日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

建物探訪「デ・レーケを学び、明治村・如庵を見る」

ツキデ工務店の社員有志による建物探訪、今年2回目は、まずは濃尾平野を流れる木曽川・長良川・揖斐川の「木曽三川」の輪中(わじゅう)の中にある「木曽川文庫」に行き、デ・レーケのこと、明治の治水技術のことを学ぶ。
次に明治の建物の博物館である「明治村」と犬山にある織田信長の実弟である茶人織田有楽斎が建てた国宝の茶室如庵(じょあん)を見る企画です。今回は私を含め8名が参加しました。
実はこの企画内容は、昨年の5月に奥村まことさん達と行ったコースでもあります。そのまことさんが今年の2月に逝去され、それが私との最後の旅となりました。

まずは、木曽川文庫のある船頭平(せんどうひら)河川公園にある重要文化財に指定されている「船頭平閘門(こうもん)」の見学。
e0164563_9273364.jpg


閘門とは、水面の高さが違う川・海を進むときに水門で水を調整し、水面の高さを一定にたもつ水門です。船頭平閘門は木曽川と長良川をつなぐ水門で今も現役で働いています。
e0164563_9274739.jpg


その後、デ・レーケの像の前で木曽川下流河川事務所の方に説明を受けました。
デ・レーケは、オランダの土木技術者で、明治政府に招かれ明治6年に来日し30年間滞在し、数多くの治山治水・港湾事業の現場指導をし、日本の土木技術と土木事業に多大な貢献をした方です。
とりわけ明治20年から24年間かけて行われた木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)の下流改修事業は、慢性的な水害の減少、流域での農耕地の増加、全国の河川改修の促進の契機となり、「木曽三川治水の恩人」と慕われています。
e0164563_9275630.jpg


木曽川文庫内の貴重な資料を前に、現在にも通じる明治の治水技術の興味深い説明を受けました。
e0164563_928775.jpg

e0164563_9281515.jpg


一時間半ほど見学し説明を受けた後、次に向かったのは明治の貴重な建築が保存されている「明治村」です。
ここでの皆のお目当ては、フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル中央玄関です。
e0164563_9282798.jpg


この建物の取り壊しが告げられた当時、奥村まことさん達は建物を守る運動に参加し、建物の実測をされたそうです。
e0164563_9283754.jpg


この建物は、大阪の池田にあった芝居小屋の「呉羽座(くれはざ)」、重要文化財に指定されています。この建物は私の妻の実家の近くにあったもので、妻もよく覚えています。
e0164563_9284716.jpg

e0164563_928555.jpg


若い社員達は知らない、漫才師の横山エンタツ・花菱アチャコなど、なつかしい芸人さんの写真が飾られていました。
e0164563_929389.jpg


2時間ほどの明治村見学、私以外は初めて訪れたスタッフ達にとっては、ちょっと時間不足でした。
そして次に、明治村から20~30分程のところにある如庵がある有楽苑(うらくえん)へと向かいました。
有楽苑内には、国宝の如庵をはじめ三つの茶室と如庵に隣接して有楽斎の隠居所として建てられた重要文化財の旧正伝院書院などがあります。
e0164563_9291313.jpg

e0164563_9292272.jpg


有楽苑の隣には、日本の五つの国宝の城の一つである「犬山城」とその城下町があり、そしてそばを流れる木曽川の対岸には美濃中山道の「鵜沼宿」など、皆を案内したいところがあるのですが残念ながら時間的にとても無理。
それでも今回も盛りだくさんの内容でした。さて次回はどんな企画になるのやら!
e0164563_9293228.jpg

by y-tukide | 2016-05-30 11:31 | 建物探訪