日記


by y-tukide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
街道を行く
かくれ里を行く
かいわい
散歩
早朝散歩

鉄道ブラ旅

水汲み
お知らせ
建物探訪
見学会・イベント
仕事色々
お寺の山門再生工事
伝統工法町屋改修技術を学ぶ
奥村先生とまことさん
雑誌掲載
我が社の年賀状
研修
お茶会
宇治川花火大会
天満天神繁昌亭
大相撲宇治場所
社員旅行
引っ越し
夏休み
お正月
我が家のツバメ
季節の花色々
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
近畿

画像一覧

タグ:平松宿 ( 1 ) タグの人気記事

伊賀街道を行く

伊賀街道は、伊賀国と伊勢国にまたがり、三重県の伊賀上野から長野峠を越え津に至る全長約12里(約50km)の街道で、現在の国道163号線に沿うように走ります。

現在も残る伊賀街道は、江戸時代に藤堂高虎が伊勢・伊賀の二国の大名として取立てられた時、津の本城と伊賀上野の支城としたため、この二つの拠点を結ぶために整備された街道で、今も街道のあちこちにかつての面影が残っています。

これまでに私は車で伊賀街道を走っていますが、この日は相棒のチャリと街道を行くことにしました。


「左ならみち 右いせみち」の道標。

伊賀街道は、伊勢詣での道でもありました。

ここから出発です。

e0164563_09560341.jpg

ここは、大和・山城と伊賀を結ぶ大和街道が伊賀上野城下にはいる入口「鍵屋の辻」。

この地は日本三大仇討の一つ、寛永11年に荒木又右衛門が義弟渡辺数馬を助け、仇敵河合又五郎を打ち本懐を遂げた「伊賀越鍵屋の辻の決闘」の地です。

e0164563_09560366.jpg

伊賀上野の街中を走る街道。

この辺りが東海道の「関宿」へと向かう大和街道と伊賀街道の分岐点です。

伊賀上野は、藤堂高虎が城を築いた城下町であると共に、俳人松尾芭蕉が生まれた地でもあります。

ここから大和街道を少し行くと松尾芭蕉の生家があります。

e0164563_09560330.jpg

市街地の外れに「荒木又衛門生誕の地」の石碑。

説明書きによると荒木又衛門は、剣術をここからさほど遠くない大和の柳生で柳生十兵衛に学んだそうです。

e0164563_09560130.jpg

街道は、のどかな田園風景の中を走り「上荒木」という集落に入ります。

e0164563_09560155.jpg

この集落で奇妙な形をした建物を発見。

古老に聞くとこの建物は、昔タバコの葉を乾燥させる小屋だったそうです。

集落内で2棟見かけましたが、以前はタバコ作りが盛んで多くの小屋があったそうです。

e0164563_09560152.jpg

集落を抜けると街道は、服部川沿いの山道を走ります。

ここでパンクをしては大変とチャリを降り押しながら街道を行きます。

e0164563_09560209.jpg

すると道端に自然石に彫られた磨崖仏が次々と現れます。

昼間とはいえ人一人いない薄暗い杉林の中、仏とはいえじっと見つめられているようで神秘というより薄気味悪さを感じます。

e0164563_09560266.jpg

磨崖仏に見つめられながら相棒を押し山道を行きます。すると視界が開け数件の民家が並ぶ小さな集落に出ます。

ここで民家の前の湧水をいただき喉を潤しました。

e0164563_09560273.jpg

集落を過ぎると稲刈りが終わったのどかな田園風景の中を走ります。

e0164563_09560360.jpg

街道と並行して流れる服部川。

一羽のサギが!

e0164563_09554869.jpg

伊賀街道には、四つの宿場があるのですがその一つである「平田宿」に入ります。

この建物は登録有形文化財に指定されている旅籠。

e0164563_09561514.jpg

宿場内には連子格子のある民家が多く残っています。

e0164563_09561572.jpg

当時の平田宿の様子を描いた絵。

寛永年間(17481751年)のころの宿場の規模は、戸数176棟、人口729、馬8頭、牛25頭と「宗国史」に記されているそうです。

e0164563_10220026.jpg

国道163号線に出、ようやく見つけた食堂で昼食をとり、腹を満たし道を進むと大きな製材所が!

ちょっと覗いてみると赤松の「芯差り」の立派な梁が並んでいます。

これはすごいとここの社長に声をかけ見せていただき、事務所でお茶までいただき社長と建築談義。

あっという間に1時間が過ぎました。

e0164563_09561600.jpg

これはやばいと街道にもどりひたすら走ります。

今日の目的地は次の「平松宿」。

e0164563_09561662.jpg

そしてようやく「平松宿」に到着。

e0164563_09561681.jpg

宿場周辺をぶらぶらし、平松宿からちょっともどった「大橋」というバス停で相棒をたたみ輪行することに。

午後336分発のバスを逃すと次は1時間以上先という貴重なバスに乗り、車を置いている伊賀上野市駅に向かいます。

バスが伊賀上野市街地に入るまでは乗客は私一人の貸切状態、何か申し訳なく思いながら帰路につきました。

e0164563_09561778.jpg


by y-tukide | 2018-11-12 15:15 | 街道を行く