日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

第8回 大工さんとつくる夏の工作

ツキデ工務店恒例の夏の大イベント「大工さんとつくる夏の工作」を当社の加工場で今年も開催しました。

ツキデ工務店は、天然乾燥の奈良の吉野材を使い、プレカット(機械加工)ではなく大工の手加工で、まさに1棟ずつ手作りの家造りをしています。

その吉野杉を使って、皆様の手で工作していただき、ものづくりの面白さや難しさを大人も子供も楽しく体験していただこうという企画で、今年で8回目となります。

毎年好評で、今年も42127名のご参加をいただきました。

毎年申込者多数で定員を大幅にオーバーする状態が続き、限られた加工場のスペースに詰めすぎると危険と判断し、やむなく今年は昨年より定員を減らし、OBのお客様限定で案内させていただきました。それでも抽選でお断りさせていただいた方々にはまことに申し訳なく思っています。

9時の受け付け前からどんどんと参加者がお見えになりました。

e0164563_12052655.jpg

私の開催の挨拶のあと注意事項の説明を行い、恒例の参加者全員の記念撮影。

e0164563_12054073.jpg

その後これも恒例、作業を始めるにあたり木のこと道具の使い方等を大工の仲西が説明をさせていただきました。

e0164563_12052667.jpg

この日は、大工8名、現場監督7名、設計5名、総務企画3名、大工育成塾塾生1名とインターンシップの大学生1名、そして私と専務の計27名でお手伝いさせていただきました。

さぁー作業が始まります。

e0164563_12054042.jpg

加工場の横には、工作用の図面と弊社の女性スタッフが試作したサンプルが参考に置かれていますが、参加者の三分の一ほどの方はこの日に向けて自分たちが作りたい物を決めて図面持参でお見えになっています。

e0164563_12054079.jpg

作業が始まると会社が用意した図面とサンプル、あるいは自分で用意された図面をもとに大人も子供も真剣に作業されます。

e0164563_12052651.jpg
e0164563_12054135.jpg
e0164563_12054246.jpg

この日、日中の気温が36℃の酷暑、暑さ対策に扇風機とミストファンが活躍します。

e0164563_12054267.jpg

畳の上敷きを敷いたキッズコーナーでは、女性社員とインターンシップの大学生が幼児達を守りし、まるで保育園です。

e0164563_12054136.jpg

マイ箸作りコーナーも毎年人気です。

e0164563_12055864.jpg

作業場の壁には、過去に作られたお客様のオリジナル作品を紹介したパネルを展示しました。

e0164563_12052720.jpg

その横にはツキデ工務店の作業場がある丘陵で、新名神高速道路工事に伴い発掘調査が行われていた「芝山遺跡」の現地説明会の資料と写真のパネルを展示しました。

この丘陵には古墳時代前期末にこの地域を支配していた首長の古墳をはじめその首長を支えてきた人の古墳が21基発掘されています。今回の発掘では、勾玉、鉄剣、青銅の鏡などの副葬品が発掘されました。

e0164563_12052759.jpg

今回も氷を用意したのですが、ここは子供たちのたまり場です。

e0164563_12052767.jpg

お昼ご飯は恒例のおむすび弁当、デザートはかき氷を用意しました。

e0164563_12055714.jpg
e0164563_12055824.jpg

毎年参加者の方がお気遣いただき、さまざまな物を差し入れていただきイベントを盛り上げてくださいます。今回も手作りのストラップをいただきました。

ありがたいことです。改めてお礼申し上げます。

e0164563_12052882.jpg

そして昨年、吉野町に吉野林業を応援するためにツキデ工務店が「企業版ふるさと納税」をさせていただいたこともあり、吉野町から参加者の皆様にと吉野杉の割りばし提供していただきました。


