人気ブログランキング |


日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
去り行く年の思い出フォトブログ
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
思い出
未分類

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(14)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

<   2019年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

久美浜 かいわい

京丹後市久美浜町は京都の北西部、兵庫県との県境に位置し、穏やかな久美浜湾を中心とした人口9,600人程の小さな町です。
その久美浜湾は、日本海の季節風や波浪、海流によって砂が運ばれてできた砂州「小天橋」で外海の日本海と隔てられた潟湖(せきこ)です。
そしてそれらを見守るように湾のほとりにそびえる「かぶと山」からは、久美浜の中心市街地と小天橋が一望できます。
久美浜 かいわい_e0164563_11030933.jpg
久美浜 かいわい_e0164563_11030758.jpg
久美浜は冬はカニ、夏は海水浴でにぎわいます。私も何年か前に子供ら家族と親戚とでカニを食べに小天橋の民宿で泊まったことがあります。
その久美浜のことを京都歴史遺産研究会編集、山川出版社発行の「京都府の歴史散歩 下」を読み
一久美浜は、細川氏の重臣松井康之が整備した城下町であること。
―幕末まで、丹後・但馬などの幕府直轄領(天領)を支配した久美浜代官所が設置さ れ、明治時代初期には久美浜県庁がおかれたこと。
―中世から近代にかけて、政治経済の中心であったこと。
などを知り、改めて久美浜の町を見たい思いに駆られ、久しぶりに相棒と行くことにしました。
京都丹後鉄道の久美浜駅に車を止め、ここから相棒と出発です。
この風格のある駅舎は、元久美浜県の県庁の外観を再現した、木造の本格的な和風建築です。
久美浜 かいわい_e0164563_11030816.jpg
駅の近くに、元の久美浜町役場だった建物が残されています。
久美浜 かいわい_e0164563_11030804.jpg
この建物は久美浜小学校。ここに江戸時代は久美浜代官陣屋、明治時代初めには久美浜県の県庁があった場所で構内は7000坪だったとか。また裏山には松倉城跡があります。
学校の正面玄関の前には、すぐ先の久美浜湾に注ぐ川が流れ、橋には「陣屋橋」と刻まれていました。
久美浜 かいわい_e0164563_11030819.jpg
波穏やかな久美浜湾。ここにはカヌー練習場があり、この日子供達のカヌー競技が行われていました。
久美浜 かいわい_e0164563_11030840.jpg
久美浜は、この地方の陸上交通の要所であると共に、久美浜湾を良港として外海の日本海に通じ、北前船をはじめとした廻船業で財をなした商家が、江戸期から明治期にかけて軒を並べていました。
久美浜 かいわい_e0164563_11033457.jpg
この建物は、豪商の一人であった「稲葉本家」の建物。明治23年に5年の歳月をかけて建てられたそうで、久美浜全盛期の遺構を残しています。
久美浜 かいわい_e0164563_11030945.jpg
現在、国の登録有形文化財に登録され、改修後、久美浜町の観光拠点として一般開放されています。
久美浜 かいわい_e0164563_11033427.jpg
「十楽」という交差点があったのですが、中世にそのあたりで「楽市」が立っていたそうです。
この建物は、木造3階建の宿屋。
久美浜 かいわい_e0164563_11030954.jpg
中心市街地から久美浜湾沿いに小天橋に向け走ることに。
鏡のような湖面にかぶと山が映ります。
久美浜 かいわい_e0164563_11030918.jpg
妻側を道に向けた民家が並ぶいい感じの道を走ります。
久美浜 かいわい_e0164563_11033596.jpg
小天橋は、日本三景の一つである「天橋立」と同様、日本海の季節風や波浪、海流によって砂が運ばれてできた砂州。そこには冬のカニ、夏の海水浴客目当ての民宿が軒を並べます。
以前、このどこかの民宿に泊まったのですがどの民宿なのか思い出せませんでした。
久美浜 かいわい_e0164563_11033549.jpg
浅い久美浜湾に向け突き出す木製の桟橋。それぞれの船専用なのか?独特の風景です。
久美浜 かいわい_e0164563_11033560.jpg
久美浜 かいわい_e0164563_11033618.jpg
反対側は日本海、夏は海水浴客でにぎわいます。
久美浜 かいわい_e0164563_11030742.jpg
小天橋を後に再度、市街地方面に向かいます。
そして久美浜湾に面して建つ「関西花の寺25カ所霊場会」第7番札所である如意寺へ。
久美浜 かいわい_e0164563_11033428.jpg
この時期「ホトトギス」が花をつけていました。
春には境内周辺に自生する約1万株の「ミツバツツジ」が見事だそうです。
その時期にもう一度久美浜に来たいものです。
久美浜 かいわい_e0164563_11034026.jpg




by y-tukide | 2019-10-28 11:24 | かいわい

早朝散歩 秋空―その2

自宅の近くに京都府立山城総合運動公園、別名「太陽が丘」があります。
私は、ほぼ毎日朝5時ごろに自宅を出、2時間ほど「太陽が丘」を散歩し、ストレッチなどするのが日課になっています。
自宅を出る時は真っ暗なのですが、天気具わいと時間がたつにつれて刻々と変わる空模様がドラマチックで面白く、撮り残すのも日課となりました。
10月17日5時18分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13315984.jpg
10月9日5時21分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13322012.jpg
10月16日5時29分 
この日は月が!
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13322052.jpg
10月17日5時35分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13315999.jpg
10月8日5時45分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13321955.jpg
10月9日5時38分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13322089.jpg
10月4日6時03分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13320099.jpg
10月17日5時50分 
雲に覆われた比叡山。
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13320010.jpg
10月7日5時50分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13321983.jpg
10月4日5時33分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13320008.jpg
10月17日6時17分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13320069.jpg
10月4日6時06分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13320094.jpg
10月8日5時54分
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13321911.jpg
10月9日6時43分
公園内では、4つのグループが決まった時間に体操しています。
私は一人でしています。
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13322031.jpg
10月18日6時13分
日ごとに朝夕冷え込み、木々も色づき始めました。
早朝散歩 秋空―その2_e0164563_13320019.jpg


