日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

奈良県橿原市「吉野の製材所さんとの協働の家」完成見学会

23日(土)・4日(日)の両日、お施主様のご厚意により建物完成見学会を開催させていただきました。

今回のお施主様は、ツキデ工務店に吉野材を供給して頂いている吉野の製材所である「吉野中央木材」の専務さんの家です。自社製材の吉野杉・桧をふんだんに使い、製材所さんと協働し熟練の大工・職人たちと造りました。

当日はお客様をはじめ、専務さんの知人や関係者・設計者・行政の方など大変多くの方々にご参加いただきました。改めて皆様にお礼申し上げます。

e0164563_11532864.jpg

この建物は、もちろん専務さん家族が快適に住まう家であるわけですが、それと共に吉野の杉・桧の使われ方を見ていただき、材の特徴と素晴らしさを広く知っていただくことも目的の一つです。

そういうこともあり今回、大きくは二つの棟に分け仕上げ方を変え造りました。

まず一つの棟は、日本有数の良材と言われる吉野杉の特徴である年輪が緻密で色艶の良さを活かした玄関棟と和室。

そしてもう一つの棟は、百~二百数十年生の杉の梁と桧の柱を「あらわし」にし力強く見せ、家族が快適に暮らせる生活棟です。

e0164563_11533089.jpg

玄関棟は、幅広の赤身の杉板や緻密な年輪の「赤杉」を建具に使い、繊細な数寄屋風に仕上げました。

玄関正面の壁は、柱が内外とも見える「真壁」とし漆喰で仕上げ、建具・格子は桧の赤身を使用しています。

e0164563_11532962.jpg

玄関棟の垂木は、「化粧垂木」と本来の屋根下地である「野垂木」の「二重垂木」構造で、

化粧垂木は玄関内にも延び、それに幅7寸(210mm)厚み4分(12mm)の「赤身中杢」の杉板を「目透し」にして張っています。

e0164563_11533069.png
e0164563_11533060.png

玄関は、家人の玄関であると共に、入った左手に客人と打合せできる土間があり、その間を仕切れるように引き込みの赤杉の「目板格子」を2枚仕込みました。

この建具が美しくなつかしいと皆さんに大好評でした。

e0164563_11534091.png
e0164563_15350915.png

玄関を入って右手に設けた6畳の和室。

一般的に杉の無垢板を使った和室天井は、8寸(約240mm)~尺5寸(約450mm)の幅広で厚みが23厘(78mm)と薄い天井板を張ります。ただ吉野には、天井板がとれる大径の杉はいくらでもありますが、幅が広く78mmの薄さに仕上げる技術を得意としていません。

そこで製材所にある材料を使い工夫し天井板をつくろうと、8寸(約240mm×4分(約12mm)長さ2mの赤杉の柾板を天井中央に杉の「磨き丸太」に渡し張りました。

e0164563_11533078.jpg
e0164563_11534143.png

ところが赤杉の柾板で木目の細かい幅240mmの板をとるとなるとよほどの大径木からしか取れず、価格も高額となります。そこで幅約120mmの厚み約30mmの赤身柾材を本を開く様に割り、はぎ合わす「ブックマッチ」手法で左右対称にし一枚板に見える幅240mm厚み12mmの天井板をつくりました。

これが実にうまくいき価格も意外と手頃な価格でおさまりました。まさに吉野杉の特徴である緻密で目が通った材でなければなせない技です。

e0164563_11534232.png

今回の建物は、主に吉野中央木材さんとの協働での家づくりですが、それ以外にも吉野の4人の他職種の方々にも協働していただいています。

一人は、家具作りの「グリーンフォレスト」の田中さん。

玄関の下駄箱と居間の家具などの箱を材料支給にもかかわらず快く製作してくれました。

建具はツキデ工務店の建具屋さんが、赤柾の材を支給してもらいそれを薄く挽いてフラッシュ戸にしました。

e0164563_11534162.jpg
e0164563_11534178.jpg

二人目は、吉野和紙の「福西和紙本舗」さん。

吉野和紙は「宇陀紙」と呼ばれ、ちぢみにくいのが特徴で表具用、文化財の修復などに使われています。六代目の福西さんは、伝統工法にこだわり今も天日で乾燥させる製法を守っておられます。今回その手漉きの紙を和室の襖に使いました。

