日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

交野市私部の古民家再生

この建物は、大阪府交野市の私部(きさべ)という所に建つ築130年の古民家です。

2016年の秋に相談を受け、調査・実施設計を行い、2017年の8月から伝統構法で再生工事をはじめ、20182月に建物本体工事が完成、その後庭の工事も終えたので完成写真を撮らせていただきました。

敷地内には、「つし」2階の主屋を中心に長屋門と二つの蔵がある立派な建物です。

そんな大きなお屋敷にお祖母さんがお一人でお住まいだったのですが、この度息子さん夫婦とお子さん二人が住む、二世帯住宅として生まれ変わりました。

e0164563_08592267.jpg
e0164563_08592208.jpg
e0164563_08592377.jpg

建物は、南側の玄関と「通りにわ」を挟み、東側に応接間(元は納戸)、西側に庭に向かい三つの和室がつながり、「奥の間」が床の間がある座敷、「中の間」は仏間だったのですが、その「中の間」の縁側部には元は客人用の玄関がありました。

今回の計画では、その縁側部に玄関を新たに設け、玄関を入って「中の間」その左側に「奥座敷」、正面から左手奥をお祖母さんの生活ゾーン、右側を息子さん家族のゾーンとしました。

新たに設けた玄関。

e0164563_08592252.jpg
e0164563_08592320.jpg
e0164563_08592303.jpg

「中の間」左側に「奥座敷」が続きます。

e0164563_08592356.jpg

130年の石場建て(石の上に柱がのる)の伝統構法の建物ですが、それぞれの柱のレベルもタチもさほど悪くなかったのですが、唯一床の間の壁一列が60mmほど下がっていました。原因は多分、壁裏の細井路地に下水管が敷設された際に石垣ごと下がったのではと思われます。

そのためにその部分にベタ基礎を打ち、ジャッキアップして60mmほどあげました。

そして床脇を仏間としました。

e0164563_08592470.jpg

南側の元の家人用玄関と玄関横の座敷は、庭に面し明るいので息子さん家族のダイニングと居間にしました。

構造的に重要な「差し鴨居」と梁表しの「大和天井」はそのまま活かしています。

e0164563_08593686.jpg

e0164563_08593619.jpg

また古い建具も傷んだところを直しできるだけ再利用しています。

e0164563_08593683.jpg

こちらはお祖母さんの居住空間。

キッチン・風呂洗面・トイレの水回りも別に設けています。

e0164563_08593777.jpg

ダイニングキッチンが北側にあるのですが、一部減築した東側に広いウッドデッキの物干し場を設けたので掃出し窓から十分な採光が得られます。

e0164563_08593766.jpg


ここでも古い建具をふんだんに再利用しました。

e0164563_08593736.jpg

以前の庭の樹木中に埋もれていた三体の小さなお地蔵さん、新たに庭の西端に祀られ、花が供えられていました。

e0164563_08593784.jpg

―追記―

この建物がある私部の集落内には、狭い道に面して立派な民家が密集して建っています。

e0164563_08594205.jpg

その中でも際立った建物が国の重要文化財に指定されている「北田家住宅」です。

広大な敷地に元茅葺の「主屋」を中心にいくつかの「離れ」「蔵」が建ちます。極め付きは大名屋敷のような「長屋門」です。桁行が55.8mもあり、民家のものとしては日本一だそうです。

e0164563_08593891.jpg

北田家は、系譜をたどる、南北朝時代に南朝方に仕えた武将である北畠顕家につながり、南朝没落後、足利家の世となったのを機に民間に下り、その性をはばかって「北畠」の白を除き「北田」と称したと言われています。

e0164563_08593647.jpg


by y-tukide | 2018-07-31 09:33 | 仕事色々

こども園園舎新築工事 建て方

ツキデ工務店は、宇治にある社会福祉法人宇治福祉園「みんなのき黄檗こども園」の園舎新築工事をさせていただいています。

5月末から弊社の作業場で大工が手刻みをはじめ、627日にちょっと見られない加工風景を園児たちに是非見せたいと、理事長先生と園長先生に相談し「刻み見学」を実施しました。そしてようやく718日から3日間かけ「建て方」を行いました。

