日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

美濃中山道 垂井宿

私は、15年程前に湖国「滋賀」の情報発信する出版会社「サンライズ出版」が出版した近江歴史回廊シリーズ冊子の「近江中山道」を片手に、京都三条大橋から草津宿を経て美濃の関ケ原宿まで近江中山道を何日かかけて歩きました。
その時の味が忘れられず、今回中山道を関ケ原宿から美濃路へと行くことにしました。ただ美濃路はおおちゃくして車での中山道行です。
名神高速関ケ原ICを下り、関ケ原宿から東に次の垂井宿へと走ります。
R21号線をそれ旧街道に入ると街道の両脇に松並木がつづきます。
e0164563_1113540.jpg


垂井宿の手前にある「一里塚」。
徳川家康は街道整備のため、主要街道に一里(約4キロ)ごとに距離の目安と旅人の休憩場として街道を挟んで2基の一里塚を設置しました。現在は南側の一基だけが残っていますが現在中山道で2カ所残る一里塚の一つで、交通史上重要な遺跡として国の史跡に指定されています。
e0164563_1113164.jpg


安藤広重が描いた垂井の一里塚周辺の浮世絵。
e0164563_11132685.jpg


行く前に何の下調べもせず来たものですから、垂井駅の前にあった案内所により関ケ原宿から垂井宿、次の赤坂宿への簡単な地図をいただき垂井宿を散策しました。
黒漆喰で仕上げられた「つし二階」の両側に「袖うだつ」が設けられたこの建物は、国登録有形文化財の「小林家住宅」。
幕末ごろに建てられた建物で、昭和初期まで「亀屋」という旅籠(はたご)を営んできた建物です。
e0164563_11133869.jpg


この建物の軒下には、防火用の「濡れむしろ掛け」があり、袖うだつと共に防火対策が施されています。
e0164563_11134729.jpg


街道沿いに建つ本龍寺の太鼓楼。
e0164563_11135791.jpg


こんな食堂が。
e0164563_1114638.jpg


200年ほど続いている亀丸屋旅館、現在も旅館として営業されています。
e0164563_11141546.jpg


「垂井の泉」。
岐阜県の名水50選に選ばれた泉で、泉のほとりの大ケヤキの根本から湧きだし、「垂井」の地名の起こりとされているそうです。
湧水が流れ出す水路で農家の方が野菜を洗われていました。
今も地域の方の生活用水としても使われているようです。
e0164563_11142527.jpg


中山道の美濃国一の宮である南宮大社の参道に建つ巨大な石の鳥居がある交差点から、蔵が建ち並ぶ道を行くと、「美濃国府跡」があります。
国府とは、奈良・平安時代に地方統治のための国ごとに置かれた役所のことです。
e0164563_11143633.jpg

e0164563_11144449.jpg


そして垂井宿の東には「美濃国分寺跡」があります。
一千二三百年前はまさに垂井周辺が美濃国(岐阜県)の中心地であったことには驚かされました。
次は「赤坂宿」へ。
e0164563_11145561.jpg

by y-tukide | 2015-03-16 11:15 | 街道を行く