日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

宇治田原 散歩

私が住む町、宇治に隣接して宇治田原町という人口9,500人ほどの山に囲まれた町があります。宇治田原は「お茶の郷」として茶業が盛んな町で、山間によく手入れされた茶畑が広がります。

e0164563_09474747.jpg

この地は古く、10世紀中期に書かれた「和名抄」に「田原郷」と記載されているそうで、集落には、奈良盆地から山城・近江へと抜ける古道が走ります。

また田原郷の南には、南山城地域の最高峰である「鷲峰山(じょうぶさん)」があり、ここは山岳信仰の霊場として奈良から奈良・平安期に栄えた「鷲峰山寺」現在の「金胎寺(こんたいじ)」があります。そこに通じる信仰の道が、奈良から木津川右岸を走り宇治から京都の山科を経て大津へ抜ける本道の「奈良街道」に対する間道であったと思われます。

その古道の集落の入り口にあたる「郷之口」の街並み。

e0164563_09474635.jpg

古道沿いに建つ「右じょうぶさん道 左しがらぎ道」?と記された道標。

e0164563_09474800.jpg

郷之口には、軍事上需要であったのか織田信長の命により山口甚助秀康が築いた「山口城」がありました。

本能寺の変のおり、堺にいた徳川家康が急いで三河に命からがら逃げ帰ったルート「家康伊賀越えの道」はまさにこの道です。家康は、河内より尊延寺越えに田辺、草内を経て木津川を渡り、田原郷に入り山口城で昼食をとり馬を乗りかえたそうです。

今は城の名残もなく茶畑が広がります。

e0164563_09474668.jpg

郷之口の古道沿いのお茶屋さん。

e0164563_09474786.jpg

「家康伊賀越えの道(信楽街道)」を左に折れ、近江の瀬田へと抜ける783号線沿いに建つ茅葺屋根の「禅定寺」。

宝物殿には藤原時代作で重要文化財である本尊十一面観音立像などが安置されています。

e0164563_09481022.jpg

田園風景の中にぽっんと建つ禅定寺の山門。

e0164563_09481147.jpg

古道を進むと立川という地区がありのどかな田園風景が広がります。

e0164563_09474734.jpg

その風景の中にひっそりたたずむ「信西入道塚」。

藤原信西(しんぜい)は平治元年(1159年)、源頼朝らのクーデターを知り、田原の領地に逃げ込んだが追ってきた源氏の軍兵に殺害されました。領民はこの場所に塚を築きその菩提を弔ったと言われています。

e0164563_09474860.jpg

立川を過ぎ峠を越えると「湯屋谷」に入ります。

湯屋谷には、江戸時代中期に茶を研究し、もっとおいしい茶が造れないかと「青製煎茶製法」をあみだし、日本の緑茶開発と普及に貢献した「永谷宗円」の生家があります。宇治田原が日本緑茶発祥の地と言われる所以です。

