日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

建物見学会 宇治野神の家Ⅱ

6月27日・28日の両日、お客様のご厚意により、建物完成見学会を開催させていただきました。
見学会場は当社事務所の斜め前の、5年前に建てさせていただいた家の隣で、その家の息子さんがお住みになります。
梅雨の最中にかかわらず、天気に恵まれた夏日の二日間でした。
暑い中、ありがたいことに2日間に100組を超えるお客様がご来場になり大変盛況でした。
ご来場頂いたお客様、まことにありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。

今回の建物は1階16坪、2階12坪の述べ床28坪の小さな家です。
熟練の大工の手加工による天然乾燥の吉野杉の柱・梁あらわしの躯体に、珪藻土入りの紙や手漉き和紙(京都、黒谷の和紙)を使った比較的、スタンダードかつリーズナブルな仕様で仕上げた家で、価格もお手ごろ価格に収めました。
e0164563_11175136.jpg

e0164563_11183918.jpg

e0164563_1125452.jpg


天然乾燥で大工手加工の材と人工乾燥でプレカット(機械加工)の材の違いや丸太から用材を得るために切る位置を決める「木取り」を説明したコーナー。
e0164563_11251672.jpg

e0164563_11252967.jpg


250年生の吉野杉の切り株の展示
e0164563_1125421.jpg


当日は私どもが親しくお付き合いしています、手作り家具の店ZOO木曾三岳奥村設計所の家具の展示販売を同時に行いました。
e0164563_11255953.jpg

e0164563_11261433.jpg

e0164563_11262755.jpg


左隣の建物は5年前に建てさせていただいた家で、太陽熱で暖房、給湯ができる「OMソーラーの家」です。
e0164563_11264095.jpg

# by y-tukide | 2009-06-29 11:37 | 見学会・イベント

早朝散歩 宇治川―梅雨のころ

宇治川の夏の風物詩といえば鵜飼いがあります。
女性の鵜匠が鵜をあやつる技を屋形船から眺め楽しみます。
6月13日から始まりました。
e0164563_16291264.jpg

e0164563_16293984.jpg

e0164563_16295716.jpg


今朝もいろんな鳥たちが目を楽しましてくれました。
e0164563_1630426.jpg

e0164563_16312431.jpg

e0164563_16321483.jpg

e0164563_16322955.jpg

e0164563_16324132.jpg

e0164563_1633036.jpg

# by y-tukide | 2009-06-22 16:37 | 早朝散歩

天満天神繁昌亭

娘が天満天神繁昌亭のチケットを手に入れてくれたので、家内と3人で寄席(よせ)に行ってきました。3人とも寄席は初めてです。
天満天神繁昌亭は大阪天満宮の裏側、天神橋筋商店街からちょっと入った所にあります。
天満天神繁昌亭は上方落語家の長年の悲願であった定席(毎日落語を公演している小屋)で2006年9月に上方落語に縁の深いこの地に復活しました。
e0164563_1342963.jpg

e0164563_13431977.jpg


早朝の大阪天満宮
e0164563_13435078.jpg

e0164563_13441398.jpg


繁昌亭建立にあたり、上方落語を愛する方々のご好意を表すちょうちんが天井いっぱいに釣られています。
e0164563_13443474.jpg


10時からの開演の朝席に行ったのですが、たまたま客席参加型落語体験ツアー(中級編)というのをやっていて、この日はツアー最終日で、「お囃子」(おはやし)についてでした。
大太鼓、小太鼓、かね、笛、三味線と常には舞台脇で演じられる音楽の話です。
「出ばやし」は落語家が講座に上がるときの登場音でそれぞれ落語家は自分の「テーマ曲」を持っています。
「はめもの」は落語の中の効果音で雪の降る音、川の流れの音などが演じられました。
太鼓の話もおもしろく、音でそれぞれの場面を物語っています。
●一番太鼓
開場のときに、たたく太鼓で、お客様を「ドン、ドン、ドンと来い」と呼び込みます。
●二番太鼓
開演前にたたく太鼓で、「おたふく、来い、お多福、来い来い」と、お客様が笑顔になって幸せがたくさんやってきますように、という思いを込めた、太鼓の音色です。
●バレ太鼓
終演のときにたたく太鼓で「テンテンバラバラ、出てけ、出てけ、出てけ」と言うかのように、お客様を送りだします。
本来ならば、開演中の写真は禁止なのですが、この日は客席参加型なので許されました。
e0164563_13445889.jpg


