日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

建物探訪「修学院離宮・大徳寺・千本銘木」

「いい建物を見、目を肥やし、学ぼう!」と呼びかけで始めたツキデ工務店の社員有志による建物探訪、今回で8回目です。

今回は、修学院離宮・大徳寺そして京都の千本通りにある銘木店を見る企画で、師走であわただしい中10名の社員が参加しました。

朝7時半に事務所に集合し車3台に便乗し出発、まずは修学院離宮に向かいました。

この日、修学院離宮はうっすら雪景色。私はここを訪れるは2回目です。

e0164563_09342066.jpg

修学院離宮は、後水尾上皇の雄大な構想による理想の山荘です。桂離宮とともに江戸時代初期を代表する山荘と称されています。比叡山の麓、東山連峰の自然景観を取り入れた開放的で簡素な造形が見ものです。

修学院離宮は、上(かみ)・中(なか)・下(しも)の三つの離宮(御茶屋)からなり、その三つが田園の中を通る道でつながっています。

まずは案内人の方について御幸門(みゆきもん)を通り、竹の「木賊(とくさ)張り」の袖塀を左右にしつらえた簡素な中門をくぐり下離宮へ。

e0164563_09342845.jpg

中門をくぐると下離宮の中庭に通じ、池を配した広々とした空間が広がります。

後水尾上皇行幸の際、生活の場であった数寄屋風の「寿月観」。

e0164563_09231279.jpg
e0164563_09231939.jpg

次に下離宮の東門を抜けて中離宮に向かいます。

東門を出ると視界が広がります。天気が良ければ比叡山を中心に東山、北山の山々が望めるのですが今日はあいにくの天気。

とはいえ雪の修学院離宮の景色を見られるのもめったにない機会です。

e0164563_09235028.jpg

下離宮から中、上離宮につながるそれぞれの道は、一直線に伸びる低く抑えられた松の並木道です。これらの道は説明によると明治天皇が行幸の際に、馬車が通れるように付け替えられたものだそうです。

後水尾上皇は、山荘造営にあたって、山荘に供する区域を最小限にとどめ、他は耕作地として残し、山荘周辺で耕作する民の姿をそのままに自然景観に取り入れることを理想とされ、田んぼの中の畦道を行き来されていたそうです。

そういう意味では今の松並木はちょっと残念です。

e0164563_09143854.jpg

中離宮は、後水尾上皇の娘である朱宮光子(あけのみやてるこ)内親王のために造営されたものです。そこには最初に建てられた建物「楽只軒(らくしけん)」と「客殿」があります。

楽只軒は、南側の庭に面した簡素な造りです。南側に広縁を設け、深い軒が雨や強い日差しを避けるように工夫されています。この日は天気が悪いので一部の雨戸しか開けられていませんでした。

e0164563_09143619.jpg

それに対し客殿は、入母屋造りの「栃葺」で高さがある堂々とした宮殿建築です。

e0164563_09143624.jpg

十二畳の「一の間」の北側に設けられた一間の床の間と一間半の飾り棚。飾り棚には五枚の違い棚が配され、あたかも霞がたなびく様に似ているここから「霞棚」と呼ばれています。壁の腰張りと襖に金と群青色の菱形のつなぎ文様があしらわれ、女性的で華やかな雰囲気が漂います。

