人気ブログランキング | 話題のタグを見る


日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
去り行く年の思い出フォトブログ
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
思い出
古寺巡礼
住まい手さん宅訪問
竪穴式住居
畑はじめました
未分類

以前の記事

2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(123)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

肥前国 長崎の旅

妻と二人で肥前国(長崎・佐賀)を旅しました。
自宅の最寄り駅であるJR宇治駅7時29分発の電車に乗り京都駅へ、そこから新幹線で博多駅へ、そして博多駅から在来線の「特急かもめ」に乗り換え、最終駅であるJR長崎駅に着いたのが12時52分、5時間半の列車に揺られての旅の始まりでした。
長崎駅からは、路面電車に乗りホテルへと向かうことに。
この路面電車は4系統あり、すべての区間の料金が大人140円と安く、運行本数も多く、ICカードも使えて非常に便利、地元の方はもとより観光客にとってもなくてはならない「足」です。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13322111.jpg

ホテルで早めにチェックインを済ませ、街を散策することに。
向かったのは、世界遺産であり国宝でもある白亜の教会「大浦天主堂」。
大浦天主堂は、幕末の開港を機に在留外国人のために建てられた教会、2世紀に渡るキリスト教弾圧の中、潜伏していたキリスト教徒がやっと信仰を打ち明けた歴史的場所です。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13322563.jpg

そして次に向かったのが小高い丘の上にある「グラバー園」。
ここには、貿易商であったグラバーが家族と住んだ「旧グラバー住宅」をはじめ西洋住宅9棟が公開されています。
ここは、私が高校の修学旅行で訪れた場所で、うっすらですが記憶に残っています。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13323848.jpg

採光・通風を意識された住宅で、屋根は和瓦、壁は漆喰とペンキで仕上げた木造建築。
日本の伝統的な素材・技術と西洋様式が融合した建物です。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13324258.jpg

開放的な石畳敷のベランダには、木製の円柱が建ち、アーチ形の欄間(らんま)と天井が菱形の格子で組まれています。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13325046.jpg

そのグラバー園から見下ろす長崎の街。
三方を山に囲まれ、平地はさほど広くなく、市街地が山の中腹から海へと迫ります。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13325424.jpg

翌日早朝、グラバー園がある「南山手地区」を一人散歩しました。
グラバー園を含むこの地域は、国の重要伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選定されていて、グラバー園の裏手の斜面にも和洋折衷の建物が建ち、その街並みと眼下の港の眺望が実に素晴らしくまさに長崎を象徴する場所です。
ただ坂と階段の連続で、朝から大汗をかくことになりました。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13330295.jpg

ホテルで朝食を済ませた後、向かったのは「東山手地区」。
この地区も明治に造られた外国人の居留地で、「伝建地区」に選定されています。
幕末から明治に建てられた洋館群と石畳・石塀・土塀・レンガ塀が一体になり、独特の景観を保っています。
ここでも石畳の坂道と階段が続きます。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13330845.jpg
肥前国 長崎の旅_e0164563_13331300.jpg

この7棟の洋館群は、明治20年に社宅または賃貸住宅として建てられたもの。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13332331.jpg

居留地時代、東洋人以外の外国人は「オランダさん」と呼ばれ、外国人居留地にある坂道はどれも「オランダ坂」といったそうで、他の国の外国人も住んでいたのにそのように総称されたのは、江戸時代から200年以上続いたオランダとの繋がりによるものです。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13333177.jpg

オランダ坂を下り電車道に出、そこから路面電車に乗り向かったのは「原爆資料館」と「平和公園」。
1945年8月9日、午前11時2分、長崎の上空で一発の原子爆弾がさく裂しました。
長崎の街はほとんどが破壊され、死者7万3千人余り、負傷者7万6千人余りに及びます。
爆心地より800mほどにあった民家の柱時計。
爆風で損傷し、時計の針は爆発の時刻11時2分を示しています。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13333574.jpg

