日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

光雲寺「看月亭」再生工事

「看月亭」は、南禅寺の境外塔頭である光雲寺の境内に建つ数寄屋造りの庵です。

築年数は不詳なのですが、今年の6月から伝統工法で改修させていただきました。

そしてこの度、京都らしいこだわりの宿を多数展開されている「(株)葵ホテル&リゾート」さんが、運営される新たな滞在型の宿「看月亭」として生まれ変わりました。

先週のブログで、竣工を祝って模様された「月看の宴」を紹介させていただきましたが、今回は、完成写真を一部紹介させていただきます。

e0164563_11093244.png

看月亭は、七代目小川治兵衛の作庭による東山を借景にした池泉回遊式庭園の中にたたずみます。

e0164563_11104456.png

岩間から池に流れ込む水は、「哲学の道」の側を流れる琵琶湖疏水の水が取り入れられています。

e0164563_14304086.png

庭も今回、手を入れられ庭にとけこむ一層素晴らしい宿となりました。

e0164563_11171707.png

今回の改修の方針として、すべてを新しくするのではなく、現状建物のたたずまい、永い時間が経たなければ生まれない建物の風合いをできるだけ活かしながら、快適な「宿」としての機能を満たすこと、そして何よりも庭との一体感を損ねないように心がけました。

泊まり客が集いくつろぐ八畳の書院造りの座敷からの眺め。

e0164563_11171831.png

書院には「火灯窓」があります。

e0164563_11171816.png

床脇に「地袋」があったのですが、そこにエアコンを仕込み前に格子を入れました。

また畳の下には床暖房が設置されています。外国人客は寒さをとても嫌がるそうです。

e0164563_11171822.png

座敷の隣にある「三畳台目」の茶室。

e0164563_11171764.png

座敷と茶室の前にある庭へとつながる敷き瓦風の土間。

以前は土間に半間幅の腰板付ガラス戸が14枚はめられていたのですが、今回は大きなガラス戸中心に7枚にし、庭との繋がりを大切にしました。

e0164563_11171775.png

北山杉の「海布丸太」、「木舞」、「女竹」で組み、「くろべ」の天井板を張った土間の天井と軒、今回その軒先が銅板屋根から水が回り朽ちていたのですが、今回担当した大工の青山棟梁が朽ちた軒先だけを切り取りうまく継ぎ納めてくれました。

e0164563_11171880.png

既存の磨き丸太を活かしながら新たに床の間を設けた寝室。

e0164563_11171617.png

一棟借し滞在型の宿などでキッチンを設けています。

この場所は茶室の「水屋」があった所です。

e0164563_11181110.png

既存の「竿ぶち天井」やガラス戸を活かした洗面・脱衣室。

e0164563_11181099.png

床と腰は御影石張り、壁・天井は水に強い吉野桧の赤身で仕上げました。

e0164563_11181051.png

入り口が赤杉の「縦舞良戸」のトイレ。

以前のトイレは便器が大・小に分かれていたので間仕切りの小壁がありそれを撤去したことで土壁の下地の「貫穴」、親竹の「エツリ」跡が柱に残ります。そこでその個所を「ゴマ竹」をあてて隠し、また鴨居の穴は「埋め木」をし、あえて新しい柱に取り替えませんでした。

改修の後が残ることでこの建物の歴史を感じてもらえたらいいとの思いからです。

e0164563_14310343.png

トイレの外に設けた手洗いは、オーナーさん支給で清水焼きの清水六兵衛作陶の高価な焼き物を使わせていただきました。

壁には、水はねで塗り壁が傷まないように漆を塗った「美濃和紙」を貼っています。

e0164563_11180921.png

2階の小屋裏部屋。

小屋梁を表しにし、壁・天井は漆喰で仕上げています。

天井の低いことで落ち着き、またここからの眺めが実にいいです。

e0164563_11171680.png

ここにも遮光用の襖を仕込んでいます。

e0164563_11171750.png

葵ホテル&リゾートのオーナーさんは、骨とう品や陶器などがお好きで多くの逸品を収集され所有されています。そしてこの部屋にも収集品の中から惜しげもなく李朝の家具が飾られています。

