日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(4)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

カテゴリ:仕事色々( 53 )

(旧)枚方宿の町家再生工事―2

ツキデ工務店は、現在5棟の古民家再生工事を行っています。
その内の一つが、以前私のブログで紹介させていただいた(旧)枚方宿の町家再生工事です。
e0164563_10392605.jpg

昨年の10月から解体工事をはじめ、これまでに足元の基礎工事、躯体の「揚舞(あげまい)」と柱の「根継」、躯体の「建ち直し」、耐力壁の増設と補修工事が終わり、今は大工が造作工事を行っています。

これまでの工事の様子を一部紹介させていただきます。

まずは基礎工事。
この建物は、江戸時代淀川を往来する船が立ち寄る港の一つであった「枚方港」の近くに建っています。地盤調査の結果、地下水位が浅い位置にあり地盤があまりよくありません。
そのためにか建物の柱が下がり、最大で80mm下がっていました。
それで今回は、柱がのる礎石周り1m四方に150mm厚のコンクリートを打ち、これ以上下がらないようにすることにしました。
まず、柱の「礎石」の周りと建物の外周部の柱がのる「カズラ石」周りを掘り、整地し、礎石とカズラ石に穴をあけ、アンカーに差した13mmの鉄筋を打ち込みます。

e0164563_10391543.jpg
e0164563_10391616.jpg
e0164563_10391480.jpg

次に湿気が上がってこないように防湿フイルムを一面に敷き、礎石とカズラ石に打ち込んだ鉄筋の周りに一体となるように鉄筋を組みます。そしてそれ以外の部分には、5mmのワイヤーメッシュを敷きます。
そして礎石・カズラ石周りは150mm厚、その他の部分は70mm厚でコンクリートを打設しました。

e0164563_10391509.jpg
e0164563_10391573.jpg
e0164563_10391667.jpg

コンクリート地盤をつくった後の次の仕事は、下がっている柱を上げる「揚げ舞」と朽ちている柱の足元を切り取り「根継」する作業です。
再生工事に長けた大工と見習い大工の二人だけでこの作業をこなしてくれました。

e0164563_10391628.jpg

建物の外回りに半間ごとに入っている「側柱」は、溝形鋼で両側からはさみ、両側に25トンの昇降能力のジャーナルジャッキ4台で上げます。
このジャーナルジャッキは優れもので、アルミ製で軽く、鍛造歯車を使っているので強力かつ噛み合い優れていて、かけっぱなしにしていても下がる心配がなく安心です。

e0164563_11132673.jpg

上げた後は柱の「根継」の仕事です。
これは「金輪継(かなわつぎ)」という伝統的な「継手」です。ツキデ工務店の倉庫にあった堅木のケヤキやクリ、ヒノキの切れっぱしをうまく無駄なく使ってくれました。

e0164563_10391655.jpg
e0164563_11133095.jpg

そして次は「足固め」の仕事です。
伝統工法の「石場建」の建物は、石の上に柱がのっているだけなので、地震などの時、それぞれの柱が勝手に移動すると具わいが悪いので、各柱の足元を横架材で繋ぎ固めます。
これは改修前の「足固め」の状態、「長ほぞ」に打ち込まれた「込み栓」が中で折れたのか柱と足固め材が開いていました。

e0164563_10391651.jpg

これらの「足固め」をすべて新しくやり替えます。
この作業は古民家再生工事では、大変大事な仕事です。
仕口を固めるのにいくつかの方法があるのですが、今回はボルトを使うことにしました。

e0164563_10392549.jpg

足固めの次は、傾いている柱を正常な状態に戻す「建ち直し」の作業です。
2トンの性能のチェーンブロックをかけて引っ張り「建ち直し」をします。

e0164563_10392651.jpg

「建ち」を直しても、長年傾いた状態だったので「仕口」と壁に「くせ」が付いていて、チェーンブロックを緩めると元に戻ってしまいます。そのために「仮筋交い」で止めたり、チェーンブロックをかけっぱなしにします。
次に「建ち」が戻らいためにと耐震補強のために新たな壁を設ける作業を行います。
当初の計画では、昔ながらに「通し貫」に「竹小舞」を編む予定だったのですが工期の関係で、「木小舞」に土と紙を塗り乾燥させた「荒壁パネル」に変更しました。

e0164563_10392699.jpg

ただ既存の壁の補修部分は、「小舞竹」を編み土をつけています。

e0164563_10392657.jpg

以上簡単な説明ですが、現時点でのこれまでの仕事です。

今回の再生改修工事では、2階は一部のみ改修するのですが、その箇所の「竿縁天井」をめくると「地棟(ぢむね)」に張り付けた「棟札(むなふだ)」が出てきました。

「棟札」は、この建物が「棟上げ」されたときの記録として棟などにつけて残す札で、施主名、大工棟梁名と日付が記されています。
それをよく見ると「天保三壬辰九月吉祥日」と書かれていました。
天保三年というと江戸時代で西暦1832年、187年前です。

e0164563_10392586.jpg

私は、明治期の建物とばかり思っていたので、驚きでした。
その部屋の壁は「真壁」に和紙張りで、下張りの紙には文字が書かれているのですが残念ながら私には読めません。
勝手な想像ですが必要がなくなった江戸時代の帳簿・帳面類ではないかと?