原爆資料館では、被爆資料や被爆の惨状を示す写真などが展示されています。
あまりのむごさに胸を裂かれる思いと怒りが込上げます。この感情は、広島の原爆資料館でも同じでした。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13334105.jpg

あれから77年、世界では戦争が絶えません。日本は、アメリカの「核の傘」での核抑止の名のもとに、唯一の被爆国であるにもかかわらず「核兵器禁止条約」に加盟していません。
それどころか軍備拡大を図ろうとしています。軍備を拡大するということは、戦争を前提としてのことです。
「戦争は、絶対ダメ!」
「核兵器の終わりか、私たちの終わりか。どちらかを選らばなければならない。」
―ベアトリス・フィンICAN事務局長-
肥前国 長崎の旅_e0164563_13335088.jpg

長崎三日目、この日も早朝、長崎港周辺を一人散歩しました。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13335606.jpg

長崎港を見下ろす展望デッキやレストランなどが集まるスポット「長崎出島ワーフ」、港町ならではの風情です。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13340937.jpg

隣接して緑豊かな「長崎水辺の森公園」があり、その中の運河沿いに建築家「隈研吾」氏設計の「長崎県美術館」があります。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13350163.jpg

この日は、レンタカーを借り「雲仙・島原」方面へと向かうことに。
最初に訪れたのは、長崎県の南東部、島原半島の北部にあたる「雲仙市国見町神代小路(こうじろくうじ)」。
ここは江戸時代、佐賀鍋島藩の飛び地で、佐賀鍋島藩神代領領主の鍋島氏の陣屋を中心とした町割りで、有明海と川に囲まれた「環濠集落」。ここも「伝建地区」にも選定されています。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13350756.jpg

地区の中心である「鍋島邸」、切り石の石積みから続く「長屋門」が印象的です。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13354726.jpg

矢竹の生垣に囲まれた茅葺屋根の武家屋敷跡の「旧永松家住宅」。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13355381.jpg

屋敷を守る土塀・石垣・矢竹の生垣、そしてその足元に水路が巡り、静寂の中まるで時間が止まったかのような美しい街並みが残されています。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13355874.jpg
肥前国 長崎の旅_e0164563_13360959.jpg

神代小路を後に、島原半島を南下し向かったのは城下町「島原」。
町のシンボルである「島原城」は、築城400年を迎えるそうで、城周辺の整備が進められてていて、その一環として天守閣外壁の改修工事が行われていました。
島原は、城下町であると共に「湧き水の街」でもあります。
市内約70か所で湧き水ポイントがあり、水路を色とりどりの鯉が群れをなします。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13361394.jpg

島原城下町の一角に残る歩兵である「徒士(かち)」部隊が住んだ約400m続く武家屋敷町。
通りの中央を流れる水路や石垣そして茅葺の屋敷が、藩政時代の面影を今に残しています。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13362343.jpg
肥前国 長崎の旅_e0164563_13370191.jpg

「肥前国 長崎の旅」大変見どころ多い旅でした。

復元整備された、江戸時代に唯一、ヨーロッパとの貿易が許された「出島」。
肥前国 長崎の旅_e0164563_13372118.jpg
肥前国 長崎の旅_e0164563_13401613.jpg



# by y-tukide | 2022-08-22 09:00 |

鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線

「北条線」は、兵庫県小野市の粟生(あお)駅から兵庫県加西市の「北条駅」を結ぶ、路線延長13.7kmのローカル線です。
現在、加西市・兵庫県などが出資する第三セクターの北条鉄道株式会社が運営しています。
この鉄道のことを知ったのは、今年の5月に放映されたNHKのBS番組、新日本風土記「走れ!私のローカル線」です。
番組では、地域公共交通である北条線の活性化を図るために、地域住民や鉄道ファンである「鉄ちゃん」らによるユニークなボランティア活動などが紹介されました。
番組を見て妻が「一度行ってみたいな!」ということになり、7月後半の休みに二人で行くことにしました。
前回、知多半島を回った時と同様に、車に相棒である自転車を2台積み、向かったのは加西市の「北条町駅」。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10342291.jpg

