日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

忍阪の古民家再生

この建物は、奈良桜井市忍阪(おっさか)という所に建つ築64年の伝統工法の古民家で、玄関・「通りにわ」から西側の間取りが、「田の字型」四間取りの大和地方の典型的な農家建築です。

これらの建物の特徴は、日当たりのいい南側の家で一番いい場所に主に客人用の「座敷」と「次の間」があり、家人は北側の暗くて寒い場所に「寝間」と「居間・台所」がある造りです。また風呂や便所も外にあるのも特徴の一つです。

今回の改修の目的は、座敷や次の間の位置はそのままで、家人が集う居間や食堂を日当たりのいい東側・南側に配し、洗面・風呂・便所も母屋内に設け、断熱性能を高め、快適で使いやすい間取りにすることです。

また筋違などを使わない伝統工法で耐震性能の向上も目的の一つです。

e0164563_11154314.jpg

ササラ表しの「大和天井」だった玄関を上品な玄関にしてほしいとの奥さんのご要望で、天井は杉の幅広の目透し天井とし、正面の収納部に「京唐紙」張りの襖を設けました。

e0164563_11154321.png
e0164563_11154365.jpg

建築当初「おくどさん」があった土間は、天井高をとるために「煙返し」の梁を上げて新たに床を張り、天井は一部吹き抜けにし、東側に新たに大開口と庭、ウッドデッキを設けました。

e0164563_11155552.jpg
e0164563_11155356.jpg
e0164563_11155433.jpg

玄関から座敷へとつながる「次の間」。

天井は、現状の「大和天井」。鴨居は、構造的に重要な松の「差し鴨居」が回っています。

e0164563_11154497.jpg

このような建物の座敷にエアコンを設置する場合、内機を目立たなくつけるのが難しいのですが、今回は「脇床」の天袋・違い棚をとりそこに仏壇を置き、その横に地袋を設け格子の中に床置き式のエアコンを設置しました。

e0164563_11154151.jpg

座敷と次の間の南側にある縁側。

既存の建具はそのまま利用、断熱を施し床の板張りを畳敷きに変えました。

e0164563_11154428.png

座敷に隣接する「ねま=寝室」。

畳だった床を板張りにし、既存の襖を利用して収納家具を新設し、もと押入れだった位置に「つし2階」への階段をつけ、その下にご主人の書斎コーナーを設けました。

また耐震性能を高めるために新たに地松の「差し鴨居」入れました。

e0164563_11154241.jpg

「ねま」の北側の「離れ」につながる廊下兼縁側。

裏の斜面の緑がきれいです。

e0164563_11154233.jpg

以前、日があたらない北側の居間だったところに洗面・風呂・トイレを設けました。

e0164563_11154194.png
e0164563_11154506.jpg

居間の東側の新しい庭は、以前風呂場があった棟を減築し造ったものです。

e0164563_11155569.png

このお宅のすぐ近くには、八角形をした我が国最初の「八角墳」である飛鳥時代の「舒明(じょめい)天皇」の御陵があります。

e0164563_11205116.jpg

また、神武天皇東征とき東の大宇陀から半坂峠を越え通ったといわれる「忍坂街道」が走っています。

e0164563_11155680.png

日本書紀にも地名が記された歴史ある、秋雨の忍阪集落。

e0164563_11203084.jpg

by y-tukide | 2017-11-27 11:55 | 仕事色々

光雲寺看月亭 秋の夜

今年の9月に竣工 し、11月から京都らしいこだわりの宿を多数展開されている「(株)葵ホテル&リゾート」さんが、運営されている滞在型の宿「看月亭」。

今回、ライトアップされた秋の夜の風景を撮ってみました。

e0164563_14370628.jpg
e0164563_16440394.png

e0164563_14370456.jpg
e0164563_14370478.jpg
e0164563_15152712.jpg
e0164563_14370402.jpg
e0164563_14370529.jpg
e0164563_14370659.jpg
e0164563_14370719.jpg
e0164563_14370707.jpg