e0164563_10392538.jpg


by y-tukide | 2019-03-18 13:00 | 仕事色々

光雲寺「閑雲庵」

「閑雲庵」は、南禅寺の境外塔頭である「光雲寺」の境内に建つ建物で、以前から滞在型の宿泊施設として活用されていたのですが、今回全面的に改修させていただき、新たな滞在型の宿「閑雲庵」として生まれ変わりました。
設計は、日建設計で京都迎賓館やザ・リッツカールトン京都を手掛けられたKUU・KAN設計室の建築家佐藤義信氏によるものです。
そして運営は、京都らしいこだわりの宿を多数展開されている「(株)葵ホテル&リゾート」さんで、2年前に同じ光雲寺内で手掛けさせていただきました数寄屋造りの離れの「看月亭」再生工事に続く仕事です。

今回、完成写真の一部を紹介させていただきます。

光雲寺の境内に建つ「閑雲庵」

e0164563_13253326.jpg
e0164563_13253249.jpg


建物の東側には、琵琶湖疎水と哲学の道が走り、南側には東山を借景にした枯山水の庭。

e0164563_13253215.jpg

閑雲庵は平屋建てで床面積が182.5㎡(55.3坪)の広さがあり、上り天井のゆったにした広さのLDK3室のベッドルームがあり、その3室にはそれぞれ化粧室・浴室・トイレがあります。

床はタモのフローリング、壁は貝灰漆喰とポーターズペイント、天井は杉の正目板の突板張りで仕上げました。

枯山水の庭が楽しめるゆったりしたリビング。

e0164563_13255381.jpg
e0164563_13255337.jpg

照明デザインは、灯デザインの早川氏が担当され、居間の照明はDayNightGardenSleepとシーンごとに切り替えることができます。

e0164563_13260671.jpg

居間の一部に三畳の和室の小上がりがあります。

襖は、「京唐紙」です。

e0164563_13260706.jpg

床の間の地板は、一枚の石、壁はポーターズペイント塗とモダンな床の間です。

e0164563_13260777.jpg

居間と格子戸で仕切ることができるダイニングキッチン。

e0164563_13260622.jpg

33㎡とゆったりとした広さのベッドルーム、ここからも庭を楽しむことができます。

e0164563_13260728.jpg

夜の遮光は、ちょっと贅沢な京唐紙張りの襖です。

e0164563_13260786.jpg

三つあるベットルームのワードローブには、「組子欄間」の技術を生かした富山のタニハタの組子を建具に組み込みました。そしてその横には下に冷蔵庫を収めたバーカウンターがあります。

e0164563_13260649.jpg

化粧室、床は竹タイル張りです。

e0164563_13260679.jpg

この部屋の浴室の浴槽は「高野まき」、床は濡れると青色になる「十和田石」、壁・天井は水に強い「青森ヒバ」とかなりリッチです。

e0164563_13260624.jpg

「閑雲庵」この春からオープンします。6名様まで宿泊可能です。

京都にお越しのおりは、「閑雲庵」「看月亭」に是非一度お泊りになってください。

ご満足いただけるここと思います。

e0164563_13255338.jpg


by y-tukide | 2019-03-11 14:22 | 仕事色々

明治の古民家再生工事

これまでにツキデ工務店は、古民家再生工事を多く手掛けてきましたが、ここ数年依頼が大変多くなり、昨年から今年にかけて再生工事の現場が重なり、現在5棟工事中です。

5棟のうち1棟は江戸時代後期の建物、2棟は明治期、残る2棟は大正期の古民家と京町家です。

そのうちの明治の古民家の一棟で、この工事の中で最も難易度の高い仕事である、元土間に架けられていた「煙返し」の丸太梁の取り換え工事を行いました。

虫が入った既存の煙返しの丸太梁を新たな丸太梁に取り替え、天井高をとるために、丸太梁の高さを既存の高さより30cmほど上げる工事です。

「煙返し」とは、古民家の「かまど」いわゆる「おくどさん」が据えられた土間の天井の居室側との境に設けられた「垂れ壁」で、煙が居室側に回らないように工夫されたものです。

垂れ壁を受ける梁は、土間を広く使えるように梁間が広く、またその上に下屋(平屋部)の瓦屋根と「つし」二階部のかなりの荷重がかかるため、赤松の太い丸太を梁として使われる構造が多いです。

ツキデ工務店では、これまでに3回このような工事を行っています。

既存の煙返しの丸太は、元口で35cm長さ6mほどの赤松の丸太でしたが、芯はしっかりしていたのですが表面には虫が入りあまりいい状態ではなかったので、今回は新しく取り替えることにしました。

