日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

(仮称)みんなのき三室戸こども園茶室

宇治橋の東づめに建つ元米屋さんの店舗内に、六畳広間と四畳半小間の茶室がこの度完成しました。
完成写真を撮らせていただきましたので掲載させていただきます。

この茶室は、社会福祉法人「宇治福祉園」様から依頼された工事です。宇治福祉園の「みんなのき三室戸こども園」では、和紙作り・稲作り・草木染・お茶会など子供たちに「本物」の体験を通じて豊かな感性と本物の魅力を知るといった教育をされています。

今回の茶室も、ちゃんとした茶室で子供や父兄が気兼ねなくお茶を楽しめるように、また茶の町宇治でいろんな人達がお茶を楽しめるようにと企画されたものです。

宇治川に架かる宇治橋。

茶室はこの橋を渡ったところにあります。

e0164563_15593813.jpg

工事前の米屋さんの現場発泡の断熱材で包まれた冷蔵庫。

この中に茶室をつくりました。

e0164563_15594082.jpg
e0164563_15594020.jpg

今回の工事は、私とツキデ工務店で最も古いベテラン大工が中心に、本間物の良質な材料と伝統的な技で、建具・表具・左官屋など様ざまな職人達と仕上げた仕事です。

そしてあの冷蔵庫がこんなに変わりました。

e0164563_15593971.jpg

六畳間の「床の間」は、前に袖壁をつけた「ふくろ床」。

床柱は皮付きの赤松、地板と床脇の前板や地袋の天板は、松の赤身の「肥松(こえまつ)」、袖壁の方立は「スス竹」、これらは古材を再利用しています。

e0164563_15595514.jpg

袖壁の「下地窓」は、在庫があった「女竹(めだけ)」を使い大工がつるで編んでくれました。

床の地板の「蹴込み」には「ゴマ竹」を用いています。

e0164563_15595588.jpg

六畳間の続きの2尺ほど(約600mm)の部分は吉野桧の板張りとし、その上に垂れ壁を設け格子を付けその中にエアコンを仕込みました。垂れ壁の壁止まりは桧の「さび丸太」、天井は「柿渋紙」を「袋張り」し、廻り縁にはここでも「女竹(めだけ)」使用しています。

また壁の真ん中に「ゴマ竹」を立てました。

e0164563_15595555.jpg

この面の壁には実は窓がないのですが窓に見せかけ障子を入れました。障子の戸当たりに「スス竹」を用いています。

e0164563_15595543.jpg

四畳半の茶室の床柱は「北山杉」の丸太、床框はカシュウ塗で「畳床」としました。

e0164563_15593998.jpg

「茶道口」は幅2尺1寸(636mm)、高さは5尺2寸(1575mm)。

その他の建具は5尺8寸(1760mm)です。


e0164563_15593946.jpg



赤杉を使った腰付障子の「竪桟(たてざん)」の「見つけ」は7分(21mm)、「見込み」は9分(30mm)、「組子」の「見つけ」は2分(6mm)と細く繊細な「京建具」です。

障子紙は手漉きの「美濃和紙」を使用しています。

e0164563_16022865.jpg

襖は、京都の綾部の黒谷で漉かれた地元の「黒谷和紙」で仕上げました。

「地袋」の襖は「京唐紙」です。

e0164563_15595496.jpg

4畳半の茶室の隣接する踏込に「柿渋紙」張りの襖を吊った「水屋」を設けました。

ただ給排水設備がとれず茶道具入れとして使っていただけるかも。

e0164563_15595442.jpg
e0164563_15594044.jpg

杉の「面皮柱」と「床柱」は京都の北山杉、造作で使った「赤杉」は吉野杉。

良材を産する京都北山や奈良吉野の山は、建築を志す者にとって宝の山、その山が近くにあることは本当にありがたいことです。

e0164563_15595419.jpg

この茶室がどのように活用されていくのかこれから楽しみです。

e0164563_15593906.jpg


by y-tukide | 2018-09-30 09:53 | 仕事色々

初秋の茅葺の里「美山」

この日、2か月ぶりに私の飲み水である若狭の「瓜割の滝」の湧水を汲みに行ってきました。

通常、若狭へのルートは自宅から滋賀県の「朽木」を経由する、いわゆる「鯖街道」を走るのですが、この日は久しぶりに「西の鯖街道」が通る、茅葺の里「美山」に立ち寄り行くことにしました。