e0164563_11550162.jpg
e0164563_11550280.jpg
e0164563_11550240.jpg

柱の100mmの「長ほぞ」に15mmのカシの木の「込栓」を打ち込み引き固めます。

e0164563_11551133.jpg

この継手は「追掛け大栓(おっかけだいせん)継」といい、継手の中でも最も曲げ・引っ張りに強い優れた継手です。

e0164563_11550054.jpg
e0164563_11550026.jpg

この建物の構造的な特徴の一つは、ケヤキ・栗・桧・杉4樹種の210m~240m角の太い柱を14本使っていることです。そのうちのケヤキと栗は、手持ちの材を使わせていただきました。

e0164563_11550140.jpg

もう一つの構造的な特徴は、桧の丸太を用いていることです。

2階の6mほどの丸太の梁に4mほどの桧の丸太を架け「台持ち継」という手法で継いでいます。そしてその上に「束」をたて「棟木」がのります。

e0164563_11550061.jpg

2階の床は、梁に幅20mm、深さ15mmの溝をつき、そこに20mm×30mmの堅木のダボを流し込み、その上に幅20mm、深さ15mmの溝をついた40mmの杉の厚板を落とし込みビスで締め、ビス穴はダボで埋めるという手法で、1階の天井仕上げと兼ねています。

e0164563_11551277.jpg
e0164563_11551288.jpg

この建物が建つ敷地は、以前は竹藪でした。その竹を伐採するとカエデの高木が現れ、切るには忍びないと残すことに。ちょうどベランダがのる下屋の中に取り込み、建物の一部となりました。

e0164563_11551145.jpg

この建て方の三日間は、連日38度を超える猛暑だったのですが、日中この木が木陰をつくってくれました。

e0164563_11551115.jpg


棟も上がり、酷暑の中無事上棟式をむかえることができました。

e0164563_11550181.jpg

完成が楽しみです。

e0164563_11550136.jpg



by y-tukide | 2018-07-23 14:15 | 仕事色々

尾道・竹原ぶらり旅

6月中旬の土曜日、午前中は仕事だったのですが午後から休みがとれ、急きょ妻と安芸の尾道と竹原にぶらりと出かけました。

だいぶ昔に尾道には行ったことがあるのですが、竹原は初めて、以前から行ってみたい街でした。

12時過ぎにJR宇治駅から電車に乗り京都駅へ。京都駅から新幹線を乗り継ぎ福山駅へ。そしてJR山陽本線の尾道駅に降り立ったのが午後3時ごろ。そこから街をぶらぶら散歩。

尾道は、瀬戸内の情緒ある港町、「坂の街」「文学の街」「映画の街」として有名です。
何年か前
NHKの連続テレビ小説「てっぱん」の舞台、主人公は「おのみっちゃん」、私も毎朝見ていました。

e0164563_14133255.jpg

商店街を歩いて脇道にそれると路地が続きます。山手は「坂の街」ですが海岸沿いの狭い平地は「路地の街」。凄まじい密度で建物が建ち、生活のにおいがプンプン漂います。

e0164563_14133268.png
e0164563_14133202.png
e0164563_14133186.jpg

商店街を抜けロープウェイで千光寺山頂へ。

眼下に尾道の街と海が。

e0164563_14133059.jpg

山頂から千光寺へ。

そこから迷路のような坂道を下ります。

e0164563_14133044.jpg

坂道を下り商店街にもどり、私の名の道を発見「築出小路」。

この道は海に突き(築)出た道だったのでしょうか。
私の名の由来も案外このように場所からかも。

e0164563_14133192.png

尾道で夕食をとり、今宵の宿は急きょ予約した福山のホテル。

翌朝、福山駅から山陽本線、呉線と乗り継ぎ竹原駅へと向かいました。

e0164563_14133130.jpg

竹原は江戸時代、塩や酒造りで栄えたまちです。かつては町中に塩田が広がり、その塩は北前船で全国に送り出されました。街にはそうして栄えた豪商の屋敷や蔵が建ち並び、江戸時代にタイムスリップしたような情緒ある街並みを形成しています。