e0164563_11182455.png
e0164563_11180974.png

既存の船底天井、建具、下地窓などを活かした玄関。

e0164563_11180870.png

「看月亭」は、11月からオープンします。6名様まで宿泊可能です。

京都にお越しのおりは是非一度お泊りになってください。

ご満足いただけるここと思います。

e0164563_11182431.png


# by y-tukide | 2017-10-16 14:42 | 仕事色々

光雲寺「看月亭」完成お披露目会

今年の6月から、南禅寺の境外塔頭である光雲寺の境内にある数寄屋建築「看月亭」の改修工事をさせていただいていたのですが、9月の中に無事竣工しました。

この建物は、七代目小川治平の作庭による東山を借景にした庭の中にたたずみます。

e0164563_11482900.jpg
e0164563_11482516.jpg



そしてこの度、「京都という町を体験してほしい」という思いで、ホテルと京町家をこだわりの宿として多数展開されている「(株)葵ホテル&リゾート」さんが、運営される新たな滞在型の宿「看月亭」として生まれ変わりました。

e0164563_11482557.jpg

そして中秋の名月、お披露目会ということで、光雲寺のご住職をはじめ我々工事関係者並びにその他の関係者の方々をお招きいただき、看月亭の名にふさわしい「月看の宴」が開かれました。

e0164563_11482563.jpg
e0164563_11482687.jpg


用意していただいたもてなしの料理は、京都の一流の料理人さんの手によるお月見に合わせた京料理。

素材がよく、味だけでなく見た目や雰囲気も含めて愉しませてくれる洗練された料理です。

e0164563_11482681.jpg
e0164563_11482735.jpg

そして極め付きは炭火で焼く「焼き松茸」。

盃を片手に焼きたての松茸に岩塩をちょっとのせで食べる、これが実にうまい。

e0164563_11482760.jpg

料理も最高ですが、ライトアップされた幻想的な庭も宴を盛り上げます。

e0164563_11482861.jpg
e0164563_11482870.jpg

「看月亭」の小屋裏部屋からの眺め。

葵ホテルのオーナーさんはこの部屋がお気に入りです。

e0164563_11484056.jpg


そして「名月」。

皆さんの日頃の精進がいいのか拝むことができました。

e0164563_11483811.jpg
e0164563_11483934.jpg


宴もたけなわ、デザートは月見団子とマンゴー。

栗の入った月見団子もおいしかったですが、この日いただいたマンゴー、これまでに食べたマンゴーはいったいなんだったかの思わせる味でした。

e0164563_11483954.jpg


この日は、五感を堪能させていただいたお披露目会でした。

ごちそうさまでした。

近々、完成写真を掲載しますのでまたご覧になってください。

e0164563_11484054.jpg



# by y-tukide | 2017-10-06 17:52

篠山街道 福住から篠山を行く

9月のはじめ、京都の亀岡から丹波篠山の福住まで「篠山街道」を歩いたのですが、

今回は福住まで車で行き、そこから篠山城の城下町である篠山へと街道を歩くことにしました。

e0164563_15280178.jpg

篠山市の福住地区は、篠山盆地の東端に位置し、街道沿いに東から「西野々」「安口(はだかす)」「川原」「福住(ふくすみ)」の四つの集落からなります。

近世、「福住」は宿場町として栄え商家建築が街並みを形成し、「西野々」「安口」「川原」には、街道沿いに農家建築が並び独特の街並みを形成しています。

この福住地区は、5年前の平成2412月に伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)に指定されました。

街道沿いに、茅葺を鉄板で覆った家、瓦葺で「つし2階」の入母屋造りの家が連続し、

玄関が建物の棟に直行した妻側に設けられた「妻入り」の農家建築が並ぶ「安口(はだかす)」の集落。

e0164563_15275930.jpg

街道沿いに建つ広い間口の妻入りの茅葺農家。

e0164563_15275957.jpg

この辺りには、篠山の特産品「丹波篠山黒豆」の畑が広がります。

e0164563_15280074.jpg

住吉神社を越えたあたりから街道は福住の集落に入ります。

各地の一般的な街道筋の宿場の町家は、建物の棟と並行した側面に玄関がある「平入り」の建物が多いですが、ここでは一部「平入り」の町家もありますが、「妻入り」商家建築が連続して並ぶ街並みを形成しています。