e0164563_09143733.jpg

e0164563_09143719.jpg

そして最後に丘陵に造営された上離宮へ。

上離宮は、谷川をせき止めて造った池を中心に造られています。

e0164563_09253107.jpg

そして最も高いところに展望のために建てられた「隣雲亭」。

ここからは、北山、西山、京都市内が一望できます。余分な装飾が一切ないきわめて簡素に仕上げられた景観展望のためのみの建物です。

e0164563_09143933.jpg

西側と南側に深い「土庇」をめぐらし、その下は「三和土(たたき)」の土間で、そこに「一二三石(ひふみいし)」と呼ばれる赤と黒の小さな鴨川石が埋められています。

e0164563_09143969.png

三つの島が浮かぶ「浴龍池」。

右手に「土橋」が、左手に「舟屋」湖面に映ります。

e0164563_09144000.jpg

9時から1時間20分と決められた中での見学、あわただしく終え、次に「大徳寺」へと向かいました。大徳寺では「黄梅院」と「興臨院」を見学、撮影は禁止。

ここでは数寄屋の建物、禅宗の教えを表現した庭などを見学。

e0164563_09215207.jpg

その後昼食をとり、最後の見学地である「千本銘木商会」さんへ。

千本銘木商会は、江戸時代から300年近く続く「酢屋」という屋号の材木屋さんです。現在、銘木販売やオリジナル家具作りなども行っておられます。

幕末には、坂本竜馬をはじめ海援隊隊員をかくまったことで知られる歴史あるお店です。

ここでは北山丸太などの「銘木」や貴重な屋久杉などを見せていただき、常務さんから興味深い話を伺うことができました。

e0164563_09215368.jpg

今回も盛りだくさんの「建物探訪」の企画でした。

次回も楽しみです。

e0164563_09215242.jpg


# by y-tukide | 2017-12-19 09:57 | 建物探訪

越前海岸を行く―その3

師走のこの時期、越前海岸と言えば「越前ガニ」。

私は好きなのは、越前ガニでもメスの「せいこガニ(こっぺガニ)」23杯の甲羅のミソ・内子・外子(卵)と足の身をどんぶりの盛った「せいこ丼」です。

漁期が116日の解禁から12月いっぱいの2か月しか味わえない貴重な逸品です。

2年前に越前海岸の「小樟(こころぎ)」という所にある「えちぜん」という食堂で初めて食べ、それが忘れられず今年も行ってきました。

ちょっと早いな思いながら店に10時半ごろに着いたのですが店の前は早くも人だかり。

2年前に比べ年々お客さんの数が増えているようです。

e0164563_09142449.jpg

名前を書き順番待ち。

1時間待ちと告げられちょうどいいわと近くを散策しました。

小樟漁港。

e0164563_09142184.jpg
e0164563_09142191.jpg

漁村の多くがそうであるように、ここ小樟でも海岸近くまで山がせまり平地は少ししかありません。その平地と斜面に密集して家が立ち並び、迷路のごとく路地を形成しています。

私は漁村の路地のスケール感、迷路を歩くわくわく感、そして生活がにじみ出ている風景が好きで、あちこちの漁村を歩いています。

e0164563_09221722.png
e0164563_09142196.png

1時間程街を歩き、もういい頃かと店にもどったのですがさほど順番が進んでいません。

カニは、食べるのに時間がかかるのとグーループ客が酒を飲み宴会状態になっているので回転が悪く、それから店で1時間程待つことになりました。

そしてようやく席につけ、待望の「せいこ丼」にありつけました。

e0164563_09142288.jpg

この日はお腹が減りすぎていたこともあり、奮発して雄の越前ガニ1杯を刺身と焼きにしていただきました。

e0164563_09142282.jpg
e0164563_09142379.jpg
e0164563_09142256.jpg

この日の越前海岸は、小春日和で波も穏やか。

e0164563_15490880.jpg

そしてこの時期の越前海岸のもう一つの名物、山肌に群生するスイセンがこれから見ごろを向かえます。

e0164563_09142389.jpg
e0164563_09142315.png


# by y-tukide | 2017-12-11 15:49 | 街道を行く

南禅寺・永観堂の紅葉

先々週の私のブログで紹介させていただいた「光雲寺看月亭 秋の夜」の夜景撮影の日曜日、せっかくだから近くの南禅寺、永観堂の紅葉を見に行こうと、朝早めに家を出ました。

南禅寺に行くのは何十年ぶりです。

8時前に南禅寺に着いたのですが、その時間でも日曜日とあってか多くの観光客が訪れていました。

東山から朝日がのぼる瞬間の南禅寺の紅葉。

e0164563_09584388.jpg
e0164563_09584468.jpg

観光客は、みている間にどんどん増え人を外しての構図は至難。

e0164563_09584495.jpg
e0164563_09584590.jpg
e0164563_09584621.jpg
e0164563_09584651.jpg
e0164563_09584711.jpg

そして次は永観堂へ。

e0164563_09584201.jpg

「もみじの永観堂」と全国に知られた紅葉の名所。

境内を染め上げる紅葉の美しさはさすがです。

e0164563_09584239.png
e0164563_09584370.jpg
e0164563_09585701.jpg
e0164563_09585791.jpg
e0164563_09585848.jpg
e0164563_09585981.jpg