朝夕の通勤時間帯以外は、1時間に一本のみの運行なので電車に乗り幾つかの駅に降りるとかなりの時間が必要になるので、駅前に車を置き、そこから相棒と路線沿いを走りいくつかの駅を巡ることにしました。

緑豊かな田園風景の中を一両編成の車両が走ります。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10344436.jpg

最初の駅は「播磨横田(はりまよこた)」駅。
この駅では、駅舎にギャラリーが併設され、この日は「阿部勇・後藤清美」というアーティストの「二人展」が行われていました。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10350283.jpg
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10350768.jpg

駅周辺ののどかな北播磨の風景。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10351886.jpg

相棒と走る線路沿いの道は、車も少ない気持ちのいいサイクリングコースです。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10352763.jpg

次に着いたのが「長(おさ)」駅。
大正4年建設の駅舎は、国の登録有形文化材。
北条鉄道で最も古い駅舎で、開業当時のまま残っています。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10353749.jpg

駅舎内では、懐かしい香りが漂います。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10354807.jpg
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10355657.jpg

番組でもこの駅のことが紹介されたのですが、ボランティア駅長による「駅ナカ婚活相談」や缶詰バー「カンカンバー」が不定期ですが開催されます。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10355964.jpg

同じく番組の中で紹介されたのが「便所」です。
活性化を図り鉄道利用者を増やすには、まず駅の「便所をきれいにすること」と呼びかけ、地域の方々からお金を集め、汲み取り便所から水洗便所へと建物とも整備されたのです。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10360285.jpg

そして次に向かったのは、「播磨下里(はりましもさと)」駅。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10360840.jpg

この建物も大正時代に建てられたもので、国の登録有形文化財。
この駅も番組で紹介されました。
なんと、鉄道好きの「鉄ちゃん」のお坊さんが駅舎内で「下里庵」という寺を開いていました。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10361174.jpg

駅のホームでは、こんな鶏が迎えてくれました。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10361623.jpg

線路沿いの気持ちのいい道を走り、次の「法華口(ほっけぐち)」駅へと向かいます。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10362323.jpg

そして駅に到着。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10362912.jpg

この駅のことは番組では紹介されていなかったのですが、ここも懐かしいたたずまいの駅舎。
その駅舎が、「駅舎工房モンファボリ」という地元の米粉を使った米パンや菓子を販売する店。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10363701.jpg

そして法華口駅は、西国二十六番札所の法華山一条寺の最寄りの駅として、地元の大工さんが作ったミニ三重塔が駅のシンボルになっています。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10371511.jpg

相棒とのサイクリングはここまで。ここで相棒をたたみ輪行袋におさめ列車に乗り北条町駅へと戻ることにしました。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10372578.jpg

一両編成のワンマン電車はディーゼルエンジン、力強い響きがお腹に伝わります。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10373181.jpg

北条町駅に着き、駅の周辺で食事をとりました。
食事後、また相棒と北条の町を散策することに。

北条は、加西市の中心的な町で、千年以上前に建立された住吉神社・酒見(さがみ)寺の門前町として栄え、また山陽・山陰を結ぶ交通の要衝として北播磨の中心的な存在でした。
明治・大正・昭和初期には、商業・流通の拠点として繁栄し、多くの商家が軒を連ね、今も当時の面影がうかがえる歴史ある街並みが残っています。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10374933.jpg

そして何よりも興味深いのが「羅漢寺」の謎の石仏群「五百羅漢」。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10380243.jpg

北条鉄道北条線、8駅のうちの5駅を回っただけですが、ローカル線の活性化を願う地域住民の心意気をひしと感じる鉄道ブラ旅でした。
鉄道ブラ旅 北条鉄道北条線_e0164563_10381081.jpg