e0164563_15280093.jpg

格子を施した平入りのこの町家は、改修されイタリア料理店として活用されています。

e0164563_15280022.jpg

福住の集落の外れ、篠山に向かう372号線と大阪の能勢町に向かう173号線の交差するあたりに根回り13.7m樹齢700800年と推定される「安田の大杉」が悠然と立っています。

e0164563_15280164.jpg

街道は、「安田の大杉」から173号線を一時走り、「小野」の集落から折れ旧道を行きます。

e0164563_15281540.jpg

さわやかな秋晴れの中、のどかな田園風景の中を歩くのはとても気持ちがいいです。

e0164563_15281355.jpg

この時期、街道筋の家々のまわりにはコスモスが、あぜ道には真っ赤な彼岸花が咲き、目を楽しましてくれます。

e0164563_15281386.jpg
e0164563_15280204.jpg

杉の巨木が立ち並ぶ参道にある波々伯部(ほうかべ)神社。

京都の祇園社(八坂神社)から勧請したと伝承され「丹波の祇園さん」と呼ばれ、毎年8月に例祭(祇園祭)が行われるそうです。

e0164563_15280233.jpg

この辺りの街道筋の家々の玄関先には、鯛の絵が張られています。これは何かと地元の人に聞いてみると祭りの際、この絵を神社からいただき玄関に張ることで厄払いになるとのことでした。

e0164563_15280289.jpg

土塀に囲まれた立派な茅葺の民家。

篠山街道を歩いていて、立派な古民家が多く残っているのにはうれしい限りです。

e0164563_15281449.jpg

この建物は、「重兵衛茶屋」。

江戸時代、大名の参勤交代の時や一般の旅人の休泊所として利用された茶屋で、
篠山市の文化財に指定されています。

e0164563_15281452.jpg

ようやく篠山城跡に着きました。

城の堀のまわりに今も残る武家屋敷跡。

e0164563_15281583.jpg

篠山街道を亀岡から篠山まで二日をかけて歩いた「街道を行く」。

丹波の自然とのどかな農村風景、そして街道筋に今も残されたこの地域特有の貴重な建物。

17年前にこの街道を車で走り、その時見過ごしたものが今回歩いて見ること、知ることができた街道歩きでした。

とりわけ天引集落での住民による「天引区の活性化と未来を考える会」の取り組み。そして福住地区での街道沿いの東西3.260m、東西460mの広範囲での伝建地区指定を望んだ地元住民の地域に対する思いと誇りには感服しました。

e0164563_15281354.jpg


# by y-tukide | 2017-10-02 08:08 | 街道を行く

篠山街道 亀岡から福住を行く

9月のはじめの休日、京都の亀岡から丹波篠山の福住へと「篠山街道」を歩きました。

篠山街道は、古来京都から亀岡を西に、丹波篠山を経て北近畿、山陰に通ずる律令時代の官道「山陰道」です。丹波篠山の民謡「デカンショ節」の名をとって篠山あたりでは別名「デカンショ街道」とも呼ばれています。

