人気ブログランキング | 話題のタグを見る


日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
去り行く年の思い出フォトブログ
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
思い出
古寺巡礼
住まい手さん宅訪問
竪穴式住居
未分類

以前の記事

2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(70)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

阿波の国 脇町かいわい

徳島県美馬市の「脇町」は、徳島県の西部、吉野川の中流域北岸の町で、吉野川左岸を鳴門に至る「撫養(むや)街道」と高松へと通じる「讃岐街道」が交差する要衝の地です。
また江戸時代には、吉野川の船運を利用して阿波特産の藍の集散地として発展し、明治以降は繭(まゆ)の仲買および生糸の生産の中心地として栄え、藍商、呉服商などの商家が軒を並べる町となり、今も当時の面影が色濃く残っていて国の伝統的建築物群保存地区に選定されています。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11282991.jpg
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11283773.jpg
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11290539.jpg

街並みを構成する意匠的要素として、屋根は本瓦葺、壁は漆喰の塗籠仕上げの重厚な造りで、格子や虫籠窓(むしこまど)、そして本瓦葺漆喰塗の「卯建(うだつ)」が特徴的です。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11292930.jpg
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11415573.jpg

「卯建(うだつ)」は、もともと燐家からの火事が燃え移るのを防ぐために造られた防火壁なのですが、江戸時代中期から家紋や細工が施され装飾的な意味合いが濃くなりました。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11421417.jpg

「うだつが上がらない」とは、卯建を上げるためには、それなりの費用が必要だったことから、いつまでも出世しないことが語源となったといわれています。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11423348.jpg

家々の屋根に上がる鬼瓦もそれぞれ特徴があり見ごたえがあります。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11424682.jpg
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11430068.jpg

「松屋小路」、この辺りは昭和に入って小料理屋ができ賑わったそうです。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11431063.jpg

通りに面して「ミセ」がある主屋が建ち、その背後に藍蔵や土蔵があり敷地の端には石垣が積まれ、古くはその石垣に沿って吉野川が流れていたそうです。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11432386.jpg

そして吉野川の河川敷には藍畑や桑畑が広がっていたのですが、昭和50年に吉野川堤防が築かれ風景が一変。
「四国三郎」の異名を持つ日本三大暴れ川の一つである四国最大の河川である吉野川、暴れ川であるがゆえに肥沃な土壌をもたらし良質の藍が育ったのです。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11433474.jpg

吉野川にかかる増水時には沈んでしまう「潜水橋」。
舟運が盛んだった江戸から明治時代には、吉野川を行く川船の数が1,000を超えたそうで、この辺りにも船着き場「川湊」があったそうです。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11434956.jpg

表通りから路地に入ると土蔵の腰板に廃船となった和船に使われていた「舟板」が再利用されていました。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11440634.jpg
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11442584.jpg


通りに建つ商家の軒先に吊るされた、地元の小学生の俳句が結ばれた風鈴。
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11503694.jpg

そして懐かしいこんな看板も!
阿波の国 脇町かいわい_e0164563_11505353.jpg




# by y-tukide | 2021-07-12 09:00 | かいわい

数寄屋門・塀 新築工事―その2

以前にブログで紹介させていただきました、数寄屋門と塀の工事が完成し、敷地内の植栽を含む他の建物の全体工事もようやく終えることが出来ました。そこで今回、お施主様のご厚意により完成写真の一部を紹介させていただきます。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10465567.jpg
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10471458.jpg

この度の門・塀工事で課題の一つとなったのは、道路に面する門・塀の長さが25m程あるのですが前面道路の高低差が30cmほどあり、その差をいかに処理するかでした。
今回用いた手法として塀の前に設けた「駒寄(こまよせ)」の足元の延べ石の高さを門とくぐり戸の位置で3段階に違え、30cmの高さの違いを感じさせないようにしたのですが、それが実にうまくいき、高低差を全くと言っていいほど感じさせないように納まりました。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10472503.jpg
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10473202.jpg

栗材の「駒寄」の八角形の柱は、柱頭部を八角錐体にした「頭巾(ときん)」、親柱は「なぐり」仕上げで、「貫(ぬき)」を3本通し、上部の2本の貫は60mmあけていて、段差のある2ヵ所で60mm下げることで、段差の処理をしながらも貫は通り一体的に見えるように納めています。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10474088.jpg

