日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

大和街道 月ヶ瀬から伊賀上野を行く

大和街道は、江戸時代には加太越奈良道と呼ばれ、三重県を走る東海道の「関宿」の西の追分から分岐し、加太峠を越えて「柘植(つげ)」「伊賀上野」「島ヶ原」を通り奈良へと続く街道です。この日、私と妻と娘そしてもうすぐ6歳になる孫の4人で関西本線の月ヶ瀬から伊賀上野へと大和街道を歩きました。このメンバーで街道歩きをするのは初めてです。

自宅を朝6時過ぎに出、IR宇治駅から電車を乗り継ぎ、関西本線の月ヶ瀬駅を降りたのは、8時前、さぁ~ここから出発です。

e0164563_10481581.jpg
e0164563_10481595.jpg

しばらく歩くと「二本杭跡」があります。二本杭は俗称で大和街道の藤堂藩「伊賀の国」と柳生藩「山城の国」の境として幕府検視の指示により、それぞれの杭を合わせて設置されたそうです。これはそれを石柱で再現されたものです。

e0164563_10481621.jpg

民家が点在するのどかな山里を歩きます。

e0164563_10481602.jpg

ここは藤堂藩が設けた関所の跡です。

e0164563_10481681.jpg

孫は、きれいな花や虫を見つければ立ち止まり、珍しいものを見ては質問し、なかなか前に進みません。

e0164563_10481730.jpg

1時間半ほど歩いて「行者堂」につきここで休憩。

行者堂は、自然石の岩屋の中に役行者(えんのぎょうじゃ)像が祀られています。

この辺りには、阿弥陀磨崖仏、大師堂、不動明王像などが祀られ信仰の霊地です。阿弥陀磨崖仏は、南北朝から室町時代のものと推定されているそうです。

e0164563_10481465.jpg

木津川と小さな小山川が合流するこの辺りは、岩谷峡と呼ばれ景勝地です。小山川沿いでは夏場たくさんのホタルが飛び交うそうです。

e0164563_10481519.jpg

休憩後、先を進むと島ヶ原の集落に入ります。

e0164563_10482976.jpg
e0164563_10482948.jpg

島ヶ原は大和街道の要衝にあって藤堂藩の時代、街道の宿場町として賑わいました。この建物は旧本陣で多くの大名が宿泊や休憩をしました。

e0164563_10482988.jpg

街道をそれ関西本線に島ヶ原駅でトイレ休憩。

この島ヶ原に鉄道が開通したのは、明治30年です。当時、関西鉄道株式会社だったのですが、その後、関西鉄道は国に買収され、明治40年に日本国有鉄道となり関西本線と改称されたそうです。今も残る駅の建物は、当時の関西鉄道のものであり、昔日の面影を残しています。