私はこれまでに何度かこの道を車で走り、篠山に行っていますが歩いて行くのは初めてです。

亀岡市の「吉川」という所、街道筋には蔵・門を構えた立派な民家が多く見かけられます。

e0164563_09462457.jpg

街道筋に建つ造り酒屋の「大石酒造」。

e0164563_09462305.jpg

篠山街道と並行して走る372号線を折れ「湯の花温泉」方面に向かいます。道は登り坂が2.5km程続き、そして湯の花温泉を過ぎると「高芝」という集落に入ります。

e0164563_09461369.jpg

街道沿いに広がる黄金色の田園風景。

e0164563_09461073.jpg

平安時代創建の古刹「谷性寺(こうしょうじ)」。

e0164563_09461016.jpg

戦国時代、織田信長の命により丹波地方を平定した明智光秀は、この寺の本尊である不動明王を厚く崇敬し、「本能寺の変」を決意するや不動明王に請願し本懐を遂げます。

ところが「山﨑の戦」で無念の最後を遂げますが、光秀を慕う士がここに「首塚」を残しました。

毎年初夏、境内には明智家の家紋である桔梗の花が咲き乱れ「桔梗寺」とも呼ばれています。

e0164563_09463154.jpg

街道をいくつかの集落を抜け、ある民家の長屋門の前で小休止。

e0164563_09461060.jpg

この門の中で売られていた野菜の賀茂ナスとオクラを土産に買いました。

e0164563_09461012.jpg

山陰道「野口の駅」跡の碑。この辺りに宿場があったのです。

平安時代の末期、源頼朝の命により源義経も平家討伐のために「一ノ谷」へと向かった時ここを通ったのでしょう。

e0164563_09461139.jpg

街道筋にはコスモスが咲き栗が実り、秋の色が色濃く感じられます。

e0164563_09462437.jpg
e0164563_09461193.jpg

「埴生」の集落、「はぶ」と読みます。ここにも宿場があったそうです。

またこの地には、戦国時代、明智光秀の丹波攻略のおり、丹波一円を抑えていた波多野氏と光秀との仲を取り持った野々口西蔵坊という武将が構える山城「埴生城」があったと集落の入り口の案内板に記されていました。

e0164563_09461101.jpg

昼飯にと出掛けにコンビニで買ったおにぎりがあったのですが、街道を歩いていて唯一見つけた食堂でうどんを食べ一息つき、さらに街道を進み「天引峠」の手前にある「天引(あまびき)」という集落に入りました。

ここは篠山方面に向かう372号線と園部に抜け54号線が交差するところにある集落です。

集落内にはきれいな小川が流れ、その水は防火用水・農業用用水としてだけではなく、生活用水としても利用され、各家の前には水路に下りるための石段が設けられています。

水路の一部には、清流に育つ梅花草が初夏に水中で白い花を咲かせ、ホタルも飛び交うそうです。

e0164563_09462473.jpg

そして見つけました黄金色に実る稲田の中に建つ茅葺の小さな「薬師堂」。

e0164563_09462590.jpg

17年前に372号線を走っているとき見かけ写真におさめたのですが、その場所を忘れてしまっていて、この建物を探すことも今回の街道歩きの目的の一つでした。

17年ぶりに再会し、うれしいことにまわりの風景も全く変わっていませんでした。

e0164563_09462529.jpg

薬師堂を改めて写真におさめた後、近くの樹齢450年と言われるムクの大樹が見事な八幡神社で休んでいると、偶然そこで村の方と話す機会を得ました。

その方は村人が160人余りに減った天引の村を愛し、活性化しようと「天引区活性化と未来を考える会」という組織で様々な取組されているとのことでした。

そして村の誇れる10撰を取り上げたパンフレットをいただきました。そのパンフレットの表紙がこのムクの木です。

e0164563_09462613.jpg

さらに天引集落を歩いているとご老人に声を掛けられ「千体地蔵」を見せてあげると。

そのご老人は、ご自宅の前にある小さな御堂の鍵をわざわざ開け、そこに納められた千体地蔵を見せてくれました。

ご老人曰く、先代からの言い伝えによると、江戸の中ごろ九州から一人のお坊さんが旅してここに来られ、千体の地蔵を作りたいと当時の当主に申し出、そしてこの御堂の裏山にあったケヤキを切って、御堂を建て千体の地蔵を彫られたそうです。

e0164563_09462299.jpg

そして次に寄ったのが、石段の上がると鐘楼門がある曹洞宗の寺「大隠寺」。

この寺も17年前に訪れ記憶に残っているいい寺です。

確かに天引の集落には見どころが多く、人のいい方たちとも出会え話も聞けました。

e0164563_09462456.jpg

天引に長居しすぎ早く福住に行かねば帰りのバスの時間に間に合いません。

急ぎ天引峠の下を走る天引トンネルを足早に抜け福住へと急ぎ向かいました。

e0164563_09462367.jpg


# by y-tukide | 2017-09-25 13:53 | 街道を行く

南紀の旅―その3

孫娘が、来年小学校に入学することでこれまでのように休みをとれないこともあり、9月の連休を利用して、娘たち家族と石垣島に行く計画を2か月ほど前からしていました。

ところが台風18号の接近でキャンセルする羽目に。

ただ孫が、今回の旅を大変楽しみにしていたので、急きょ近場の南紀へ行くことにしました。

そして初日に行ったのは、南紀白浜にあるアドベンチャーワールド。

e0164563_09264886.jpg
e0164563_09265009.jpg
e0164563_09264961.jpg
e0164563_09270613.jpg