谷あいに続く湯屋谷集落の街並み。

e0164563_09511985.jpg

永谷宗円の生家跡。

e0164563_09481230.jpg
e0164563_09481074.jpg
e0164563_09474873.jpg

湯屋谷から峠を越えると宇治田原の西端の集落「奥山田」に出ます。

家康は、ここから信楽の朝宮に入り、伊賀を経由して白子浜に出、伊勢湾を渡り無事三河に逃げ帰りました。

山村風景が広がる奥山田の郷。

e0164563_09481142.jpg

奥山田にある「正壽院」。

ここで「お茶でもどうぞ」とお茶と茶菓子をいただきました。

e0164563_09481244.jpg


境内の梅は今が見ごろでした。

e0164563_09481234.jpg

宇治田原散歩、ここは社寺も多く史跡もあり歴史を十分に感じさせてくれる山里でした。

e0164563_09532150.jpg


# by y-tukide | 2017-03-21 13:46 | 散歩

2017年冬 4家族での北近畿の旅

今年の冬、4家族で北近畿を一泊二日の旅をしました。

初日は、兵庫県の神鍋高原スキー場へ。若い者たちは朝の4時ごろに出発したのですが、年配組は時間をずらし、孫たちの様子うかがいにスキー場へと向かいました。

私にとっては久しぶりのスキー場です。

e0164563_09432918.jpg

何年も見ぬうちに今年中学生と5年生になる男の孫たちは、かなり上達していました。



e0164563_09433038.jpg



e0164563_09433031.jpg

そして5歳の孫娘も負けじとスノボー初挑戦。

親らに教えてもらいながらなんとなく様になっていきます。

e0164563_09432922.jpg
e0164563_09433007.jpg

スノボーがうまくなったと言ってもやはり子供たち、雪遊びの方が楽しいようです。

e0164563_09433093.jpg

チーム対抗雪合戦。

e0164563_09432910.jpg

さんざん雪遊びをし、午後3時ごろスキー場を後に今宵の宿である京丹後市久美浜町の民宿へと向かいました。

e0164563_09432883.jpg

この季節、北近畿の宿での料理は何と言ってもカニです。

カニ料理をたらふくいただき、食後は部屋で子供たちとトランプ勝負三昧。

e0164563_09432936.jpg

私は早朝、周辺を散歩。

荒々しい波の冬の日本海。

e0164563_09432904.jpg

荒々しい外海に対照的な、内湾にあたる穏やかな久美浜湾の朝焼け。


e0164563_09434414.jpg

早朝から店を開けている活魚店では、カニのほかにカキが店先に並べられていました。

e0164563_09434436.jpg
e0164563_09434494.jpg

久美浜湾では、昭和25年ごろから一年中波が穏やかな内湾の海面に杭を打ち込み、カキ棚を敷設しカキの養殖する昔ながらの方法が残り、この地域独特の景観が見られます。

e0164563_09434363.jpg

宿で朝食をいただき、二日目は兵庫県城崎の日和山にある城崎マリンワールドに向かいました。

私が、孫を連れここに来るのは3度目です。

e0164563_09434522.jpg

この水族館の名物の一つはアジ釣り。群れを成し元気に泳ぐ小アジを釣ることができ、そして釣ったアジは天ぷらにしてその場で食べられます。

e0164563_09434471.jpg

なかなかの釣果でした。

e0164563_09434504.jpg

ここで貴重な体験をすることができました。

普段は入ることができない水族館のウラ側を飼育員の方の案内で見学できるバックヤードツアーです。

おしゃべり上手の飼育員の方から、水族館の設備や魚飼育の苦労話など興味深い話を聞くことができました。

e0164563_09434265.jpg

4家族が集う冬の北近畿の旅、孫たちも楽しみ私もいい骨休みになりました。

e0164563_09434886.jpg


# by y-tukide | 2017-03-13 09:53

京都嵯峨野の地鎮祭

先日、京都市の右京区嵯峨野でこの地域の氏神さんである松尾大社の神主に来ていただき地鎮祭をとり行いました。

e0164563_09035634.jpg

この土地の周辺には、大覚寺、直指庵、嵯峨釈迦堂などの歴史的建造物が多くあり、山並みもせまり緑豊かな地域です。そしてその景観を維持し緑豊かな生活環境を形成するために、第1種風致地区に指定され建ぺい率20%、容積率50%で建物の境界からの後退距離や屋根は日本瓦などと厳しい規制が掛けられています。