e0164563_12052859.jpg

家族の共同作業での作品が形を成してきました。

e0164563_12054298.jpg
e0164563_12052701.jpg

さぁー完成です。最後に労作と記念撮影。

e0164563_12052835.jpg
e0164563_12055738.jpg

酷暑の一日でしたが、参加者の皆様方のご協力のもと事故もなく無事終了することが出来ました。

皆様お疲れ様でした。

e0164563_12055872.jpg


# by y-tukide | 2017-08-07 13:21 | 見学会・イベント

御坊かいわい

御坊(ごぼう)市は、和歌山県の海岸線のほぼ中央で、日高川の河口に位置します。

御坊は、1500年代浄土真宗本願寺の「日高御坊」の寺内町として発展した町です。人々がこの寺を「御坊様」と呼んだのが地名の由来で、近郷から門徒宗を中心に集まり町が形成され、日高地方の産業中心となりました。

寺内町の中心となる日高御坊。

e0164563_09040254.jpg

日高御坊の周辺には今も本瓦葺の古い街並みが一部見られます。ただ同じ寺内町でも大阪の南河内の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「富田林(とんだばやし)」 に比べると古い街並みが一部点在して残るもののかなり違います。

e0164563_09040294.jpg
e0164563_09040195.jpg

町内の商店街もいずこの地方都市の商店街にもれず見事な「シャッタ―通り」となっています。店の外観も古い建物の道側の外一面をあえて洋風?の店構えに見せた「看板建築」が並びます。

古く歴史ある街並みを生かした店構えの方が、独自性が活かせ集客効果も上がるのではないかと思え残念です。

e0164563_09040122.jpg
e0164563_09040139.jpg

御坊の街には、日本一短い「紀州鉄道」が走っています。

JR御坊駅から営業距離2.7kmのローカル私鉄で、終点は寺内町にある西御坊駅です。

e0164563_09040346.jpg

午前中御坊の街を散策し、その後車で数十分の山手にある臨済宗「興国寺」に行くことにしました。

興国寺は、鎌倉幕府三代将軍源実朝の菩提を弔うために1227年に建立された古刹です。

1585年の羽柴秀吉の紀州攻めで堂塔が失われたのですが、紀州徳川家代々の藩主の加護のもと復興されました。

e0164563_09040222.jpg
e0164563_09040379.jpg

静かな境内にノミを打つ音が響くので音に引かれていくと鐘楼(しょうろう)の改修工事が行われていました。

e0164563_09042211.jpg

鐘楼の上で二人の大工さんが仕事をしていたので、無理を言い仕事を見せていただきました。

二人は「擬宝珠(ぎぼし)」を新たに作っていました。

二人の大工さんは宮大工ではないのですが、元の擬宝珠を参考にし図面もなしで作っておられます。たいしたものです。

e0164563_09042159.jpg
e0164563_09042140.jpg

ここでこの建物の仕事の話をいろいろ伺い邪魔をした後、紀州の海を見たくなり、近くの由良町の半島の先にある白崎海洋公園へと向かいました。

群青の海に白く輝く海岸。

e0164563_09042234.jpg

白い岩肌は、地球の変動が生んだ太古の石灰岩、太陽の輝きで光る白と海の深い青とのコントラストが素晴らしい。

e0164563_09042142.jpg
e0164563_09042133.jpg

園内には、クラブハウスがあり体験シュノーケリング、ダイビングなどのマリンレジャーが楽しめます。

e0164563_09042254.jpg

紀州の海、夏本番です。

e0164563_09042240.jpg


# by y-tukide | 2017-07-31 13:29 | かいわい

紀ノ国 「塩津」散歩

休日、和歌山県海南市下津町にある「塩津」という街を散策しました。

塩津は、紀伊水道の若浦湾に面する人口600人程の小さな港村です。海際の狭い平地に山が迫り、その斜面に密集して民家が建ち並びます。

e0164563_09203470.jpg

塩津は、自然の良港で古くから漁業をはじめ廻船業も盛んで有力な豪商も輩出したそうですが、明治に入り鉄道が開通することにより廻船業は衰退し、今は当時の面影を残しながら静かにたたずむ漁村です。