# by y-tukide | 2022-08-15 09:00 | 鉄道ブラ旅

小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―

滋賀県の瀬田川に近い静かな住宅地に、ご家族3人が暮らす延床面積24坪の小さな家が完成しました。
敷地内には多くの草木が植えられ、造り付けの家具を随所に設けるなど、小さいながらも豊かに暮らせる工夫をした家です。

今回、お客様のご厚意により完成写真を撮らせていただきましたので一部紹介させていただきます。

この建物は、既存の建物を解体し建て替えたもので、敷地と道路とは高低差があることから、道路からの圧迫感を感じないようにできるだけ高さを抑えた家です。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_14563101.jpg


緩やかな木製の階段を上ると緑豊かな庭が迎えてくれます。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_14572946.jpg

小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_14575551.jpg


玄関内部。
正面は玄関収納、「浮造り(うづくり)」仕上げの杉の厚板の式台から居間へと続きます。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_14583877.jpg


そしてもう一方、暖簾をくぐると居間と繋がる土間があります。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_14591177.jpg


畳敷きの居間は、土間に繋がりそして庭へと続きます。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15003118.jpg


造り付け家具を随所に設け、コンパクトに収まったLDK。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15015991.jpg


LDKの三方向に大開口を設けたことにより、視線が抜け狭さを感じません。
そしてその開口から木々の緑を楽しむことができます。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15023156.jpg

小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15030668.jpg

小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15033154.jpg


また、居間の土間とダイニングに吹き抜けを設けたことで圧迫感がなく、広さを感じさせてくれます。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15042379.jpg

小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15045427.jpg


2階の寝室は、畳敷きと板張りの2室の小屋裏部屋。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15051912.jpg

小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15053364.jpg


寝室からの吹き抜けの眺め。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15055572.jpg


この家でこれから新しい生活が始まります。
どのように使いこなされていくか楽しみです。
小さな家で豊かに暮らす―瀬田南の家―_e0164563_15062433.jpg



# by y-tukide | 2022-08-08 09:00 | 仕事色々

知多半島かいわい

愛知県の西南部、伊勢湾に突き出た知多半島。
この日、車に妻と私の相棒である自転車を2台積み、一泊二日で知多半島一周の「小さな旅」をしました。
最初に向かったのは、知多半島の中央部に位置する「常滑(とこなめ)」。
中世から現在も生産が続く、日本六古窯(丹波・常滑・瀬戸・信楽・越前・備前)の一つである焼き物の町です。
私がここを訪れるのは5年ぶり二度目、妻は初めてです。
常滑焼を展示販売している陶器会館を拠点に「やきもの散策道」が整備され、歴史ある街並みを楽しむことができます。
その「やきもの散策道」の入り口付近の擁壁に張られた小学生が作った陶壁画。
知多半島かいわい_e0164563_14370783.jpg

常滑の土は「土管」に適し、明治から昭和にかけて多数の土管が焼かれ、出荷できなかった土管は、町のあちこちで土留めとして擁壁に利用され独特の景観を形成しています。
知多半島かいわい_e0164563_14373452.jpg

レンガで積まれた煙突とレンガの一回り大きめの「ダンマ」と呼ばれる炉材で積まれた窯跡。
知多半島かいわい_e0164563_14374932.jpg

町の建物の壁は黒一色、黒色はコールタールの色です。
コールタールは、海からの潮風や工場の煙で家が傷むのを防ぐために塗られています。
知多半島かいわい_e0164563_14375977.jpg
知多半島かいわい_e0164563_14381747.jpg

土管坂。
坂の左側は、明治の鉄道土管、右側は昭和の焼酎瓶が積まれています。路面には、滑り止めのために土管をつくる時に使う「焼き台」と言われるものが埋め込まれています。
知多半島かいわい_e0164563_14382609.jpg

