日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

枚方の古民家再生工事

2月から大阪の枚方市で古民家の再生工事を行っています。
敷地内には、母屋をはじめ蔵が二つ・門・離れ・長屋などがある大きな屋敷です。今回の再生工事は母屋を中心に伝統構法で行い、工期は年内いっぱいかかると思います。
この母屋は、ご主人の話によると明治の終わり頃に京都の新柳馬場頭から移築されたそうです。移築されて100年ですので、この建物が最初に建てられた年数はもっと古いということです。
この建物は多分、「表屋造り(おもてやづくり)」の京町家で、道路に面した店舗部のその奥の居住用の建物だと思われます。そしてその材は、淀川を船で枚方の湊に運ばれたそうです。

母屋の玄関側。
写真右側にある格子戸の玄関は、元は家人用の玄関で、家長や客を迎える玄関は別にありました。そこは現状では居室になっています。今回の工事ではその玄関をもとに戻す計画です。
e0164563_914012.jpg


西側の庭に面する座敷側の外観。
京にあった時の道路に面する向きが、移築された場所の道路の向きと違うので、玄関と座敷の位置関係が不自然です。そのために移築された際に、元の建物の一部も改築されています。
e0164563_91494.jpg



通りにわ(走りにわ)の一部は板張りになっています。
タイル張りの流しとレンガ積みの「おくどさん」があります。
e0164563_9153962.jpg

e0164563_15413476.jpg


通りにわの「火袋(吹き抜け)」に組まれた松の丸太組み。
e0164563_9203374.jpg


通りにわにある水屋、これも再利用します。
e0164563_9205520.jpg


当時、家人が食事をした台所。
右側の「舞良戸(まいらど)」を開けると物入れとして使える階段があります。
e0164563_15414972.jpg


2階にある十畳の座敷、庭を見下ろせる縁の欄干が粋です。
1.5間の床ノ間には四方柾の床柱が使われています。
e0164563_9222358.jpg


現在、建具など再利用するものを取り外し、まずは床から解体し始めました。次は足場を組み養生し屋根瓦を下ろします。さてこれからが本番です。
e0164563_92233100.jpg


この建物が建つ近くを江戸時代、京都の伏見と大阪の高麗橋へとつながる「京街道」が走っています。京街道には、「伏見宿」・「淀宿」・「枚方宿」・「守口」の四宿があり、東海道五十三次から続きます。そしてこの建物はその「枚方宿」にあります。
枚方宿を歩いてみると所々に、当時の面影を残す建物が残っています。

この建物は「木南喜衛門家」、江戸時代初期から庄屋と問屋役人を兼ねていたそうで、木南家は「楠木一族」の末裔がそうです。現在もお住まいになっています。
e0164563_9224477.jpg


この建物は「鍵屋」という屋号の船宿でした。
京街道と並行して流れる淀川には「三十石舟」が往来し、京都と大阪の中間にあたる「枚方宿」は、特に旅籠や船宿が多く大層賑わったそうです。
現在この建物は枚方市指定文化財で「私立枚方宿鍵屋資料館」として活用されています。
e0164563_1542688.jpg

e0164563_923781.jpg


鍵屋資料館がある街道周辺には「うだつ」が上がる町家が数軒あり、住宅としてまた喫茶店などの店舗として活かされています。
e0164563_9232929.jpg


今この「枚方宿」では、歴史あるこの町を大切にし地域の活性化をめざし、毎月第2日曜日に「枚方宿くらわんか五六市」が行われています。「くらわんか」というのは、淀川を行きかう三十石舟に小さな船で接近し「餅くらわんか~、酒くらわんか~」と北河内のちょっと荒っぽい河内弁の売るのが有名でした。
昨年の12月に打合せに訪れた時たまたま市が行われていて、沢山の店が出展され多くの市民が参加し賑わっていました。
e0164563_15421636.jpg


歴史ある「枚方宿」がいつまでも魅力ある町であることを願い、
今回の古民家再生工事を頑張りたいと思います。
e0164563_92444.jpg

by y-tukide | 2016-02-29 16:36 | 仕事色々