早朝、霧にけむる茅葺の里。

e0164563_10012127.jpg

ソバ畑は一面に白い小さな花をつけていました。

e0164563_10012187.jpg

彼岸花も今が見ごろ。

e0164563_10012204.jpg
e0164563_10012975.jpg
e0164563_10012812.jpg

日本の原風景ここにあり。

e0164563_10012232.jpg

柿も色づき始めたか!

e0164563_10012010.jpg

茅葺にコスモスはよく似合う。

e0164563_12164290.jpg

いいタイミングで蝶が!

e0164563_10012003.jpg

e0164563_10012032.jpg

一瞬青空。

e0164563_10012053.jpg

キビも実っていました。

e0164563_10012904.jpg

ソバの花。

e0164563_10013078.jpg

よく見ると何とも可憐。

e0164563_10012112.jpg

アリが受粉の手助け!

e0164563_10012123.jpg


by y-tukide | 2018-09-25 12:24

鞆の浦 散歩

鞆の浦(とものうら)は、広島県のJR福山駅から南へバスで30分、沼隅半島の先端にある小さな港町です。

e0164563_09324225.jpg
e0164563_09324231.jpg

鞆の浦は、瀬戸内海のほぼ中央に位置し、この辺りで潮の流れが変わることから古来、内海を航行する船はこの潮に乗っての航法であったので、潮待ち風待ちの港として栄えました。

町内には、当時の繁栄がうかがえる昔ながらの情緒ある街並みが残っています。

e0164563_09324207.jpg
e0164563_09323163.jpg

平地の少ない各地の港町同様、この港町も路地が網の目のようにつながり生活感、わくわく感が愉しめます。

e0164563_09323187.jpg
e0164563_09323201.jpg

風待ちの港として航行上重要な港町であった鞆の浦には、歴史上有名な人物が訪れています。その一人が坂本竜馬です。幕末、坂本竜馬の率いる海援隊の蒸気船「いろは丸」が紀州藩の蒸気船「明光丸」に衝突され、その談判が鞆の浦で行われています。

その談判所となった「旧魚屋萬蔵宅」

e0164563_09324110.jpg
e0164563_09323290.jpg

江戸時代、朝鮮通信使もここに滞在しています。

その通信使が絶賛した福禅寺の「對潮楼(たいちょうろう)」からの眺め。

e0164563_09323455.jpg

鞆の浦は、映画やドラマのロケ地として、また宮崎駿が映画「崖の上のポニョ」の構想のために長期滞在したことなどから全国的に関心を集めました。

街を歩いているとこんなものが!

e0164563_09323255.jpg
e0164563_09323270.jpg

鞆の浦は寺が多い町です。

江戸時代には28ヶ寺あったそうで、現在も19ヶ寺あります。

その一つ「医王寺」の山の上に建つ「大師堂」からの眺めがすばらしいと地元の方に進められ登ったのですが、急坂の登り切った所に寺があり、そこから石段が延々と続きます。

e0164563_09323328.jpg

大汗かいて登った石段の段数は583段。

ところが天気は下り坂、期待した景色は望めませんでした。

e0164563_09323389.jpg

この日、町では祭りが行われていました。

e0164563_09323312.jpg


by y-tukide | 2018-09-18 09:53 | 散歩

宇治市植物公園ぶらり

94日に関西地区を直撃した非常に強い勢力の台風21号、各地で多くの被害をもたらしました。

台風一過の翌日は、早朝から事務所の電話が鳴りっぱなし。

お客さんをはじめ新規の方、近所の方など二日で80軒近い方から被害の連絡がありました。

二日後に雨も予想されたので、急きょ体制をとり、出来るだけ効率よく担当者が回れるように作成した資料もとに地域分けし、現場監督と大工が総出で応急処置のために走り回りました。

