人気ブログランキング | 話題のタグを見る


日記


by y-tukide

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
去り行く年の思い出フォトブログ
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
思い出
古寺巡礼
住まい手さん宅訪問
竪穴式住居
畑はじめました
未分類

以前の記事

2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(195)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

讃岐国ぶらり一人旅 ―その2

讃岐国(香川県)を三泊四日の一人旅、先週に引き続きその二日目。
この日は、朝から雨。
予定ではこの日、現代アートの島「直島」に相棒と渡る予定だったのですが、雨の中相棒と走ることもままならず、またその日は、主だった施設が休みのところが多く、予定を変更して丸亀から船で「本島」に渡ることにしました。

高松の宿を朝早く出発し、丸亀港10:40出航までの時間を使って港近くにある「丸亀城」に行くことに。私はこの城を訪れるのは初めてです。

「丸亀城」は、標高66mの自然の岩山である「亀山」を利用し、それを取り囲むように四方に3段の石垣をめぐらした城。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10242376.jpg

威風堂々とした「大手一の門」、大手の外門である「大手二の門」と共に国重文です。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10242966.jpg

ここから天守へと長々と続く急坂を傘を差しながら登ります。
そして大汗をかいてようやく天守へ到着。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10243736.jpg

丸亀城天守は、全国で最小ながらも江戸時代以前から現存する12城の木造天守の一つです。
その12城とは、北から「弘前城(青森県)」・「松本城(長野県)」・「丸岡城(福井県)」・「犬山城(愛知県)」・「彦根城(滋賀県)」・「姫路城(兵庫県)」・「松江城(島根県)」・「備中高松城(岡山県)」・「丸亀城(香川県)」・「松山城(愛媛県)」・「宇和島城(愛媛県)」・「高知城(高知県)」です。
これらの城、私は「弘前城(青森県)」以外はすべて訪れています。
そのことに挑戦にしていたわけではありませんが、我ながらよくあちこち行ったものです。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10244671.jpg

港に戻り、いよいよ本島汽船のフェリーに乗船し「本島」に向け出港。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10245887.jpg

そして30分程で「本島」に到着。
実は「本島」を訪れるのは二度目です。4年前の2019年暮れに妻と当時8歳の孫娘と3人で讃岐を二泊三日の旅した時に訪れています。
そしてその日が、たまたま孫娘にとって記念すべき日になったのです。
というのも、寒風が吹きすさぶその日、「本島」に渡り、国の「伝統的建物群保存地区(伝建地区)」に指定されている「笠島地区」に向かい散策しようとしたのですが、妻と孫娘があまりの寒さに悲鳴を上げ散策もほどほどに、早々に港に戻ることになりました。
結果、予定より早く港に戻ったので、帰りの船の出航時間までかなりの待ち時間。
そこで妻がその時間を有効に使おうと、まだ自転車にうまく乗れなかった8歳の孫娘の特訓を港の案内所で自転車を借りて行ったのです。
そして特訓の結果、乗れるようになり、孫娘にとって記念すべき日になったのです。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10250509.jpg

今回「本島」を訪れたのは、前回、中途半端だった「笠島地区」散策を改めてしたかったのです。
幸い、先ほどまで降っていた雨が上がったので、港の案内所でレンタサイクルを借り向かいました。

本島は、瀬戸内国際芸術祭の会場となる島々の一つで、途中、アート作品を見かけます。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10251259.jpg

民家のブロック塀に描かれたアート。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10251959.jpg

これは小屋に展示された「色鉛筆アート」。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10252757.jpg

この建物は「塩飽(しわく)勤番所跡」。
江戸時代に塩飽諸島を治めていた役所跡で、国の史跡に指定されています。
その建物の向かい側にもアート。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10253255.jpg

型枠を組み、そこに土を何層にも突き固めた「版築(はんちく)」の建物。
作品名「善根湯×版築プロジェクト」。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10253802.jpg

島の東側の瀬戸内には、香川県「坂出」と岡山県「児島」を結ぶ「瀬戸大橋」が望めます。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10254363.jpg

笠島地区の入り口近くで見た、空き家の壁に描かれた「鏝絵(こてえ)」。
京都の左官職人によって描かれたものだそうです。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10254912.jpg

そして笠島集落に入ります。
すると「本瓦葺き」の屋根に、漆喰塗の壁、「なまこ壁」それに繊細な「連子格子」の街並みが目に飛び込んできます。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10261695.jpg
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10262375.jpg
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10263670.jpg

本島は周辺の潮の流れが速く、腕利きの船乗りが多く育ったことから、戦国時代には「塩飽(しわく)水軍」が活躍し、信長・秀吉・家康に重用され自治も許され、江戸時代には海運も栄えました。その塩飽水軍の拠点となったのが本島の「笠島地区」です。
江戸から明治に建てられたこれらの古民家は、「伝建地区」に指定され残されているのです。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10264926.jpg
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10280439.jpg

こんな小さな島の漁村に、これほどの質の高い建物が連なっている光景は、あまりにも意外で驚かされます。
この高く緻密な建築技術は、塩飽水軍からの船大工として培われてきた技術が、社寺や民家建築の技術として転身したものだそうです。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10281787.jpg
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10282320.jpg

笠島地区を今回はゆっくり散策し堪能。
また雨が降り出したので急ぎ港へと帰ることに。
そして港にある島でこの日唯一開いていた「Honjima Stand」というカフェで遅めの昼食をとりました。
そこでいただいたポークとチキンのカレー、これが実にうまかったです。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10284096.jpg

その店の天井からぶら下がっていた干しダコ。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10284665.jpg

ここでまた雨が強くなってきました。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10285452.jpg

もう少し本島を散策したかったのですが、諦め高速船に乗り丸亀港へと帰路につくことにしました。
讃岐国ぶらり一人旅 ―その2_e0164563_10290169.jpg



by y-tukide | 2023-08-21 09:00 |