既存丸太の元口部の切はし。


e0164563_14453874.jpg
e0164563_14453152.jpg

あたらしく入れ替える赤松の丸太。

長さが5.6m、末口30cm、元口40cmの丸太で既存の丸太より一回り大きくし、27cm幅の「太鼓」に摺っています。

e0164563_14455384.jpg

この丸太の重さは400キロ近く、家の中に取り込むのにも8人がかり。

加工のための墨付けするのに、丸太をひっくり返すのも一人では無理なので「木返し」という、今はもう無いだろう昔の道具を使っています。

e0164563_14460895.jpg

丸太は「大黒柱」に差さるのですが、そのための新しいホゾ穴をノミで掘ります。

新しいホゾ穴の30cmほど下に見えるのが以前の丸太の「仕口」あと。

e0164563_14462219.jpg

既存の丸太を外すためには、当然丸太にかかっていた荷重を仮に受ける必要があります。

そのために7カ所にジャッキをかけ、その荷重を受けています。

e0164563_14465444.jpg

最も荷重がかかっている桁行(けたゆき)方向の太い丸太には、支え柱2本と横架材を鳥居状に組、25トンの「ジャーナルジャッキ」2台で受けます。

左端のジャッキは、昔からあるダルマジャッキ。

e0164563_14470785.jpg

このジャーナルジャッキは優れものです。昔からあるダルマジャッキは重く、回して上げるのに力が要ります。力が要らない油圧のジャッキは架けっぱなしにしておくと徐々に下がってきます。それに対してアルミ製のジャーナルジャッキは、軽いし楽に上がるし、ギヤがついているので下がりません。

ジャッキの下に敷いている10mm厚鉄板や「盤木」もこのような工事には必需品です。

e0164563_14472508.jpg

さぁ~いよいよ丸太を上げます。

上げる位置まで「コロ」を使い転がして運びます。

e0164563_14473998.jpg

丸太梁を上げる位置にちょっと倒した柱にチェーンブロックを架け吊し上げます。

e0164563_14475735.jpg
e0164563_14481668.jpg

丸太の元口側のホゾを大黒柱のホゾ穴に差し込みボルトで引きます。

e0164563_14490530.jpg

丸太の末口側は、新たに設けた150mm角の桧の柱にホゾを差し「込栓」を打ち締め固めます。

e0164563_14492108.jpg

そして「繋ぎ梁」を入れて無事組むことができました。

e0164563_14495214.jpg

次に、新しく入れた丸太梁に直行してもう1本の丸太を架ける作業です。

この丸太は、先の丸太梁より短いのですがそれでも「天秤棒」をかつぎ4人がかりです。

e0164563_14500155.jpg

先ほどの要領で滑車を架け上げます。

e0164563_14501647.jpg

この丸太梁は、新しく入れた煙返しの丸太に直行し、その上にかかる桁行方向の既存の太い丸太、母屋の束が2カ所、そして柱と「仕口」接点が5カ所あり、それを合わすのが大変でした。何せ新築で組むのと、組む順番が逆ですから。

e0164563_14502863.jpg

丸太の元口側が柱にささるのですが、梁に入る柱のホゾを付けると柱を下からし差し上げるようにしなければ組めません。ただ丸太を受ける15mmの「エリワ」を墨は付けていたのですが加工するのを忘れていた個所がありちょっと中断。

e0164563_14504203.jpg

そして柱に「込栓」を打ち込み無事終了。

ベテラン大工2名と若手大工1名、そして「手伝いさん(てったいさん)」3名の計6名で組み上がりました。

写真と下手な説明書きで理解しにくかったと思いますが、ほんとにうまく組んでくれました。

お施主様もこの作業風景を興味深くご覧になられ、大変喜んでいただきました。

e0164563_14510348.jpg


by y-tukide | 2019-02-12 09:00 | 仕事色々

(旧)枚方宿の町家再生工事

今月から、大型の町家の再生工事が始まります。着工前に記録として残しておくために現況写真を撮らせていただきましたので一部紹介させていただきます。

この建物は、大阪府枚方市を走る「京街道」の(旧)枚方宿に建ちます。

「京街道」は、江戸時代、京都の伏見と大阪の高麗橋へとつながる淀川左岸を走る街道で、京都と江戸を結ぶ東海道五十三次から「伏見宿」・「淀宿」・「枚方宿」・「守口」と続く古道です。

その京街道と並行して流れる淀川には「三十石舟」が往来し、京都と大阪の中間にあたる「枚方宿」は、特に旅籠や船宿が多く大層賑わったそうです。

その旧枚方宿には、今も当時の面影が残る建物が多くはないですが点在しています。

今回再生工事をさせていただく町家は枚方宿の中でも蔵を含むと間口が10間半(約20m)と最も大きく、「表屋造り」と言われる建物形式の町家です。

京街道沿いに建つ今回工事をさせていただく「表屋造り」の町家。

e0164563_10202916.jpg

この建物は、明治の中期から後期に建てられたと推測され、三つの「出格子」と「虫籠窓(むしこまど)」が連なるファサードは当時のままの形状と思われます。

「表屋造り」とは、通りに面して「ミセ棟」がありその裏手に「居住棟」がある大型の町家です。

e0164563_10202926.jpg

ミセ棟の玄関横に掲げられた当家の説明書きによると、

≪木南喜衛門家 屋号「田葉粉屋」 

木南家は楠木一族の後裔と考えられ、江戸時代初期から庄屋と問屋役人を兼ねていた。幕末期には農業経営を発展させ金融業も営んでいた。また「くらわん舟」の茶舟鑑札を所持し、宿駅と村の運営に大きな影響を行使した≫と記されています。