そしてもう一つ課題は、間口1.5間の数寄屋門を繊細に仕上げることです。
ただ瓦葺の屋根なので結構な荷重を受けます。そのために「垂木」「桁」はそれなりの太さが必要になるのですが太くすると繊細さに欠けます。
そのために今回、屋根を二重構造にし、下の「化粧垂木」と「桁」は細くし、上の見えない「野垂木」に金物を取り付け「化粧桁」を吊りました。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10475098.jpg

塀の仕上げは、表側は「蟻桟(ありざん)」加工して釘を見せない幅広の「桧板張り」と「じゅらく塗」、裏側は控え壁とも「杉皮張り」と「じゅらく塗」で仕上げています。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10485187.jpg
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10493840.jpg


くぐり戸には、縦の小幅板が開け閉めできる「無双(むそう)窓」を設けました。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10494924.jpg

今回の工事は、広大な敷地に建つ「母屋」「茶室離れ」「蔵」の増改築工事を1期、2期、3期に分けて行い、門・塀を伴う外構工事は3期工事にあたります。
以下に紹介させていただくのは、その他の工事の一部と既存部の写真です。

茶室離れ改修工事での玄関。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10500307.jpg

茶室離れの水屋。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10501567.jpg

既存の茶室、使われている材料も職人の技も見事です。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10502138.jpg

母屋増改築工事での居間。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10503293.jpg

母屋のダイニング。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10504167.jpg

数寄屋門から繋がる母屋の玄関。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10513817.jpg

昭和初期に建てられた当時のままの母屋の応接室、チーク材がふんだんに使われています。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10514756.jpg

母屋の座敷も建てられた当時のままのものです。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10515322.jpg

今回、仕事をさせていただき担当した者すべてが、当時の建物に使われている材料、そして職人の技に感服させられたと共に、仕事を通じ貴重な経験をさせていただきました。感謝の限りです。
数寄屋門・塀 新築工事―その2_e0164563_10520878.jpg




# by y-tukide | 2021-07-05 09:00 | 仕事色々

紀ノ国 雑賀崎散歩

「雑賀崎」は、和歌山市の南西部に位置する小さな岬にある漁村で、古代から景勝地であった「和歌浦」の奥に位置します。近年の開発により海岸線は変貌しているとはいえ、今も漁村特有の風情が残っています。
岬の海岸沿いの山の斜面には、家々が密集して建ち、イタリアの世界遺産「アマルフィ」になぞらえて、「日本のアマルフィ」と言われているそうです。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09531719.jpg

「雑賀」と言えば戦国時代、雑賀孫市を棟梁とする鉄砲技能集団として名高かった「雑賀衆」の本拠地として伝わる地で、司馬遼太郎の歴史小説「尻啖え孫市(しりくらえまごいち)」での鉄砲の名手で伊達な傾奇者(かぶきもの)の「雑賀孫市」が思い出されます。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09535531.jpg

雑賀崎漁港。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09540491.jpg
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09543985.jpg

岬の山の斜面が港の際までせまり、そこに家々が密集して建ち並ぶ集落内に立ち入ると、階段と細い路地が迷路のように張り巡らされています。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09550237.jpg
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09553950.jpg

集落内の建物の構造は、木造とRC造(鉄筋コンクリート造)の建物が混在しているのですが、それらの家々を工事することを想像すると材料搬入、足場、生コン打設等どれをとっても大変で、馴れていなければできそうにはありません。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09560185.jpg

建物の多くは、おそらく昭和初期からの比較的新しい建物が多いのですが、古い町家もいくつか見かけました。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09562841.jpg
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09564000.jpg

路地を散策していて見つけた共同の井戸。
今は、上下水道が整備されていますが、それまで水運びも大変だったことでしょう。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09565559.jpg

これは銭湯の跡のようです。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09570146.jpg

家の石垣や庭先などに、「青石」と呼ばれる紀州産の石が使用されているのが特徴的です。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09572382.jpg

それともう一つ多く見かけたのは草花です。猫の額ほどの庭や畑、そして玄関先や路地に鉢が置かれ、それぞれのお宅が競うようにきれいな花々を育てられています。それらの花々は、きつい階段を上るつらさも忘れ癒してくれます。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09573529.jpg
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09574928.jpg

