日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

伊勢街道を行く

伊勢街道は、四日市日永の追分で東海道と分岐して、伊勢湾沿いを南下し伊勢へと至るおよそ十八里(72km)の道です。

「伊勢に行きたい伊勢路が見たい。たとえ一生に一度でも」と伊勢音頭にも歌われ、多くの人があこがれた伊勢参り。もともと伊勢神宮は皇祖神を祀る神社として一般人は参拝することができなかったのですが、室町~戦国時代ごろには庶民の伊勢参宮もかなり一般化したと言われています。

そして江戸時代には、人々が熱狂的に伊勢を目指した「おかげ参り」が5060年周期で流行し、伊勢街道は、東海道に次ぐ交通量が多いにぎやかな街道でした。

この日私は車で三重県の津駅まで車で行き、駅近くの駐車場に車を止めそこで相棒をおろし、伊勢街道を相棒と松坂まで走りました。

e0164563_10373998.jpg
 

駅前を走る伊勢街道を南下し安濃川を渡り進むと左手に仁王門が見え、その仁王門をくぐると奥に日本三大観音の一つ「如意輪観音堂」が現れます。

「津の観音さん」として庶民に親しまれこの辺りは大変賑わったそうですが、先の大戦の空襲で町と共に焼失し、現在の建物は昭和55年から随時再建されたものです。

e0164563_10373918.jpg

伊勢街道は、仁王門の前にある大門商店街を走りますが、かつては旅籠や商店で賑わい、問屋・本陣・脇本陣などがあったそうですが今はその面影は全くありません。

e0164563_10374055.jpg

岩田川を渡り1kmほど走ったあたりからは、空襲を逃れたのか街道筋には「平入り」の格子が特徴的な町家が一部連続あるいは点在しています。この辺りもさぞかし賑わったのでしょう。

e0164563_10374018.jpg

思案橋。

小さな川に架かる橋の欄干の側面には、松、扇、梅が浮き彫りにされています。この橋の近くに遊郭があったそうです。北陸の三国にも遊郭の入り口に架かる思案橋がありました。

e0164563_10374095.png

街道沿いに広がる田園風景。

e0164563_10374027.jpg

雲出川という川に架かる橋のたもとに大きな常夜灯があります。

今は橋がありますが当時はこの辺りに渡しがあったのでしょう。

e0164563_10375108.jpg

橋を渡った伊勢街道沿いに「松浦武四郎記念館」があります。

松浦武四郎は、幕末6度にわたり蝦夷地の探検をおこない、明治維新後は蝦夷地開拓に関わり「北海道」の名付けの親だそうです。

この建物は生家で現在は記念館として保存されています。

e0164563_10411695.jpg

ここは「月本追分(つきもとおいわけ)」。

伊勢街道と奈良街道の分岐点です。伊勢街道で最大の道標には、「右さんぐうみち」「右いがご江なら道」と彫られています。常夜灯の裏の建物は、「角屋」という元旅籠の建物です。

e0164563_10375119.jpg

追分を過ぎ「市場庄」というあたりには、伊勢地方に多い建物の妻側に入り口がある「妻入り」の立派な建物が軒を連ね、国の重要伝統的建築群保存地区に指定されてもいいような街並みを形成しています。

e0164563_10375232.jpg

街道沿いの長い土塀と「なまこ壁」の立派な長屋門のある家。

この辺りは裕福な土地柄であったようです。

e0164563_10375245.jpg

この辺りというか伊勢地方の多くの民家の玄関には、一年中正月のしめ飾りが飾られています。

e0164563_10373887.jpg

街道沿いの酒屋さんを覗いてみると店先に立ち飲みコーナーが。

昭和から時間が止まったままのお店です。

e0164563_10373879.jpg

そして街道は、松坂の市街地に入りました。

入って早々に「松坂商人の館」があります。この建物は豪商であった小津家の旧住宅です。

e0164563_10373938.jpg

松坂は、三井家をはじめ松坂商人を輩出した町です。

松坂商人は、松坂城を築き城下町を開いた蒲生氏郷が、郷里の近江から有力な近江商人を松坂に呼び寄せ住ましたのが始まりです。

e0164563_10373914.jpg

その松坂城は、今は石垣を残すのみです。

e0164563_10375226.jpg

その城内に江戸時代の国学者である「本居宣長(もとおりのりなが)」の旧宅が移築されています。

本居宣長は松坂の豪商の家に生まれ、親は当然商人にしようと手を尽くしましたが、本人は全くその気がなく医術を京で学びのちに国学者になったのです。

この建物の「みせの間」と「なかの間」の前に設けられた坪庭が効果的に活かされた町家です。また小屋裏2階に設けられた数寄屋の四畳半の小間も宣長がこもり思料にふけたであろう最高の空間です。実にいい建物です。

e0164563_10375356.jpg

その後松坂の街を相棒とぶらぶらした後、JR松坂駅で相棒を折り畳み、車が置いてあるJR津駅へと帰ることにしました。

e0164563_10375412.jpg


by y-tukide | 2018-05-28 09:00 | 街道を行く