海際の狭い平地には、当時の繁栄がうかがえる本葺瓦屋根の蔵や商家が残ります。

e0164563_09203341.jpg
e0164563_09203490.jpg
e0164563_09203215.jpg

この集落を歩くと、漁村特有の外壁が板張りの家々の間を狭い路地が迷路のように走ります。


e0164563_09204839.jpg

e0164563_09204993.jpg

海に迫る山の斜面に建つ家々は、この地域から産するのであろう石積みの上に建ち、塀も石積みで独特の風景を形成しています。

e0164563_09204915.jpg
e0164563_09204989.jpg
e0164563_09204964.jpg

急な坂道の路地を登っていても、それぞれの路地に特徴があり面白く、さほど疲れを感じません。

e0164563_09203382.jpg
e0164563_09203321.jpg

建物の多くの屋根は、重厚な「本瓦葺」でこの集落の歴史の重みを感じます。

e0164563_09203488.jpg
e0164563_09203330.jpg

山上に建つ静まりかえった塩津小学校。

20153月に5人の卒業生を送り出し休校となりました。塩津小学校は、明治6年に開校し、ピーク時には300人以上の児童が在籍していたそうです。通常なら廃校となるところですが、保護者や地元から「地元のシンボルとしての学校を失いたくない」という強い要望により休校の扱いとなり、いったん142年の歴史を閉じました。

e0164563_09203440.jpg

港に降り、漁に出る準備している漁師さんに話しかけると、イワシを餌にタコをとりに行くとのことでした。

e0164563_09210725.jpg

6月初めのこの時期、この辺りではシラス漁がおこなわれていて、ゆで上がったシラスを土産にすることができました。

e0164563_09203245.jpg

塩津の集落を散策していて、空き家や朽ちた家屋・空地が目立ったのですが、この集落独特の貴重な風景が残り続けてくれることを願うばかりです。

e0164563_09204814.jpg


# by y-tukide | 2017-07-24 10:52 | 散歩

光雲寺「看月亭」改修工事

現在、ツキデ工務店は、南禅寺の境外塔頭(けいがいたっちゅう)である光雲寺の境内にある数寄屋建築「看月亭」の改修工事をさせていただいています。

光雲寺は、臨済宗南禅寺派に属し、南禅寺北ノ坊とも呼ばれ、もとは摂津国天王寺にあったそうです。開山は南禅寺開山大明国師によって1280年に開創されました。その後戦乱によって荒廃し、江戸時代初めの1664年に南禅寺第二百八十世英中禅師によって南禅寺の北の地に移し再興されました。

東山連峰の麓に建つ光雲寺。

e0164563_09031122.jpg

再興された当初は、五千三百坪の広大な敷地に七堂伽藍を完備したと伝えられています。現存する仏殿と明治天皇寄進の鐘楼とが当時をしのばせます。

また光雲寺は、徳川家康の孫、徳川二代将軍秀忠の娘である和子(まさこ)、のちに後水尾天皇の中宮となった「東福門院」の菩提寺でもあり、仏殿には東福門院像が祀られています。

e0164563_09031264.jpg
e0164563_09031273.jpg

今回、改修工事をさせていただいています「看月亭」は境内の東、「哲学の道」に面する庭園の中にあります。

e0164563_09031194.jpg

看月亭には、書院造りの八畳の座敷と三畳台目(だいめ)の茶室があり、その前に東、南側に面して敷瓦敷きの土間があります。

e0164563_09032588.jpg
e0164563_09031131.jpg

その土間の天井は、軒先から伸びる化粧垂木の磨き丸太、さび丸太、女竹(めだけ)、杉の木舞で組まれ、黒部(くろべ)の木の目にそって薄く割った「ヘぎ板」の天井板が張られています。