e0164563_11532933.jpg

三人目は、「あかり工房 吉野」の坂本さん。

地元吉野の桧・杉・手漉き和紙を使った木の香りが漂う心地よい明かりをデザイン・製作されています。今回玄関のブラケットに杉を使い暖かみのある照明器具に仕上げてくれました。

e0164563_11533043.jpg

4人目は、「風人園」庭師の大西さん。

四季の風情が愉しめる庭造りにこだわる吉野の庭師さんで、こちらのイメージと要望を即理解し、手持ちの古いのべ石などを使い建物と一体になるように仕上げてくれました。

e0164563_11534115.jpg

そしてもう一人、吉野中央木材の枡本さん。

会社では事務の仕事をしておられるのですが、今回の見学会のために花を活けてくださいました。生花を教えておられるそうで、さすがの腕前です。

おかげで出来たばかりの飾り気が少ない会場に、色を添えてくれました。

e0164563_11532976.png

こうして製材所と工務店が中心になり、吉野の材・技・知恵を随所に活かし協働の力で完成しました。家族が快適に暮らせ、そして吉野の魅力の発信の場となることでしょう。

e0164563_15350793.png




# by y-tukide | 2018-02-06 15:44 | 見学会・イベント

京都市動物園

休日、孫娘を預かることになったので妻と3人で京都市動物園に行ってきました。

この動物園にはこれまでに3人の孫達と何度も訪れていますが、2015年秋にリニューアルされてからは初めてです。

京都市動物園がある左京区岡崎周辺には、平安神宮・南禅寺・京都市美術館などがあり、敷地の南側を琵琶湖疏水が流れます。

また歴史も古く明治37年に、東京の上野動物園に次ぐ日本で2番目の動物園として開園しました。

この日は地下鉄東西線の蹴上駅で降り南禅寺側の東口から入ったのですが、孫娘はいきなり入口際あるショップに入り双眼鏡をねだられて買うはめに。

e0164563_11402792.png

この辺りは類人猿エリア。

e0164563_11402642.png
e0164563_11402683.png

こうしてつらつら眺めると人間の先祖との血のつながりを実感。

e0164563_11402679.png


リニューアルにより建物もすべて一新されました。

これは6年前に撮った建替え前のレトロなゾウの家。

e0164563_11440998.jpg
e0164563_11402763.png

爬虫類がいる熱帯動物館。

ミドリニシキヘビ不気味です。

e0164563_11402611.png

グリーンイグアナ

e0164563_11402736.png

新しく「京の森」というエリアができていて、リス・シカ・タヌキ・キツネなど比較的身近な動物を見ることができます。

e0164563_11402746.jpg
e0164563_11402797.jpg

カモやオシドリなど水鳥が泳ぐ水禽舎の柵の前で、年配の男の人が水鳥の絵を描いておられたのですが、孫娘が突然小さなメモ帳を取り出して男性の横に座り、スケッチしだしたのにびっくり!

e0164563_11403823.jpg

二人は、何も語らずただ黙々と絵を描いています。

男性も突然あらわれ隣に座った小娘には驚いたことでしょう。

e0164563_11403897.jpg

じっと遠目でみているとお互い書き終えたのか、何か二人で微笑みながら喋っています。

その様子がおかしくて妻と笑ってしまいました。

e0164563_11403816.jpg

昼、食事をとるのにいったん園を出て、そのあと再入園して後半戦。

展望デッキから見るキリンさん。

e0164563_11403969.png

猛獣ワールドで迫力のあるトラの食事。

e0164563_11403986.png

ふれあい広場では、クリスマスにサンタさんからもらったポラロイドカメラでパシャ!