永観堂の紅葉はすごいが、観光客の数もすごい。

e0164563_09585990.jpg


# by y-tukide | 2017-12-04 10:09

忍阪の古民家再生

この建物は、奈良桜井市忍阪(おっさか)という所に建つ築64年の伝統工法の古民家で、玄関・「通りにわ」から西側の間取りが、「田の字型」四間取りの大和地方の典型的な農家建築です。

これらの建物の特徴は、日当たりのいい南側の家で一番いい場所に主に客人用の「座敷」と「次の間」があり、家人は北側の暗くて寒い場所に「寝間」と「居間・台所」がある造りです。また風呂や便所も外にあるのも特徴の一つです。

今回の改修の目的は、座敷や次の間の位置はそのままで、家人が集う居間や食堂を日当たりのいい東側・南側に配し、洗面・風呂・便所も母屋内に設け、断熱性能を高め、快適で使いやすい間取りにすることです。

また筋違などを使わない伝統工法で耐震性能の向上も目的の一つです。

e0164563_11154314.jpg

ササラ表しの「大和天井」だった玄関を上品な玄関にしてほしいとの奥さんのご要望で、天井は杉の幅広の目透し天井とし、正面の収納部に「京唐紙」張りの襖を設けました。

e0164563_11154321.png
e0164563_11154365.jpg

建築当初「おくどさん」があった土間は、天井高をとるために「煙返し」の梁を上げて新たに床を張り、天井は一部吹き抜けにし、東側に新たに大開口と庭、ウッドデッキを設けました。

e0164563_11155552.jpg
e0164563_11155356.jpg
e0164563_11155433.jpg

玄関から座敷へとつながる「次の間」。

天井は、現状の「大和天井」。鴨居は、構造的に重要な松の「差し鴨居」が回っています。

e0164563_11154497.jpg

このような建物の座敷にエアコンを設置する場合、内機を目立たなくつけるのが難しいのですが、今回は「脇床」の天袋・違い棚をとりそこに仏壇を置き、その横に地袋を設け格子の中に床置き式のエアコンを設置しました。

e0164563_11154151.jpg

座敷と次の間の南側にある縁側。

既存の建具はそのまま利用、断熱を施し床の板張りを畳敷きに変えました。

e0164563_11154428.png

座敷に隣接する「ねま=寝室」。

畳だった床を板張りにし、既存の襖を利用して収納家具を新設し、もと押入れだった位置に「つし2階」への階段をつけ、その下にご主人の書斎コーナーを設けました。

また耐震性能を高めるために新たに地松の「差し鴨居」入れました。

e0164563_11154241.jpg

「ねま」の北側の「離れ」につながる廊下兼縁側。

裏の斜面の緑がきれいです。

e0164563_11154233.jpg

以前、日があたらない北側の居間だったところに洗面・風呂・トイレを設けました。

e0164563_11154194.png
e0164563_11154506.jpg

居間の東側の新しい庭は、以前風呂場があった棟を減築し造ったものです。

e0164563_11155569.png

このお宅のすぐ近くには、八角形をした我が国最初の「八角墳」である飛鳥時代の「舒明(じょめい)天皇」の御陵があります。

e0164563_11205116.jpg

また、神武天皇東征とき東の大宇陀から半坂峠を越え通ったといわれる「忍坂街道」が走っています。

e0164563_11155680.png

日本書紀にも地名が記された歴史ある、秋雨の忍阪集落。

e0164563_11203084.jpg

# by y-tukide | 2017-11-27 11:55 | 仕事色々

光雲寺看月亭 秋の夜

今年の9月に竣工 し、11月から京都らしいこだわりの宿を多数展開されている「(株)葵ホテル&リゾート」さんが、運営されている滞在型の宿「看月亭」。

今回、ライトアップされた秋の夜の風景を撮ってみました。

e0164563_14370628.jpg
e0164563_16440394.png

e0164563_14370456.jpg
e0164563_14370478.jpg
e0164563_15152712.jpg
e0164563_14370402.jpg
e0164563_14370529.jpg
e0164563_14370659.jpg
e0164563_14370719.jpg
e0164563_14370707.jpg

夜の写真は難しい.
いい勉強になりました。

e0164563_14370886.jpg


# by y-tukide | 2017-11-21 14:55