e0164563_09032379.jpg

ただ軒の銅板一文字葺の屋根が腐食し、そこから雨水が差し込み、軒の鼻先が腐った状態でした。

e0164563_09031002.jpg

今回の改修でこれをいかに利口に修理するかが最大の課題でした。

そして今回とった手法は、軒桁の先から丸太を切り取り、そこに新たな丸太をボルトでつなぐ方法です。

ただつなぐだけでは軒の荷重で垂れてしまうので、野垂木(のだるき)で軒先の広小舞(ひろこまい)をつり上げることにしました。

野垂木とは、化粧垂木の上の設けた屋根を葺くための本来の垂木のことです。

e0164563_09031084.jpg
e0164563_09032206.jpg

こうして軒桁から朽ちた丸太を切り落とし、新たに丸太をつなぎ、女竹、杉の木舞を組みます。

e0164563_09032186.jpg
e0164563_09032178.jpg

そして丸太の間に流した女竹とそれと直行する女竹、木舞を「つる」で結びます。

e0164563_09032276.jpg

「つる」を結ぶにも結び方があるのですが、ベテラン大工が若い大工に教えている様子がほのぼのしい限りです。

e0164563_09032252.jpg

この「つる」3mほどの長さで500円するのです。

e0164563_09031166.jpg

そしてその上から黒部(くろべ)のヘギ板を張ります。

e0164563_09031315.jpg
e0164563_09031286.jpg

秋には完成の予定です。

完成すると宿泊施設として生まれ変わります。

完成が楽しみです。

e0164563_09032162.jpg


# by y-tukide | 2017-07-19 09:32 | 仕事色々

城陽市「上大谷の家」完成見学会―自然素材を使った大規模リフォーム―

34年の木造2階建住宅が、ご夫婦と3人のお子さんが安心して暮らせる、自然素材に包まれた健康的な家に生まれ変わりました。

そして78日(土)・9日(日)の両日、お施主様のご厚意により引き渡し前の完成見学会をさせていただきました。

今回も大変多くの皆様にご参加いただきスタッフ一同感謝しています。

e0164563_15315249.jpg

改修前の外観。

e0164563_16041663.jpg

改修後の外観。

車がもう一台入れられるように前庭を撤去し駐車場を新たに設けました。

e0164563_15314130.jpg

駐車場を新たに設けることにより、玄関の位置を変えました。

e0164563_15314125.jpg

改修前の玄関ホール。

e0164563_16041436.jpg

改修後の玄関。

玄関土間に玄関収納を設けました。

玄関収納からはキッチンにもつながり、家人にとって便利な動線を確保しました。

e0164563_16042055.jpg

e0164563_15314251.jpg

改修前は、DK、リビング、広縁と三つに部屋が仕切られていました。

e0164563_16041822.jpg

改修前は区切られていた3室の間仕切り壁をなくし20畳のLDKとしました。

LDKに設けた大きな窓からは、庭が望めます。

e0164563_15314086.jpg
e0164563_15315299.jpg

リビングの一角にPCカウンターを設けました。

床は楓(メープル)材のフローリングで、壁は調湿性・脱臭性の高い湯布珪藻土で仕上げ、天井の一部は吉野杉を張りました。

e0164563_15315332.jpg

リビングに隣接する和室。壁・天井の仕上げは、和紙張りです。

寝室として活用される予定です。

e0164563_15315293.jpg

南側に面する和室には、物干し用のウッドデッキがあります。

e0164563_15312148.jpg

和室からも洗面・脱衣場・浴室・トイレにつながります。

e0164563_15315235.jpg

階段室に本棚を設けました。

e0164563_15312194.jpg

34年目にして耐震性・断熱性も向上し生まれ変わったこの家が、これから新たに30年、40年と住み継がれていくことを思うと、設計施工した工務店として冥利に尽きます。

e0164563_15314021.jpg


# by y-tukide | 2017-07-10 16:07 | 見学会・イベント