e0164563_10483044.jpg

島ヶ原宿を後に、木津川に架かる鉄橋を渡り伊賀上野へと向かいます。

e0164563_10482725.jpg

そして今回の最大の難所である急坂の「与右衛門坂」を行きます。

「笠置峠か与右衛門坂か、江戸の箱根はなけりゃよい」とうたわれたそうです。

e0164563_11030675.jpg

街道沿いの山田では、田植が行われていました。

e0164563_10482812.jpg

山の中のため池「三本松池」

e0164563_10482851.jpg

ここからずっと山道が続きます。

e0164563_10483800.jpg
e0164563_10483893.jpg

その山道で小さなカエルを発見。

e0164563_11045112.jpg

ようやく山道を抜け里に出ました。

e0164563_10483871.jpg

里に出て街道を進むと国道163号線にあたります。ここからは歩道が無い車が行きかう道を孫の手を引き歩きます。

国道横を流れる川に「勧請縄(かんじょうなわ)」が張られていました。

勧請縄は、疫病などの悪霊が村に入ってこないようにするために、村の入り口に張られた結界です。この辺りには今もその風習が残っているようです。

e0164563_10483700.jpg

ここでついに5歳の孫はギブアップし疲れて眠ってしまいました。目的地の伊賀上野へはまだ3キロほどあります。急きょタクシーを呼び助けてもらうことに。

何とか無事に伊賀上野につき、遅めの昼飯を取りました。

孫は大好きなハンバーグをペロリとたいらげました。よほど腹が減っていたのでしょう。何せ朝から10キロは歩いたのですから。

e0164563_10483725.jpg

伊賀上野は忍者の町、あちこちに忍者が出没していました。

e0164563_10483741.jpg


# by y-tukide | 2017-05-08 11:08 | 街道を行く

富田林かいわい

大阪の南河内地域の南東部、金剛山系の裾野に広がる平野部に「富田林(とんだばやし)」の町があります。この町には、16世紀中ごろの戦国時代に形成された「寺内町」が残っています。

「寺内町」とは、寺院を核として周囲を濠や土塁で囲うことで外敵の侵入を防いだ自治都市です。江戸時代には交通の要所として商業の町とし栄え、その繁栄の面影が色濃く残る街並みが今も残り、一帯は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

以前からこの町のことは知っていたのですが、私がここを訪れるのは初めてです。

e0164563_10252425.jpg

e0164563_10254632.jpg
e0164563_10255907.jpg

富田林寺内町は、500年程前に京都興正寺の証秀上人が「富田の芝」と呼ばれる荒地を銭百貫文で買い受け町を開いたそうです。

その中核となったのが一向宗興正寺別院です。

e0164563_10261372.jpg

奈良の今井町も寺内町ですが、富田林の寺内町は「八人衆」という商人たちが中心になり商業の町として繁栄しました。

街を歩いていると本瓦葺の蔵が多く見られます。

e0164563_10262959.jpg

3階建ての蔵も。

e0164563_10292481.jpg

この建物は、重要文化財の「旧杉山家住宅」です。

杉山家は寺内町創立以来からの旧家で、江戸時代を通じて富田林八人衆の一人として町の経営に携わってきた家です。現在富田林市が改修し一般に公開されています。


e0164563_10295032.jpg
e0164563_10335295.jpg

町並みの屋根越しに見える白い塔はPLの塔です。富田林にはPL教団の本部があり高校野球で一世を博したPL学園などもあります。

e0164563_10343639.jpg

町の南側には、「石川」という川が流れています、この日はこいのぼりが泳いでいました。

e0164563_10350542.jpg

はるかに見える山は、右が金剛山で左が葛城山です。

e0164563_10352135.jpg

町歩きのあと、せっかくここまで来たので足を延ばし、金剛山の山麓にある「千早赤坂村」へと向かいました。千早赤阪村は大阪府下で唯一の村で、鎌倉時代後半から南北朝時代に活躍した武将「楠木正成(くすのきまさしげ)」の出生地として知られています。

鎌倉幕府討幕の計画が発覚し後醍醐天皇が京都南山城の笠置山に逃れた時、南朝側についた正成はこの地で挙兵しました。

その時築かれた「下赤坂城」からの棚田の眺め。

e0164563_10353933.jpg

野にはタンポポが、のどかです。

e0164563_10355527.jpg

遠くかすんで見える高層建築は「あべのハルカス」か?

e0164563_10361468.jpg

谷あいの集落。

大都市大阪にもこんな所があるのです。

e0164563_10363014.jpg
e0164563_10363863.jpg


# by y-tukide | 2017-05-01 11:09 | かいわい

住まい手さん宅見学会 木津川市「月見台のある家」

422日(土)・23日(日)の両日、お施主様のご厚意により入居されて3年目の「住まい手さん宅見学会」を開催させていただきました。両日とも天気に恵まれ多くの皆様にお越しいただきました。

