人気ブログランキング |


日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(5)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

東紀州 紀北町散歩

「紀北町」は紀伊半島の東部、東紀州の玄関口に位置し、平成17年に旧海山(うやま)町と旧伊勢長島町が合併し誕生した人口2万人程の小さな町です。

町の東側は、黒潮が流れる熊野灘に面し、西側の背後には日本一の降雨量で知られる大台ケ原山系に囲まれ、そして町中を熊野古道「伊勢路」が走る、豊かな自然と共に歴史がある町でもあります。

以前から紀勢自動車道を走り南紀の那智勝浦などに行くとき、通り過ぎるこの町が気になっていたのですが、この日早朝から紀北町に相棒をつれ走りました。

5時に自宅を出、途中朝飯を食べ紀北町の「伊勢長島地区」の港に着いたのが7時半。

e0164563_09474025.jpg

ここで車から相棒をおろし街を散策。

e0164563_09480029.jpg

まずは入り江に架かる江ノ浦大橋から街を眺めることに。

山がせまり、海岸沿いの高い堤防に囲まれた狭い平地に家が密集して建ちます。

e0164563_09474085.jpg

道沿いに「切妻平入り」の古い町家が点在します。

e0164563_10004521.jpg

e0164563_09474065.jpg

そして随所に昭和のにおいが漂います。

e0164563_09473989.jpg

長島港では、11月ごろ近海で「マンボウ」が獲れることから町のシンボルとなっていて、

街角に通り名や町名が記されたマンボウが架けられています。

e0164563_09474006.jpg

街中には南北に2本の主要な道が走り、その内の山側の通りが「旧熊野街道」です。

道端には「北南くまのみち 西左いせ道」と記された歴史を感じる古い道標が建っていました。

e0164563_09473901.jpg

その旧熊野街道沿いに建つ松並木の参道が綺麗な「仏光寺」。

e0164563_09474032.jpg

境内には「津波流死塔」が二つありました。

江戸時代の宝永四年(1707年)と安政元年(1854年)の津波による流死者を供養するために建てられたものです。

宝永四年に起きた地震による津波では、長島浦で500人余りの方が亡くなられたそうです。当時の長島浦の人口は、2617人だったそうでいかにその被害が凄まじいものであったかが想像されます。

寺の参道に植えられた松は、宝永四年の津波の後に漂流物を防ぐために植えられたものだそうです。

e0164563_09474136.jpg

街中を南北に走る2本の主要な道に直行して路地が幾筋もつながっています。

ここでも私が好きな路地空間を満喫。

e0164563_09473909.jpg
e0164563_09473944.jpg

その路地で面白い光景発見。

路地の向い合せの家に屋根が架けられ、その上に犬が繋がれて洗濯物が干されている光景。

路地空間の活用法としてユニークなアイデアです。

e0164563_09480047.jpg

そして伊勢長島地区を後に次に向かったのは、車で30分ほどにある紀北町のもう一つの町「海山(うやま)地区」。

ここには、熊野古道の「馬越(まごせ)峠」に向かう約2kmの石畳の道があります。

現在の国道42線やJR紀勢本線が開通するまでは、この道が当時の幹線道路でした。

e0164563_09480117.jpg

そしてこの町では、他の地域ではない「幻」と言われる「渡利カキ」というカキが養殖されています。

海山地区には、背後の大台ケ原山系から二本の川が流れ、その水が流れ込む「白石湖」という海水と淡水が混ざる小さな「汽水湖」があります。

そのカキはその湖で養殖されています。

カキは本来海水で育ちますが、汽水湖では比重が重い海水に大雨などで川の水が流れ込むと淡水が海水の上になり、カキは異変を感じて殻を閉ざします。

そのことによりうま味の元となる「グリコーゲン」をその身の中に蓄えられるそうです。

ただカキは、永く淡水にしたり過ぎると死んでしまうので、カキを吊るす深さを調整する微妙な加減が求められ、また現在家族経営の9軒の養殖業者しか生産していないので貴重でなかなか手に入らないこともあり「幻のカキ」と呼ばれるそうです。

e0164563_09475983.jpg

その渡利カキを昼飯に頂きました。

広島のカキなどと比べると大きさは小粒ですが、磯臭さやクセがなく濃厚な味わいです。

生ガキはさっぱりしていましたが、火を加えた焼きカキは味が濃くなりうまかったです。

e0164563_09475965.jpg

そしてカキを甘辛く着込んだこの地方特有のカキの「にぎり」をいただきました。

e0164563_09475960.jpg

生カキ、焼きカキ、カキフライ、カキのにぎりと幻のカキを堪能した後、白石湖を一周し美しい景色も満喫。

大台ケ原山系からの山の養分を豊富に含んだ清らかな水が流れ込むこの海、

7月から8月にかけては、うまいウニが獲れるそうです。

e0164563_09524550.jpg


by y-tukide | 2019-02-04 10:36 | 散歩