e0164563_11403906.jpg

丸一日、動物園を満喫しました。

e0164563_11403909.jpg


# by y-tukide | 2018-01-29 13:49

美濃の国 多治見散歩

多治見と言えば焼き物、「美濃焼」「織部焼」で知られています。千利休の弟子である武将であり茶人であった古田織部は美濃国の出身、そしてその時代織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などを多く産したそうです。

美濃焼の歴史は古く、平安時代から盛んに焼かれていたと言われ、時代によって栄枯盛衰があったようですが、現在、岐阜県の多治見周辺の東濃地域は、日本最大の陶器生産地域であり、日本の陶器生産量の半分を占めています。

町の中心には、伊勢湾に通ずる土岐川が流れ、また恵那の中山道「大井宿」から名古屋へと続く「下街道」が走り、往時は交通の要衝として宿場町、焼物に関わる商業の町として発展しました。

現在も街道沿いには明治・大正以降に建てられたであろう重厚な商家建築が残っています。そして本町5丁目筋地区と市之倉地区では、残る古い街並みを「オリベストリート」という名で街並み整備と保存が行われています。

e0164563_13331252.jpg

街道筋には、蔵がある問屋であった重厚な商家建築が残り、それらの建物は陶器店・ギャラリー・飲食店などに利用されています。

e0164563_13331106.png
e0164563_13331233.jpg

今は閑散としている銀座通り商店街ですが、あちこちから陶器を買い付けに多くの商人が集まりにぎわった時代、この通りは花街として料亭や遊郭が軒を並ぶ一大歓楽街だったそうです。

e0164563_13331118.jpg

商店街のひとつ西側の路地には、スナックの店が立ち並び花街の面影を残しています。

e0164563_13331120.png

商店街に、こんななつかしいお菓子屋さんが!

e0164563_13331161.jpg

お目当ての陶器を探して街を散策していると面白い店を発見。「美鈴」という古い町家を活用したモザイクタイルアートの店。

e0164563_13342683.jpg

多治見は、陶器と共にモザイクタイル生産日本一の町でもあります。

この店では、モザイクタイル・ガラス・大理石などのモザイク材料の販売や作品を制作する体験もできます。

店のオーナーである曽根研さんはモザイクアートの作家さん。いろいろお話を伺いモザイク活用のアイデアをいただきました。

e0164563_13420846.jpg

e0164563_13331334.jpg

見知らぬ土地を歩く楽しみの一つはその土地のうまいものを味わうこと。

この日は、曽根さんに「うな千」という店を紹介していただき昼飯はうな丼。

私は、美濃中山道をはじめ美濃には数多く訪れていますが、いつも気になるのは鰻屋さんの多いこと。さっするに美濃には木曽川・長良川・揖斐川の大河とそれにつながる川が多いことが起因しているのではないかと勝手に想像しています。

e0164563_13332184.jpg


昼飯を済ませた後に向かったのは「永保寺」。

永保寺は、鎌倉時代に開創された臨済宗南禅寺派の禅宗寺院で国指定の名勝庭園と国宝の御堂があります。

池泉回遊式庭園に架かる太鼓橋のさきに建つ国宝「観音堂」。この日池には氷が張っていました。

e0164563_13332166.jpg

観音堂は、一重裳階(もこし)付き、入母屋造檜皮葺きの仏殿で軒の反り(そり)が強い形状をしています。

e0164563_13421394.jpg

多治見市の天然記念物に指定されているイチョウの巨木、永保寺の開山である仏徳禅師のお手植えの木と言い伝えられ、それが正しければ樹齢六百年になる。

e0164563_13332168.jpg

最後にに向かったのは、多治見の焼物の中心地である笠原地区に2016年にオープンした「モザイクタイルミュージアム」。

建築家藤森照信氏が手掛けたもので、タイルの原料である粘土鉱山をイメージした非常に斬新な建物です。

e0164563_13332137.jpg

e0164563_13332236.jpg

産地ならではの多種多様なタイルやなつかしい古いモザイクタイルなどのコレクションなど、またモザイクタイルを使った工作や各種体験コーナーも用意された充実した施設でした。