e0164563_14140849.jpg
e0164563_14175860.jpg

今も竹原には三つの酒蔵がありますが、この建物はその一つである「竹鶴酒造」。

NHKの連続テレビ小説「マッサン」のモデルとなった、ニッカウイスキーの創業者、竹鶴政孝の生家です。

e0164563_14133176.jpg
e0164563_14140735.png

この建物は「松阪家住宅」。

唐破風で屋根面をうねらし流れるような屋根。菱形の塗り格子など遊び心がうかがえる建物です。

e0164563_14140890.jpg

竹原の町家の特徴の一つは格子です。出格子・平格子・塗格子(虫籠窓)・武者窓など多彩で一軒一軒に工夫されています。

この格子も縦格子の中に横格子が組み込まれています。

e0164563_14134163.jpg

西芳寺の普明閣。

まちが豊かであったせいかお寺も立派です。

e0164563_14140965.jpg

昼は、広島焼きをいただきました。

e0164563_14140807.jpg

帰り、呉線の車窓から瀬戸内の景色を楽しみながら帰路についたのですが、先日の西日本豪雨で広島地方は甚大な被害が発生しました。現在も呉線は全区間運休しているとのこと・・・

e0164563_14140919.jpg


by y-tukide | 2018-07-17 09:00 | 鉄道ブラ旅

伊勢街道を行く 松坂から伊勢へ

5月に伊勢街道を津から松坂まで20インチの折り畳み自転車の相棒と走ったのですが、6月の休日再び相棒と伊勢街道を松坂から伊勢へと走りました。

朝の8時に近鉄松坂駅近くの駐車場に車を置き、ここで相棒を組み立て出発です。

松坂の街は、日曜日の朝8時とあって店も閉まっていて人もまばら。

e0164563_10161588.jpg

街道筋の連子格子の家並み。

e0164563_10161507.jpg

石の太鼓橋から山門へと続く参道が美しい「淨林寺」。

e0164563_10161530.jpg

白壁に虫籠窓があるこの家は、「おもん茶屋」という元茶店でした。

e0164563_10161332.jpg

文化14年(1817年)建立の六文字の梵字が彫られた石碑、「稲木」という集落の入り口に立っています。

伊勢街道のこの辺りは、近鉄山田線が平行して走っています。

e0164563_10161398.jpg

その近鉄山田線の斎宮駅の北側に「斎宮(さいくう)跡」があります。

斎宮は、斎王の宮殿と斎宮寮という役所のあったところです。斎王は、天皇に代わり伊勢神宮に仕えるため派遣された未婚の皇女です。天皇の即位ごとに選ばれ崇神天皇の皇女が初の斎王で南北朝時代の後醍醐天皇の代まで続いたそうです。

