人気ブログランキング |


日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
去り行く年の思い出フォトブログ
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
思い出
未分類

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(14)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

丹波古刹九番霊場「高源寺」

兵庫県の丹波市青垣町という所に、丹波古刹十五ヶ寺霊場の九番霊場である「高源寺」という禅寺があります。
私は、旧山陰道の宿場町であった丹波市青垣町佐治に行こうと、山川出版社の「兵庫県の歴史散歩」を調べていて、たまたまこの寺のことを知りました。
高源寺は、鎌倉時代に「遠谿祖裕(えんけいそゆう)禅師」によって建立された臨済宗中峰派の本山です。
1518年(永正15年)には、後柏原天皇の勅願寺となり、最盛期には末寺3000寺を数えましが、戦国時代、明智光秀の丹波平定の際、焼き討ちにあい全山焼失しました。
その後再建され、現在境内には惣門・山門・仏殿・方丈・鐘楼・多宝塔などがあります。
その高源寺の惣門。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12025985.jpg

惣門をくぐると、新緑に染まるカエデが、参道を覆います。
遠谿は1306年、21歳のとき中国(元)に渡り、杭州天目山の「中峰(ちゅうほう)国師」のもとで修業し、10年後に帰国したのですが、境内のカエデは、その時に天目山から持ち帰ったもので「天目カエデ」と呼ばれています。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12030981.jpg

参道の左側には、土塀跡と思われる石垣が残り、その上に陽光を浴びた苔が一面にむし、カエデの新緑と相まって、この季節ならではの爽やかな空気が参道を漂います。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12025995.jpg

惣門から山門に至る参道。
紅葉の頃は、さぞかし人でにぎわうことでしょうが、今は朝の8時ということもあって、人っ子一人いません。ただただ静寂あるのみ。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12030915.jpg

そして山門が現れます。
この山門は、1790年ころに寺を再興した「弘厳禅師」が建立したもので「紫鳳楼」と名付けられています。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12025794.jpg
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12025890.jpg

山門をくぐると、正面に寺の本堂である佛殿が木立の中にたたずみ、本尊である釈迦如来坐像を拝むことができます。
この小ぶりな佛殿の屋根は、以前、茅葺であったようで、今は波トタンで覆われているのが実に残念です。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12025803.jpg

佛殿の近くの庭の、草書体の「心」の字をかたどった「心字の池」。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12025882.jpg

そのそばにいつの時代のものか、頭が苔で覆われた石仏。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12535434.jpg

苔むした石段を上がりきると、住職の住まいである方丈(ほうじょう)が現れます。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12025916.jpg
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12030778.jpg

方丈の出入り口の障子に設けられた「裏引手」には、カエデの葉があしらわれていました。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12540726.jpg

方丈の式台玄関の正面に据えられた衝立、なんと書かれているのか!
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12030730.jpg

新緑と苔の中に溶け込むようにたたずむ鐘楼。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12030892.jpg

その先の小さな渓谷に架かる、苔むした石橋を渡ると多宝塔が、木立の中にそびえます。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12030878.jpg

朝、8時頃から境内を1時間半ほど散策したのですが、誰一人会う人はいませんでした。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12030803.jpg

丹波の古刹「高源寺」を初めて訪れ、新緑と苔の緑に包まれた静寂の中に一人いて、心があらわれ、すがすがしさを満喫することが出来ました。
丹波古刹九番霊場「高源寺」_e0164563_12541979.jpg


by y-tukide | 2020-06-15 12:54