日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

奈良 大宇陀散歩

この日曜日、奈良盆地の東方に位置する山間の地、宇陀(うだ)という所で築60年の古民家改修の依頼があり、調査に行ってきました。
昼過ぎに調査を終え、そのあと久しぶりに大宇陀の松山地区をぶらぶら歩きました。ここにはこれまで何度か訪れています。
大宇陀は、松山城の城下町であるとともに、古代には「阿騎野」と呼ばれ、宮廷の薬猟の地でもあります。また「万葉集」の歌人「柿本人麻呂」が天皇の薬猟に随行して読んだ歌「東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」でも知られる「かぎろひの里」としても有名です。
「かぎろひ」とは厳冬の良く晴れた日の出の1時間程前、東の野のかなた一面があかね色や紫色に染まるなかなか見られない自然現象です。ちなみに毎年陰暦の11月17日の早朝にかぎろひを見る会が行われています。

江戸時代、松山地区には商家が建ち並び、薬の町として最盛期50軒以上の薬問屋があったそうです。現在も往時の様子を伝える江戸時代からの建物が現存し、風情ある町並みを形成し、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

松山地区の町並み
e0164563_1723165.jpg

e0164563_17231314.jpg

e0164563_17233695.jpg


この建物は江戸時代の建物で元禄15年創業の造り酒屋さんです。
e0164563_17235392.jpg


山邊家住宅、この建物も江戸時中期の建物でこの地区の中で年代が判るものでは最古の町家です。
e0164563_850524.jpg


唐破風付きの豪勢な造りの看板が上がる旧細川家住宅。現在は宇陀市が管理し大宇陀歴史文化館「薬の館」として公開されています。細川家2代目の次女が生んだ子供は藤沢薬品工業(現アスレラス製薬)の創設者だそうです。
建物は江戸末期のもので館内には当時の興味深いものがいろいろ展示されています。
e0164563_17262154.jpg


藤沢薬品工業の当時の商標だった鐘馗さん。
e0164563_17263044.jpg


当時の薬の看板いろいろ。
e0164563_17264317.jpg


こんな看板も。
e0164563_17265399.jpg


この図面は東京芸術大学建築科教室の学生さん達が、この建物を実測し書き上げた図面集の一枚です。
e0164563_1727659.jpg


薬の町大宇陀にある国史跡「森の旧薬園」は、民間の薬草園としては日本最古のもので、園内には約250種類の薬草が栽培されています。先週降った雪がまだ残る薬草園には、春を告げる花、福寿草が咲いていました。
e0164563_17272269.jpg

e0164563_851598.jpg

by y-tukide | 2014-02-24 17:27 | 散歩