楠木正成が「湊川の戦い」で九州から東上してきた足利尊氏の軍を迎え撃ち敗れたのは南北朝の時代、682年前の話です。その子孫が「楠木」の名を世に忍び「木」と「南」に分け「木南(きなみ)」と名乗り現在まで続いてきたとはすごい話です。

e0164563_10203015.jpg

ミセ棟の玄関を入ると「ミセニワ」があり、その奥の居住棟との間に「中庭」があります。

e0164563_10201590.jpg

ミセニワに飾られた江戸時代の「籠(かご)」と「龍吐水(りゅうどすい)」。

龍吐水は、江戸から明治時代に使われた消火器具、手押しポンプです。安政二年(1855年)と記されています。

e0164563_12002622.jpg

ミセ棟は、ミセニワから「ミセ」「奥ミセ」と続きます。

e0164563_10201505.jpg

ミセ棟と居住棟の間にある「中庭」。

e0164563_10201625.jpg

中庭には、貴人用の「ゲンカン」が設けられています。

e0164563_10202818.jpg
e0164563_10201676.jpg

ゲンカンから「ナカノマ」「ブツマ」と続きます。

e0164563_10201610.jpg

ブツマの続きにある「ザシキ」。

e0164563_10201778.jpg

時代を感じさせる見事な襖絵があるのですが、これをどのような形で残すか悩みどころです。

e0164563_10201645.jpg
e0164563_10201713.jpg

梁表しの「大和天井」の家人が食事をする場所であった「ダイドコ」。

ここに置かれている「水屋」も再利用します。

e0164563_10201714.jpg

30畳以上あるカマドのある広い「ニワ」。

e0164563_10202869.jpg

天井は吹き抜けていて棟方向に「地棟」が架かり、その下に梁背が2尺(約60cm)の梁で受けた「煙返し」が見事です。

e0164563_10202870.jpg

広大な敷地の北側には二つの蔵があるのですが、今年の618日に発生した震度6弱の大阪北部地震と94日に近畿に襲来した台風21号の影響で壁の一部が落ち無残な姿になりました。修復は可能なのですが当然多額の費用も発生することもあり、お施主様にとっては悩ましいことです。

e0164563_10201767.jpg

この蔵は現在、十分に活用されていません。

また今回の改修工事は、住み継ぐための居住棟が中心の改修で、改修後ミセ棟と蔵が有効に活用されることをお施主様も願っておられます。実はミセ棟の「ミセの間」は依然、児童図書室として地域の子供たちに開放されていました。

「建物」は活用されて初めて値打ちが出ます。

改修し建物が生き返り、快適な居住空間としてまたこの建物ならではの味を活かし活用され、永く地域の風景として残り続けることを願い再生工事を行いたいと思います。

e0164563_10202948.jpg


by y-tukide | 2018-10-15 12:00 | 仕事色々

(仮称)みんなのき三室戸こども園茶室

宇治橋の東づめに建つ元米屋さんの店舗内に、六畳広間と四畳半小間の茶室がこの度完成しました。
完成写真を撮らせていただきましたので掲載させていただきます。

この茶室は、社会福祉法人「宇治福祉園」様から依頼された工事です。宇治福祉園の「みんなのき三室戸こども園」では、和紙作り・稲作り・草木染・お茶会など子供たちに「本物」の体験を通じて豊かな感性と本物の魅力を知るといった教育をされています。

今回の茶室も、ちゃんとした茶室で子供や父兄が気兼ねなくお茶を楽しめるように、また茶の町宇治でいろんな人達がお茶を楽しめるようにと企画されたものです。

宇治川に架かる宇治橋。

茶室はこの橋を渡ったところにあります。

e0164563_15593813.jpg

工事前の米屋さんの現場発泡の断熱材で包まれた冷蔵庫。

この中に茶室をつくりました。

e0164563_15594082.jpg
e0164563_15594020.jpg

今回の工事は、私とツキデ工務店で最も古いベテラン大工が中心に、本間物の良質な材料と伝統的な技で、建具・表具・左官屋など様ざまな職人達と仕上げた仕事です。

そしてあの冷蔵庫がこんなに変わりました。

e0164563_15593971.jpg

六畳間の「床の間」は、前に袖壁をつけた「ふくろ床」。

床柱は皮付きの赤松、地板と床脇の前板や地袋の天板は、松の赤身の「肥松(こえまつ)」、袖壁の方立は「スス竹」、これらは古材を再利用しています。

e0164563_15595514.jpg

袖壁の「下地窓」は、在庫があった「女竹(めだけ)」を使い大工がつるで編んでくれました。

床の地板の「蹴込み」には「ゴマ竹」を用いています。

e0164563_15595588.jpg

六畳間の続きの2尺ほど(約600mm)の部分は吉野桧の板張りとし、その上に垂れ壁を設け格子を付けその中にエアコンを仕込みました。垂れ壁の壁止まりは桧の「さび丸太」、天井は「柿渋紙」を「袋張り」し、廻り縁にはここでも「女竹(めだけ)」使用しています。