夜の写真は難しい.
いい勉強になりました。

e0164563_14370886.jpg


by y-tukide | 2017-11-21 14:55

室生古道を行く 2017年秋

私には3人の孫がいます。一番歳上の今年中学に入学した孫は、休日も部活や塾に追われ兄弟そろって我家に遊びに来ることが難しくなったのですが、11月の連休にうまく休みがとれ久しぶりに我が家に遊びに来ました。

翌日、「室生古道」を歩き「室生寺」に行こうという事になり、妻と3人の孫と5人連れで近鉄電車に乗り榛原駅へと向かいました。

榛原駅からタクシーに乗り「伊勢本街道」の高井宿へ。

ここからから仏隆寺(ぶつりゅうじ)→唐戸峠→西光寺→室生寺のコースです。

e0164563_15133721.png



高井宿から伊勢本街道を進むと間もなく仏隆寺に向かう道と伊勢本街道が分岐します。

ここであえて遠回りになるのですがもう少し伊勢本街道を進み、途中から折れ仏隆寺に行くことにしました。

分岐点あたりで見かけた花畑。

e0164563_11411868.jpg

分岐点からは、杉・桧の木立の中を急坂が続きます。

孫達は、道端で適当な枝を拾い杖にして坂道を登ります。

e0164563_11411945.jpg


坂を登り切ったあたりに石垣からしめ縄をまいた大木が道を覆います。

e0164563_15133577.jpg



この民家は依然「松本屋」という伊勢本街道沿いの旅籠でした。

e0164563_11412048.jpg

松本家住宅を過ぎ枯葉を踏みしめながら山道を進むと数本の杉が株元で癒着し、16本の杉が一株になった巨木「高井の千本杉」が現れます。

根元からは水が湧き、旅人の喉をいやしてくれます。

e0164563_15133591.jpg

かつて千本杉あたりには、旅籠や茶店があったそうで、その一つが「大野屋」という屋号の「津越家住宅」。母屋が「大和棟」の立派な民家です。

e0164563_11412159.jpg

この辺りから高原の田園風景が広がります。

孫たちは、歌を歌ったりふざけたりしながら道を行きます。

e0164563_15133583.jpg

この辺りは「赤埴」というところ。ここには宝形造りの小さな御堂に「千体仏」が祀られています。由来は16世紀前半にさかのぼるそうで、子育ての仏さんとして信仰されています。

お堂内には色花が飾られこの地域の人々の信仰の深さが感じられます。

e0164563_11412233.jpg

山あいの道をさらに進み急坂を登りきると、ちょっとかすんだ空気の中に茅葺の民家が現れ、日本の原風景を見ることができます。

e0164563_11411796.jpg

回り道をして「仏隆寺(ぶつりゅうじ)」に到着。

参道登り口にある茅葺の地蔵堂で休憩。

e0164563_15133645.jpg

この小さな山寺の山門に一直線にのぼる石段の中ほどに、樹齢900年という奈良県下最古最大の桜の木があります。

e0164563_11413839.jpg

これは昨年の4月に妻と室生古道を歩いた時の写真。

このときは桜見の人達でにぎわっていましたがこの日は我々のみ。

e0164563_11414540.jpg

仏降寺の本堂の前になぜか百数十年生であろう杉の大木が伐採され置かれていました。

e0164563_11413900.jpg

ここから唐戸峠へと登りが続きます。

e0164563_15133635.jpg

杉林の山肌に伐採された杉が無残な姿で転がっています。10月の21号台風の大雨で流れ出たものと思われます。これら間伐材の活用を真剣に取り組まなければ、山が荒れ流木となって大きな災害にもつながるのです。

e0164563_11413519.jpg

ようやく唐戸峠に到着。

ここで妻が作ってくれたおにぎり弁当を食べることにしました。

e0164563_15133767.png

ここからは室生寺までは下りの道です。

道中の紅葉は色づき始めでしたが、ススキは陽光を受け銀色に輝き、風は冷たく秋の深まりを肌で感じました。

e0164563_11413657.jpg

ひたすら長い坂道を下り、道をふさぐ害獣防止のゲートをくぐり、「腰折れ地蔵」を過ぎるとようやく里に出て「西光寺」が現れます。

e0164563_11413670.jpg

西光寺の樹齢400年といわれるしだれ桜。

昨年、妻と二人で同じ道を歩き見たこの桜は見事でした。

e0164563_11464505.jpg

そして眼下に室生の里が広がり、谷の底に室生寺が望めました。

時刻は2時、高井宿を出発したのが9時過ぎ、ここまで5時間程かかった11kmほどの古道歩き。

孫たちは途中、目面しいものを見つけたら観察し、枝の杖を振り回しふざけ遊びながらの道中でした。

私の趣味の「街道歩を行く」、さて次回孫たちはついてくるかどうか?