私も直後の二日間は、気になる現場を走りました。

改修中のある現場では、庭に隣のガレージの屋根がそのまま飛んできていました。

e0164563_10573092.jpg

幸い建物は、一部瓦が飛んだりずれたりしていましたが比較的軽微被害で済みました。

e0164563_10573062.jpg

台風で仕事の予定がかなり狂ったこともあり、日曜日は早朝から事務所で一人仕事をすることに。

そして昼、昼食をかねて、事務所から歩いて10分ほど所にある宇治市植物公園に行き気分転換。

こちらもご多分に漏れず被害が発生し、7日まで休園だったそうです。

園内では今も通行止めの所があり、大きな木が何本も折れたり倒れたりしていました。

e0164563_10565854.jpg
e0164563_10565977.jpg

幸い花たちは、管理状態が良かったのかこの時期の花が咲き誇っていました。

e0164563_10570024.jpg
e0164563_10570071.jpg
e0164563_10570035.jpg
e0164563_10570088.jpg
e0164563_10565951.jpg

今年の夏は、連日続く酷暑、地震、台風ともう勘弁してほしい散々な夏でした。

秋はもうそこまで来ています。

穏やかな秋であってほしいものです

e0164563_10570109.jpg


by y-tukide | 2018-09-10 13:17

大宇陀の古民家再生工事

ツキデ工務店は、これまでにも古民家の再生をいくつか手掛けてきましたが、数年前から依頼が急増し、現在工事中の現場も3棟あります。

そのうちの一つが奈良県の宇陀市大宇陀にあるのですが、この日大宇陀の現場に行ってきました。

宇陀市大宇陀は、青垣めぐる奈良盆地の東方に位置し、古代は「阿騎野(あきの)」と呼ばれ、宮廷の薬猟りの地とされたところで、柿本人麻呂が詠んだ歌「ひがしの野にかぎろいの立つ見えてかえりみれば月かたむきぬ」でも有名です。

現場は大宇陀の松山地区にあるのですが、この地区には江戸時代の街並みが残り国の「重要伝統的建築群保全地区」に指定され、工事中の建物も江戸時代後期の建物です。

メッシュシートが架けられた工事現場。

e0164563_09205552.jpg

工事前の外観

e0164563_09211140.jpg

屋根瓦をおろし、床をはがし、ほぼスケルトンの状態にしベタ基礎を打った状態。

e0164563_09205473.jpg

解体前の屋根の野地は割竹で、その上に杉皮を重ねて敷き瓦が葺かれていました。

e0164563_09211136.jpg

下がっていた柱はジャッキをかけ上げ、柱の朽ちた部分は「金輪継(かなわつぎ)」で「根継ぎ」します。

そして其々の柱が勝手に動かないように「足固め」する作業は伝統構法で改修する場合大事な作業です。

e0164563_09205481.jpg

こけている柱は、ジャッキをかけ押したり、ワイヤーをかけチェーンブロックで引いたりして「建ち起し」をします。

e0164563_09205663.jpg
e0164563_09205699.jpg

「差し鴨居」という横架材は、伝統構法において耐震的に重要な部材で「コミ栓」「シャチ栓」が内部で折れるなどして開いている個所は、ワイヤーをかけチェーンブロックで引っ張りよせ、新たに「コミ栓」「シャチ栓」を入れ直し、金物で補強をしたりします。

e0164563_09205360.jpg

これは朽ちた丸太の「軒桁」を新しく取り替える仕事をしているところ。

e0164563_09205466.jpg

数本の丸太を継ぐのに「台持ち継」という「継手」で継ぎます。

e0164563_10051711.jpg

現場を見た後、久しぶりに大宇陀の街を散策しました。

e0164563_09211087.jpg
e0164563_09211010.jpg

この建物は「旧細川家住宅」。

江戸末期の建物で江戸期にぎわった商家町松山地区の面影を残す建物です。

大宇陀町歴史文化館「薬の館」として公開されています。

e0164563_09255698.jpg
e0164563_09205594.jpg

細川家の二代目の次女の長男が、明治15年に、藤沢家の養子となり、藤沢製薬工業(現アステラス製薬)を創設したそうで。館内には藤沢薬品コーナーがあります。

藤澤樟脳の商標となった邪気払いの神さんの「鍾馗さん」。

e0164563_09211275.jpg

また館内には薬関係の資料や薬の看板が展示されています。

e0164563_09211297.jpg

中にこんな看板が!

e0164563_09205542.jpg


by y-tukide | 2018-09-05 07:49