改めまして快く会場を提供していただきましたお施主様、ご参加いただきました皆様に、スタッフ一同お礼申し上げます。

この建物は、南東に開けた土地に建つ31坪の家で、大屋根には太陽光発電パネルが搭載され下屋根の上には月見台があります。

e0164563_09355788.jpg

玄関を入ると正面に庭が望めます。

e0164563_09361793.jpg

居間には、玄関からつながる土間があり、ご趣味の自転車が飾られています。

e0164563_09363135.jpg

構造材には天然乾燥の吉野杉を使い、床は幅広の吉野杉板張り、壁は漆喰で仕上げています。

e0164563_09430936.jpg

台所は、作り付けの奥行きのあるキッチン・収納家具を奥様が使いやすいように納めています。

e0164563_09380201.jpg
e0164563_09375513.jpg

このお宅には、2匹のネコがいてこの日も皆様を愛想よく迎えてくれました。

e0164563_09382157.jpg
e0164563_09382585.jpg

この時期、庭に植えられた木々が芽吹き花も咲き、皆さんの目を楽しませてくれました。

e0164563_09384470.jpg
e0164563_09385288.jpg
e0164563_09393025.jpg

この建物の近くに、それも3年前にツキデ工務店が施工させていただいた、通所介護施設のNPO法人「芽吹き」があります。

この建物には、太陽熱を利用し冬暖房できるパッシブソーラー「そよ風」が搭載されています。最近それに加え敷地の斜面に太陽光発電パネル、畑の中に風力発電、そして蓄電池を設置されました。

e0164563_09394781.jpg
e0164563_09395316.jpg

開所された当時の荒地が今は畑となり、玉ねぎやジャガイモ・豆などが植えられ、エネルギー共々自給自足できるよう頑張っておられます。

e0164563_09401179.jpg

ウッドデッキの前の畑には花が咲き誇り、さぞかしここに通われている方々は楽しんでおられることと思います。

e0164563_09402884.jpg

二つの建物がある南山城のこの地域は、近くに木津川が流れ、奈良と東国を結ぶ旧奈良街道、伊賀に抜ける旧大和街道が走り、また浄瑠璃寺、岩船寺、海住山寺など国宝・重文の寺々があります。

そして木津川の対岸には、奈良時代一時都が置かれた「恭仁京(くにのみやこ)」跡や飛鳥時代に創建された「高麗寺(こまでら)」跡など歴史の宝庫で、私の大好きな地域です。

浄瑠璃寺

e0164563_09404646.jpg

岩船寺

e0164563_09405781.jpg


# by y-tukide | 2017-04-25 11:00 | 見学会・イベント

炭焼き肉と京野菜の店「Nico」オープン

宇治市の宇治橋通り商店街を南に入ったNTT近くに、炭焼き肉と京野菜の店「Nico(ニコ)」が4月11日にめでたくオープンしました。

このお店は、オーナーの祖父が建てられた住宅をツキデ工務店が一部店舗として改修させていただいたレストランです。

e0164563_09491384.jpg

Nico」のオーナーは、福井市内の肉料理店で修業され、店長として働いてこられたのですが、地元の宇治に帰られ、この度オープンのはこびとなりました。

オーナーである娘さんとご家族の思いがいっぱい詰まったお店です。

玄関正面の壁は漆喰、軒や内・外壁の一部は杉、床・玄関ドアはチークなどの無垢材で仕上げました。

e0164563_09492679.jpg

造りかえた庭には、前を通る路地に面して以前からお地蔵さんが祀られています。

e0164563_09493985.jpg

庭に新たに植えた桜に似た花をつけた木は、アーモンドの木です。

e0164563_09495708.jpg

正面にはウッドデッキがあり、窓は木製建具で一部に木製格子を設けました。

e0164563_09501947.jpg

店内からは、前庭と共に裏庭の緑も楽しめます。

e0164563_09503885.jpg
e0164563_09504705.jpg

カウンターは、6070㎝幅のタモの一枚ものを使い、テーブルの天板には、松の梁材を加工し作りました。そしてそのカウンターの横には、炭焼き焜炉があります。

e0164563_09510222.jpg

ランチタイム、カウンターはビュッフェとして野菜の惣菜が並びます。

e0164563_09512863.jpg

オープンを前に、工事関係者にお礼としてご招待を受けました。

e0164563_09514392.jpg

鹿児島黒牛、京丹波高原豚、京野菜の料理など、皆さんおいしい料理に舌鼓。

e0164563_09520027.jpg
e0164563_09521095.jpg
e0164563_09521963.jpg
e0164563_09522862.jpg