e0164563_11413791.jpg


by y-tukide | 2017-11-13 15:37 | 街道を行く

みんなのき三室戸こども園・Hana花保育園運動会 2017年秋

私の孫娘がお世話になっている、宇治の「みんなのき三室戸こども園」の運動会が今年も秋空の元、府立運動公園「太陽が丘」で開催されました。

孫娘は、0歳から6年間お世話になり来年は卒園し小学1年生。

今回が、こども園での最後の運動会となります。
「みんなのき三室戸こども園・Hana花保育園運動会」は、毎回タイトルがありその物語の中でそれぞれの演技は行われる、実にユニークで子供も保護者も先生方も皆が参加し楽しむ運動会です。

今年のタイトルは「みんなからふるれいんぼう」です。

子供たちは、春から夏、秋にかけて様々な水遊びを通して、虹を生み育ててきました。水遊びが大好きな子供たちが「Rain坊」=「雨粒っ子」なのです。

命の源である「水」をテーマに、それぞれの子供達の「主体性」「協調性」「独自性」=「子供カラー」、その色とりどりの「子供カラー」の「Rain坊」たちの物語が太陽が丘に広がります。

4歳児の手による入退場門の飾りつけ。

e0164563_10213902.jpg

毎回、テーマソングや演技ごとに流れるBGMは、園長先生や担任の先生が作られるまさに手作りの創造性豊かな運動会です。

園長先生が作詞作曲し自らが歌われている「みんなからふるれいんぼう」のBGMが流れる中オープニングです。

34歳児はかけっこして入場。

e0164563_10220090.jpg

5歳児は竹馬で入場。

e0164563_10281576.jpg

今年の園長先生は、こんな格好でごあいさつ。

太陽のようです。

e0164563_10224981.jpg

開会式の後は体操です。

体操というより「みんなからふるれいんぼう」のテーマソングにのってのダンスです。

孫娘も楽しそうに友達と踊っていました。

e0164563_10230389.jpg

全員での体操の後、最初のプログラムは345歳児のかけっこです。

神輿をかついでスタート地点に行きそこからはだしで走り出します。

まるでお祭りです。

e0164563_10231439.jpg

孫娘も真剣に走っていました。

e0164563_10232337.jpg

テーマソングの歌詞「みんなからふるれいんぼう」とそれぞれの園児の足形が印刷された赤・青・黄色のカラフルなTシャツ。

e0164563_10233333.jpg

これも毎年恒例、5歳児の自転車演技。

子供たちみんなが自転車に乗れるようになるのに努力したことでしょう。

e0164563_10234435.jpg

グランド内のネットには、今回の運動会のテーマを題材にした園児たちの布に書いた絵が掛けられています。

e0164563_10235541.jpg

2歳児の親子競技。

運動会というより学芸会。先生方もこの日のための衣装を準備するのは大変だったと思います。

e0164563_10240627.jpg

345歳児合同の綱引き。力を合わせてよいしょ!

e0164563_10241603.jpg

5歳児の冒険競技。

Rain坊」たちが縄跳びをしながらスタートし、数々の苦難を乗り切りゴールを目指します。

e0164563_10244054.jpg
e0164563_10244872.jpg
e0164563_10245600.jpg

園長先生の大太鼓のリズムに合わせ子供たちがバチで竹を打ち、リズミカルな音色を奏でます。

この演技も運動会というより学芸会、子供たちも楽しそうに演奏していました。

e0164563_10250697.jpg

恒例の六百数十mのマラソン、全員頑張り完走しました。

e0164563_10251846.jpg

そして子供達、保護者、先生方全員でのエンディング。

孫娘もいっぱい楽しんだ園生活最後の運動会でした。

e0164563_10252751.jpg


by y-tukide | 2017-11-06 11:02