人気ブログランキング |


日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
去り行く年の思い出フォトブログ
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
思い出
未分類

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(14)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

小根尾公園

自宅から歩いて1~2分の所に「小根尾公園」という小さな公園があります。
この日は朝から快晴、コロナ感染を避けるためずっと自宅にこもっている
この春、小学に3年になったばかりにの孫娘と生後8か月の孫息子、そして妻とで陽気に誘われ小根尾公園行きました。
小根尾公園_e0164563_09352134.jpg

生後8か月の孫にとってブランコは初めて。
小根尾公園_e0164563_09351161.jpg

初経験といってもただ妻の膝元に座っているだけですけど。
小根尾公園_e0164563_09351231.jpg

さすがお姉ちゃんは一人で楽しんでいます。
小根尾公園_e0164563_09351162.jpg

お姉ちゃんは、年も離れていることもあり弟が可愛くて仕方がなく、面倒もよく見てくれます。
小根尾公園_e0164563_09352130.jpg

公園は今、春の花盛り。
小根尾公園_e0164563_09351206.jpg

宇治市が管理する公園なのですが、小根尾町内の方々がボランティアで花を育て、公園の掃除などもされています。

そしてその花たち。
小根尾公園_e0164563_09351333.jpg
小根尾公園_e0164563_09351171.jpg
小根尾公園_e0164563_09352218.jpg
小根尾公園_e0164563_09351258.jpg
小根尾公園_e0164563_09351237.jpg
小根尾公園_e0164563_09351392.jpg
小根尾公園_e0164563_09352243.jpg

私が花の写真を撮っている間に、孫はクスノキの下で木漏れ日に包まれて気持ちよさそうに眠っていました。
小根尾公園_e0164563_09352123.jpg


# by y-tukide | 2020-04-27 09:54

「崖っぷち弁当」プロジェクト

JR宇治駅や平等院などが近くにある「宇治橋通り商店街」には、飲食店や茶問屋などが90店舗ほど軒を連なっています。
以前までは、地元の買い物客や外国人観光客でにぎわっていたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが激減しています。
客足が遠のく中、苦境を乗り越えようと商店街の飲食店である

あぶらや/いろり紅家/ヴィット・デ・ウィット/宇治創こころ/お台所roji/KOALA PARK/coconi/GOCHIOcafe/旬菜魚庵 はせ川/食堂 山小屋/茶願寿café/中村うどん/Nico/ビストロD/洋食屋 元気食堂/乱/ロバ(五十音順)

以上16店が「崖っぷち弁当」プロジェクトを立ち上げ、「崖っぷち弁当」のロゴマークが入った共通の包装紙を使用し、800円(税込み)で販売し、一丸となってこの危機を乗り越えようと頑張っておられます。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245551.jpg

包装紙の裏面のご挨拶。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09532526.jpg

この16店舗の一つである「Nico」さんは、3年前にツキデ工務店が手掛けたお店です。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245492.jpg
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09340493.jpg
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245548.jpg

その縁もあり微力ながらも応援しようと、社内で火・金曜日の週2回Nicoさんにお弁当を注文することにしました。
そしてその「崖っぷち弁当」。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245612.jpg

弁当に添えられていたお品書きを見ると「日本美腸協会 美腸トリートメントサロン Ririhana」とのコラボとのこと。
健康にこだわり工夫された弁当です。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09373190.jpg

京都にも緊急事態宣言が発令された18日の土曜日は朝から雨。
その日、宇治橋通り商店街沿いで現在工事中の新築工事の現場で打合せを済ませた後、平等院に行ってみました。
平等院は、4月8日~5月10日までは一般拝観はすべて停止されていますが、正門は開門されていて、池越しに鳳凰堂や庭園を無料で拝観できます。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245640.jpg
                                       
境内の藤棚の藤の花がこれから見ごろを迎えようとしているのに、境内で出会った人たちは3組。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245448.jpg

帰りに平等院の表参道の中ほどにある江戸時代から続く老舗の和菓子屋「稲房」さんで茶団子と柏餅を土産に買うことに。
店に入り私が「大変ですね」と挨拶すると、若大将曰く「うちは定休日の木曜日以外は休みませんから!」と笑みを浮かべながらの力強い言葉。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245477.jpg

コロナの雨が上がり、早く五月晴れを見たいものです。
「崖っぷち弁当」プロジェクト_e0164563_09245393.jpg


# by y-tukide | 2020-04-20 10:21

和歌山街道を行く

「和歌山街道」は、紀伊半島をほぼ東西に横断し、伊勢・大和・紀伊の三国を経て松阪と和歌山を結ぶ街道である。厳密には和歌山街道とは、高見峠までの三重県側の部分を指し、紀州側では「伊勢街道」といわれる。江戸時代には、紀州藩の本城と東の領地の松阪城を結ぶ藩道であったことから「紀州街道」、庶民の生活道として大和地方との関わりが深くなると「大和街道」とも呼ばれるようになった。
この街道は、伊勢参宮や熊野詣、吉野詣で巡礼の道として、また、南紀や伊勢志摩地方の海産物や塩等を大和地方に運ぶ交易路としても需要な街道であった。(「みえ歴史街道 和歌山街道」三重県より)