現場の周辺にはのどかな風景が広がり、天気も良く気持ちのいい日でした。

e0164563_09035644.jpg

ツキデ工務店は、この辺りで結構な数の仕事をさせていただいています。

ここから車で5分ほど行ったところには、昨年竣工したこんな建物があります。

e0164563_09035731.jpg

e0164563_09041033.jpg
e0164563_09035744.jpg

一見住宅のように見えますが、実は薬局なのです。

「しょうたろう薬局」と言います。

e0164563_09035700.jpg

インフルエンザなどの隔離室もあり、特に子供の患者さんを考慮したこだわりの薬局です。

これは階段下に設けた小上がりの待合で、木のおもちゃなどを広げて遊べます。

e0164563_09035563.jpg


2階には多目的なスペースがあります。

e0164563_09035500.jpg

これは「はこにわの部屋」。

細かい砂を入れた箱にはに、いろんな人形や動物、木、家具などや模型を並べて遊びます。その表現の仕方でその子の心理状況が推察されるのだそうです。

e0164563_09035613.jpg
e0164563_09035635.jpg
e0164563_09040965.jpg

次に薬局から歩いて2分程のところに建つこの建物は、4年前に竣工した「きの小児科医院」です。

西洋医学に東洋医学を取り入れた療法で開業当初から人気で、院長はガッツのある頼れる女医さんです。

この建物も吉野杉で建て、院長こだわりの木・土・紙などの自然素材をふんだんに使い仕上げています。

e0164563_09041024.jpg

この辺りは、新しい住宅も増えてきていますが嵯峨野の原風景も残っています。

背後の山は、嵯峨鳥居本の曼荼羅山といい、この山で京都の夏の風物詩「五山の送り火」の「鳥居形」が点火されます。

しょうたろう薬局の2階からはその様子を手に取るように見ることができます。

e0164563_09035785.jpg

薬局の前の道を西に行くと愛宕山に通ずる愛宕街道沿いに「化野(あだしの)念仏寺」があります。

この辺り一帯は嵯峨鳥居本伝統的建造物保存地区に指定されています。

e0164563_09041005.jpg

念仏寺の参道

e0164563_09041018.jpg
e0164563_09041148.jpg

この日は仕事もあり、ゆっくり散策する余裕もありませんでしたが、現場が始まりこちらに来る機会が増えることでしょうから、また楽しみです。

e0164563_09041170.jpg


# by y-tukide | 2017-03-06 09:23 | 仕事色々

「男山の家」構造見学会

2月25日(土)・26日(日)の両日、お客様のご厚意により、25日は京都府八幡市で「男山の家」構造見学会、26日は滋賀県野洲市で「野洲の家」住まい手さんのお宅見学会を開催させていただきました。

私は、25日の「男山の家」の見学会に行ってきました。この日も構造見学会にも関わらず多くの皆様にお越しいただき、スタッフ一同大変感謝しています。

改めましてお施主様、参加者の皆さんにお礼申しあげます。

e0164563_13564891.jpg

この建物が建つ男山には、昨年国宝に指定された日本三大八幡の一つ「石清水八幡宮」があります。

男山は、桂川・宇治川・木津川が三川合流し淀川となる地点に位置し、淀川左岸には京都と大阪を結ぶ「京街道」が走り、右岸には京都と西国を結ぶ「西国街道」が走る交通の要衝の地です。また対岸には戦国時代、羽柴秀吉と明智光秀の天下分け目の合戦の地として有名な天王山がそびえ京の都を制する上で軍事的にも重要な拠点でもあります。

以下の石清水八幡宮の写真は、3年前に「京街道」の淀宿と枚方宿の間にある遊里があった橋本かいわいを歩いた時に立ち寄った時の写真です。

e0164563_13574022.jpg
e0164563_13573978.jpg
e0164563_13573984.jpg

ご神木の楠。

楠正成が必勝を祈願し奉納したといわれています。樹齢は700年だそうで京都府の天然記念物に指定されています。

e0164563_13573995.jpg

境内には、世界の発明王エジソンの記念碑があります。エジソンが白熱電球に八幡の竹を使用したのが縁です。

e0164563_13574068.jpg

男山周辺には、今もよく整備された竹藪があります。

e0164563_13571223.jpg

この日、私は見学会場を早めに上がり近くにある「松花堂庭園」に向かいました。

ここは江戸時代の文化人であった松花堂昭乗ゆかりの庭園で、京都・洛南の名園で国の名勝に指定されています。ここを訪れるのは2度目です。

e0164563_13595603.jpg

江戸時代の初期の寛永年間、芸術文化が花開いたとき、この文化形成に大きな役割を果たし、文化人の中心になったのが「書画」「茶の湯」「和歌」に秀でた松花堂昭乗です。

当時、石清水八幡は神と仏合わせて祀る神仏習合で境内には、最盛期60近い宿坊()があったそうで、昭乗はその宿坊の一つに社僧として住んでいましたが、晩年、「松花堂」と名付けた「方丈(ほうじょう)」に住み生涯を閉じたそうです。