ここには自宅からさほど時間がかからないこともありこれまでに何度か訪れています。

孫娘も5年前の冬1歳の時、よちよち歩きで来ました

e0164563_09270684.jpg

その孫娘が今や6歳、来年は小学1年生。

大きくなり草食動物が近くで見られるサファリワールド内を自転車に乗り回れるようになりました。

e0164563_09265024.jpg

ここでの見どころは、昨年に生まれたパンダの赤ちゃんが人気ですが、ビッグオーシャンでの「人間わざ、イルカわざ」とは思えないイルカショーは何度見てもスゴイです。

e0164563_09264920.jpg
e0164563_09264906.jpg
e0164563_09270666.jpg

この日は白浜温泉のホテルに泊まり、夜ホテルのイルミネーションで飾られた庭を孫娘と二人で散歩。

e0164563_09271750.jpg

翌日は、今年の春に中学生と小学5年生になる孫、そして当時5歳だった孫娘と妻とで行ったカヤックでの古座川下りを再挑戦するのに、古座川へと向かいました。

あの時は、古座駅近くのスーパーで昼飯と飲み物を買い、携帯用の雨合羽に身を包み、にわか仕立てのスタイルで孫たちと川下りの初挑戦でした

e0164563_09270877.jpg

ところが白浜から古座川へと車で向かっている途中、予約先から電話があり、台風18号の接近による準備のために上流のダムが放流されるので古座川本流下りは危険なので中止とのこと。

一瞬落胆したのですが、予約先の「古座川アドベンチャークラブ」の方が別のプランを提案してくれました。

それは古座川の支流でダムの無い「小川(こかわ)」という川のたまりならカヤックも乗れ、手長エビもとれるとのこと。

そこでそのプランに計画変更。

その「小川」は、透明度が抜群で素晴らしくきれいな川でした。

e0164563_09270779.jpg

3月に下った時、古座川本流も確かに水は澄んできれいだったのですが、気になったのは、石に泥が付着していたことです。

そのことをガイドさんに話すと、古座川上流にはダムがあり、ダムの下部の放流口から放流されるとダムの湖底にたまっている土が流れ出し水が濁り川底に堆積するとのことでした。

前回は無謀にもガイドなしのぶっつけ本番だったのですが、今回ガイドのKさんはインストラクターの資格を有した方で川に入る前に、ライフジャケットの正しい着け方からおぼれた時の対処の仕方、カヤックの正しい乗り方等丁寧に説明してくれました。

e0164563_09264976.jpg

この場所は流れが緩やかなたまりなので、今回、孫娘にと用意してくれた小さなカヤックで一人乗りに挑戦しました。

e0164563_09270763.jpg

そしてパドルボードにも挑戦。

e0164563_09270731.jpg

箱メガネと網を使っての魚とり。

e0164563_09271761.jpg

パドルボートに乗って箱メガネ使って水中観察。

e0164563_09270758.jpg

尽きない水遊び、気が付けばもう夕方。

e0164563_09265030.jpg

残念だったのは、手長エビがとれなかったことです。

エビをとって河原で食べるのに、ガイドさんはコンロとフライパンを用意してくれていたのですが。

通常は米ぬかと川石で丸めた団子を餌に2030匹はとれるのだそうですが、この日は残念ながら不漁でした。

今宵の宿は本州最南端の町「串本」。

「ここは串本 向かいは大島 仲をとりもつ 巡航舟 アラヨイシヨ ヨイショ・・・」

和歌山県を代表する民謡「串本節」に唄われた「紀伊大島」に、台風18号の影響でどんよりした雲が覆っていました。

e0164563_09270865.jpg


# by y-tukide | 2017-09-19 10:10