、永い時間が経たなければ生まれない建物の風合いをできるだけ活かしながら、快適な「宿」としての機能を満たすこと、そして何よりも庭との一体感を損ねないように心がけました。

泊まり客が集いくつろぐ八畳の書院造りの座敷からの眺め。

e0164563_11171831.png

書院には「火灯窓」があります。

e0164563_11171816.png

床脇に「地袋」があったのですが、そこにエアコンを仕込み前に格子を入れました。

また畳の下には床暖房が設置されています。外国人客は寒さをとても嫌がるそうです。

e0164563_11171822.png

座敷の隣にある「三畳台目」の茶室。

e0164563_11171764.png

座敷と茶室の前にある庭へとつながる敷き瓦風の土間。

以前は土間に半間幅の腰板付ガラス戸が14枚はめられていたのですが、今回は大きなガラス戸中心に7枚にし、庭との繋がりを大切にしました。

e0164563_11171775.png

北山杉の「海布丸太」、「木舞」、「女竹」で組み、「くろべ」の天井板を張った土間の天井と軒、今回その軒先が銅板屋根から水が回り朽ちていたのですが、今回担当した大工の青山棟梁が朽ちた軒先だけを切り取りうまく継ぎ納めてくれました。

e0164563_11171880.png

既存の磨き丸太を活かしながら新たに床の間を設けた寝室。

e0164563_11171617.png

一棟借し滞在型の宿などでキッチンを設けています。

この場所は茶室の「水屋」があった所です。

e0164563_11181110.png

既存の「竿ぶち天井」やガラス戸を活かした洗面・脱衣室。

e0164563_11181099.png

床と腰は御影石張り、壁・天井は水に強い吉野桧の赤身で仕上げました。

e0164563_11181051.png

入り口が赤杉の「縦舞良戸」のトイレ。

以前のトイレは便器が大・小に分かれていたので間仕切りの小壁がありそれを撤去したことで土壁の下地の「貫穴」、親竹の「エツリ」跡が柱に残ります。そこでその個所を「ゴマ竹」をあてて隠し、また鴨居の穴は「埋め木」をし、あえて新しい柱に取り替えませんでした。

改修の後が残ることでこの建物の歴史を感じてもらえたらいいとの思いからです。

e0164563_14310343.png

トイレの外に設けた手洗いは、オーナーさん支給で清水焼きの清水六兵衛作陶の高価な焼き物を使わせていただきました。

壁には、水はねで塗り壁が傷まないように漆を塗った「美濃和紙」を貼っています。

e0164563_11180921.png

2階の小屋裏部屋。

小屋梁を表しにし、壁・天井は漆喰で仕上げています。

天井の低いことで落ち着き、またここからの眺めが実にいいです。

e0164563_11171680.png

ここにも遮光用の襖を仕込んでいます。

e0164563_11171750.png

葵ホテル&リゾートのオーナーさんは、骨とう品や陶器などがお好きで多くの逸品を収集され所有されています。そしてこの部屋にも収集品の中から惜しげもなく李朝の家具が飾られています。

e0164563_11182455.png
e0164563_11180974.png

既存の船底天井、建具、下地窓などを活かした玄関。

e0164563_11180870.png

「看月亭」は、11月からオープンします。6名様まで宿泊可能です。

京都にお越しのおりは是非一度お泊りになってください。

ご満足いただけるここと思います。

e0164563_11182431.png


by y-tukide | 2017-10-16 14:42 | 仕事色々

光雲寺「看月亭」完成お披露目会

今年の6月から、南禅寺の境外塔頭である光雲寺の境内にある数寄屋建築「看月亭」の改修工事をさせていただいていたのですが、9月の中に無事竣工しました。

この建物は、七代目小川治平の作庭による東山を借景にした庭の中にたたずみます。

e0164563_11482900.jpg
e0164563_11482516.jpg



そしてこの度、「京都という町を体験してほしい」という思いで、ホテルと京町家をこだわりの宿として多数展開されている「(株)葵ホテル&リゾート」さんが、運営される新たな滞在型の宿「看月亭」として生まれ変わりました。

e0164563_11482557.jpg

そして中秋の名月、お披露目会ということで、光雲寺のご住職をはじめ我々工事関係者並びにその他の関係者の方々をお招きいただき、看月亭の名にふさわしい「月看の宴」が開かれました。

