日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

タグ:大阪地震 ( 1 ) タグの人気記事

大阪北部地震

大阪府北部で2018618日午前758分に発生した最大震度6弱の地震、私が住む宇治でも震度5弱の揺れで、23年前の阪神・淡路大震災以来の強い地震でした。

この地震で被災された皆様にお見舞い申し上げると共に、お亡くなりになられた方々のご冥福を祈ります。

現在ツキデ工務店は、この地震の震源地に近い大阪北部の吹田市、茨木市、枚方市に工事中・計画中・計画予定の古民家(築100年以上)が4軒あります。私はこれらの建物の被害状況を知るために地震後現場に走りました。

枚方市のT様邸。

庭の土塀が倒れました。幸い敷地内でしたので倒れたことによる被害はありませんでした。

東西方向に揺れたようです。

e0164563_09284323.jpg

土塀を支える「のべ石」の柱が見事に折れていました。

e0164563_09291042.jpg

枚方市のY様邸。

今年の8月から再生工事着工予定の建物です。蔵が三つあるのですがそのうちの一つの蔵は、以前から一部土がはがれおちていたのですが、今回の地震で下地が現れるほど土がおちました。

e0164563_09285213.jpg
e0164563_09291054.jpg

ところが蔵内部の棚に置かれた物が、揺れ方向にもよるのでしょうが全くどうもなかったのは驚きでした。

e0164563_09291018.jpg

この建物が建つ場所は淀川に近く、地下水の水位が浅いために液状化現象が起きていました。

液状化現象を見るのは初めてです。

e0164563_09285394.png

蔵の前に小さなお社が祀られていたのですが足元が10㎝程移動していました。建物が基礎と緊結されていたならば柱が折れていたかもしれません。まさに建物が石の上にのっているだけの「石場建て」の構造的特徴を見ることができました。

e0164563_09285391.png

伝統構法の母屋に在来構法で増築された洗面・風呂・トイレの建物があるのですが、その接合部の垂れ壁のまぐさが外れていました。構造体により揺れ方が違うのでその接合部で破壊が起きたようです。

e0164563_09285350.jpg

庭の灯篭は全滅。

e0164563_09285372.jpg

茨城のO様邸。

このお宅では、同じ伝統構法の建物でも蔵と一般家屋とは揺れ方が違うようで蔵と家屋の接点でガンガンあたったのでしょうか破壊が起こっています。

e0164563_09291007.jpg

このお宅には長屋門があり何十年か前に居室として活用するのに改築されたのですが、壁に断熱材を入れるために耐力壁となる土壁を取り除いたようで、そのために大きく揺れ屋根瓦がずれました。

e0164563_09290995.jpg

枚方のY様邸から歩いて5分ぐらいの所に2015年から1年以上かけて伝統構法で再生工事を行った「明治37年に移築された京町家」があります。

その被害状況は、内部の壁は柱の際などに若干の亀裂や壁がおちた個所がありましたが、軽微で補修で済みます。

e0164563_09284492.png

この写真壁は「限界耐力計算法」で計算し、新たに設けた耐力壁ですが、柱と梁の角の漆喰がちょっと浮いています。この壁に地震の力が加わったようです。耐力壁として役割を果たしてくれました。

e0164563_09284403.jpg

ただここでも蔵と一般家屋との接点で漆喰壁がちょっと浮いていました。

実は右側の建物の蔵と接する部分は柱を蔵からいくらか離してたて、内部の壁には柱と離し壁止まりを付けたので内部の壁は全く損傷がありませんでした。

外部は、見え方を優先し桁と蔵に間をとらなかったので桁が蔵の壁を押したようです。

e0164563_09284386.png

このお宅でも灯篭が一基倒れましたが、建物本体は壁の軽微な損傷で済みました。

伝統工法の建物は、揺れることにより地震力を吸収する構造ですので壁土のある程度の損傷はやもう得ないことと思います。

今回、伝統構法での耐震改修前と改修後の建物が、震度6弱の短周期地震でどうだったのかを自分の目で見ることができました。また課題も与えられました今後工夫していきたいと思います。

e0164563_09284420.png


by y-tukide | 2018-06-26 09:58