411日から24日までは、ランチとカフェのみで11001730の営業です。

425日からは、ディナーもスタートします。

予約:0774-23-1116

定休日:月曜日

是非皆さん一度お越しください。

e0164563_09524159.jpg
e0164563_09594499.jpg


# by y-tukide | 2017-04-17 12:37 | 仕事色々

南紀の旅―その2

南紀の旅、初日は古座川をカヌーで下り、その日と二日目は那智勝浦で宿をとりました。

早朝、宿の窓からの太平洋の眺め。

e0164563_08442845.jpg


翌日は、「太地(たいじ)」に向かいました。太地はクジラの町です。

太地を中心とする熊野灘沿岸では、江戸時代ごろ、熊野水軍の流れをくむ人々により、古式捕鯨の技術が確立され、捕鯨と共に生きてきた町です。そしてその歴史やクジラ・イルカの生態を学べる「太地町立くじら博物館」があります。またここには屋外に天然の入り江を利用したプールがあり、クジラとイルカのショーや餌やり、ふれあい体験ができます。

e0164563_08442817.jpg


南紀の熊野灘は、黒潮の影響で水産資源が豊富な海域で、年間を通じて約20種類ものクジラを見ることができます。

クジラの仲間は、口の中にヒゲや歯があることで、ヒゲクジラ類とハクジラ類の二つに分かれ、ハクジラ類の中で特に小さい種類(体長が4m未満)が「イルカ」だそうです。

ゴンドウクジラの口。

e0164563_08442850.jpg


胴付き長靴を履いての海の中でのイルカふれあい体験。孫曰く「なすびみたいやった!」。

e0164563_08442625.jpg


5歳の孫が着ると宇宙服のような胴付き長靴。

e0164563_08442644.jpg


カヌーに乗っての餌やり体験、彼らは前日古座川でカヌー体験済みなので慣れたものです。

e0164563_08442794.jpg


海洋水族館のイルカたち。

e0164563_08442791.jpg


午後からは、熊野那智大社へ参拝。

e0164563_08442765.jpg
e0164563_09022096.jpg


那智大社から眺めるうっすらと春霞がかかる「那智の滝」。

e0164563_08444461.jpg


那智の滝へと通ずる石畳。

e0164563_08444260.jpg


那智原生林から流れ出ている「大川」の流れが、この岸壁にかかり直下133m落下します。

壮観です。

e0164563_08444394.jpg


最終日はあいにくの雨、レンタカーで本州最南端の町「串本」へと向かいました。

串本の海岸の「橋杭岩(はしくいいわ)」、背後の島は「大島」です。

この岩は串本から大島に向かい、約850mの列をなして大小40余りの岩柱がそそり立っています。海の浸食により岩の硬い部分だけが残ったものです。

e0164563_09022158.jpg


そして串本にある「串本海中公園」へ。海中展望塔からは、黒潮の恵みを受け、テーブルサンゴや枝サンゴ、そのサンゴの間をカラフルな色の魚たちが泳ぎます。本州の海とは思えない光景です。この日の水温は19度でした。

e0164563_08445235.jpg


そして締めは地魚の寿司。ゾウリエビ・トコブシ・ノドグロなど串本ならではのネタをいただきました。

e0164563_09022102.jpg


23日の南紀の旅、私の病後の体も温泉で癒せたし、孫たちも十分楽しんでくれたし、

そして地元の親切でいい人達と出会えた思い出が多く残る旅でした。

e0164563_08445373.jpg

# by y-tukide | 2017-04-10 13:31