また壁の真ん中に「ゴマ竹」を立てました。

e0164563_15595555.jpg

この面の壁には実は窓がないのですが窓に見せかけ障子を入れました。障子の戸当たりに「スス竹」を用いています。

e0164563_15595543.jpg

四畳半の茶室の床柱は「北山杉」の丸太、床框はカシュウ塗で「畳床」としました。

e0164563_15593998.jpg

「茶道口」は幅2尺1寸(636mm)、高さは5尺2寸(1575mm)。

その他の建具は5尺8寸(1760mm)です。


e0164563_15593946.jpg



赤杉を使った腰付障子の「竪桟(たてざん)」の「見つけ」は7分(21mm)、「見込み」は9分(30mm)、「組子」の「見つけ」は2分(6mm)と細く繊細な「京建具」です。

障子紙は手漉きの「美濃和紙」を使用しています。

e0164563_16022865.jpg

襖は、京都の綾部の黒谷で漉かれた地元の「黒谷和紙」で仕上げました。

「地袋」の襖は「京唐紙」です。

e0164563_15595496.jpg

4畳半の茶室の隣接する踏込に「柿渋紙」張りの襖を吊った「水屋」を設けました。

ただ給排水設備がとれず茶道具入れとして使っていただけるかも。

e0164563_15595442.jpg
e0164563_15594044.jpg

杉の「面皮柱」と「床柱」は京都の北山杉、造作で使った「赤杉」は吉野杉。

良材を産する京都北山や奈良吉野の山は、建築を志す者にとって宝の山、その山が近くにあることは本当にありがたいことです。

e0164563_15595419.jpg

この茶室がどのように活用されていくのかこれから楽しみです。

e0164563_15593906.jpg


by y-tukide | 2018-09-30 09:53 | 仕事色々

淀の原町 2階リビングの家

淀川沿いの静かな住宅地に、ご夫婦が暮らす26坪と小さいながらも、広く暮らせる家が完成しました。

1階には寝室と水回りと充分な収納スペースを設け、2階へと続く階段は、心地よく上り下りが出来るよう良質な天然ウールのじゅうたんを使用しました。

2階に設けたLDK25帖のワンフロアで、将来個室や家事室として区切ることができます。

リビングの床はカエデのフローリング張り、吹抜け天井は吉野杉を張り、壁は手入れが容易なドイツしっくい塗りで仕上げた自然素材をふんだんに使った健康的な家です。

また、冬2階の蓄熱暖房器具によって暖められた空気を1階へ循環する仕組みを取り入れ、全館暖房を可能にしました。

e0164563_11393158.jpg

玄関横にベンチを設けました。

e0164563_11392967.jpg

玄関前の植栽が、道路からの目線を遮ってくれます。

e0164563_11392930.jpg

玄関ホールの下駄箱と玄関収納。

e0164563_11392937.jpg

1階に設けた水回りと収納。

e0164563_11393081.jpg

1階の寝室。床は40mmの吉野杉の厚板の一発張りです。

e0164563_11393012.jpg

玄関横に設けた2階へと続くゆるやかな階段。心地よく上り下りが出来るよう良質な天然ウールのじゅうたんを使用しています。

e0164563_11393050.jpg

2階の25畳のLDK。南側には広々としたベランダがあります。

e0164563_11393092.jpg
e0164563_11393979.jpg

将来、子供室として仕切ることができます。

e0164563_11394029.jpg

造り付けのキッチンと収納。

e0164563_11394066.jpg

キッチンの勝手口はベランダと繋がります。

e0164563_12013100.jpg

キッチン横のユーティリティースペース。家事カウンターも設けました。

e0164563_11394007.jpg

この家がどのように住み継がれていくか楽しみです。

e0164563_11393190.jpg

夏空の元、雄大な姿の淀川。

e0164563_11394051.jpg


by y-tukide | 2018-08-06 13:07 | 仕事色々

交野市私部の古民家再生

この建物は、大阪府交野市の私部(きさべ)という所に建つ築130年の古民家です。

2016年の秋に相談を受け、調査・実施設計を行い、2017年の8月から伝統構法で再生工事をはじめ、20182月に建物本体工事が完成、その後庭の工事も終えたので完成写真を撮らせていただきました。

敷地内には、「つし」2階の主屋を中心に長屋門と二つの蔵がある立派な建物です。

そんな大きなお屋敷にお祖母さんがお一人でお住まいだったのですが、この度息子さん夫婦とお子さん二人が住む、二世帯住宅として生まれ変わりました。

e0164563_08592267.jpg
e0164563_08592208.jpg
e0164563_08592377.jpg

建物は、南側の玄関と「通りにわ」を挟み、東側に応接間(元は納戸)、西側に庭に向かい三つの和室がつながり、「奥の間」が床の間がある座敷、「中の間」は仏間だったのですが、その「中の間」の縁側部には元は客人用の玄関がありました。

