日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

(仮称)みんなのき三室戸こども園茶室

宇治橋の東づめに建つ元米屋さんの店舗内に、六畳広間と四畳半小間の茶室がこの度完成しました。
完成写真を撮らせていただきましたので掲載させていただきます。

この茶室は、社会福祉法人「宇治福祉園」様から依頼された工事です。宇治福祉園の「みんなのき三室戸こども園」では、和紙作り・稲作り・草木染・お茶会など子供たちに「本物」の体験を通じて豊かな感性と本物の魅力を知るといった教育をされています。

今回の茶室も、ちゃんとした茶室で子供や父兄が気兼ねなくお茶を楽しめるように、また茶の町宇治でいろんな人達がお茶を楽しめるようにと企画されたものです。

宇治川に架かる宇治橋。

茶室はこの橋を渡ったところにあります。

e0164563_15593813.jpg

工事前の米屋さんの現場発泡の断熱材で包まれた冷蔵庫。

この中に茶室をつくりました。

e0164563_15594082.jpg
e0164563_15594020.jpg

今回の工事は、私とツキデ工務店で最も古いベテラン大工が中心に、本間物の良質な材料と伝統的な技で、建具・表具・左官屋など様ざまな職人達と仕上げた仕事です。

そしてあの冷蔵庫がこんなに変わりました。

e0164563_15593971.jpg

六畳間の「床の間」は、前に袖壁をつけた「ふくろ床」。

床柱は皮付きの赤松、地板と床脇の前板や地袋の天板は、松の赤身の「肥松(こえまつ)」、袖壁の方立は「スス竹」、これらは古材を再利用しています。

e0164563_15595514.jpg

袖壁の「下地窓」は、在庫があった「女竹(めだけ)」を使い大工がつるで編んでくれました。

床の地板の「蹴込み」には「ゴマ竹」を用いています。

e0164563_15595588.jpg

六畳間の続きの2尺ほど(約600mm)の部分は吉野桧の板張りとし、その上に垂れ壁を設け格子を付けその中にエアコンを仕込みました。垂れ壁の壁止まりは桧の「さび丸太」、天井は「柿渋紙」を「袋張り」し、廻り縁にはここでも「女竹(めだけ)」使用しています。

また壁の真ん中に「ゴマ竹」を立てました。

e0164563_15595555.jpg

この面の壁には実は窓がないのですが窓に見せかけ障子を入れました。障子の戸当たりに「スス竹」を用いています。

e0164563_15595543.jpg

四畳半の茶室の床柱は「北山杉」の丸太、床框はカシュウ塗で「畳床」としました。

e0164563_15593998.jpg

「茶道口」は幅2尺1寸(636mm)、高さは5尺2寸(1575mm)。

その他の建具は5尺8寸(1760mm)です。


e0164563_15593946.jpg



赤杉を使った腰付障子の「竪桟(たてざん)」の「見つけ」は7分(21mm)、「見込み」は9分(30mm)、「組子」の「見つけ」は2分(6mm)と細く繊細な「京建具」です。

障子紙は手漉きの「美濃和紙」を使用しています。

e0164563_16022865.jpg

襖は、京都の綾部の黒谷で漉かれた地元の「黒谷和紙」で仕上げました。

「地袋」の襖は「京唐紙」です。

e0164563_15595496.jpg

4畳半の茶室の隣接する踏込に「柿渋紙」張りの襖を吊った「水屋」を設けました。

ただ給排水設備がとれず茶道具入れとして使っていただけるかも。

e0164563_15595442.jpg
e0164563_15594044.jpg

杉の「面皮柱」と「床柱」は京都の北山杉、造作で使った「赤杉」は吉野杉。

良材を産する京都北山や奈良吉野の山は、建築を志す者にとって宝の山、その山が近くにあることは本当にありがたいことです。

e0164563_15595419.jpg

この茶室がどのように活用されていくのかこれから楽しみです。

e0164563_15593906.jpg


by y-tukide | 2018-09-30 09:53 | 仕事色々