松阪の日野町交差点が、「伊勢街道(参宮道)」と「和歌山街道」の追分。この日の出発点です。
交差点角には、「右わかやま道 左さんぐう道」と刻まれた道標が立っています。
和歌山街道を行く_e0164563_15384986.jpg

商店が並ぶ新町の追分から1.2kmほど行った大黒田町の街道沿いには、それまでの街並みと打ってかわり、嬉しいことに「うだつ」「連子格子」「虫籠窓」「軒がんぎ板(軒先に雨よけ用につけた板)」を設けた町家が連続して残っていました。
和歌山街道を行く_e0164563_15384928.jpg
和歌山街道を行く_e0164563_15385030.jpg

街道は、高見峠まで国道166号線と交わりながらほぼ並行に走るのだが、桂瀬・大河内町辺りでは、国道から離れ「阪内川」沿いを走ります。
和歌山街道を行く_e0164563_15385041.jpg

阪内川を離れると山道になり、低い二つの峠越えとなります。
そして峠を越え下ってくるとのどかな田園風景が目に入ります。
和歌山街道を行く_e0164563_15384888.jpg

峠を越えたあたりで街道は、大阪から大和を通り伊勢へと通じる「伊勢本街道」と合流する。
そしてこのあたりからは、「櫛田川」に沿って走り「大石宿」に入ります。
その大石宿の街道沿いにある「大石不動院」。
本堂は1602年(慶長7年)に再建され、本尊は弘法太子空海の作と伝える石造不動明王立像です。
和歌山街道を行く_e0164563_15384867.jpg

境内に隣接して、流れ落ちる高さ10mの「不動滝(夫婦滝)」が。
和歌山街道を行く_e0164563_15384808.jpg

境内からは、南に櫛田川の清流が一望でき、このあたりから上流は「香肌峡県立自然公園」に指定される絶景が楽しめます。
和歌山街道を行く_e0164563_15384887.jpg

うっすらとではあるが往時の面影が残る大石宿の街並み。
和歌山街道を行く_e0164563_15384946.jpg

街道沿いにある庚申(こうしん)堂の正面石垣に組み込まれた道標。
「大石宿 はせより是迄十五里 是より宮川へ七里」と彫っています。
この辺りは、大石宿の西の旅籠地域であったそうで、最近まで旅籠「松屋」の建物が残っていたそうです。
和歌山街道を行く_e0164563_15384975.jpg

ここで街道沿いに立っていた日本棚田100選「深野のだんだん田」の案内板に誘われ、街道を離れ山手に向かうと「深野」という集落が山裾に浮かびます。
和歌山街道を行く_e0164563_15391017.jpg

そしてその周りには丸い自然石の石垣が、芸術的といえる美しさで積み上げられています。
和歌山街道を行く_e0164563_15391114.jpg

田植や稲穂が実る時期は、さぞかしいい絵になるだろうと思いつつ、深野をほどほどにして街道に戻り先を進むことに。

そして次の宿場である「宮前宿」に入ります。
このあたりには8軒の旅籠が軒を並べていたとか。
和歌山街道を行く_e0164563_15391124.jpg

その一つである「旅館かどや」。
現在は営業していないが、内部には刀掛けや提灯など、かつての営みを彷彿させる品々が残っているそうです。
和歌山街道を行く_e0164563_15391174.jpg

宮前宿にある「道の駅 飯高駅」で昼飯をとった後、車を駐車場に置き「相棒」を下ろし、ここからは相棒と街道を進み峠へと向かうことに。
宮前宿の家並みが途切れ、田園風景を抜けると街道は、杉・桧の林の中を行きます。
今は人工林に覆われているが、当時は松並木が続いていたそうです。
和歌山街道を行く_e0164563_15391160.jpg

そして「珍布(めずらし)峠」に到着。
峠道はいつの時代からか、大岩を素掘りした「切通し」となっています。
珍布峠は、天照大神と天児屋根命が出会った場所で、ここで伊勢と大和の国境を決めた「国分け」の伝説があるとか。
和歌山街道を行く_e0164563_15391290.jpg

峠を後に山道を下っていくと左側の視界が開け、眼下に櫛田川が現れます。
和歌山街道を行く_e0164563_15391251.jpg

峠道を下りきると国道166線に合流します。
そこから166線を「道の駅」まで戻り、駐車場においてあった車に相棒を積み込み、この日の最終目的地である三重県と奈良県との県境である「高見峠」の手前の「初瀬宿」へと急ぐことに。

そして「初瀬宿」で迎えてくれたのが、街道をはさんで南北の両側に建つ建物。
田中家の登録有形文化財の主屋をはじめとする数棟の建物群です。
和歌山街道を行く_e0164563_15391004.jpg