今回の計画では、その縁側部に玄関を新たに設け、玄関を入って「中の間」その左側に「奥座敷」、正面から左手奥をお祖母さんの生活ゾーン、右側を息子さん家族のゾーンとしました。

新たに設けた玄関。

e0164563_08592252.jpg
e0164563_08592320.jpg
e0164563_08592303.jpg

「中の間」左側に「奥座敷」が続きます。

e0164563_08592356.jpg

130年の石場建て(石の上に柱がのる)の伝統構法の建物ですが、それぞれの柱のレベルもタチもさほど悪くなかったのですが、唯一床の間の壁一列が60mmほど下がっていました。原因は多分、壁裏の細井路地に下水管が敷設された際に石垣ごと下がったのではと思われます。

そのためにその部分にベタ基礎を打ち、ジャッキアップして60mmほどあげました。

そして床脇を仏間としました。

e0164563_08592470.jpg

南側の元の家人用玄関と玄関横の座敷は、庭に面し明るいので息子さん家族のダイニングと居間にしました。

構造的に重要な「差し鴨居」と梁表しの「大和天井」はそのまま活かしています。

e0164563_08593686.jpg

e0164563_08593619.jpg

また古い建具も傷んだところを直しできるだけ再利用しています。

e0164563_08593683.jpg

こちらはお祖母さんの居住空間。

キッチン・風呂洗面・トイレの水回りも別に設けています。

e0164563_08593777.jpg

ダイニングキッチンが北側にあるのですが、一部減築した東側に広いウッドデッキの物干し場を設けたので掃出し窓から十分な採光が得られます。

e0164563_08593766.jpg


ここでも古い建具をふんだんに再利用しました。

e0164563_08593736.jpg

以前の庭の樹木中に埋もれていた三体の小さなお地蔵さん、新たに庭の西端に祀られ、花が供えられていました。

e0164563_08593784.jpg

―追記―

この建物がある私部の集落内には、狭い道に面して立派な民家が密集して建っています。

e0164563_08594205.jpg

その中でも際立った建物が国の重要文化財に指定されている「北田家住宅」です。

広大な敷地に元茅葺の「主屋」を中心にいくつかの「離れ」「蔵」が建ちます。極め付きは大名屋敷のような「長屋門」です。桁行が55.8mもあり、民家のものとしては日本一だそうです。

e0164563_08593891.jpg

北田家は、系譜をたどる、南北朝時代に南朝方に仕えた武将である北畠顕家につながり、南朝没落後、足利家の世となったのを機に民間に下り、その性をはばかって「北畠」の白を除き「北田」と称したと言われています。

e0164563_08593647.jpg


by y-tukide | 2018-07-31 09:33 | 仕事色々

こども園園舎新築工事 建て方

ツキデ工務店は、宇治にある社会福祉法人宇治福祉園「みんなのき黄檗こども園」の園舎新築工事をさせていただいています。

5月末から弊社の作業場で大工が手刻みをはじめ、627日にちょっと見られない加工風景を園児たちに是非見せたいと、理事長先生と園長先生に相談し「刻み見学」を実施しました。そしてようやく718日から3日間かけ「建て方」を行いました。

e0164563_11550162.jpg
e0164563_11550280.jpg
e0164563_11550240.jpg

柱の100mmの「長ほぞ」に15mmのカシの木の「込栓」を打ち込み引き固めます。

e0164563_11551133.jpg

この継手は「追掛け大栓(おっかけだいせん)継」といい、継手の中でも最も曲げ・引っ張りに強い優れた継手です。

e0164563_11550054.jpg
e0164563_11550026.jpg

この建物の構造的な特徴の一つは、ケヤキ・栗・桧・杉4樹種の210m~240m角の太い柱を14本使っていることです。そのうちのケヤキと栗は、手持ちの材を使わせていただきました。

e0164563_11550140.jpg

もう一つの構造的な特徴は、桧の丸太を用いていることです。

2階の6mほどの丸太の梁に4mほどの桧の丸太を架け「台持ち継」という手法で継いでいます。そしてその上に「束」をたて「棟木」がのります。

e0164563_11550061.jpg

2階の床は、梁に幅20mm、深さ15mmの溝をつき、そこに20mm×30mmの堅木のダボを流し込み、その上に幅20mm、深さ15mmの溝をついた40mmの杉の厚板を落とし込みビスで締め、ビス穴はダボで埋めるという手法で、1階の天井仕上げと兼ねています。

e0164563_11551277.jpg
e0164563_11551288.jpg

この建物が建つ敷地は、以前は竹藪でした。その竹を伐採するとカエデの高木が現れ、切るには忍びないと残すことに。ちょうどベランダがのる下屋の中に取り込み、建物の一部となりました。