e0164563_11482563.jpg
e0164563_11482687.jpg


用意していただいたもてなしの料理は、京都の一流の料理人さんの手によるお月見に合わせた京料理。

素材がよく、味だけでなく見た目や雰囲気も含めて愉しませてくれる洗練された料理です。

e0164563_11482681.jpg
e0164563_11482735.jpg

そして極め付きは炭火で焼く「焼き松茸」。

盃を片手に焼きたての松茸に岩塩をちょっとのせで食べる、これが実にうまい。

e0164563_11482760.jpg

料理も最高ですが、ライトアップされた幻想的な庭も宴を盛り上げます。

e0164563_11482861.jpg
e0164563_11482870.jpg

「看月亭」の小屋裏部屋からの眺め。

葵ホテルのオーナーさんはこの部屋がお気に入りです。

e0164563_11484056.jpg


そして「名月」。

皆さんの日頃の精進がいいのか拝むことができました。

e0164563_11483811.jpg
e0164563_11483934.jpg


宴もたけなわ、デザートは月見団子とマンゴー。

栗の入った月見団子もおいしかったですが、この日いただいたマンゴー、これまでに食べたマンゴーはいったいなんだったかの思わせる味でした。

e0164563_11483954.jpg


この日は、五感を堪能させていただいたお披露目会でした。

ごちそうさまでした。

近々、完成写真を掲載しますのでまたご覧になってください。

e0164563_11484054.jpg



by y-tukide | 2017-10-06 17:52

篠山街道 福住から篠山を行く

9月のはじめ、京都の亀岡から丹波篠山の福住まで「篠山街道」を歩いたのですが、

今回は福住まで車で行き、そこから篠山城の城下町である篠山へと街道を歩くことにしました。

e0164563_15280178.jpg

篠山市の福住地区は、篠山盆地の東端に位置し、街道沿いに東から「西野々」「安口(はだかす)」「川原」「福住(ふくすみ)」の四つの集落からなります。

近世、「福住」は宿場町として栄え商家建築が街並みを形成し、「西野々」「安口」「川原」には、街道沿いに農家建築が並び独特の街並みを形成しています。

この福住地区は、5年前の平成2412月に伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)に指定されました。

街道沿いに、茅葺を鉄板で覆った家、瓦葺で「つし2階」の入母屋造りの家が連続し、

玄関が建物の棟に直行した妻側に設けられた「妻入り」の農家建築が並ぶ「安口(はだかす)」の集落。

e0164563_15275930.jpg

街道沿いに建つ広い間口の妻入りの茅葺農家。

e0164563_15275957.jpg

この辺りには、篠山の特産品「丹波篠山黒豆」の畑が広がります。

e0164563_15280074.jpg

住吉神社を越えたあたりから街道は福住の集落に入ります。

各地の一般的な街道筋の宿場の町家は、建物の棟と並行した側面に玄関がある「平入り」の建物が多いですが、ここでは一部「平入り」の町家もありますが、「妻入り」商家建築が連続して並ぶ街並みを形成しています。

e0164563_15280093.jpg

格子を施した平入りのこの町家は、改修されイタリア料理店として活用されています。

e0164563_15280022.jpg

福住の集落の外れ、篠山に向かう372号線と大阪の能勢町に向かう173号線の交差するあたりに根回り13.7m樹齢700800年と推定される「安田の大杉」が悠然と立っています。

e0164563_15280164.jpg

街道は、「安田の大杉」から173号線を一時走り、「小野」の集落から折れ旧道を行きます。

e0164563_15281540.jpg

さわやかな秋晴れの中、のどかな田園風景の中を歩くのはとても気持ちがいいです。

e0164563_15281355.jpg

この時期、街道筋の家々のまわりにはコスモスが、あぜ道には真っ赤な彼岸花が咲き、目を楽しましてくれます。

e0164563_15281386.jpg
e0164563_15280204.jpg

杉の巨木が立ち並ぶ参道にある波々伯部(ほうかべ)神社。

京都の祇園社(八坂神社)から勧請したと伝承され「丹波の祇園さん」と呼ばれ、毎年8月に例祭(祇園祭)が行われるそうです。

e0164563_15280233.jpg

この辺りの街道筋の家々の玄関先には、鯛の絵が張られています。これは何かと地元の人に聞いてみると祭りの際、この絵を神社からいただき玄関に張ることで厄払いになるとのことでした。

e0164563_15280289.jpg

土塀に囲まれた立派な茅葺の民家。

篠山街道を歩いていて、立派な古民家が多く残っているのにはうれしい限りです。

e0164563_15281449.jpg

この建物は、「重兵衛茶屋」。

江戸時代、大名の参勤交代の時や一般の旅人の休泊所として利用された茶屋で、
篠山市の文化財に指定されています。

e0164563_15281452.jpg

ようやく篠山城跡に着きました。

城の堀のまわりに今も残る武家屋敷跡。

e0164563_15281583.jpg

篠山街道を亀岡から篠山まで二日をかけて歩いた「街道を行く」。

丹波の自然とのどかな農村風景、そして街道筋に今も残されたこの地域特有の貴重な建物。

17年前にこの街道を車で走り、その時見過ごしたものが今回歩いて見ること、知ることができた街道歩きでした。

とりわけ天引集落での住民による「天引区の活性化と未来を考える会」の取り組み。そして福住地区での街道沿いの東西3.260m、東西460mの広範囲での伝建地区指定を望んだ地元住民の地域に対する思いと誇りには感服しました。

e0164563_15281354.jpg


by y-tukide | 2017-10-02 08:08 | 街道を行く