階段を登り自宅に向かうお婆さんに挨拶し、ここはきれいな町ですねと話すと「雑賀崎は住みよいいいところや!」としきりに話されていました。お年は84歳とかでとても元気な方でした。そしてここを登っていくと灯台があり景色がいいよとすすめられました。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09581337.jpg

灯台に行く途中の眼下の眺め。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09582250.jpg

お婆さんおすすめ雑賀崎灯台は、無人の小さな灯台で展望台にもなっています。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09584717.jpg

眼下には紀伊水道が広がり、かなたにうっすら浮かぶ島は淡路島と四国か!
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09592195.jpg

初めて訪れた雑賀崎、美しい景色と私の好きな漁村の路地の散策を堪能することが出来ました。
紀ノ国 雑賀崎散歩_e0164563_09593971.jpg













# by y-tukide | 2021-06-28 09:00 | 散歩

三室戸寺のアジサイ

自宅から車で10分程のところにある「三室戸寺」は、平安時代創建の古刹です。

五千坪の大庭園に5月はツツジ・シャクナゲ、6月はアジサイ、7月はハス、秋は紅葉と四季を通じて楽しめる「花の寺」でもあります。

そしてこの時期、50種、2万株のアジサイが杉木立の間に咲き誇ります。
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14564975.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_17042138.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_17043947.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_17051401.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_17054410.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_11144477.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14473559.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14475271.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14480324.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14484087.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14490129.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14492960.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14494736.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14500938.jpg
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14502930.jpg

本堂に続く60段の石段に600鉢のアジサイを並べ、コロナの終息と景気回復を願った「あじさい昇龍図」。
三室戸寺のアジサイ_e0164563_14504838.jpg












# by y-tukide | 2021-06-21 09:00 | 季節の花色々

伊予国 松山・南予かいわい

松山市の中心部、標高132mの「勝山」にそびえ建つ「松山城」は、賤ケ岳(しずがたけ)の合戦で有名な豊臣秀吉の子飼いの武将で「七本槍」の一人、加藤嘉明(よしあき)が築き始めた平山城です。
松山城も高知城・宇和島城と共に、日本の城で江戸時代以前から現存している12の天守の内の一つです。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15412724.jpg

門、櫓(くるわ)、塀を多数備え、高石垣などを巧みに配した攻守に優れた城です。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15413303.jpg
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15414191.jpg

標高132mからの松山市街地とその先の瀬戸内海の眺め。
早朝、県庁裏の登城道から登ったのですが、永遠と続く急坂にはまいりました。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15414503.jpg

その県庁の玄関にこんな看板が上がっていました。
伊予人気質を現したものなのか?
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15415002.jpg

松山から40kmほど南にある町「内子(うちこ)」、ここには以前にも訪れています。
内子は、江戸時代中期から大正にかけて和ろうそくの原料である木蝋(きろう)の生産で栄えた町です。当時の姿をとどめる白壁の町並みが残っています。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15415825.jpg

町民の町並み保存の意識が高く、町並み保存の機運が高まり、1982年(昭和57年)に国の重要伝統的建築物群保存地区(伝建地区)に指定されています。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15420530.jpg
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15421064.jpg

漆喰で描かれた見事な「鏝絵(こてえ)」。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15421512.jpg

和ろうそくの原料はハゼの実。
燈心には畳の井草の芯を絹糸で縛って作られています。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15422051.jpg
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15423382.jpg

次に内子の隣町の「大洲(おおず)」。ここは中世から城下町として栄えた歴史ある町です。大洲城は、明治の廃城令で惜しくも取り壊されましたが、4棟の櫓は解体をまぬがれいずれも国の重要文化財に指定されています。現在の4層の天守は、復元されたものです。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15424996.jpg

町の中心部を流れる清流「肱川」では鵜飼が行われます。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15425866.jpg

「伊予の小京都」と呼ばれる大洲の街並み、明治時代の建物が見どころです。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15431547.jpg
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15431922.jpg
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15432488.jpg

伊予松山に南予かいわい、ここも見どころ多いところでした。
伊予国 松山・南予かいわい_e0164563_15432871.jpg










# by y-tukide | 2021-06-14 09:00 | かいわい