街中にはいくつもの焼物の店があります。
常滑では、かめや壺などの大きなものと生活に必要な生活雑器が多く焼かれてきたのが特徴です。中でも原料の土の色を活かした赤茶色のお茶を入れる急須が有名です。
知多半島かいわい_e0164563_14383591.jpg

20世紀の建築界の巨匠フランク・ロイド・ライトは、常滑のタイルやテラコッタの色合いに惚れこみ、大正時代に設計し建てた「帝国ホテル旧本館」で使われたタイルは、常滑で焼かれたものです。
明治村に解体移築された「帝国ホテル旧本館」。
知多半島かいわい_e0164563_14430721.jpg
知多半島かいわい_e0164563_14431284.jpg

そして次に向かったのは、常滑から知多半島を車で30分ほど南下した伊勢湾に面する町「野間(のま)」。
妻はここも初めてですが、私は2年前にも訪れています。
「野間」の歴史は古く、奈良時代から塩の生産地であると共に近世は伊勢湾海上交通の要衝として発展した町で、江戸時代には尾張藩の庇護のもと多くの廻船問屋や豪商を搬出しました。そして今も広大な敷地の屋敷や蔵が残り、当時の繁栄が伺える面影が残っています。
知多半島かいわい_e0164563_14432057.jpg

集落内の建物の外壁や土塀は、他の地の漁村などと同様、海風から土壁守るために板張りで、板を横に重ねた「下見板」を「押えぶち」で押えた張り方です。
そして板が腐りにくいように当時は、煤と魚油で練った塗料で塗られ、黒一色の特異な街並みを形成しています。
知多半島かいわい_e0164563_14435138.jpg
知多半島かいわい_e0164563_14502174.jpg

黒壁の街並みの西側には伊勢湾が広がります。
浜では、休日とあって家族ずれでの潮干狩りが行われていました。
知多半島かいわい_e0164563_14503325.jpg

この日は、暑かったこともあり野間の相棒との散策をほどほどに、早めに近くの温泉宿に向かうことにしました。

翌日は、さらに知多半島を南下し「豊浜漁港」に立ち寄り、次に「師崎(もろざき)」へと向かいました。
「師崎」は、知多半島の最先端の漁師町。
知多半島かいわい_e0164563_14504644.jpg

漁港では、朝市が行われていました。
知多半島かいわい_e0164563_14505635.jpg

山が海近くまで迫る師崎の街並みは、少ない平地に家々が密集して建ち、漁港沿いの幹線道路から一歩中に入ると、私の好きな路地が迷路のごとく延びます。
知多半島かいわい_e0164563_14511308.jpg
知多半島かいわい_e0164563_15262017.jpg

密集した街中でたまたま見つけた民家風の建物に仏さんが祀られた素朴な寺。
知多半島かいわい_e0164563_14523837.jpg

そこで見かけた「きり絵」のポスター。
この街には「きり絵」作家がいらっしゃるようで、その方が手掛けられたものだと思われます。
知多半島かいわい_e0164563_14524499.jpg

知多半島最先端の町「師崎」を後に、今度は半島の三河湾に面する東海岸沿いを北上し、半島の中央部の町「半田」へと向かいました。
「半田」は、天然の良港に恵まれ、江戸時代には多くの千石船が行き来した港町であるとともに、醸造業の町でもあります。
半田運河沿いには、酒そしてその酒粕を原料にした酢造りで栄え、半田運河沿いには、黒壁の商家や蔵が建ち並びます。
知多半島かいわい_e0164563_14540552.jpg
知多半島かいわい_e0164563_14542608.jpg

醸造業大手の「ミツカン」の本社もここ半田にあります。
運河沿いに建つ「ミツカン」の建物群。
知多半島かいわい_e0164563_14543919.jpg

「知多半島かいわい」を巡る駆け足での「小さな旅」、暑い二日間でしたがそれぞれの町の土地柄と歴史の一端を見ることができました。
知多半島かいわい_e0164563_14544777.jpg