by y-tukide | 2019-10-21 09:00 | 早朝散歩

尾鷲かいわい 須賀利

9月のブログに掲載させていただいた「尾鷲かいわい」「熊野かいわい」、尾鷲と熊野を訪れた両日は、雨が降ったりやんだりの街歩きにはあいにくの天気で、行きたかったところにも行けずじまいとなりました。
そこで天気のいい日に再度、尾鷲に行くことにしました。
行ったところは、尾鷲市の須賀利(すがり)町という人口220人程の小さな漁村です。
地理的に須賀利は、尾鷲市街と尾鷲湾をはさんだ対岸の半島にある尾鷲市の飛び地です。
昭和57年に県道202号線が開通するまでは、車では行けず尾鷲港と結ぶ巡行船が唯一の交通手段の陸の孤島でした。
背後は深い山々に囲まれ、瓦屋根の民家が湾沿いに円弧上にひしめく須賀利の漁村風景は、朝日新聞社の日本の里100選にも選ばれました。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582049.jpg
集落の海側には防波堤が築かれ、入り口には横引きのアルミ合金のゲートが設置されています。ここが須賀利集落の玄関口です。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582168.jpg
防波堤に沿って集落内を車が通り抜けられる唯一の道があります。この道もさほど広くはなく所によっては離合が難しい道幅です。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582215.jpg
防波堤の海側の岸壁には小さな漁船が繋がれ、防波堤と岸壁の狭い間は漁師さんの作業場です。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583698.jpg
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582101.jpg
一隻の漁船から降ろされた籠をのぞくと伊勢エビが!
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583703.jpg
防波堤沿いに走る道に並行して、山側にもう一本集落を縦断する生活道路があります。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583676.jpg
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582274.jpg
その道沿いにある店におばさん達が集まっているのに何なのかと見てみると、上がったばかりの魚を手づかみで早い者勝ちで求めていました。さすが漁師町ならではの風景です。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582071.jpg
道沿いのこの建物は元風呂屋さん。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583631.jpg
歩いていて何軒かのお宅の玄関に張られていた米寿を祝う手形。
ここはどうも長寿の村のようです。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582276.jpg
そしてその集落の主要道から山手に何本もの路地と階段が伸びています。
これまでの訪れた小さな漁村同様の私の好きな風景です。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583697.jpg
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582008.jpg
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583790.jpg
階段を上がった高台からの眺めは、階段を上るしんどさを忘れさせてくれます。
毎日階段を上り下りする適度な運動と新鮮な魚を食べる生活をしていると確かに長生きしそうです。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582134.jpg
歩いていると民家の敷地と道の境界がわかりにくい路地がいくつもあります。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583707.jpg
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15583789.jpg
この日は前回と違い天気にも恵まれ、のんびりと歩けた須賀利の集落。日本の漁村の原風景ともいえる風景を楽しむことが出来ました。
ただこの地も過疎化・高齢化は他の山村・漁村とも同様で空き家が目立ち、この日は子供を一人も見かけませんでした。
尾鷲かいわい 須賀利_e0164563_15582115.jpg

by y-tukide | 2019-10-14 09:00 | かいわい

早朝散歩 秋空

自宅の近くに京都府立山城総合運動公園、別名「太陽が丘」があります。
私は、ほぼ毎日朝5時ごろに自宅を出、2時間ほど「太陽が丘」を散歩し、ストレッチなどするのが日課になっています。
10月3日5:02
早朝散歩 秋空_e0164563_09554414.jpg

この時期は日の出が遅く、5時過ぎごろは真っ暗で5時台半ばになると東の空がほんのり明るくなりだします。そして、様々な色に染まる朝焼けと刻々と変わる雲形は、実に美しくドラマチックです。
最近、それを見るのが早朝散歩の一つの楽しみになり、さぼらず続けられている一因です。
そして、日々変わる二度と見られない空模様をアイフォンで撮り残すことに。
10月3日5:15
早朝散歩 秋空_e0164563_09554787.jpg

9月10日5:49
早朝散歩 秋空_e0164563_11591752.jpg
10月3日5:47
早朝散歩 秋空_e0164563_11591789.jpg
9月10日5:48
早朝散歩 秋空_e0164563_11591817.jpg
10月1日5:49 雲に浮かぶ比叡山。
早朝散歩 秋空_e0164563_12031026.jpg
9月10日5:26
早朝散歩 秋空_e0164563_12064470.jpg

10月3日5:22
早朝散歩 秋空_e0164563_11591638.jpg
9月30日5:43
早朝散歩 秋空_e0164563_11591662.jpg
10月1日6:03
早朝散歩 秋空_e0164563_11591781.jpg
9月10日5:31
早朝散歩 秋空_e0164563_11592941.jpg
9月11日5:20
早朝散歩 秋空_e0164563_11592932.jpg
9月30日5:39
早朝散歩 秋空_e0164563_11592998.jpg
9月12日5:42
早朝散歩 秋空_e0164563_11592979.jpg
9月10日6:24
早朝散歩 秋空_e0164563_11592968.jpg
10月3日6:04 季節外れの桜。
早朝散歩 秋空_e0164563_12150924.jpg


by y-tukide | 2019-10-07 09:00 | 早朝散歩