日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

北国海道 堅田から勝野を行く

この日はJR湖西線堅田駅で降り高島の「勝野」へと向かいました。
国道161号線をしばらく歩き、左に分岐する道が旧街道で、このあたりが「小野」の集落です。
街道沿いに茅葺の民家が一軒ありました。
e0164563_14285097.jpg


このあたりは古代の豪族「小野氏」のふるさとです。日本最初の遣隋使である「小野妹子」の輩出した地で、近くには小野妹子の墓と伝えられる唐臼山古墳があります。
小野の集落の家並みを見ながら進むと左手に「右 北国海道」「左 小野の社・小野の塔」と記された小さな道標があり、この参道を行くと「小野篁神社(おののたかむら)」「小野神社」「小野小町の塔」があります。
正面の小野篁神社の本殿は室町時代のものとされ重要文化財で、左手奥にひっそりたたずむ小野神社は、菓子や餅の祖神として崇められています。
e0164563_1429485.jpg


小野の集落を過ぎると「和邇(ワニ)」の集落に入ります。
このあたりは日本に漢字や儒教を伝えたとされる人物を祖とする古代の豪族「和邇氏」の郷です。
「小野」にしろ「和邇」にしても今はひっそりした集落ですが、日本の歴史形成において活躍した人達を輩出した地であることを思うと感慨にひたります
e0164563_1429203.jpg


ここからは道は湖岸に向かい「中浜」という集落に入ります。
浜の近くに建てられた説明書きによると、このあたりは明治18年と29年に水害に見舞われ集落がすべて水没したそうです。現在湖岸に残る石垣は、当時の人々の水害に対する苦労のあかしです。
e0164563_14293573.jpg


和邇漁港。
e0164563_14294822.jpg


湖岸を後に道は国道161号線と合流し「木戸」の集落に入ります。
ここは北国海道の宿場でした。比良山地の山裾にある「樹下神社(じゅげ)」の眼下に集落が広がります。
e0164563_14295929.jpg


このあたりからは比良の山々が湖岸にせまります。
海道は国道161号線を行くことになるので、海道をはずれ湖岸の道を歩くことにしました。
e0164563_14301163.jpg


北比良の集落。
e0164563_14302398.jpg


昨年、ツキデ工務店が北比良の集落内で古民家の母屋と離れを再生・改修工事をさせていただいたのですが、そのお宅の前を通りました。
e0164563_14303673.jpg


このお宅からちょっと行くと湖岸にで、対岸の長命寺の山々と沖ノ島が望めます。
e0164563_14304980.jpg


湖岸沿いを先へ進むと「雄松崎」通称「近江舞子」に続きます。ここは景勝地と知られ琵琶湖八景のひとつ「雄松崎の白汀(はくてい)」として有名です。
e0164563_1431236.jpg


さらに進むと「北小松」の集落に入ります。
地元の方に話を聞くと、現在北小松の集落には二百数十軒の民家があり、その中に佃煮屋が5~6軒あるそうです。ここから沖ノ島までは十数キロの距離で、昔は沖ノ島の漁師が漁をした後、島に帰るより北小松に寄港したほうが早い場合は、ここで魚介類おろし佃煮に加工されたそうで、そのための宿もあったそうです。
e0164563_14311432.jpg


北小松漁港。
e0164563_143127100.jpg


北小松漁港を過ぎ国道161号線を北上し「鵜川(うかわ)」集落に入ると湖中に朱の鳥居が見えます。ここが「白髭(しらひげ)神社」です。
現在の社殿は、豊臣秀吉の遺命により秀頼が片桐旦元(かたぎりかつもと)を奉行として造営されたもので重要文化財に指定されています。
e0164563_14313786.jpg


さらに北に進むと「鵜川四十八体石仏群」が静かにたたずんでいます。
伝えによると戦国時代の武将、佐々木六角義賢(よしかた)が亡き母の菩提を弔うために建立されたもので、長年の風雪によって風化し、表情に風情が感じられます。
e0164563_14351349.jpg


この先が「勝野」へと続きますが、この日はこれまで。
JR湖西線近江高島駅から帰路につくことにしました。
e0164563_14322148.jpg

by y-tukide | 2015-11-02 09:30 | 街道を行く