日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

タグ:モザイク ( 1 ) タグの人気記事

美濃の国 多治見散歩

多治見と言えば焼き物、「美濃焼」「織部焼」で知られています。千利休の弟子である武将であり茶人であった古田織部は美濃国の出身、そしてその時代織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などを多く産したそうです。

美濃焼の歴史は古く、平安時代から盛んに焼かれていたと言われ、時代によって栄枯盛衰があったようですが、現在、岐阜県の多治見周辺の東濃地域は、日本最大の陶器生産地域であり、日本の陶器生産量の半分を占めています。

町の中心には、伊勢湾に通ずる土岐川が流れ、また恵那の中山道「大井宿」から名古屋へと続く「下街道」が走り、往時は交通の要衝として宿場町、焼物に関わる商業の町として発展しました。

現在も街道沿いには明治・大正以降に建てられたであろう重厚な商家建築が残っています。そして本町5丁目筋地区と市之倉地区では、残る古い街並みを「オリベストリート」という名で街並み整備と保存が行われています。

e0164563_13331252.jpg

街道筋には、蔵がある問屋であった重厚な商家建築が残り、それらの建物は陶器店・ギャラリー・飲食店などに利用されています。

e0164563_13331106.png
e0164563_13331233.jpg

今は閑散としている銀座通り商店街ですが、あちこちから陶器を買い付けに多くの商人が集まりにぎわった時代、この通りは花街として料亭や遊郭が軒を並ぶ一大歓楽街だったそうです。

e0164563_13331118.jpg

商店街のひとつ西側の路地には、スナックの店が立ち並び花街の面影を残しています。

e0164563_13331120.png

商店街に、こんななつかしいお菓子屋さんが!

e0164563_13331161.jpg

お目当ての陶器を探して街を散策していると面白い店を発見。「美鈴」という古い町家を活用したモザイクタイルアートの店。

e0164563_13342683.jpg

多治見は、陶器と共にモザイクタイル生産日本一の町でもあります。

この店では、モザイクタイル・ガラス・大理石などのモザイク材料の販売や作品を制作する体験もできます。

店のオーナーである曽根研さんはモザイクアートの作家さん。いろいろお話を伺いモザイク活用のアイデアをいただきました。

e0164563_13420846.jpg

e0164563_13331334.jpg

見知らぬ土地を歩く楽しみの一つはその土地のうまいものを味わうこと。

この日は、曽根さんに「うな千」という店を紹介していただき昼飯はうな丼。

私は、美濃中山道をはじめ美濃には数多く訪れていますが、いつも気になるのは鰻屋さんの多いこと。さっするに美濃には木曽川・長良川・揖斐川の大河とそれにつながる川が多いことが起因しているのではないかと勝手に想像しています。

e0164563_13332184.jpg


昼飯を済ませた後に向かったのは「永保寺」。

永保寺は、鎌倉時代に開創された臨済宗南禅寺派の禅宗寺院で国指定の名勝庭園と国宝の御堂があります。

池泉回遊式庭園に架かる太鼓橋のさきに建つ国宝「観音堂」。この日池には氷が張っていました。

e0164563_13332166.jpg

観音堂は、一重裳階(もこし)付き、入母屋造檜皮葺きの仏殿で軒の反り(そり)が強い形状をしています。

e0164563_13421394.jpg

多治見市の天然記念物に指定されているイチョウの巨木、永保寺の開山である仏徳禅師のお手植えの木と言い伝えられ、それが正しければ樹齢六百年になる。

e0164563_13332168.jpg

最後にに向かったのは、多治見の焼物の中心地である笠原地区に2016年にオープンした「モザイクタイルミュージアム」。

建築家藤森照信氏が手掛けたもので、タイルの原料である粘土鉱山をイメージした非常に斬新な建物です。

e0164563_13332137.jpg

e0164563_13332236.jpg

産地ならではの多種多様なタイルやなつかしい古いモザイクタイルなどのコレクションなど、またモザイクタイルを使った工作や各種体験コーナーも用意された充実した施設でした。

ただ帰る時間に追われゆっくり見ることができず、機会をつくり改めて訪れてみたいものです。

e0164563_14271552.jpg



by y-tukide | 2018-01-23 14:29 | 散歩