日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

中山道美濃路 御嵩宿から細久手宿を行く

4月半ばは、雨続きのうっとうしい天気が続いていましたが、久しぶりの晴天に恵まれたこの日、御嵩宿(みたけしゅく)から細久手宿へと中山道を行きました。
e0164563_11333750.jpg


中山道美濃路十六宿の内、西の端の今須宿から御嵩宿までは、鵜沼宿と太田宿の間にある「うとう峠」以外は平たんな道中なのですが、御嵩宿からは山道がつづき、小原という所では山里ののどかな風景が広がります。
e0164563_1133502.jpg


「右京へ四十里十三丁 左江戸へ九十四里八丁」ときざまれた古びた石の道標が立つあたりから謡坂石畳(うとうざかいしだたみ)がつづきます。
e0164563_1134030.jpg


謡坂の地名の由来は、このあたりの上り坂がとても急なため、旅人達が自ら歌を唄い苦しみを紛らわしたことから「うたうさか」と呼ばれていたのが次第に転じ、「うとうざか」になったのだと言われています。
e0164563_11341462.jpg


薄暗い林を走る街道の道端に咲く、木漏れ日うけたシャガの花が一息つかせてくれます。
e0164563_11342677.jpg


人ひとり出会わない山道、道端の野仏が往時の面影を伝えてくれます。
e0164563_11343976.jpg


一呑清水(ひとのみのしみず)。
中山道を旅する人々にとってここは喉の渇きを潤し、旅の疲れをいやす場所であったのでしょう。
e0164563_11345227.jpg


街道からちょっとはずれた所に「七御前マリアの里」があります。
昭和56年この地区での道路工事中に、たまたま地中からキリシタン信仰の遺物、十字架を掘った自然石が数点発掘されました。
江戸時代、幕府の厳しい取締の中この地域にはキリシタン信者が多くいて、命をかえりみることなく信仰を続けたのです。
e0164563_1135496.jpg


このあたり今は竹や木々が生い茂っていますが、石垣だけが残る民家跡があり往時が偲ばれます。
e0164563_11351663.jpg


山道を登りきると「諸ノ木峠」につきます。
皇女和宮が将軍徳川家茂に輿入れのさいここで休憩した御殿場跡があり、その北側には見晴らし台があります。ここからは遠くは南アルプスの美しい山々が一望できるらしいのですが、周りに木々が高く生い茂りその景色は見ることができませんでした。
e0164563_11352789.jpg


ここからは下り、下りきると細久手宿です。
奥深い山の中の宿でひなびた風情が漂っています。
e0164563_11361133.jpg


宿には「大黒屋」という老舗の暖簾を誇る宿屋あり、なんと今も140年前と変わらぬ姿で営業されています。
e0164563_11354974.jpg


この日は一日中晴天に恵まれ、新緑を楽しみしながらの街道歩きができました。
街道は次の大湫手宿(おおくてしゅく)へと続きます。
e0164563_11355961.jpg

by y-tukide | 2015-04-27 11:36 | 街道を行く