ただ帰る時間に追われゆっくり見ることができず、機会をつくり改めて訪れてみたいものです。

e0164563_14271552.jpg



# by y-tukide | 2018-01-23 14:29 | 散歩

2018年 お正月休み

ツキデ工務店の正月休みは、暮れの29日から新年の4日までです。
休み初日の29日は自宅の大掃除、そして翌日の30日から3家族で北陸を旅しました。

6時半に1台の車に便乗し最初に向かったのは、福井県坂井市丸岡町にある「千古の家」。

「千古の家」は、江戸時代初期に建てられた県内最古の民家で、豪雪地帯特有の骨太の造りで重要文化財に指定されています。正面の茅葺の厚く丸みのある入母屋の屋根が特徴的です。

e0164563_10460580.jpg

回りは雪景色、孫たちは建物見学をほどほどに、外で雪遊びを楽しんでいました。

e0164563_10460562.jpg

次に向かったのは「丸岡城」。

丸岡城は、戦国時代に織田信長が一向一揆に備えて、家臣柴田勝家の甥の勝豊に築かせた平城です。天守閣は、現存する天守閣で最古の建築様式でこれも重要文化財です。

内部は、3層だが外観は2層の小柄な天守閣です。

e0164563_11063988.png

昼飯は、三国へと走り「えちぜん鉄道」の三国駅近くにある「福寿司」で冬の日本海の幸をいただきました。

e0164563_10460337.jpg

食事の後ちょっと三国の町を散策し、その後「東尋坊」へと。

向かう途中で車を降り、そこから遊歩道を歩いて東尋坊へ。

孫たちは、相変わらずふざけっぱなしでした。

e0164563_10460385.jpg

天気はいいのですが、荒々しい波の冬の日本海。

e0164563_10460324.jpg

この日の宿は「芦原温泉」。

ここで2泊し温泉につかり、一年の疲れをいやすことができました。

翌日の大晦日は、宿から車で金沢に向かうことに。

さすがにお茶屋さんは、店を閉めていましたが多くの観光客が訪れていた「東茶屋町」。

e0164563_10460407.jpg

東茶屋町に比べ観光客が少なかった「主計町茶屋街」。

ここの裏通りの路地は何度来てもいい雰囲気です。

e0164563_10460414.png

金沢の主要観光地から外れる「旧北国街道」沿いにも、今もいい町家が点在しています。

e0164563_10460483.jpg

地元の人と観光客でにぎわう晦日の「近江町市場」。

e0164563_10460442.jpg

元旦の朝宿を遅めに出、帰路についたのですが、途中初詣に行こうと名神高速道路を彦根ICで降り「多賀大社」へ。ところが道路は初詣の車で途中から動きません。

急きょ行先を変更して「彦根城」へ。

e0164563_11063411.jpg

堀端の公園では、45月の春と111月の冬に2回開花する「二期咲桜」が小さな花をつけていました。

e0164563_10460508.jpg

正月二日の午前中は、家内と二人で自宅でくつろぎ、午後自宅から歩いて40分ほどの宇治川沿いにある世界遺産「宇治上神社」に初詣。

途中「縣神社(あがた)」「宇治神社」にも参拝。

e0164563_10461840.png

日本最古の神社建築、桁行五間、梁行三間流造の国宝に指定されている本殿。

e0164563_10461930.jpg

そして正月三日は、今年最初の水汲み。

一人、若狭街道(鯖街道)を走り若狭の「瓜割の滝」へと。

この日、若狭街道を朽木へと走る道は雪、深々と降る雪の中を走るのは久しぶり。

スタットレスタイヤを履いているとはいえ、途中タイヤが滑り一瞬ヒャ!