e0164563_11551145.jpg

この建て方の三日間は、連日38度を超える猛暑だったのですが、日中この木が木陰をつくってくれました。

e0164563_11551115.jpg


棟も上がり、酷暑の中無事上棟式をむかえることができました。

e0164563_11550181.jpg

完成が楽しみです。

e0164563_11550136.jpg



by y-tukide | 2018-07-23 14:15 | 仕事色々

築約百年の古民家 移築工事―その2―

三重県の最南端の「鵜殿(うどの)」という日本一小さな村(現在は紀宝町)に建つ築約百年の古民家移築工事、いよいよ本体の解体工事が始まります。


e0164563_10060184.jpg

解体を前にこの日は建物の実測を行いました。

私とお施主さんは前泊し現場に行ったのですが、スタッフの設計3名・現場監督1名・作業員1名は、早朝から車を走らせ3時間半ほどかけて現場に到着しました。

設計スタッフは、手分けし間取りの実測と横架材の高さ調査そして建具の実測作業です。

古民家で使われている柱は、一本一本樹種や寸法が違う場合が多いので、全ての柱の寸法も測る必要があります。

e0164563_10060245.jpg

建具も再利用しますので寸法を測り番号を付けます。そしてトラックに積み込みツキデ工務店の倉庫に持って帰ります。

e0164563_10060235.jpg

そしていよいよ本体の解体作業が始まりました。

この日は、再利用するための屋根瓦を下す作業です。京都から瓦屋さんが来てくれました。

彼らはツキデ工務店が用意した宿で泊まり、数日かけて作業をしてくれます。下した瓦は、今度新たに建てる京都の現場に運びます。そして現場で検品し再利用します。

e0164563_10062312.jpg

桟瓦には「山」と「谷」があります。一般的な桟瓦の「山」は正面から見て左側なのですが、この瓦は右側が山です。ここは海が近く台風のメッカでもあります。この屋根面に向かって左側の海側から吹く強い風が、抵抗が少なく流れることで瓦がめくれないように工夫されたものかと思われます。

e0164563_10060055.jpg

そして次は、大工と手伝い(てったい)さんの仕事です。見習いを含む大工4人・手伝いさん2人・現場監督が1週間ほど泊まり込み解体=解いて(ほどいて)行きます。

屋根下地の杉皮と外壁をめくり、土壁を落としスケルトンの状態にしていきます。

全て手作業です。

e0164563_10060269.jpg

土壁を落とすのに「レシプロソー」という木材はもとより金属も切れる万能のこぎりがあり、土壁の貫(ぬき)や竹を切り、壁一面ごと切り落とします。

e0164563_10062129.jpg

座敷の竿縁(さおぶち)天井もめくり再利用します。

e0164563_10060285.jpg

松の敷居も溝をつき直し再利用します。敷居の中には、既に裏表両面溝をついたものもありました。以前の建物の敷居を再利用したものです。

e0164563_10062289.jpg

畳下地に使われていた松の板は、二間(約4m)もので「木表(きおもて)」が仕上げられ薄黒くやけていました。

多分この板も以前の建物の「板の間」に使われていたものと思われます。

この板は壁の腰板、家具の面材や建具に使えそうです。

e0164563_10062280.jpg

主要な柱と柱を繋ぐ「足固め」や「大引き」には太い丸太の古材が使われ、「根太」も寸法がまちまちな古材が使われていました。これは古民家では一般的なことです。

現在は、ビルド&スクラップの使い捨てが当り前の時代ですが、一昔前まではこのように「もの」が大切にされていました。古民家再生の仕事をしていると「ものの価値」について教えられることが多々あります。

e0164563_10062277.jpg

スケルトン状態になった柱・束、母屋・梁・桁に位置がわかるように大工が「番付」し、高さ関係がわかるように基準となる墨を打ちます。

e0164563_10062380.jpg

この作業は、解いた(ほどいた)材を組み直すのに、担当する大工にとって最も大事な仕事です。まったく元の状態に戻すのではなく一部間取りが変わる箇所や見せ方が変わる箇所があるので、大工と納め方を相談します。

また今回もっともややこしい個所は、皆で知恵を出し合い仕事のイメージをしていきます。

e0164563_10062369.jpg

「釘仕舞(くぎじまい)」。

解いて再利用する材の釘を抜いて整理します。

e0164563_10062313.jpg

そしていよいよ構造材を解いていくのですが、建物が傾いていると解いていくのにこじるので傾きを直し「仮筋違(かりすじかい)」で固めます。

そして横架材をレッカー車で一本一本吊り解いて行きます。

e0164563_10064836.jpg
e0164563_10064921.jpg

仕口は、「込栓(こみせん)」「車知栓(しゃちせん)」「鼻栓(はなせん)」の伝統構法で引き固めていますのでその栓を抜けば簡単に解けます。改めて日本の伝統的木造建築はよくできていることに感心させられます。

e0164563_10064906.jpg

順調に作業が進み最後のグリッドを残すのみ。

e0164563_10064977.jpg

そして無事解くことができました。

e0164563_10065091.jpg

最終日、ユニック付の3トントラックを2台チャーターし、解いた材料を積み込み作業場へと運びました。

移築の地である京都での工事は8月から始まります。

再び生まれ変わるこの建物、工事が始まるのが楽しみです。

e0164563_10065078.jpg


by y-tukide | 2018-03-20 10:25 | 仕事色々

築約百年の古民家 移築工事―その1―

あるお客様から、先祖伝来の土地建物が、道路建設のために買収され壊されることになったのだが、何とか自分が生まれ育った家を残したいと依頼を受け、京都右京区に所有されている土地に移築する計画を進めています。