# by y-tukide | 2022-08-01 09:00 | かいわい

畑はじめました―その2

今年の春から始めた、生まれて初めての野菜作り。最初はプタンターでの栽培だったのですが、面白くなり6月初めに庭の一角を耕し小さな畑を作り、ラディッシュとニンジンの種をまき、苗でミズナス2株、オクラ1株、ウマイナ16株そしてサツマイモ6株を植え付けました。

畑はじめました―その2_e0164563_14281505.jpg


それからひと月半、畑の野菜をはじめプランターのオクラ2株、キュウリ2株、ピーマン2株、ミニトマト4株、九条ネギと手探りながら野菜作りですがなんとか育ってくれています。

畑はじめました―その2_e0164563_14283778.jpg


ラディッシュは、和名「二十日(はつか)大根」の名のとおり、二十日ほどで収穫することができました。

畑はじめました―その2_e0164563_14284442.jpg


ところがそのラディッシュ、ある時、蝶の幼虫である「アオムシ」が現れ葉を食いだし、これはまずいと、葉を一枚ずつチェックしながら手で駆除。

その時、小さなアリがアオムシをくわえ巣にもって帰ろうとしているのには驚かされました。アリは野菜作りにとって益虫なのでしょうか?

畑はじめました―その2_e0164563_14285210.jpg


ナスも順調に育っています。

畑はじめました―その2_e0164563_14290582.jpg

畑はじめました―その2_e0164563_14291299.jpg


そのナスにも大型の蝶か蛾の幼虫が付いたのですが、擬態なので4cm程になるまで気が付きませんでした。

畑はじめました―その2_e0164563_14295913.jpg


オクラは2種類を畑とプランターで育てています。プランターには、2種類のオクラを1株ずつ植え、畑には実験として3株をまとめて植えてみました。

畑はじめました―その2_e0164563_14301845.jpg
畑はじめました―その2_e0164563_14302762.jpg
畑はじめました―その2_e0164563_14303229.jpg



オクラの花の付け根に甘いものがあるのかアリがたかります。

畑はじめました―その2_e0164563_14304275.jpg


妻はオクラが好きなのですが、私は以前まで苦手だったのですが、今回栽培し収穫したものを生で食べてみて、青臭くもなく実にうまいものだと知りました。

畑はじめました―その2_e0164563_14304793.jpg



キュウリは、プランターに2株植えたのが順調に育っていたのですが茂りすぎた葉を剪定しているときに間違って1株の主茎の先端を切ってしまう大失敗。そのキュウリはそこからはもう伸びません。

畑はじめました―その2_e0164563_14305766.jpg


ミニトマトは、当初大型のプランターに2株、その後いただいたひと株を植木鉢で育てていたのですが、「脇芽」を試しに挿し木したら根付いて、今やこんなに成長しました。

畑はじめました―その2_e0164563_14311461.jpg


これは面白いと、もうすぐ3歳になる孫がミニトマト好きなこともあり、もう少し育てようと、今度は脇芽を3本、水を入れたコップて試してみたら見事に根が出てきました。

畑はじめました―その2_e0164563_14311929.jpg


野菜を育てていると様々な発見があり実に面白いです。

その発見の一つが虫です。これまでにあまり気にしなかったのですが、どこからか色んな虫が集まってきます。

テントウムシの仲間かこの虫、葉を食います。

畑はじめました―その2_e0164563_14312875.jpg


そしてこの真っ黒な蜂、「熊蜂」という蜂らしくトマトを支える支柱の竹に穴をあけて巣らしきものを作るのです。

畑はじめました―その2_e0164563_14320211.jpg


そしてグリーン色の目をしたこの虫、さて何という虫?

畑はじめました―その2_e0164563_14320985.jpg




# by y-tukide | 2022-07-25 09:00 | 畑はじめました