客席で桂三金さんと「ドラ」をたたくお客さん。
e0164563_13451881.jpg

e0164563_13453879.jpg


体験ツアーの後に桂三金さんの古典落語と桂三風さんの創作落語が演じられましたが、初めてなまで聞く古典落語も迫力がありおもしろかったですが、三風さん演じた我々の世代を題材にした創作落語は、笑い袋がはじけたというか、私と家内を何年かぶりに大笑いさせてくれました。
写真嫌いの家内もこの日は三風さんと記念撮影。
e0164563_13461364.jpg


帰りに繁昌亭の前の胡麻専門店の「和田萬」へ寄りました。さすが繁昌亭前の店、女将さんはいろんなはなし家と親しいようで、いろいろ裏話などを聞かせてくれたのですが、その話し方が上沼恵美子さんののりで家内との掛け合いがおもしろく、ここでも笑わせてくれました。
e0164563_1434824.jpg

この店では国産の胡麻を売っています。なんと国内消費の胡麻の99.9%が輸入品だそうです。この店では、北は東北から南は沖縄まで、20箇所以上の契約農場で栽培しています。
この日は丹波産の黒胡麻と播磨の西脇産の金胡麻を買いました。
# by y-tukide | 2009-06-15 14:09 | 天満天神繁昌亭

斑鳩かいわい 西里

法隆寺の門前に住む、娘夫婦の家に泊めてもらい、早朝、法隆寺の西隣にある西里を散歩しました。西里を歩くのは十数年ぶりかと思います。
e0164563_959479.jpg


法隆寺の西大門のあたりから集落に足を踏み入れると、築地塀が続く町並みが目に入ってきます。なんとも美しく落ち着いた町並み。歴史の息吹を感じます。
e0164563_1003185.jpg

e0164563_1011790.jpg

e0164563_1013288.jpg


築地塀をくりぬいた中に、愛宕さんの札が奉られていました。
e0164563_1054492.jpg


この板塀は船板を利用したものと思われます。
e0164563_102093.jpg


西里はもともと法隆寺を支える大工集団の本拠地であったといわれています。
法隆寺の金堂の大修理、薬師寺の西塔、金堂の復元を果たした、宮大工の故・西岡棟梁のご自宅もこの地あります。
e0164563_102198.jpg

e0164563_1023047.jpg

# by y-tukide | 2009-06-03 10:16 | かいわい

斑鳩かいわい

斑鳩(いかるが)の法隆寺の南側を国道25号線が東西に走っていますが、それと平行して一部ですが旧街道が走っています。
地元では「伊勢街道」「奈良街道」を呼ばれ、江戸時代、大阪から伊勢詣に多くの人が通った道です。
たまたまこの道を見つけ、ぶらっと歩いてみました。大阪圏の侵食がかなり進んでいるこの地域ですが、さすが斑鳩の地、街道沿いには大和格子や虫籠窓(むしこまど)のある民家が残っていました。
e0164563_10551339.jpg

e0164563_10552547.jpg


街道沿いの造り酒屋の太田酒造
この店は「初時雨」(はつしぐれ)という銘柄の地酒が有名です。原酒を買って飲んでみましたが、辛口の私好みの酒です。酒以外に奈良漬も販売していますが、よくある瓜以外に珍しい筍や生姜の奈良漬もあり、生姜の奈良漬は特にうまかったです。
土産に女将から酒粕をいただきました。
e0164563_10553527.jpg

e0164563_1055459.jpg


なんとなく歴史を感じる斑鳩小学校。
なつかしい二宮金次郎の石造ありました。
e0164563_10555842.jpg


空き家の町家を利用した面白い店を見つけました。
一人の爺さんが廃材や拾ってきたものを加工し、生き返らせた作品を展示販売しているギャラリーです。
e0164563_10583458.jpg

e0164563_10584887.jpg


解体された寺の山門?のケヤキ材で作った囲炉裏。
e0164563_1059475.jpg


流木で作ったテーブル。上に飾られた敷物は作家さんの作品。
e0164563_10591442.jpg


吉野川で拾ってきたというチェーンソーのあとが残る流木を写真たてにした作品。
e0164563_10592460.jpg


捨てられていた箪笥の引き出しの面材を再利用した入れ物。上の写真たても流木の枝を加工したもの。
e0164563_10594042.jpg


宇治川にかかる宇治橋の架け替え工事の時に拾った石。
e0164563_10594838.jpg

# by y-tukide | 2009-05-25 11:00 | かいわい