明治に入り、神仏分離で宿坊はすべて撤去され、その時松花堂は明治の中ごろ現在の地に移築されました。

草庵茶室「松花堂」

e0164563_13571091.jpg
e0164563_13571076.jpg
e0164563_13571152.jpg


「方丈」とは、丈(じょう)10尺、約3m四方の建物です。

e0164563_13571145.jpg
e0164563_13571108.jpg

庭園内の梅は満開でした。

e0164563_13571051.jpg

正月以降、仕事や何やらであわただしく日々を送ってきて、この季節が来たことをここに来て初めて気づきました。

e0164563_14021131.jpg
e0164563_13571002.jpg

ちなみに「松花堂弁当」の由来は、昭乗が農家の種入れとして使われていた、箱の内側を十字に仕切った器をヒントに、茶会で使用する煙草盆や絵の具箱として使用したそうです。

それを日本料理の吉兆の創設者が、四つの切箱を懐石弁当にしたのが世に広まったものだそうです。

庭園内には、京都吉兆の店があります。さすが吉兆いい値です。

e0164563_13571247.jpg


# by y-tukide | 2017-02-27 15:47 | 見学会・イベント

建築家中村好文さんと堀部安嗣さんの建築展に行く

2月15日、私が所属する「協同組合もくよう連」の例会で、現在東京で開かれている建築家中村好文さんと堀部安嗣さんの建築展に行ってきました。

堀部安嗣さんの建築展「建築の居場所」は、東京の青山にある「TOTOギャラリー・間」で2017120日~319日で開催されています。

e0164563_09204104.jpg
e0164563_09204478.jpg
e0164563_09210541.jpg

2016年の建築学会賞を受賞された「竹林寺 納骨堂」のパネルと模型。

e0164563_09204501.jpg
e0164563_09204578.jpg

2012年に竣工した「イヴェール ボスケ」。

石川県加賀市の田園風景の中に建つ洋菓子とカフェの店、シンプルな方形の建物です。

模型は、この日のために店主とスタッフがチョコレートで作られたものです。

e0164563_09204569.jpg
e0164563_09204455.jpg

ギャラリーの隅に置かれたドラム。堀部さんは、高校のとき吹奏学部でドラムとパーカッションを演奏されていたそうです。

e0164563_09204449.jpg

この日は、堀部さんも駆けつけてくださり説明などを聞くことができました。

堀部さん曰く、建築を音楽にたとえ職人さんは演奏家、現場監督は指揮者、建築家は作曲家、そして施主さんは観客とのことでした。

e0164563_09204522.jpg

この後移動し、中村好文さんの建築展「建築家×家具職人コラボレーション展」向かいました。場所は竹中工務店東京本社です。

20161214日~2017225日まで開催されています。

e0164563_09294466.jpg

e0164563_09210586.jpg

中村好文さんは、建築家であり家具作家でもあります。

今回の建築展は中村好文さんと3人の家具職人、横山浩司・奥田忠彦・金澤知之氏とのコラボレーション展です。この企画は前回、神戸の竹中道具館でも行われました。

私は、中村さんとは大変親しくさせていただき、これまでに5軒仕事を一緒にさせていただきました。現在も京都の東福寺近くで新築工事をさせていただいています。

昨年の7月に中村さんともくよう連の仲間達と行った韓国の旅は、楽しかった思い出です。

この日、中村さんもギャラリ―に駆けつけてくださり参加者に相変わらずのユーモアを交えた話をしていただきました。

e0164563_09210680.jpg

最後に中村さんと堀部さんを交えての懇親会、大いに盛り上がり皆さん大満足でした。

e0164563_09210731.jpg


# by y-tukide | 2017-02-21 10:34