これまでの発掘調査から、平安時代前期に碁盤目状に区画が整備され建物が並んでいたそうです。

e0164563_10161336.jpg

斎王祭りの第30代斎王役。

e0164563_10161477.png

このあたりの伊勢街道沿いには、旅籠・酒屋・小間物屋など商家が多く軒を連ねていたそうで、今も立派な建物が多く残っています。

e0164563_10161409.jpg
e0164563_10161479.jpg

昼、伊勢街道沿いに昼飯を食べる適当な店がなかったので、街道を離れ店を探しました。

自転車で街道を行くと少々街道から離れてたところに行っても苦になりません。

そこで大エビのフライがいただける店を発見。伊勢近辺で大エビのフライと言えば鳥羽の「漣(さざなみ)」が有名ですがこの店でもいただけました。

e0164563_10162727.jpg

昼飯を済ませ再び街道にもどります。

そして「へんば餅」と書かれた看板の店。

当時、馬を借りて参宮する人達がこの店で憩、ここから馬を返し船で参宮したそうで、いつしか「へんば(返馬)」餅と名付けられたそうです。

e0164563_10162833.jpg
e0164563_10162637.jpg

その宮川の渡しがこの辺りにありました。

e0164563_10162642.jpg

ようやく伊勢の「外宮」に到着。

「伊勢に行きたい伊勢路が見たい。たとえ一生に一度でも」と伊勢音頭にも歌われ、多くの人があこがれた伊勢参り、そういえば私の小学生の時、修学旅行はお伊勢さんと決まっていました。

e0164563_10162721.jpg


by y-tukide | 2018-07-09 09:00 | 街道を行く

こども園園舎新築工事 刻み見学会

ツキデ工務店は、宇治にある社会福祉法人宇治福祉園「みんなのき黄檗こども園」の園舎新築工事をさせていただいています。

この建物は木造2階建の木をふんだんに使った建物で、現在弊社の作業場で大工が手刻みしています。

e0164563_10394996.jpg
e0164563_10404048.jpg

いつものように吉野の杉・桧を使っているのですが、今回この建物の構造的な特徴の一つは桧の丸太を多用していることです。

e0164563_10395265.jpg

6.5mの丸太に直行して2本の5mの丸太を「台持継ぎ」という継手で繋いで架ける仕事をしている様子。

e0164563_10395074.jpg

丸太を刻むには高度な技術が必要です。なかなか経験する機会が少ないのでベテラン大工が若い大工に教えてくれています。

e0164563_10395039.jpg

この建物の構造的なもう一つの特徴は、ケヤキ・栗・桧・杉4樹種の210m~240m角の太い柱を14本使っていることです。

e0164563_10394906.jpg

丸太と太い柱を多用した力強い建物、そして建物の中にいて森の中にいるような気分になってもらえたらと思います。

ちょっと見られないこの建物、加工風景を園児たちに是非見せたいと、理事長と園長先生とに相談し「刻み見学」を計画しました。

見学会当日、「みんなのき黄檗こども園」と「みんなのき三室戸こども園」の年長さんたち80名と先生方10名がマイクロバス3台に乗りツキデ工務店の作業場にやってきました。

e0164563_10395176.jpg

挨拶のあと最初にお利口さんたちを前に私が、木の話・大工さんの話をさせていただきました。

スタッフにも手伝ってもらい園児たちにパネルや写真などを使い山と木の話をするのですが、わかりやすく説明するのは大変難しいです。

e0164563_10400231.jpg

その後は大工さんの刻み見学。

園児たちはみなさん見入っていました。

e0164563_10395147.jpg
e0164563_10400353.png

手カンナをかける前とかけた後の木肌をさわって

「わぁ~つるつるや~」。

e0164563_10400377.png

こちらのコーナーでは、継手と仕口の模型を使い大工が説明してくれました。

e0164563_10395150.jpg

「組子」のコーナーでは、解くのにはまっていました。

e0164563_10400376.jpg

カンナ削り体験コーナーでは、木に名前を描きそれを削り、名前付のカンナくずをお土産に。

e0164563_10400108.jpg

この日のために木のきれっぱしや桧のカンナくずをお土産にと用意していたのですが、これも大好評でした。子供たちにとってはお宝なのです。

e0164563_10400202.jpg

お土産の木のきれっぱしを紙やすりで。

「これ見て つるつるやろ!」

e0164563_10400115.png

1時間半ほどの見学会だったのですが、けがもなく無事終わりました。

園児たちは、飽きずに楽しんでくれたようです。

この中から何人か大工さんになってくれることを願います。

e0164563_10400261.jpg


by y-tukide | 2018-07-02 08:50 | 見学会・イベント