e0164563_10494875.jpg

今年も一年お世話になる瓜割の水、自然の恵みに感謝。

e0164563_10462040.png

休み最終日の四日は、明日からの仕事の準備。

この正月休み、気の緩みからか前半はカゼ気味だったのですが、おかげ様でゆっくり骨休みができました。英気を養い今年も頑張って仕事をさせていただきます。

e0164563_10461958.jpg


# by y-tukide | 2018-01-15 11:47 | お正月

2018年我社の年賀状 宇治田原町の「柿屋」

皆様、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

今年最初のブログは、2018年のツキデ工務店の年賀状です。

今年の年賀状は、私が住む宇治市の隣町である宇治田原町の晩秋の風物詩「柿屋」を年賀状に使わせていただきました。

e0164563_10200301.png

京都府南部の山間の町宇治田原町では、晩秋の時期、冬の味覚「古老柿」=「コロ柿」の生産のための「柿屋」が組まれます。一般の「干し柿」といえば、縄に連ねて干されますが、ここでは稲刈りの終わった田んぼに丸太を組み屋根に藁を乗せた柿屋で干されます。

e0164563_09492432.jpg

宇治田原町はお茶の産地として有名ですが、茶畑の中や周辺に多くの渋柿が植えられています。それらの柿は、干し柿のためにだけではなく、昔は「柿渋」生産のためでもあったそうです。

たわわに実った渋柿。

e0164563_09492369.jpg


収穫した柿は、へたを切り落とし皮をむきます。

昔は、手作業で行われていましたが、現在は機械で行われます。
皮の多くは田畑の肥料になりますが、干すと甘みがでるため、漬け物に加えたりもするそうです。

そして柿屋の割竹で編んだ棚に皮をむいた柿を干します。

e0164563_09492231.jpg


何千個と並べられ1520日乾燥されます。古老柿作りには乾燥した冬の気候が適しています。このように柿屋で乾燥させる製法は宇治田原独特のものです。

e0164563_09492452.png
e0164563_09492203.png


ある程度乾燥してきた柿を柿屋からおろし、「むしろ」に広げます。

e0164563_09494068.jpg

皮をむいたときは明るいオレンジ色だった柿も、寒風にさらされるうちに変化していきます。

e0164563_09493907.jpg
e0164563_09493997.jpg

古老柿を作るには、単に乾燥させるだけではなく、ある程度乾燥が進んでから、「藤箕(とうみ)」の上で踊らせる「ひる」という作業が行われます。こうすることによって乾燥し硬くなった柿が柔らかくなり、表面にはしだいに白い粉が吹くようになります。毎日繰り返すこの作業は重労働のため、最近は機械でも行われます。

e0164563_09492385.jpg
e0164563_09494095.jpg

夜は別の場所に移され、雨が降りそうなら早めに移動させねばなりません。

良質の古老柿を作るために、出荷までの毎日が空と相談しながらの作業です。そんな作業が1週間ほど続きます。

年によっては、半分余りが商品とならなかった年もあるそうです。

昨年は晴れの日が続き幸いでした。

e0164563_09494083.jpg

そしてようやく完成した古老柿=コロ柿。

表面に吹いた白い粉は、内部から出てきた糖分で口に含むと自然な甘みを感じます。

e0164563_10035464.jpg

生産が終わる12月末には柿屋が解体されます。

e0164563_09494094.jpg

昔から宇治田原で伝承されてきた古老柿の製法、この地域の冬の気候を巧みに利用した先人の知恵の結晶です。

e0164563_10035068.jpg


# by y-tukide | 2018-01-05 10:35 | 我が社の年賀状