実はこの建物には、私は20年ほど前、親しくしていた東京の建築家夫妻と伺っています。
奥さんの親戚筋にあたるとかで、ご夫婦と奈良の吉野に行った翌日にこのお宅を訪ねました。
眼下の櫛田川から積み上げられた、まるで城のような石垣の上に建てられた建物。
川に面した部分は数寄屋造りで、こんな山間の地での粋な造りにその時は驚かされたものです。
記憶が定かでないですが、確か京都から大工を招いて造ったとか?
今回の和歌山街道を初瀬宿まで行こうと思ったのもこの建物をもう一度との思いからです。
詳しくはわかりませんが現在、この建物群の一部が資料館となっているそうです。
和歌山街道を行く_e0164563_15391052.jpg

今回の「街道を行く 和歌山街道」、ちょっと駆け足でしたが、20年ほど前の記憶に残る建物との再会の思いもかない、また街道沿いの風景も素晴らしく、満足のいく「街道を行く」でした。
和歌山街道を行く_e0164563_15391041.jpg


# by y-tukide | 2020-04-13 09:00 | 街道を行く

「宇治橋通りの家・テナント」上棟式

ツキデ工務店は、現在、宇治市の宇治橋通商店街の通りに面した所で、テナント用の建物と住宅の2棟の新築工事を行っています。
この度、その2棟の上棟式をめでたくとり行うことが出来ました。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16155446.jpg

この建物が立つ場所の用途地域は「商業地域」で、商店などが密集して建っています。
そのためにこの地域は、火災が発生した場合、延焼を抑えるため建物の構造などを制限する「防火地域」に指定されています。
具体的には、防火地域内の建築物は、階数が3以上、又は延べ面積が100㎡を超える建築物は、主要構造部が耐火構造であるなど、規定をみたした耐火建築物でなければいけません。
ということでこの地域で、耐火建築物の木造建築物を建てるには、クリアしなければいけない規定が多く、木を現しにできないなど、木造の良さが発揮できません。ところが、下記の要件を満たせば、軒先などで木材を化粧で露出した木造建築物も建てることができます。
1.二階建て以下であること。
2.延べ床面積が100㎡以下であること。
3.準耐火建築物であること。

そして今回、この三つの要件を満たしあえて木造建築としました。
というのもこの計画場所は、近くに世界遺産である「平等院」や江戸時代の「宇治代官所跡」(現京都銀行宇治支店)などがある歴史深いところで、今も通り沿いには古いたたずまいの宇治茶を売る店や、連子格子のある町家が点在して残り、街並みが変容している中でも宇治の貴重な歴史的景観がところどころではありますが感じられる場所なのです。
そこで準耐火建築物の仕様規定も厳しいのですが、何とか木造で情緒ある街並みづくりの一端になるような建物にしようとお施主様とも相談し、今回の建物を計画することになりました。

そしてこれが完成予定のパース。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16160203.jpg

プレゼン用模型。
準耐火構造の仕様規定のもと、テナントの建物は、屋根は瓦葺で垂木・軒天は無垢材を化粧で仕上げています。壁は漆喰仕上げで腰板は桧の無垢板です。
また木製の「出格子」も設けます。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16160519.jpg

現場の前の宇治橋通りは、古来、奈良の都から宇治橋を渡り東国へと通じる「旧奈良街道」で、通り沿いには、何軒かの宇治茶を売る店が並びます。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16154916.jpg

また現場の前の宇治橋通りから直角に曲がる路地沿いには、借家だった町家をうまく改修した風情ある店舗が向かい合って並びます。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16154488.jpg

路地を抜けると「出格子」がある組みひも屋さんがあります。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16154982.jpg

この路地にも私が知らなかった新たな店が!
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16171350.jpg

近年、宇治では平等院と宇治上神社が世界遺産に指定されてから観光客は一気に増加し、それに伴い店舗も新たに増えました。その上にインバウンドにより過去になかったような活気が街にあふれました。
ここは元鮮魚店などが入る市場だったのですが、今はピザ屋・カフェ・整骨院などが出来て生まれ変わりました。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16155035.jpg
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16155366.jpg

そして宇治の観光の中核である世界遺産の「平等院」。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16155431.jpg

「瀬田の唐橋」と「山崎橋」とともに日本三古橋といわれる「宇治橋」。
宇治橋に繋がる宇治橋通商店街、今はここでも新型コロナウイルスの影響で、人通りはめっきり減りました。
一日も早く終息し、活気あふれる通りに戻ることを祈るばかりです。
「宇治橋通りの家・テナント」上棟式_e0164563_16155436.jpg


# by y-tukide | 2020-04-06 09:00 | 仕事色々

2020年 春

2020年 春_e0164563_09373107.jpg
2020年 春_e0164563_09373125.jpg
2020年 春_e0164563_09373186.jpg
2020年 春_e0164563_09373299.jpg
2020年 春_e0164563_09373213.jpg
2020年 春_e0164563_09373200.jpg
2020年 春_e0164563_09373297.jpg
2020年 春_e0164563_09373323.jpg
2020年 春_e0164563_09373380.jpg
2020年 春_e0164563_09383552.jpg
2020年 春_e0164563_09383573.jpg
2020年 春_e0164563_09383617.jpg
2020年 春_e0164563_09383601.jpg
2020年 春_e0164563_09383647.jpg
2020年 春_e0164563_09383592.jpg


# by y-tukide | 2020-03-30 09:00 | 季節の花色々