日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

観音正寺かいわい

京都駅から新幹線で東に向かうとき、近江八幡を過ぎたあたりの左手に小高い山が車窓から見えます。
山の名は繖山(きぬがさやま)別名観音寺山、標高433mの山です。山頂付近には、西国三十二番札所である「観音正寺(かんのんしょうじ)」があります。
この山を見ると、懐かしさにかられ一度観音正寺に行ってみたいといつも思います。
というのは私が高校時代、私の友人の家が観音正寺の住職と親戚筋にあたり、当時勉強の合宿と称し、一週間ほど友人と二人でお世話になった思い出でがあるからです。
また観音正寺の本堂が、平成5年に失火で焼失したことを知ってから余計に気になっていたこともあります。
それで今年の4月の終わりごろの休日、思い立ち四十数年ぶりに観音正寺に行ってきました。
当時は歩いてしか登れなかったのですが、今は車で寺の近くまで行けるそうなのですが、この日は山の麓の「安土町石寺」に車を置き、表参道を登ることにしました。

表参道の入り口の石寺の集落。
e0164563_9561228.jpg


表参道に建つ道標。
この近くには近江中山道が走り、和歌などで詠まれた「老蘇の森(おいそのもり)」があります。
この道標は、中山道から観音正寺へと続く表参道と山麓を巡る道の十字路に建てられています。
e0164563_9562296.jpg


観音正寺のある観音寺山には、室町時代以来近江国の南半分を支配した佐々木六角氏の拠点となった山城の観音寺城跡があります。当時石寺あたりは城下町で日本最初の「楽市楽座」があったそうです。
石寺集落の街並み。
e0164563_9564843.jpg

e0164563_957058.jpg


集落内にある廃船の板を再利用した「船板」を腰に張った蔵。
e0164563_957968.jpg


参道沿いに建つ「日吉神社」。
観音正寺の守護神として近江阪本の「日吉神宮」より勧進されたもので、平安末期の作と考えられる地蔵菩薩が祀られています。
このあたりから登りがきつくなります。
e0164563_9572336.jpg


1300段の自然石の石段。
白洲正子も観音正寺を訪れた時には音を上げたそうです。
寺にお世話になっていた時、友人と私に与えられた寺の仕事は、八日市か能登川だったか町に買い出しに行くことで、今は考えられませんが石段を競争して上り下りしたことが思い出されます。
e0164563_9573956.jpg


50分ほどかけてきつい石段を登りようやく観音正寺に着きました。
e0164563_11833.jpg


境内からの眺め。
e0164563_9581080.jpg


観音正寺は、聖徳太子よって伽藍が建立されたものですが、太子がこの地を訪れた際に出会った「人魚」の願いによって建立されたと伝えられています。
私がここでお世話になった時、確かに本堂の奥に顔が人間で胴体が魚の、確か30~40㎝程のミイラを御住職に見せてもらいました。そのミイラも火災で焼失しました。
平成5年に焼失し、平成16年に再建された本堂。
e0164563_9581910.jpg


あの時に寝起きさせていただいた庫裏は火災を逃れ当時のままでした。
初めてここに訪れた日の夜に、当時若かった御住職が私たちに、佐々木六角氏が織田信長に攻められ観音寺城が落城し、寺近辺でも多くの武者が惨殺され、自害し成仏できない霊が夜な夜なさまよっているとの怖い話を散々聞かされ、あたりが真っ暗な山寺で一人でトイレにいけず寝付けず、えらい目にあったことが懐かしく思い出されました。
e0164563_958298.jpg


当時の御住職は、今は八十数歳になられ里に下り隠居され、息子さんが継がれているとのことでした。
現在、寺では聖徳太子が崩御されて1400年を迎えるに当たり記念事業として、本堂横の石積みの下あたりに「六角堂」の建立と平成5年の本堂焼失前の境内復元整備を計画されています。
e0164563_9583945.jpg


そのことを知り当時お世話になったお礼の気持ちも含め寄進させて頂こうと、御住職を訪ねたのですが、あいにく不在で直接お渡しすることはできませんでした。
後日にご丁寧に当時の山寺の暮らしの様子なども記されたお礼の手紙をいただきました。
e0164563_1052246.jpg


帰り道、私も若き日の思いでを懐かしむ歳になったのだなとつくづく思いながら山を下りました。
e0164563_1053328.jpg

by y-tukide | 2015-07-13 10:05 | かいわい