その建物がある場所は、三重県の最南端の「鵜殿(うどの)」という村で、熊野川の河口左岸に位置し広さ29平方キロの“日本一小さい村”です。

鵜殿は、熊野川や熊野灘の地理的条件と、この地の土豪である鵜殿氏などによって熊野信仰や熊野水軍とも深くつながる歴史ある村です。

建物は、長らく空き家であったためかなり荒れた状態で、広い敷地も草木が茂り放題の状態でした。

e0164563_10094206.jpg
e0164563_10094219.jpg

この辺りは台風のメッカであることからか、敷地のまわりに石垣が積まれています。

e0164563_10094212.jpg

今回の移築工事は、地元の建設業者さんと協働で行います。地元の業者さんが外構や付属建物など建物本体以外の部分を事前に解体整地し、ツキデ工務店が建物本体を解体します。

10日間ほど泊りがけでこちらから瓦・大工・大工手元職人が行き、移築し再利用する瓦・木材・建具等を解体し搬出します。

現場打合せに行ったこの日には、地元の業者さんが周辺の樹木を伐採し整地し、建物のみが残されていました。ここからがツキデ工務店の仕事です。

e0164563_10090657.jpg

鵜殿の熊野川対岸は、和歌山県の「新宮市」です。ここには「熊野三山(熊野本宮大社・熊野速水大社・熊野那智大社)」の一社である「熊野速水大社」があります。

e0164563_10090541.jpg

この地方の豊かな自然や風土は、早くから中央にも知られ古代数々の熊野神話が生まれ、奈良時代から平安時代にかけて、山岳修行者の舞台となり霊験あらたかな地です。

平安中期以降、いわゆる熊野行幸で熊野三山の信仰が盛んになり、その後「蟻の熊野詣」と言われるほど庶民の参詣でにぎわい、その参詣道である「熊野古道」が有名です。

そして熊野三山のその自然と文化が人類共通の財産と認められ、平成16年ユネスコの世界遺産に登録されました。

e0164563_10090446.jpg

かって交通の大動脈であった熊野川の河川敷には、江戸時代から昭和にかけて「川原家」と呼ばれる簡易な商家が軒を並べ、全盛期には二百数十軒連ねていたそうです。

e0164563_10432027.jpg

この建物は、洪水が多い熊野川において大水になると、そのつど家をたたんで高い所に引き上げ、水が引くと元の場所に立て直すことができる組立簡単な現在のプレハブの住宅の原型のような建物です。

これは川原家を再現した店です。

e0164563_10090512.jpg

新宮は、熊野速玉大社の門前町であり、熊野修験道の宿場町として発展し、さらに古くから木材・木炭を集散する経済都市でもあります。

そして新宮は、関ケ原の合戦後、浅野家によって築かれた新宮城がある城下町でもあります。

明治の廃藩置県により廃城となり、今は石垣のみが残ります。

e0164563_10090550.jpg

城から見る新宮の町と熊野川。


e0164563_12072388.jpg

自宅から鵜殿までは車で4時間程。もちろん日帰りも可能なのですがせっかく南紀まで来ているので、この日は現場から20分程の勝浦に。ここで温泉宿に泊まり夜は寿司。

勝浦と言えばマグロの水揚げが日本一のマグロの町ですが、もう一つ隣のクジラの町「太地」に近いことから新鮮なクジラがいただけます。

初めていただいたクジラの腹の部分であるウネスのにぎり。

e0164563_10090685.jpg

珍味、クジラの臓器。

e0164563_10090690.jpg

翌朝、7時から始まるマグロの競り市を見に漁港に行ったのですがこの日は残念ながら市は休みでした。

e0164563_10090637.jpg

帰り、熊野川をさかのぼり熊野本宮大社を参詣し、十津川村を通り五條市に出、自宅への路を行きました。

神が宿る熊野の山間を流れる雄大な熊野川。

e0164563_10320514.jpg

途中見かけた切り立つ岩壁から豪快に流れ落ちる滝。

e0164563_10090498.jpg

何十年ぶりかに訪れた熊野本宮大社。

世界遺産になってからか目新しい建物が増え、以前訪れた時はそうでもなかったのに多くの観光客が訪れていました。

e0164563_10094340.jpg

そして日本一広くて長い村「十津川村」に入ったのも何十年ぶり。

新しくトンネルやバイパスが整備され、7年前の台風12号の災害復興のためかあちらこちらで工事が行われていました。

e0164563_10094109.jpg

十津川村は私が学生時代、宇治の自宅から自転車で丸一日かけて来たなつかしい場所です。当時は未舗装の路もあったように記憶しています。

今回の移築工事で何度か現場に行くことになりますが、またこの道を走る機会があるかと思うと楽しみです。


e0164563_12071725.jpg



by y-tukide | 2018-02-19 13:12 | 仕事色々